2018年10歌舞伎座昼の部

中村屋三代の忠信

 

 十八代目勘三郎の七回忌である。もう七回忌かという思う一方、歴史の一頁の

ように思われるのは、時代の流れの速さと遺子勘九郎と七之助の活躍が目立つ幸

福のためである。

 夜の部の「吉野山」の勘九郎の忠信や「助六」の七之助の揚巻を見てそう思っ

た。

 思えば中村屋三代にわたる忠信。祖父十七代目の初役の忠信、静は三代目時蔵

だった。十八代目の父一周忌の忠信、静は歌右衛門だった。今回の十八代目七回

忌の勘九郎の忠信、静は玉三郎である。十七代目、十八代目、そして勘九郎を比

べれば、そのイキの良さ、味わいからいえば十七代目。踊りのうまさでいえば十

八代目。しかし「千本桜」の佐藤忠信という役の本来のニンからいえば勘九郎が

祖父、父以上である。佐藤忠信は本文で行けば能登守教経と互角に戦う侍であっ

て、ただの色男でも遊冶郎でもない。むろん色気も柔らかさも必要ではあるが、

それは芸の上でのこと。勘九郎はそのキッパリとした人物の描線のタッチの太さ

において立派な忠信である。

 その証拠に戰物語がいい。むろんあれでは長刀が一本に見えないとか、「帰る

雁」が余情がないとかいう批判があるかも知れない。しかしそんなことはいわば

末枝末葉。それよりもグイグイ迫ってくる勢いがいい。「平家の赤旗」で扇の地

紙を逆手に掴んでのお約束の大見得なぞ立派なものである。グイッときまった白

塗りの顔の下から頬の隈が浮き立つようであった。

 ただこの忠信の欠点は狐手がうるさいこと。さっきふれた大見得でも途中狐手

が入るし、兄継信討死を語った後に静と顔を見合わせるところにも狐手が入る。

むろん忠信が狐であることは大事な性根であるが、それはハラにおさめて楽しく

踊るのも道行の面白さではないだろうか。

 玉三郎の静御前がいい。花道へ出て「まがい道」で東を向いて正面を切ったと

ころ、歌舞伎座の立女形としての貫禄と、その一方で若やいで見せる、そのシー

ンと澄み切った芸境があざやか。「われは恋ゆえ」だったか右手の杖を真横にし

ての形の美しさ。久しぶりで「玉三郎」を見たという気がした。「谷の鶯」は一

通り。すぐ「弥生は雛の」になって、そのあでやかな笑顔とともに忠信の主人と

いう位取りがいい。しかしその次の「天井抜けて据える膳」は、忠信の振りを見

て「こうですか」という芝居が先行して踊りの面白さを欠く。その後の「眺めに

飽かぬ」はさながらくどきの如き濃厚さでいいが、戦物語になると「人こそ知ら

ね」や「おお聞き及ぶ」のリズミカルな部分のノリがわるく、この人ならばもっ

と踊れるのだろうにと思って残念である。

 巳之助の早見藤太は、この人が出ると舞台の空気が動く。体の動きが踊りとし

て面白いからである。

 清元は延寿太夫、志寿造、竹本は愛太夫ほか。

 この忠信の道行の前に扇雀の「宮島のだんまり」、後に仁左衛門の「助六」。

この「助六」が今月第一の見ものである。前回東京の二十年前とは全く違って円

熟した助六。その特徴は三点ある。

 まず第一に荒事の壮快さ、強さ、勢い。二十年前は玉三郎の揚巻との艶っぽい

名コンビの色男だったが、今回は全く変わって荒事の助六である。

 花道の出は、市川家と違って長唄(鳥羽屋里長、栄津三郎)で文句も振りもい

つもの十八番とは違うが、有名な「松の刷毛先透き額」もあって、一つ一つの形

に闊達な力が満ちている。年齢を感じさせない強さと芸の工夫でうまく強さを出

す。これを円熟というのである。たとえば「タッ、タタッ殺すぞ」の勢い、「や

っとことっちゃうんとこな」の豪放、意休に向かっての「張り合いのねぇ」のリ

アルさ、いずれも型通りの芝居が生きて輝いている。あるいは「抜け抜け、抜け

ねえか」のきまりなど一度ぐっと形をつけて、あらためてもう一度大きく決ま

る。あるいは後半意休の折檻の扇を取っての一度にらんでキッとなり、あらため

てグッときまる。こういう細かい工夫が力の表現になっている。

 第二にせりふの名調子。あの長い名乗りの緩急自在、面白く聞かせて、イキが

よく、しかもその「安房上総が浮き絵のように見えるわぇ」から「金竜山の客殿

から目黒不動の尊像まで」。その風景を想像させる面白さである。

 第三に芝居がリアルなこと、大立回りのあと揚巻と一杯やろうか」の色気、白

酒売りの「兄さん」を聞いて「どこにいる」「うるせぇヤッだなァ」とあたりを

探して発見し、「サ、来いッ」と引っ立てて来るまで。あるいは門兵衛のやりと

りのリアルさ、喧嘩の稽古の面白さ、「こりゃまた、なんのこってえ」の軽さ、

いずれも芝居がリアルで、すみずみまでいきわたって面白い。ことにふだんはダ

レる通人の股くぐりが面白いのは、この人の芝居のスキのなさで、新吉原の、そ

の場にいるというリアリティがあるためである。

 以上三点。勢い、名調子、リアルさをもって、この一幕二時間をあきさせなか

ったのは、当代の助六の証明である。

 この助六につれて、勘九郎の白酒売りが忠信に劣らぬ出来。どこまでもスキが

なく、真面目に場当たりをせずにやって、そこにリアリティが生まれて柔らか味

も十分、大出来である。

 七之助の揚巻は、花道の出が初々しいのは若いから仕方がない。酔い方も部分

的で持続しないためにいささか段取りめくのは初役ゆえ是非なし。この揚巻でい

いのは、意休との「悪態の初音」で、「どうしたことが助六さんが」に純粋な一

筋の気持ちが鮮明になるところ。「叩かりょうが切らりょうが」という揚巻の意

気地、情熱を出したのは玉三郎の指導のたまものだろう。「慮外ながら」といっ

た時にフッと亡き祖父芝翫の揚巻の口付きを思い出した。血は争われぬものであ

る。

 二度目の出からはさしたることなく、助六をとめての二度目のきまりは、手の

広げ方に難があってサマがわるい。

 歌六の意休は、意外に小粒に見えるのは鬘のせいか。しかし芝居は十分に大き

くしっかりしている。

 児太郎の白玉は七之助とならんで見劣りがせず、この人の揚巻が早く見たい。

 又五郎の門兵衛が、先月の「俊寛」の瀬尾につづいて憎らしさ、手強さ、愛

嬌、おかしみともにいい出来。

 巳之助の朝顔仙平は、前の幕の早見藤太について気がかわらず気の毒。奴言葉

の語尾の「な」がいささか不自然である。

 亀蔵が当てッ気一切抜きの若衆で笑わせ、弥十郎の通人は、手堅く勘三郎を偲

ばせてホロリとさせる。

 さて玉三郎の曽我満江は、意休のせりふではないが「鶏を割く牛刀」。しっと

りと情を見せて、これだけの出番はもったいない。

 もったいないといえば、秀太郎の茶屋の女房も舞台を横切るだけで、馥郁たる

吉原の空気を出す。竹三郎の遣り手はどういうわけか今夜は「門兵衛さん、なんざ

ます」のせりふが一切なく、ただ出るだけなのは、これも気の毒。

 歌女之丞の番新、吉之亟以下の意休の門弟、宗之助以下の並び傾城。大人に交

じって千之助が前髪で福山のかつぎをやっている。

 扇雀の「宮島のだんまり」は、最初の傾城の間はいいが、袈裟太郎になってか

らの花道の引込みは、下げ髪、車鬢の拵えがあまりに似合いすぎて女ッ気がうす

く、男と女の変わり目が引き立たない。

 例によってこれに絡む怪人十二人。弥十郎の清盛はわかるが、それ以外は正体

もわからず、ただただ公園を散歩するばかり。だんまりの暗闇の探りあいをして

いる役者は一人もいない。こういう風な舞台が歌舞伎を分り難くしている。もう

一度、台本、演出を検討する必要があるだろう。

 以上が夜の部。昼の部は第一が「三人吉三」。

 七之助のお嬢吉三、巳之助のお坊吉三、獅童の和尚吉三。ついこの間まで浅草

公会堂や平成中村座の若手たちが、歌舞伎座の大舞台にそっくりはまるようにな

ったのは成長であるが、だから面白いかといえばそうはいかないところが黙阿弥

のむずかしさ。聞いていて陶然とならないのはまだ仕方がないとしても、七五調

を磨いて磨いてそこに状景なり心持なりを浮き出させるには、変な心理主義が邪

魔になる。

 三人のなかではさすがに獅童に一日の長があり、七之助と巳之助にはまだ和尚

にほれて、言わず語らず兄弟になってほしいという気持ちが足りない。

 鶴松のおとせはあわれ気が薄い。山左衛門の研師、勘之丞の金貸しがいい。

 次が萩原雪夫作の「大江山酒呑童子」。

 勘九郎の酒呑童子がにっこり笑うと十八代目そっくりになるのにびっくりし

た。しかしこの作品は近松門左衛門が原作であって、それをもう一度湯がいたら

ばもっと面白くなるだろうのに残念。

 頼光は扇雀、錦之助の一人武者、歌昇以下の四天王、人質の女は高麗蔵、児太

郎、種之助。長唄は杵屋直吉と勝国。

 最後は白鸚の「佐倉宗吾」。甚兵衛渡し、子別れ、直訴の三幕。

 白鸚の宗吾はこのニンにあった役であり、家へ帰っての、女房に酒を買ってき

てくれといって酒屋がなくなったことを知って驚くところ、あるいは着物の行方

を聞いてそれもないと知るところ。こういうところのリアルな芝居は実にうま

い。問題はそのうまさが、宗吾の人間性全体に持続しないところである。その上

白鸚は天性名調子なのにそれがツボにはまらぬ。たとえば甚兵衛の渡しで花道へ

出たところ、「願いのために国を出て」などあまりに散文的すぎる。子別れも庄

屋としての風格は十分だが泣き過ぎる。もっとカンドコロを抑えて力を配分すべ

きだと思う。直訴の幕切れの表情が幕切れらしく安心した思い入れになるのはいい。

 歌六の甚兵衛は手堅い。七之助の女房おさんは、少し白塗り過ぎるのと、世話

女房らしいところが薄いのは年配のために仕方がない。弥十郎の幻の長吉はもう

一つ、手強くありたい。

 勘九郎の将軍家綱はほとんど棒立ちなのは若さ故、仕方がないか。高麗蔵の松

平伊豆守は訴状をうけつけて懐中し、頼紙だけを投げ返すのが、ハラが薄いため

にただの段取りになる。諸大名は錦吾、亀蔵、松之助、橘三郎、吉之亟辺りはい

いが、なかには大名らしからぬ人もいる。

 以上が昼の部である。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る