2018年4月歌舞伎座夜の日

仁左衛門、一世一代の「立場の太平次」

 

 鶴屋南北の「絵本合法衢」の左枝大学之助と立場の太平次の二役は、仁左衛

門の当り芸である。それを今度は「一世一代」すなわち仕納めにするという。

看板に偽りなく前回よりもさらに洗練、充実した見ものである。せりふの言い

回しの二重三重の意味を言い解く深さ、動きの様式的な絵のような美しさ、芝

居運びのうまさ、くどいから一々書かないが、見ていて思わずノートして取っ

て置きたくなるようなよさである。これぞ歌舞伎というべく芝居好きならずと

も一般の人にも必見の舞台である。

 序幕が、水門口、鷹野、陣屋の三場。

 水門口は、今度は簡潔なうちにまとまって、関口多九郎が霊亀の香炉を持た

せた中間をいきなり斬り殺す冷酷、残虐さ。たちまちその役が明確になる。花

道七三まで深編笠を取らずに行って、おもむろに笠を取って顔を見せて、グッ

とにらんだ立派さ、すでにこの数分で大学之助の悪の華を描いて堪能させる。

 つづいて鷹野。花道から出て鷹をそらせた家来を叱りつけて、本舞台へ来て、

お亀に目を付け、家来にくどかせるところは、前はここで目交ぜをしたりした

ところであるが、そんなことは一切せずに目つき一つでお亀をくどかせる色気。

せりふの片言そう句に至るまで心持が滲ませていながら、それが自由にできて

いるところが、すなわち円熟である。

 高橋瀬左衛門が出てお亀の危機を救ったあとへ、今度はそれた鷹を里松が殺

したのにカッとなって一打ちに斬り殺す凄まじさ、すぐにこれをタネに瀬左衛

門を陥れようと思いつく幕切れまで。色気から口惜しさ、口惜しさから怒りへ、

さらに悪だくみを思いつく知恵へと、この変幻自在、畳みかけるようなリズム

感である。

 次が陣屋である。里松手討ちを聞いて駆けつける佐五右衛門の思い、瀬左衛

門の当惑を鼻にも掛けぬ手強さ、しかしこの場のうまさは、高橋瀬左衛門の折

檻にコロリと改心するところ、急に「かたじけない」と心底誠実に改心したよ

うにもっていくうまさ。とても狂言とは思われず、それがガラリと本性をあら

わして瀬左衛門を殺し、しかも腹心を殺して犯人に仕立てる強悪さ、この変化

である。ここも家来に目まぜをする芝居が前回まではあったと思うが、今度は

そういう説明的なことを一切せずにスラスラ運んでいくのがうまい。自然で、

自在なのである。それでいてカドカドのきまりは十二分に絵になるところが大

進歩である。

 ただ一点、幕切れの二重の上で軍扇をサッと開いて顔を隠し、それを徐々に

はずしてニッタリするまではいいが、舌を出すのはやりすぎだろう。出さない

方が舞台は大きくなる。

 ここまでの上演時間は四十六分。これだけ内容があって、この速さは見てい

て怒涛の迫る如く、いい加減な手抜きではなく、イキが積んでいなければでき

ない。それを引きずって行ったのは仁左衛門の力であり、このテンポこそ「現

代」である。

 十分の幕間で二幕目四条河原が開く。

 上手石段の上に出る仁左衛門の太平次は、前々回はそれと観客も気づかない

ほど軽く、前回はズッシリと重く、しかし今回はその両方を兼ねて、クッキリ

としていて軽みも残している。ここらの微妙な兼ね合いが今回の見どころでも

あり、進歩でもある。芝居もサラサラと運んで、お松にしなだれる具合、女房

お道が来ても折角の仕事が――という具合まことに手に入ったものである。

 道具屋での、お松を助けてからの、毒酒を与兵衛に飲ませようとして失敗す

る滑稽、愛嬌たっぷりに芝居を運んで、ついに後家おりよを殺すまで。スミか

らスミへ気を配りながら、愛嬌、おかし味から凄味にかわるうまさ。まことに

自然で、しかもキマルところは決まって流れて如くである。

 廻って妙覚寺裏手。花道七三でお松と芝居をしている間に、お松のくどきを

うっとうしがって聞くうちに秘密を知られた女ゆえ殺そうとして、あたりをそ

れとなく見廻しながらお松を殺すまで。ほんのわずかな芝居で心持が手に取る

ようにわかるのは、この人間を仁左衛門が生きているからである。芝居はこの

リアリティがなければ面白くない。と思っているうちに、大学之助と太平次、

悪人二人の実態があざやかに舞台にうかんでくる。この二人はサディストでも

天性の殺人鬼でもない。ただ邪魔な人間をどけていくだけである。邪魔がイヤ

なのは自由でありたいからだろう。誰でも自由は欲しい。しかし自分の自由を

通そうとしても社会には倫理もあれば法律もある。普通は自由は抑圧されてい

るのである。しかし抑圧されているからといって人間の自由への欲求が消える

わけではない。その自由への欲望が二人の人間のうちにひそむ無気味な悪魔で

あり、この悪魔こそ実は人間誰のなかにも本来住む欲望なのだと思わせるとこ

ろが今度の面白さである。

 私はこの翌日、吉田修一の小説「悪人」をドラマ化した舞台を見たが、その

現代劇にも共鳴するものを太平次は暗示している。あのリズム感だけが「現代」

なのではない。この事実こそが「現代」である。

 二幕目が終わって幕間になり、三幕目の倉狩峠になる。黒幕外の倉狩峠、一

つ家、古宮、もどって一つ家の四場である。

 この幕の仁左衛門の太平次は従来よりも愛嬌、凄味、芝居の味が濃くなって

いる。

 たとえば与兵衛夫婦を迎え入れる情あふれるばかり、それでいてゴタゴタの

うちに世兵衛を傷つける凄味。

 あるいは古宮でお道を一かせ切っての花道の引込み。七三で中腰になって向

こうを見て、グッと目をつぶっていてカッと開いて団七走りのような黒御簾の

合い方に乗っての引込みになる面白さ。歌舞伎の醍醐味である。

 有名な孫七お米を逃すまいとして木戸に両手をひろげてのキマリは、二代目

左団次の工夫であるが、この人は従来から木戸から離れてそれでも斜めの見得

であったが、今回は正面を切っている。これが大きくて、派手で、錦絵である。

 幕切れの「もう明けるそうだ」も今回は下手寄りではなく中央でやはり正面

を切っている。こういうところの力づよさ、大きさがコクになっている。

 大詰、合法庵室から閻魔堂はさしたることなし。

 周囲の役を順に書こう。

 時蔵のうんざりお松は、回を重ねて今度は色気もあり、仇っぽさもあってい

い出来になった。これでゆすりのせりふがもう一ト息キッパリと歌うようだと

なおいい。二役皐月。

 弥十郎の高橋瀬左衛門と同じく弟高橋弥十郎の二役は、少し白粉が濃すぎる

が、相応の出来である。

 錦之助の与兵衛は切ってはめたような当たり役。ことに道具屋で太平次に私

をお嫌いなさるのは敵大学之助に私が似ているからでしようといわれている間

の芝居がうまい。与兵衛の弱さ、人のよさが自然に出るからである。

 孝太郎のお亀もよく、万次郎の後家おりよもしっかりとしている。吉弥のお

道はしっとりしていい。

 団蔵の佐吾右衛門がサラリとしていい。嶋之丞の女房おわた。

 そのほか権十郎の関口多九郎、松之助の番頭伝三、亀蔵の孫七、梅丸のお米、

由次郎の弁法印、当十郎の島本段平。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る