2018年2月歌舞伎座

高麗屋襲名二ヶ月目

 

 二月二日、雪の降る朝歌舞伎座を見に行った。高麗屋一家三代の襲名の二ヶ

月目である。

 今月の新白鸚の披露狂言は、夜の部の「忠臣蔵七段目」の由良助、新幸四郎

は昼の部に「大蔵卿」と夜の部に「陣屋」の熊谷、新染五郎は「七段目」に大

星力弥である。

 まず「七段目」の由良助であるが、蛸肴の「さらば賞玩いたそうか」の「賞

玩」のあたりでグッと恨みを利かせる具合、「おのれ、末社ども」とくだける

気の変わり目、言外に性根を利かせるところが無類のうまさである。あるいは

おかるとのやりとりで、「あの嬉しそうな」というところ、この女を殺さねば

ならぬかという苦悩を利かせて深いうまさ。こういう言葉とは裏腹の肚の表現

が、この人の人間描写のうまいところである。

 しかし総体にこの由良助は実録風である。私の見た七代目幸四郎にもやはり

その風があったから、これは松本家代々の芸風かもしれない。力弥のいる花道

へ行く件で「四条」の小唄を口ずさむのは吉右衛門風ではあるが、松本家の基

本は変わりようがない。

 この人は調子がいい人だから、「獅子身中の虫」あたりもっとそのうまさを

聞かせてほしいところであった。

 新染五郎の力弥はニンにはまっていい若衆ぶりであるが、本舞台から花道へ

行くところで妙に辺りを気にするのは神経質すぎる。それほど用心深ければ

「近々敵」というわけがないだろう。

 平右衛門とおかるは、奇数日が仁左衛門と玉三郎、偶数日が海老蔵と菊之助

の一日替わり。今日は海老蔵、菊之助であった。

 海老蔵は闊達さのなかに妹への情愛を含んで、しかも暗い陰翳があるのがい

いが、「久しぶりだなァ」というようなところをはじめ随所に現代語の言い回

しになるのがよくない。観客に少しでも分かり易くという配慮からだろうが、

それが破調になっては元も子もない。リアルさと聞かせるせりふのバランスを

工夫すべきである。

 菊之助は、二階に立ち姿を見せたところまことにキレイでいいが、静的な絵

のような美しさというよりも生きた女を描こうという動的な演じ方。そこが面

白くもあり、しかし一方では義太夫狂言とのバランスを崩しているのも否定で

きない。

 この由良助に、この平右衛門とおかるで、本来賑やかで、楽しかるべき「七

段目」の舞台全体のトーンが単調で沈みがちになっている。

 それにつれて錦吾の九太夫、高麗五郎の伴内も可笑し味が足りず、実録風で

ある。

 友右衛門、弥十郎、松江の三人侍。

 さて、新幸四郎の披露狂言二本は、圧倒的に夜の部の「陣屋」の熊谷がいい。

先月からの四役のなかでもこの熊谷が一番の出来。前回初役の時にも本来ニン

にない熊谷を大きく造形したのに驚いたが、今回はさらに進歩している。

 花道を出たところ、芝翫筋風の隈を入れての横顔がまずよく、七三での水晶

の珠数を刀にチャリンと当てるけれんは相変わらずよくないが(あの音が熊谷

の心境を破る)、その後のグイッと珠数を掴んで袂に入れるイキは勇壮豪快、

熊谷はこれでなければならない。

 藤の方を見ての「思いがけなき」が大きくていいが、なんといってもこの人

のいいのは物語である。まず「敦盛卿を討ったる次第」の「次第」一句にこも

る激情、「なかにひと際」の想いの深さ。ともに底を割らずにいて、しかし敦

盛卿の身代わりになった我が息子への情を含ませた二重の響きがいいのである。

「オーイオーイ」も前後の動き、運びがキッカリしていて大きい。こういう造

形がいい。平山見得も同じ。

 ただし一点だけこの物語でよくないのは軍扇で下を叩き過ぎること。なにか

というと軍扇で拍子を取るのはなにかの叩き売りめいてよくない。

 後半、首実検の制札の見得も前回に比べて大きくなった。その大きさ、運び、

立派さ、ともに十分である。出家してからはさすがにまだ十分とはいかない。

ことに花道幕外の引込みは未完成。遠寄せでキッとなるところまではいいが、

それから引込むまでが心持ちが伴わず、一回廻るのも段取りめいて、この男が

なにを考えているのか、どんな景色が目に入っているのかまるで分らない。未

消化である。

 菊五郎の義経は、その品格、その柔らかさで逸品。この義経では吉右衛門の

情の芝居、仁左衛門の爽やかさ、梅玉の風格に対して菊五郎のそれはその上品

な柔らかさで対照的である。そぞろに故人梅幸の傑作を思い出した。ことにい

いのは熊谷の出家姿を見て「さもありなん」というところの感慨の深さである。

 左団次の弥陀六がいい。そのよさは、この大時代な狂言のなかでの世話の味

が一滴の清涼剤になって舞台の空気が変わることである。たとえば上手からツ

カツカと出てフッと目を引いて気づく気の変わり目、七三へ行って「弥平兵衛

宗清待て」といわれての眼光の鋭さ、「爺よ」といわれて思わずキッとなる具

合、後になっての懺悔、老いの一徹がごく自然にリアルに出ている。ただし襦

袢に平家一門の名を書くのはある型ではあるが、如月青子が指摘した通り疑問

がある。

 後半では熊谷に「かたじけない」という情が印象的ないい弥陀六である。

 魁春の相模は、最初の出が風情に富み、しかも性根正しくいい。くどきの首

を持って立ち、上手へ行きかけて下手へ一回廻って座るまでの動きがなんでも

ないようでいて万感の情溢れ、しかも芸の味わいが深い。

 雀右衛門の藤の方は前回よりも一回り大きくなって、魁春の相模に十分拮抗

している。

 芝翫が梶原を付き合うのは気の毒だが、これも襲名の御祝儀。いつもの赤面

でなく薄肉にしたのは当然だろう。

 鴈治郎の堤軍次が行き届いた芝居をしている。熊谷の出家姿を見て、それと

なく相模の邪魔にならないようにしながらキチンと芝居をしている上に、その

出に笠と杖を持たずに出て、あとで後見から受け取るのはさすがに一見識で正

しい。

 歌昇、万太郎、巳之助、隼人と先月浅草公会堂の主役たちが三人も四天王に

出る贅沢さ。

 夜の部はこの「陣屋」と「七段目」の間に今井豊茂作の「寿三升歌舞伎賑」

という芝居前と口上の二場がある。第一場の芝居前では本舞台に藤十郎の芸者、

菊五郎の座元、吉右衛門の太夫元、仁左衛門の芝居茶屋の亭主、我当の町年寄、

楽善の鳶頭が居並ぶところに、高麗屋の三人に猿之助の番頭が出て、そこへ本

花道から左団次、又五郎、鴈治郎、錦之助、松緑、海老蔵、弥十郎、芝翫、歌

六の男伊達、仮花道から魁春、時蔵、雀右衛門、孝太郎、梅枝、高麗蔵、友右

衛門、東蔵、秀太郎の女伊達が並び、最後に梅玉の町奉行を玉三郎の茶屋女房

が案内してくるという大一座、歌舞伎座の広い舞台に一堂に会したスターあふ

れんばかり。博多座にいる勘九郎七之助に扇雀を除けば、ほとんどの歌舞伎役

者が顔を揃える壮観さ。豪華とも贅沢とも言わんかたなき見ものである。これ

が済むと舞台が変わって高麗屋三人水入らずの口上である。

 昼の部の新幸四郎の披露狂言の「大蔵卿」は前回通り。作り阿呆の子供っぽ

さは是非もない。ことに私が改めて感じたのは、奥殿で本性をあらわした大蔵

が、「とっとといなしゃませ」だの「きりりん」だのと味方ばかりの前で作り

阿呆をして見せる違和感である。ここらを芸の面白さで乗り切らないと破綻す

る。新幸四郎は現代人だからその辺が難しいのだろう。

 この一幕の傑作は、秀太郎初役の鳴瀬である。桧垣でのこの人の行き届いた

芝居には終始感心した。いかにも知恵の足りない主人を持った女そのもの。知

恵が足りないことを十分承知して、しかも主人として敬愛しながら、周囲に気

を使って庇っているよさ。それでいて大事なところはキッチリ取り仕切る賢さ。

私は今までも聞いていたせりふながら、今度はじめてなぜお京を召し抱えるの

が道端でなければならないのかを知った。むろん大蔵卿は一条家の当主、女狂

言師の一人や二人召し抱えられないことはない。しかしそれには宮廷への届け

がいる。正式にするとそこがうるさい。痛くない腹を探られる。そこで往還で

つい拾ったということにするのが彼女の知恵なのである。

 奥殿で落ち入るところも驚いた。手負いの夫勘解由の背中に手を掛けて死ぬ

のである。その左手の手先に悪人ながらも夫を愛している女の哀れさが出てい

る。

 歌六の勘解由が手強くていい。普段は脇役がつとめるが、それとは一味違う

大歌舞伎。

 松緑の吉岡鬼次郎は、体の何気無いこなしの端々が面白い。体に踊りがある

からである。義太夫狂言はこれでなければ面白くない。孝太郎のお京は手に入

っている。

 時蔵の常盤御前は、せりふが淡泊であるが、今回は座ったままの身体を目一

杯動かして芝居をしている。

 橘三郎の茶屋の亭主は手慣れているが、もう一つ可笑し味が欲しい。真面目

なのである。

 昼の部はこの「大蔵卿」の前に舞踊「曽我の春駒」、あとに海老蔵の「暫」

と吉右衛門の「井伊大老」。

 「春駒」はわずか十五分の朝幕にはもったいない程の適役揃い。役者のニン

が役の要求するニンにピッタリ合うとこうも舞台が生きるのかと思わせるよさ

である。

 まず梅玉の工藤祐経。梅玉は本来和事の人だからこの人のものではないはず

だが、近来この人のニンが座頭役にふさわしい風格を見せるように進歩したか

らである。

 錦之助の十郎は切ってはめたような柔らかさ。

 芝翫の五郎は、これも勢いといい、力の表現といい立派な五郎。

又五郎の朝比奈も、その可笑し味、愛嬌、荒事と、この人のもの。

この四人の先輩に連れて梅枝の大磯の虎が立派な立女形ぶり。一人のシヌキに、

私は十郎ではなく工藤の相方という肚がある。

十郎の相方は米吉の少将、五郎の相方は亀鶴の梅丸。さすがにこの二人はまだ

これからだが、梅玉、錦之助、芝翫、又五郎、それに梅枝も入れた五人にこれ

だけのニンが揃うと、踊りはさておいて、歌舞伎の景色が浮き上がってくるか

ら恐ろしい。長唄は三右衛門、栄津三郎。朝幕にはもったいないという理由で

ある。

海老蔵の「暫」は、前回と違って化粧も薄く、荒事の若さの輝きを失っている。

「しばらく」の発声もよくないし、カドカドのきまりも形にならない。どうし

たのだろうか。

ウケは左団次、腹出しは右団次、市蔵、男女蔵、九団次、弘太郎。鯰が鴈治郎、

女鯰が孝太郎。太刀下が友右衛門、右近、亀蔵、広松、家橘、斎入、小金丸が

彦三郎という顔揃い。

さて今月芝居としてのレベルだけでいえば一番は「井伊大老」である。プログ

ラムによれば今回はいつもと違って故人白鸚の台本で、第一場の上屋敷には井

伊直弼は出ず、直弼に代わって昌子の方が長野主膳に弾圧の激しさを緩めるよ

うにいう。梅玉の長野主膳、高麗蔵の昌子の方、吉之亟の宇津木六之丞。

第二場が千駄ヶ谷の下屋敷。この場がすぐれている。ほとんど動きのないせり

ふ劇であるが、演劇的な密度の高さは今月一番。吉右衛門の直弼、雀右衛門の

お静の方、歌六の仙英禅師で感銘深い一場であった。

まず歌六の仙英禅師が直弼の書いた衝立を見る。その書、その歌にあらわれた

剣難の相、直弼の死への覚悟を知って、フッと仏壇へ行く。歌六は気障なこと、

説明的なことを一切しないが、その芝居からこれが人生かという思いがヒシヒ

シと見る者に迫ってくる。雀右衛門のお静が得度したいというのを聞いて、彼

女をいとおしく思う情愛、それと同時に二人の運命を思う、歎いても仕方がな

いという諦観、心に沁みる出来栄えである。雀右衛門のお静も一度は出家得度

をいい出しながらすぐ思い返す、煩悩に迷う女心をうまく出す。

直弼が帰ってくる。禅師の残した笠の「一期一会」という文字を読んで、禅師

が再び帰らぬことを悟るところ、人間の永遠の別れをそれと言葉にせずに思い

に沈む具合が吉右衛門はうまい。

お静になにか聞いたろうというところ、続いてお静とのラブシーンというも儚

い雛の一夜の人間の別れ、死していく身の運命を見定めて行く男女の語らいは、

「一つ身」つまり一心同体といって、その胸中を言葉にしなくとも観客の心に

深く通じて、そのありさまはさながら「心中」を見るかのようであった。

その結果、直弼は全てを受け入れる境地に立ち、人間として、一人の男として、

政治家として成長する。「心中」によって変身するのである。

そのドラマが感動的であった。吉右衛門、雀右衛門ともに前回に優る出来であ

る。

歌女之丞の老女雲の井、吉三郎の側役宇左衛門。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る