2018年3月歌舞伎座

芝翫、扇雀一座と仁左衛門、玉三郎一座

 

 高麗屋三代襲名の終わった後の三月歌舞伎座は、昼の部が芝翫、愛之助、扇

雀、孝太郎らの若手一座と、夜の部が仁左衛門、玉三郎のベテラン一座。昼夜

対照的な座組である。

 昼の第一は近松門左衛門の傑作「国性爺」の楼門と甘輝館の二幕。

 和藤内は愛之助の初役。楼門での父母や異母姉錦祥女に気を配って芝居にス

キがないのがいい。とかくここは仕どころがないために気の抜ける和藤内が多

いなかでスキがないのはいい。しかしその引込みの飛び六法はじめ、次の紅流

しからの飛び六法、甘輝館へのあばれ込み、甘輝との詰開きの大荒事はさすが

に手に余った。力の表現、勢いの見せ方、いずれもボルテージが下がってよく

ない。この人今月これ一役、思い切ってウデを見せてほしかった。

 扇雀初役の錦祥女は、楼門は形を追うのに急で情愛が今一つ。近松の名文が

生きていない。

うまいのは甘輝館で、夫甘輝のいうことを聞いていて、もはや自分の命を捨て

るしかないという思い入れ、大いに納得である。

 これも初役の芝翫の甘輝はその風采、まことに立派でこの時代物の格にはま

っている。しかし最初の花道の出は、その姿に対して時代物の主役らしいハラ

がないのが残念。それからの物語、細かい心持、なによりもその力の表現まで。

この狂言第一の出来。これで情愛溢れてくれば「稀代」とはいかずとも「当代」

の甘輝である。

 東蔵の老一官は、ニンにない役を腕でうまく見せ、なによりも妻渚への情愛

がいい。

 秀太郎の渚は、時代物らしくキッパリとやっているが、なにせ「梅忠」の井

筒屋おえんがうまい人、楼門はともかく、甘輝館の「唐猫」はさすがに手に余

った。もっとも「唐猫」から幕切れの自害まで演出がもう一つ整理されていな

い。整理されていないといえば、甘輝と和藤内の二人の衣裳替えの間、下官た

ちが和藤内の太刀を持て扱う場面は、それはそれで面白いのだが、その間の錦

祥女と渚の身体の始末はなんとか工夫できないものか。

 楼門の松太郎、勘之丞、辰緑、山左衛門らの甘輝の家来が手揃いでいい。

 次が四代目中村雀右衛門七回忌追善の舞踊「男女道成寺」。当代雀右衛門と

松緑である。

 四代目の長男大谷友右衛門が「明石坊」という役名で出て追善の口上をいう

が、これは道成寺の住職にするか、裃姿で口上をいった方が観客には分りやす

い。歌昇、壱太郎、米吉以下若手総出の所化。長唄は鳥羽屋里長、栄津三郎で

聞かせるが、常磐津は一佐太夫、一寿郎。

 昼の部の最後は芝翫の「芝浜」。

 芝翫の魚屋政五郎は、サラサラやっていてお手の物であるが、だれにでもわ

かる半面、人間の彫りが浅くなっている。たとえば大詰で女房おたつに真相を

明かされてからは、もう一つ複雑な心情がほしい。三年間も俺をだましたのか

という怒りが当然あって、その怒りを超えてアアそれでこそという感謝と悔悟

があってこそ、観客がホロリとする。そこがサラッといっては感動が薄い。

 孝太郎の女房おたつは前半の手強さ、後半の情愛、ともに十分の出来である

が、この役もまた大詰でもう一つ情の屈折がほしい。

 ちよっと出るだけだが橘太郎の大家、松之助の納豆売りが印象的。弥十郎、

松江ほかの長屋の連中。

 さて夜の部は仁左衛門の鬼門の喜兵衛と玉三郎の土手のお六で「お染の七役」

のうち、向島小梅の莨屋と油屋の強請の二幕。

 看板の予告を見た時は、この二幕だけを抜いてやるのは名企画だと思ったが、

いざ舞台を見ると物足りない。南北は「お染の七役」のうち前後の大派手な早

替わりのなかに、この異色の二幕を挟む効果を十分計算して書いていることが

分かったからである。玉三郎のお六も仁左衛門の喜兵衛もともに当たり芸であ

るが、ここだけでは前後がわからず見栄えがしない。ことに仁左衛門の喜兵衛

は、早桶を倒して剃刀を口に咥えての花道へ行っての見得、 砥石を振り上げて

の見得、幕切れの早桶に乗ったお約束の見得と、いずれも凄味たっぷりなのに

残念である。

 亀蔵の髪結、橘三郎の久作。

 油屋の強請では錦之助の山家屋清兵衛、彦三郎の油屋太郎七、千次郎の番頭

善六。

 次が口直しに仁左衛門、玉三郎の「神田祭」。二人の色気、イキの合い方、

露もしたたるばかりであるが、なかでも「親分さんのお世話にて」で仁左衛門

が頭を掻きながら親分に女房としての玉三郎を引き合わせるところが、踊りと

は思えぬ真実味のこもったありさまで二人の仲が濃厚を極める極彩色である。

清元は延寿太夫、美治郎。

 最後が玉三郎演出の「滝の白糸」。壱太郎の白糸に松也の村越欣弥である。

 歌右衛門の白糸の時にも思ったのだが、歌舞伎の女形と新派の女形は似てい

るようで微妙に芸の在り方の感覚が違う。感覚ばかりではなく、新派は旧派

(歌舞伎)否定の上につくられた演劇であって、そこに独特なリアルな感覚が

ある。

 ここで注意したいのは、同じ泉鏡花でも「天守物語」や「夜叉ヶ池」は鏡花

のオリジナル戯曲であって、新派は鏡花生前には一度も上演しなかったこと。

新派の鏡花物は全てほかの作家が鏡花の小説を新派向けの脚本にしたものであ

って鏡花自身の戯曲ではない。そこに歌舞伎とは違う新派独特の感覚があり、

それを歌舞伎化しようとすればそこに別な手立てがなければならない。

 今度の「滝の白糸」もその相違があまり明確でないために正体不明の作品に

なった。

 壱太郎の白糸はせりふに不思議な癖があって、なにをいっているのか分り難

いところがある。それに比べれば松也の村越欣弥は明瞭で、ことに大詰法廷の

場の声涙下る弁舌が聞かせる。

 歌六の春平、秀調の太夫元がいい。

 彦三郎の南京出刃打ち、米吉の桔梗、亀蔵の松三郎、吉弥の欣弥の母、寿治

郎の郵便配達夫、歌女之丞のお辰。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る