2018年12月歌舞伎座

「お染の七役」と「琴責め」

 

 今月の見ものは昼の部の、壱太郎、松緑の「お染の七役」と夜の部の「阿古

屋琴責め」である。

 「お染の七役」は玉三郎の監修。

 壱太郎の七役中一番の出来は、奥女中竹川のおっとりした上品さ。鈴木弥忠

太をやりこめる凛とした意気。この役が一番というところに壱太郎の身上があ

る。

 つづいてはお光。序幕柳島妙見でチラッと姿を見せての久作との芝居はさし

たることもなかったが、大詰「心中翌の噂」の狂乱では玉三郎のそれをよく学

んで、はかなく、不幸な少女のかげをよく出している。これで船頭と女猿回し

の踊りの間が手持無沙汰のを除けばいいお光である。

 後の二役、お染、久松は格別仕出かしているわけではないが、今の壱太郎の

位置に合って当然ながらいいほうである。それに比べて芸者小糸はいささか色

気が薄い。

 残りの二役、貞昌尼と土手のお六はさすがに手に余った。貞昌尼はともかく

もお六は莨屋の幕切れ「喜兵衛さん」から次の油屋の強請になって「おーい、

こっちのうちだよお」からお定まりのつらねまで。お手本の玉三郎の過剰なと

ころばかりが写ってしまって、強く出るだけ女らしさを失っている。力まずに

余裕が出れば直るだろう。早替わりの手順はあざやかだが、替わって出たとこ

ろで観客がワッといわないのは、早替わりのイキがもう一つなのとその人間の

性根が替わり映えしないからである。

収穫は松緑初役の鬼門の喜兵衛。凄味こそ薄いものの、よく利く目でいい、線

の太さといい、押しの強さといい、音羽屋畑にはあまり馴染みのない南北物の

人物造形に成功している。なによりもそのせりふまわしにいつもの癖が少しも

出ずに南北調に近いのがいい。

 莨屋の幕切れのいくつかの見得は、今年三月仁左衛門が見事に見せたところ

であるが、花道七三へ行って裾をまくりかけた具合など、松緑は松緑なりの味

を出したのはお手柄である。

 中車の久作はとぼけた味、実直味があっていい。

 松也の船頭、梅枝の女猿回し。権十郎の油屋太郎七、彦三郎の山家屋清兵衛、

門之助の多三郎、猿弥の鈴木弥忠太、歌女之丞の女中。困ったのは、千次郎の

番頭善六と鶴松の丁稚久太、当吉郎の手代九助の油屋の奉公人たち。そのほか

中間、茶屋女たちがみんな現代語調なことである。最近のこの傾向は今回のみ

ならず歌舞伎のアンサンブルの崩れる大きな宿題だろう。

 昼の部はこの前に一堺漁人作、今井豊茂補綴・演出の「幸助餅」三場。相撲

が好きで関取りの雷五良吉に入れあげて店をつぶした大黒屋幸助が、雷の愛想

づかしにあって心機一転、幸助餅を売り出して出世するという人情劇。

 第一場の雷の愛想づかしから、第二場の幸助餅屋の繁盛まで。幸助餅がほか

の餅屋の餅と違って評判になった原因もわからず、松也の幸助も一場から二場

へとまるで人間が変わっていないので、わかりにくい。

 中車の雷は、第一場の愛想づかしで幸助を笑ったあとフッと思い入れをする

のがうまくこれで雷の心情がわかる。しかしニクのせいか体がグニャグニャし

て腰が定まらず関取らしくないのが欠点。

 万次郎の三つ扇屋の女房、笑三郎の幸助の女房、笑也の芸者、児太郎の幸助

妹、亀蔵の叔父、万太郎の若い者。ここでも「お染の七役」と同じく周囲の役

に上方の味が足りない。

 夜の部はまず「阿古屋」である。

 これも玉三郎の指導とあって一日替わりの梅枝と児太郎。今日は梅枝であっ

た。曾祖父三代目時蔵に似た瓜実顔の古風さが阿古屋にピッタリで立派な出来

である。

 花道の出、三段にかかっての「とんと投げ出す身の覚悟」もともに十分の出

来だが、梅枝の特徴は、三曲とその間のくどきのバランスの良さにある。たと

えば琴の途中「重忠耳をそばだて給い」のあとの手事でフッと向うを見る具合

が、そのあとのくどきの「終わりなければ初めもない」という向こうにかかっ

た姿によく照合して、今では絶望的になったために無限に続いている恋の思い

出にうまくつながっている。

 しかも、三味線になるとほとんど虚無的になり、それがさらに絶望の色濃く、

「お前も無事にとたった一口」という状況になる。指名手配の敗残兵との希望

の持ちようのない恋になり、次の胡弓ではむしろそういう状況からの解放にな

る。

 こういう阿古屋を私ははじめて見た。それはこの人のバランス感覚のよさの

ためだろう。

 彦三郎の重忠は、その明晰なせりふ廻しで立派な裁き役になった。

 問題は玉三郎の岩永。配役を知った時は驚いたが、当人十分凝って、人形振

りらしく足を宙に浮かせ後見が身体を支える工夫をしているが、出て来たとこ

ろ、これが玉三郎かと思うほどの変わりようで、どこか薄気味悪く胸に痞える。

珍品といおうか、悪い冗談といおうか、いいようがない。

 榛沢は亀蔵。竹本は愛太夫、淳一郎、長唄は勝四郎、勝松。

 このあとが、中車のあんまと松緑の泥棒で村上元三作・演出石川耕士演出の

「あんまと泥棒」。四十五分の小品の喜劇。二人とも達者で客席は大笑いだが、

二人の人生が出るほどではなかった。

 最後が玉三郎の新作舞踊「傾城雪吉原」。

 幕が開くと、松の大木を描いた紗幕の向こうに長唄連中がならび、上手に笠

をさした玉三郎の傾城が後ろ姿で立っている。その美しさは岩永をやった人と

は思えず、やっぱりこっちのほうがいい。大安心であるが、いつものゆったり

した手ぶりのムード舞踊。美しさは限りなく、それを見るだけで十分といえば

いえるが、紗幕が飛んで吉原の遠景になっても長唄のテンポがかわっても、そ

の手ぶりはかわらず、絵を見る如く、美しいポーズの連続である。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る