2018年12月国立劇場

初日の「壬生村」

 

 昭和二十三年(1948年)十一月東劇で、初代吉右衛門の五右衛門、七代目幸

四郎の治左衛門、十七代目勘三郎(当時もしほ)の小冬で「壬生村」が出た。新

聞でその舞台写真を見た私は見たくて仕方がない。しかし当時中学生だった私

は親の都合で連れて行ってもらえなかった。それ以来一度は「壬生村」を見た

いと思って半世紀余り。十二月の国立で珍しく出るという。待ちかねて初日に

見に行った。

 発端の芥川の場は、若き日の次左衛門が五右衛門を妊娠した母親奥女中しが

らみを殺して金を奪うところである。台本(国立劇場文芸研究会)が簡略にし

たのはいいが、次左衛門がしがらみを殺すのが、次の壬生村の小冬の死につく

のがよくない。原作のように次左衛門が金欲しさに殺すのでなければ治左衛門

の因果もハッキリしない。

 歌六の次左衛門は、金に気づいて悩むところがいい。京妙のしがらみ。

 次がいよいよ壬生村である。

 この場が面白い理由は二つある。一つは家出少年友市の大盗賊石川五右衛門

への変身。もう一つは日本国中の金は自分のものだという豪胆な男五右衛門が、

母の敵と知っても育ての親である次左衛門を愛し、妹小冬を愛する一面を持っ

ている面白さである。

 五右衛門の変身は、今度は時間の都合だろうが台本上のカットがあって、舞

台で姿を変えるところがなく、手下が出るとすぐに駆けだして幕になってしま

うために、姿が変わらず残念ながら興味半減。最初の木食上人風のこしらえの

不気味さから芝居の間、すぐアグラをかくのもスケールの大きさに欠ける。木

食上人風の姿が段々に凄味になって、ついに日本国を乗っ取ろうとするのを、

姿を変えてこそ面白いのだろう。

 次左衛門と小冬への情愛は、まだ今日が初日であるためによく出ていないの

はやむを得ない。そのうちこの豪快な男の意外な情愛は、芝居のうまい吉右衛

門のことだから段取りさえきまってくれば両面がうまく出るだろう。

 歌六の次左衛門は、しっかりした芝居であるが、整然とし過ぎていてこの因

果話にとらわれている目の不自由な老人の暗さ、屈折が出ていないのが残念。

 米吉の小冬は十六歳という年ばえにしては愛くるしさ、哀れさが足りない。

最初の雛道具の売り立てのチャリ場も今日は初日でごたごたしている。吉三郎、

吉五郎、蝶十郎と手揃いなのにまだ手探り。又之助の判人、音吉の銭屋の手代

また同然。

 種之助の手下足柄金蔵は凄味がないが、後半がカットのため仕方がないか。

 二幕目が大手並木松原と松並木行列。松原は桂三の呉羽中納言が五右衛門の

手下に丸裸にされるところ。松並木は此下東吉の行列と呉羽中納言に化けた五

右衛門の行列がすれ違うところであるが、前の場はなくもがな。壬生村の後半

があればすぐ引き返して松並木の行列に行けたはずである。

 吉右衛門の五右衛門はさすがにここは三回目で立派。引込みの笑いなどうま

いものである。一回目は藤吉が富十郎、次回は幸四郎だったが、今度は菊之助。

悪いとはいわないが貫目の違いは幸四郎同様。ここは五右衛門役者と対等の人

が出ないと面白くない。

 三幕目が足柄別邸で、錦之助の足利義輝、雀右衛門の傾城芙蓉、東蔵の御台

所、又五郎の三好長慶と顔揃いであるが、さしたることもない。結局、吉右衛

門の五右衛門と菊之助の藤吉との再会から、奥庭のつづら抜けの宙乗りに焦点

が移る。

 宙乗りに道具幕を引いて鳥羽屋里長と新之助の大薩摩が聞きもの。それが振

り落としになるとと木屋町の二階。手摺にもたれて五右衛門が目をさまして、

世話にくだいた「山門」になる。

 ここは今度の芝居でもっとも面白い。しゃれていて吉右衛門の五右衛門の世

話にくだけた味わい、二階がせり上がって塀外に菊之助の藤吉という見立ての

面白さである。

 この後が「釜ヶ淵」になる。

 御承知の通り「増補双級巴」は、前半が若竹笛みらの浄瑠璃「木下陰狭間合

戦」、後半が並木宗輔の「釜渕双級巴」で、三代目瀬川如皐が四代目小団次の

ために無理につなぎ合わせたものだから、人間像にもタッチにもつぎはぎが目

立つし、ことに今日のような興行時間でやるのは不可能に近い。そこでどうし

てもカットが多くなる。壬生村然り、この「釜渕」も刀売りがない。

 それにしても、吉右衛門にほとんど出ずっぱりの奮闘をさせ、宙乗りだの大

詰めの大立ち廻りだのをやらせるのは労働過重ではないか。吉右衛門今日第一

の五右衛門役者、その至芸をたっぷり余裕をもって見せるべきではないか。大

詰の吉右衛門に疲労のかげが濃いのを見ればそう思わざるを得ない。

 雀右衛門のお滝、橘三郎のお滝の父三二五郎七、吉之亟の小鮒の源五郎。

 最後に捕物に来る藤吉の菊之助は、扮装が「逆櫓」の畠山じみている。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る