2018年1月浅草公会堂

新鮮な「引窓」

 

 歌昇の「引窓」がいい。

 総体に自分の身丈にあって無理のない自然さがいい南与兵衛であるが、とり

わけて目につくのは、前半門口での身繕いして「女房ども、いま、戻った」の

せりふの間の取り方である。間をうまく使った丁寧な仕事。

 それから内へ入っての物語、平岡、三原との応対、濡髪長五郎のことから女

房お早と夫婦喧嘩になる、その口喧嘩のせりふ、イキ、芝居の運びが、ごく自

然でリアリティがあってうまい。米吉のお早とのイキも合って面白く、この口

喧嘩のイキイキとした新鮮な面白さが歌昇の与兵衛第一の出来である。

 つづいて手水鉢の水鏡に二階の濡髪の姿を見つけての、三度のキマリがいい。

歌昇は小柄であるが、それを大きく見せるために目一杯足を使ってのキマリが、

体のスミズミにまで神経が行き届いてスキがない。よく工夫してキッパリとし

たよさである。

 さては濡髪こそ母の実子と気が付くところも、普通なら向うを見てアッとな

るところであるが、スーッと向こうを見てその視線を母の方へ戻して肚のなか

ではじめてうなづく。その行き方がごく自然に出来ていていい。ただ型通りや

るのではなく、自分の体のなかに芝居を消化している証拠である。

 「狐川を左に取り」から門口を出て、「あの長五郎はいずれにある」までも、

力まず弛まず聞かせていい。二度目の出になって濡髪のほくろを消すところも、

はじめ右手の金を見る芝居が丁寧である。

 ことに私が感心したのは幕切れ。門口をトンと閉めてフッと絶望的な表情に

なる。見ていて思わず与兵衛はこれからどうするのだろうかと思ってしまった。

せっかく召し出しに預って職を得、親の名前も継いだばかり。しかしそれも今

日一日でフイになるだろう。この男は家族のために人生を棒に振った。そうな

った人生をジッと見詰める男の表情が印象的であった。

 新鮮な与兵衛である。

 米吉のお早も、この与兵衛に似合いの夫婦である。どこか娘娘したニンを抑

えて、幕開きから裾を引いてしっとりしている。これでもとは遊女というとこ

ろが色彩になればいい。

 松也の濡髪は、もう一つ芝居にキッパリしたところが欲しい。なにしろこの

男の一言でお幸が改心して、それがために与兵衛はかえって罪を得なければな

らなくなるのだから、その劇的なポイントの強さが欲しいのである。

 歌女之丞のお幸は、していることに間違いはないが、口跡のせいか騒々しい。

せりふ廻しを工夫して口跡を抑えるべきだろう。

 巳之助と隼人が平岡丹平と三原伝蔵に出る。最近はこの二役に若手の人気役

者が出ることが多いが、本来は脇役の、それも敵役が出なければ芝居が締まら

いだろう。

 この「引窓」の前に種之助の「操り三番叟」、あとに巳之助の「京人形」。

 「操り三番叟」には、一座の上置き錦之助が翁で出て、さすがに舞台が大き

くなる。千歳は隼人、後見は梅丸。長唄は伊千四郎、杵屋五七郎。

 「京人形」は、巳之助の左甚五郎が踊りのうまさを見せる。軽く踊ってはん

なりとした面白さであった。巳之助は今日の歌舞伎界で松緑に次ぐ踊り手。も

っとしっかりした一幕を見たかった。人形の小車太夫は新悟。この人のどこか

無表情なところがこの役に合って、巳之助といいコンビ。歌昇の奴、種之助の

女房おとく、梅丸の井筒姫。長唄は巳津也、要二郎、常磐津は兼太夫、文字兵

衛。

 昼の部は、隼人の「鳥居前」と松也、巳之助の「元禄忠臣蔵 御浜御殿」。

 「鳥居前」は、隼人の狐忠信、種之助の義経、梅丸の静御前、歌昇の弁慶、

巳之助の藤太。全員教わった通り一生懸命、その勉強ぶりは清々しいが、かと

いってそれが面白いかというとそうは行かないところが芝居の難しさ。将来に

期待するほかない。

 「御浜御殿」は、回り舞台がないこの劇場では一々暗転にせざるを得ず、芝

居の流れがせき止められる。せめて御入り側廊下の、小谷甚内、助右衛門、江

島の芝居くらい花道と本舞台を使っても芝居の流れを大事にした方がよかった

かも知れない。

 松也の綱豊は、白塗り過ぎる。綱豊はすでに当時としては中年であり、それ

でも将軍に成れぬところにこの人の苦衷があり、その苦衷をこえようと道を求

め、その一方では皮肉な舌鋒にもなる。その人生の辛酸を知り尽くした男の屈

折した複雑さが、こう白塗りの若さでは出ない。

 松也は口跡がいい。しかも現代の若い役者としては珍しく真山青果のせりふ

を歌いあげようとしている。それはいいのだが、肝腎の歌うところ、その緩急、

勘どころが違っている。一々例をあげないが、歌うところにはそれなりの作者

の工夫、代々の綱豊役者の苦労がある。

それを学んでほしいと思った。

 巳之助の富森助右衛門は怒鳴り過ぎる。せりふに力を入れ過ぎて破調になる。

ことに作者が苦心した助右衛門のけんかいで屈折した性格描写が薄くなってい

る。煙管、煙草盆の扱い一つとっても乱暴である。せっかくのいい役なのに残

念というほかない。

 米吉のお喜世は、序幕の松の茶屋では控え目に控え目にという心持が薄いが、

御座の間になって助右衛門と綱豊の間になってグッと緊張感が出た。

 新悟の江島がこの幕第一の出来である。貫目こそ十分とはいえずとも、その

気ずかい、その柔らかさでこのドラマの核心に一番近づいている。今月この江

島といい、京人形といい、歌昇に次ぐ当たりである。

 錦之助の新井勘解由がさすがに舞台を締める。

 歌女之丞の浦尾、山左衛門の小谷甚内。

 松也と巳之助を見ていて、舞台全体に目を配って、戯曲を読み込んだ演出家

の目がほしいとつくづく思った。看板には「真山美保演出」とあるが、故人の

演出がどこまで若い役者たちに正確に受け取られているのだろうか。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る