2018年1月国立劇場

「小栗判官」の通し

 

 一月の国立劇場は、菊五郎を中心に「小栗判官」の通しである。

 発端は、満天の星空に流れ星が飛んで、中空に馬の影が浮かび上がるという

幻想的な幕開き。これからなにが始まるかと思わせるエキゾチックさである。

そこから一転して京都室町御所の塀外になる。ここへ盗みに入った菊五郎の盗

賊風間八郎が、判官の父小栗郡領を殺す。菊五郎が新年早々発端から出る大サ

ービスである。

 つづいて序幕第一場は横山大膳屋敷の桜が満開の庭で、菊之助の小栗判官の

曲馬。ここは普通は座敷のなかへ暴れ馬が乱入するのを判官が乗りこなすが、

今度は野外の奥庭。菊之助の判官はニンに合っていいが、団蔵の横山大膳との

馬術問答は二人とも座ったままであまり映えない。右近の照手姫、秀調の局常

陸、彦三郎の横山次郎。

 第二場が、風間八郎が細川政元に化けて上使として乗り込んでくる奥御殿。

そこへさらに白拍子に化けた本物の細川政元が来て風間八郎の正体を見顕す。

いわば二人上使ともいうべき場面で、どんでん返しが続いて面白い趣向である。

台本はいいのだが、肝腎の演出がこの台本の面白さを立体化していない。風間

八郎が横山大膳の野望を見抜いて、一味すると見せて殺してしまうところなど、

本来ならば大芝居でもあり、動き、思い入れ、ハラの探り合い、芝居の運びと

工夫によってはいくらでも面白くなりそうであるが、菊五郎、団蔵、それに白

拍子の時蔵といずれも座ったままのせりふだけで平面的。舞台の空気が少しも

変わらない。第一風間八郎が密談を始めたところで人払いをしないのは(後で

はするが)、無神経だろう。

 菊五郎の風間八郎はもともとこの人のニンにない役を貫禄、風格だけで見せ

ているので、悪の強いタッチがないのは是非もない。団蔵の大膳ははまり役だ

が、演出が平面的なので思ったほどではなかった。時蔵の白拍子実は細川政元

は、女形だから白拍子は本役だが、政元になる変わり目がハッキリしないのは

これも是非なしか。

 菊之助の小栗判官はここは仕どころがない。

 第三場が江の島の沖。大膳が隠した名剣水清丸を海中から小栗判官が発見、

それを風間八郎が妖術をもって奪う一場。菊五郎の風間八郎が花道の引込みの

六法に、場内を暗くして浪布をもった後見四人に前後で浪を表現させる大掛か

り。菊五郎の体力もあるだろうが、本当は場内を明るくして、理屈抜きで菊五

郎の風格の大きさを見たいところであった。

 二幕目は堅田の浦の浪七の内から檀風の奇蹟までの二場。

 松緑初役の浪七は、一段とスケールが大きくなったのはいいのだが、世話場

になっての軽さが足りない。こういう狂言だからキマルところは大時代でいい

のだが、世話にくだけるところはリアルさも軽さも欲しいのである。その兼ね

合いが難しいのだろう。梅枝の女房小藤に未来で逢おうというところは、この

人にも梅枝にも情愛が滲んでいてこの幕第一の出来。

 檀風になって最初の立ち廻りはサマが変わっていて面白いが、松緑はいささ

か「逆櫓」の樋口めいている上に、一刻も早く船を呼び戻したいという性根が

途切れる。腹を切る決心から幕切れまでは無事。幕切れは扇雀(現藤十郎)も

猿之助(現猿翁)も八百屋の斜面に逆さに落ちたように思うが、松緑はおとな

しく、カラミを組み敷いて合掌して幕になった。これはこれで一つの行き方。

ただし腹を切ると後ろの幕が照明で真っ赤になるのはあざとい。こういう芝居

にふさわしくないばかりか、折角の奇蹟まで嘘っぽくなる。

 梅枝の小藤がいい女房ぶり。右近の照手姫。

 片岡亀蔵の銅八、坂東亀蔵の四郎蔵、橘太郎の橋蔵は、三人ともに腕達者に

もかかわらず、突込みとリアリティが足りず、観客の笑いがしぼむ。

 三幕目は万長の件り。第一場が宝光院の門前、第二場が万屋の湯殿、第三場

が奥座敷のお駒殺し。

 菊之助の小栗判官はこの幕が一番いい。ことに第一場での花道の引込み、本

舞台で見惚れているお駒をフッと見返るでもなく見返る呼吸に、この人の柔ら

かさ、穏やかな上品な芸風がよく出ている。ここ一番のところである。

 梅枝のお駒は、今だに猿之助(猿翁)のお駒の加役の、濃厚なタッチの面白さ

が目に残っているせいか、嫉妬にかられるあたりは描線が弱いように見えるが、

これはこれで娘形としては十分の出来である。この人の「妹背山」のお三輪や

「かさね」が見たいと思った。

 時蔵の母お槙も宗十郎のそれが目に残っているが、こちらはもう一杯手強く

ありたかった。照手姫の乳母という立場からいえばわが娘を犠牲にしなければ

ならず、わが娘を立てたいのも真情、その矛盾、葛藤が淡泊なのである。その

ために倫理と本能のドラマが鮮明にならなかった。

 万次郎の女中頭、権十郎の下男、右近の照手姫、梅之助の茶屋女、辰禄、荒

五郎の浪人。

 大詰熊野権現は、第一場が風間八郎の山塞、第二場が那智の大滝。

 ここは大きく省略されて、照手姫が小栗判官の車を引く風情と、菊五郎の風

間八郎の風格を見せるというだけの幕になった。

 以上四幕、総体に薄味の「小栗判官」である。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る