2018年3月国立劇場

ニューバージョンの新三

 

 菊之助初役の髪結新三。どうなるだろうかと思うのはだれしも同じだろう。

その結果、手っ取り早くいえば、序幕白子屋の店先が飛びぬけて面白い。しか

しそれから先がいけない。どういけないかは後で詳しく触れよう。まず序幕の

大出来である。

 下手から髪結の道具を持っての出。目張りを強くして少しでも悪を効かせよ

うという工夫がいい。門口の立ち聞きの間かすかに薄笑いを浮かべる不敵な面

魂。まずは合格である。

 それから内へ入って忠七の髪を撫でつける。ここが今回の上出来なところ。

まず手つきが細かくて丁寧である。その手順、その本当らしさ、さながら実地

を見るが如き面白さでほかの新三にはない面白さである。よく研究しているし、

私は改めて世話物はこういう細部の描写を楽しむものだということを思った。

 ついでこの手つきにつれて忠七への説得がうまい。当の忠七よりも先に客席

が説得されてしまった。よく考えれば無法なのだが、この手つきのうまさで説

得されてしまうのである。

 ここに限っていえば、こういう新三は今まで見たことがなかった。これまで

の新三の人間像と違っている。もっともこういう面白さは初演以来かつてはあ

ったものかも知れない。しかし今は大抵の人にない。私がニューバージョンと

いう理由である。

 さてこれからどうなるかと思うが、つづく永代橋になると、客席にまだ序幕

の説得力が残っているから、新三が本性をあらわして忠七に悪態を突き始める

と、アレッという空気が客席にみなぎる。しかしこのアレッは次の瞬間にアア

ッにはならず失望に変わる。本性らしく見えない。悪が効かないからである。

もともと新三は悪党だから、その本性が効かないと芝居が失速する。これは菊

之助のニンが本来まだ女形の方にあってどうしてもその優しさが出るからでも

ある。しかしなによりも菊之助の新三の造形が序幕のようにはうまくいってい

ないからである。この新三が忠七と対すると、忠七の方が、我ままで、自分勝

手で、横車を押しているように見えてしまう。傘は本当は新三が買ったのでは

ないかとなってしまう。

 富吉町の新三の内になると、この傾向はさらに増幅していくら源七にタンカ

を切っても、菊之助の芸そのものが浮足立っている。今後菊之助がこの役を当

たり芸にするためには、この悪の描写をなんとか克服する必要がある。そうし

ない限り序幕の成功が看板倒れになってしまう。

 梅枝の忠七はおっとりしてよく、梅丸のお熊はすることはめっきりハッキリ

してきたが、化粧が現代風で、大工たちがこの娘を目当てに白子屋に来るほど

の評判娘には見えない。

 万次郎の後家お常は、持ち役でもあり非の打ち所がないが、周囲が菊之助は

じめほとんど全員が初役揃い、そこへもってきてこの人の腕が立っているから、

かえってこの女ならば白子屋が破産するはずがないと見えてしまうのが残念。

菊市郎の車力の善八。菊史郎の女中お菊。

 団蔵の弥太五郎源七は、永代橋から大詰めまで、カラッ世話のようなリアル

さと張るところは張っての大時代をうまく混ぜて、小心な、プライドの高い中

老の男の肖像を描いている。

 さて、問題は亀蔵の大家の長兵衛。笑いを取るのがうまく客席を沸かせてい

るが、それだけではダメなところがこの役のむずかしさ。生活感、人間のリア

リティがないために面白くない。カドカドのしどころはだれでも知っているの

に、そのツボを外している。菊之助が浮足立つのも一つはこの長兵衛のせいも

ある。

 秀逸なのは橘太郎の長兵衛女房お角。可笑し味といいリァリティといい、い

いお角。音二郎の合長屋権兵衛は、よくとぼけた味を出しているが、いささか

黙阿弥色が薄い。咲十郎の鰹売りはキビキビしているが、揚幕の内の「鰹鰹」

の売り声がガラガラ声で鰹がまずそう。

 万太郎の下剃り勝奴は芝居がうまくていいが、声がキンキンしているために

子供っぽく見える。調子を工夫すべきだ。

 この「髪結新三」の前に鴈治郎の「本蔵下屋敷」。

 愚劇には違いないが、それでも「忠臣蔵九段目」のウラを知る興味、若狭助

に対する観客の批判を抑える書きっぷり、それになんといっても若狭助と加古

川本蔵の主従の情愛が、上方の味で、明治の上方劇壇の一般観客の幻想をよく

とらえている。そぞろに初代吉右衛門と猿翁の舞台を思い出した。

 鴈治郎の若狭助は、「忠臣蔵」の本文の人物をよく写している。その癇性ぶ

りがいい。しかし後半本蔵を土壇に直していざ斬ろうとする前後の上方一流の

こってりした味わいのところ、主従の情愛はまだ形ばかりにとどまっている。

これは一方の亀蔵の本蔵の淡泊さにもよる。

 梅枝の三千歳姫。ここでも橘太郎の伴左衛門がうまい。今月橘太郎大当たり。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る