2018年4月歌舞伎座昼の部

菊五郎の仁木弾正

 

 四月歌舞伎座昼の部は、真山青果の「江戸城総攻」三部作のうちの「薩摩屋

敷」二場一幕と「裏表先代萩」の通しである。

 「薩摩屋敷」は、第一場が江戸城堀端。ここで、慶喜命乞のために静岡まで

進軍して来た官軍の本営の西郷隆盛のところへ行く山岡鉄太郎を、勝海舟が見

送る。

 第二場が江戸、三田の薩摩屋敷。史上有名な勝海舟と西郷隆盛の江戸城無血

開城の会談である。松竹芸文室の上演台本、大場正昭演出。松緑の西郷、錦之

助の勝海舟、彦三郎の山岡鉄太郎である。題して「西郷と勝」。

 ドラマとしては第二場がヤマ場であり、そこで展開する西郷隆盛の、実は官

軍は幕軍に 負けてはいたのだが、時の勢いで勝利を占めたという意外な告白

と、江戸市民を救うための平和論が展開する。この西郷の言い分は、いつ見て

も何かこじつけのような気がする。この二場だけでは芝居として中途半端な感

じがする。同じ三部作でも「慶喜命乞」や「将軍江戸を去る」ほどの緊密さが

ないからである。

 松緑の西郷隆盛は、その朴訥さ、その誠実さがその人間にはまっているが、

長いせりふが立体的に組まれていない。この場のせりふは、時に心情の吐露、

時に情景の描写、時に周囲の人間への対話と、各方向に向かって行く。その変

化、その距離感が出ていない。真山青果が歌舞伎役者の語りの芸を利用して書

いているのだから、その語りと対話との差が出る方が変化を産むはずである。

そこを整理すれば、将来この人のものになるだろう。

 錦之助の勝海舟はもう少し江戸っ子らしい闊達さと決断力の鋭さがほしい。

彦三郎の山岡鉄太郎は「慶喜命乞」や「将軍江戸を去る」の血涙下る熱血漢に

つながる造形が必要だろう。

 亀蔵の中村半次郎も松江の村田新八も、官軍の主戦派の急先鋒としての強力

さがほしい。芝居がおとなしすぎるのである。

 つづいて「裏表先代萩」。

 大場道益殺し、御殿、床下、小助の対決、刃傷の五場。

 第一場の道益殺しは、五代目菊五郎のつくった芝居を六代目菊五郎がリアル

に省略した新演出以来簡略になっているが、本当は細かい描写(たとえば小助

の井戸端のカレイの料理)があってこそ、世話物の面白さが出るのではないか。

一度そういう復元が行われるべきだと思っていたが、今度は別な改変が行われ

てる。

その改変は、序幕では道益を殺したあとである。すなわち原作では小助が道益

を殺して奪った百九十八両の金を床下に隠すと、それを犬がくわえて行って佐

五兵衛の荷に入れてしまう。それを小助が探すおかしみがある。しかし今回は

小助がまんまと金を手に入れ、これですぐ行方をくらますと疑われるから、お

竹に罪をな擦り付けて何食わぬ顔で第一発見者になろうとしゃべって幕になる。

小助の人間像が変わって来ている。

 菊五郎の小助は持ち味も悪も効いてピッタリであるが、何分ともにこれとい

った仕所ができていず一通り。

 この幕第一の出来は、団蔵の大場道益である。いかにも金貸しもする町医者

らしく、欲のためには毒薬も調合するし、お竹にも色目を使うという人間をよ

く描いている。それでいて芝居の運びもサラサラとしていい。

 道益の弟宗益は権十郎、佐五兵衛は松太郎。大家の辰緑が可笑し味があって

それらしい。

 孝太郎の下駄屋の女中お竹は、下女にしてはキレイすぎるが、道益がぞっこ

ん惚れるだけのことだからこれでもいいのだろう。

 次がいつもの御殿。

時蔵の政岡は淡彩のために薄味。「裏表」という配慮からか世話めいていて、

義太夫狂言らしいコクがない。ここは前の幕の世話物に対しても義太夫狂言の面

白さを強調する方が「裏表」の対照が出ていい。くどきからノリになる辺りは

祖父三代目時蔵のことを思えばもっとノッてほしいと思うのは私だけだろうか。

この本でいけば飯焚きはカット。

弥十郎の八汐は大々としている上に顔だけは憎らしそうだが、芝居は押しが足

りない。孝太郎の沖の井、吉弥の松島。

 万次郎の栄御前は、貫目、悪ともに効いていい。

 床下になる。

彦三郎の男之助は型通りであるが、キチンと行儀はいいものの、ほとばしる野

性的な力がない。そういう力が荒事には必要だと思う。

 菊五郎の仁木弾正は、のちの刃傷にくらべてここは思ったほどのことはなか

った。

 次が小助の対決。

 ここには在来と違って新しい改変がある。在来で行けば、道益殺しの容疑者

としてすでにお竹と小助が逮捕されていて、そこへ佐五兵衛が盗まれた金を持

ってくる。ところがこの訴えのために却って佐五兵衛とお竹親子共謀かと疑わ

れてしまう。しかしその金が包まれていた襦袢の片袖が小助のものとわかって、

小助が罪に服する。

 ところが今度は、小助が盗んだ金を手に入れ、それを資本に小間物屋を開い

て成功し菊屋小助になっている。在来の五分月代の無頼漢の囚人ではなく、白

塗り二枚目の商人である。それがどういうわけかノコノコ証人に出て来て、や

はり襦袢の片袖から有罪になるというわけである。

 一見合理的なように見えて、なんで小助が証人に立つのかもよく分からない。

むろん原作にも欠点はあるが、それを直そうとしてかえって不自然になった。

サスペンスばやりの今日、もっとうまい改訂は出来なかったのだろうか。

 菊五郎の小助は、白塗りの堅気の商人が悪に戻るところはお手のものだが、

ここはやはり縄付きの、五分月代の鬘の方がサマになる。

 松緑の倉橋弥十郎は、以上の改変によって小助の手をグッとつかんで引き寄

せる仕どころがなくなってしまって呆気ない。

 横井角左衛門は斎入、お竹は孝太郎、佐五兵衛は松太郎、宗益は権十郎、大

家は辰緑。

 次が詰所から刃傷。

 ここの菊五郎の顔が実に立派である。色気があって、凄味があって、はなや

かで、これぞ仁木弾正という姿。昼の部第一の見ものはこの刃傷の仁木弾正。

これを見てやっと溜飲が下がった。

 錦之助の細川勝元がほんのわずかの出でも、ニンがピッタリで光っている。

東蔵の外記、亀蔵の民部。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る