2018年5月歌舞伎座

珠玉の「浜松屋」

 

  今夜、私は歌舞伎座の団菊祭で不思議な体験をした。

 江戸の町の呉服屋の店先(黙阿弥の「弁天小僧」では鎌倉雪ノ下になってい

るがむろんこれは江戸の町の話である)。春の日の昼下がり、すでにほの暗い

店の一室で、女装した男の無頼漢の詐欺事件が、いま、私の目の前で起こって

いるという実感がしたのである。「弁天小僧」の浜松屋は、今まで何度見たか

知れない。しかしこの舞台でこんな体験をしたのははじめてだった。いつ見て

もそれは技巧を凝らした「お芝居」であり、役者の「芸」を楽しむものであっ

た。しかし今夜は奇妙なことに、いま、ここで事件が起きている、これは「お

芝居」でも「芸」でもなくて「現実」だという感じがしたのである。こういう

感じは現代劇でも最近は珍しいし、ましてや歌舞伎のような浮世離れした古典

劇では滅多にないことだが、それが演劇の写実の根本であることも事実である。

 どうして「弁天小僧」のような芝居でこんな実感が起きたのか。

 一つは菊五郎の弁天小僧と左団次の南郷力丸が芝居とは思えぬリアリティに

達したいたからであり、もう一つは周囲の役々のアンサンブルが水も洩らさぬ

緊迫感を持っていたからである。菊五郎の目が舞台のスミズミまで行き届いて

いるのがよくわかった。演劇ファン必見の舞台である。

 菊五郎の弁天は、花道へ出たところ、前回の変な化粧が改まって、たよたよ

とおぼつかな 気なところが娘姿にはまって、円熟した老いの艶に輝いている。

しかしそこまでは「お芝居」であり「芸」であった。型を守りながら自由な芸

境も前回に同じ。前回とは違うのは、緋鹿子の半襟をそっと抽斗に混ぜ、後ら

スーッと取るところからである。ここは型どころで難しいところであるが、全

く観客の目にも留まらぬリアルな自然さになる。自由自在というよりも現実な

のである。駄右衛門が出て男と決めつけられるところの微妙なニュアンスも違

っている。ここはギックリしてわざと男の声になるやり方が多いが、今度の菊

五郎は女の声である。その上で「桜の刺青」を指摘されると「シェーッ」と驚

くところもイキ一つで女でありながら男ともとれる微妙な声である。こう書く

となんでもないようであるが、そのイキ、その微妙さが自然でリアルに運んで

いるから、冒頭私がふれたような、いま、ここで事件の現場に立ち会っている

ような現実感になる。それでいて「知らざあ言って聞かせやしょう」はメリハ

リ十分で「悪事はのぼる上の宮」で煙管で下手上の方を指す姿は絵になってい

る。駄右衛門が「生けおく奴ではなけれども」と刀を取るとキッとなって左ひ

ざを立てて手を載せた具合もそのまま絵であった。無言で簪で煙管を通そうと

している姿もリアルな生活感にあふれている。しかもせりふで凄味を聞かせる

無気味さ、いずれもこの事件の中核を描いている。それから花道の引込みまで。

前回の自由さからさらに進んで芝居とは思われぬ、弁天の無頼ぶり目の当たり。

画期的な出来といわなければならない。

 周囲のアンサンブルまた然り。左団次の南郷の、これもまた手慣れて余裕た

っぷりな自在な芝居もいい。団蔵の浜松屋幸兵衛がいかにも大店の主らしく、

市蔵の狼の悪次郎、橘太郎の番頭。この番頭が音頭を取る前後三回の「ヤアヤ

アヤア」がそれぞれその時に応じて不安、驚き、呆然のニュアンスを聞かせて

アンサンブルがとれている。これに交じって種之助の宗之助が柔らか味を出し

ているのは偉い。

 一方海老蔵初役の駄右衛門は、障子を細目に明けて弁天たちのやり取りを聴

いているのはいいが、菊五郎や左団次の間に入るとせりふの輪郭がぼけるのは

期待外れ。松也の鳶頭は動きがもっとキリッと締まるべきだ。

 次が稲瀬川勢揃い。

菊五郎の弁天は花道へ出たところ、逆七三での見得が錦絵の美しさ。しかし舞

台全体は浜松屋の緊密感を失っている。その理由は、この場が浜松屋とは違っ

て様式的だからであり、そうなると菊五郎左団次のベテランに対して、日本駄

右衛門の海老蔵、忠信利平の松緑、赤星十三郎の菊之助の若手三人の、せりふ

廻しの味の格差が大きいからである。

続いて極楽寺大屋根の立腹、山門、滑川の三場。

菊五郎の弁天はさすがに立ち廻りが無理だが、きまった時の姿、顔かたちはや

はり絵である。海老蔵の駄右衛門はこのはなやかな道具の中で意外にも貧相に

見える。睨みもさして効かないのは、こういう形容本位の役が現代の役者には

苦手だからだろう。

最後に青砥藤綱を梅玉が付き合う。脇の侍は秀調と権十郎、捕り手は九団次と

広松。贅沢な大詰である。

夜の部はこの後団蔵、時蔵、松緑の「菊畑」と菊之助、時蔵の舞踊「喜撰」が

あるが、この二本には問題がある。

団蔵初役の鬼一は、その風采がいかにも鬼一らしく、かつはせりふが明晰で客

席に通るが、そのせりふが明晰なのに味がないのは、今日はまだ初日が開いて

二日目のせいもあるだろうが、肚が薄いからであり、言葉の裏の意味、二重三

重の深さが出ていないからである。動きの造形にも深味がない。たとえば「晴

れの草履」などもっと様式的な芝居なはずである。ニンからいえばいい鬼一で

あり、この役は七代目団蔵の当たり芸であり、八代目引退の役でもあって団蔵

家にはゆかりの役。是非練り直してほしいと思う。

時蔵初役の虎蔵は、女形であるためにキッとしようとして、かえって変化に乏

しく色気が薄い。この役はやり過ぎるほど突っ込まないと面白くない。ことに

後半智恵内と二人になってからのノリ地は内輪過ぎてノリが悪く、動きにも義

太夫狂言らしいコクがない

松緑二度目の智恵内は、浅黄幕が振り落とされての第一印象が顔が小さくて引

き立たないのは是非もないが、奴たちの芝居になってからはしっかりして分の

悪さを取り返した。しかし後半はまだ愛嬌が足りず、動きの面白さもやはり義

太夫物らしさが足りない。

児太郎の皆鶴姫は品があるのがいいが、くどきはこれも色気がない。亀蔵の笠

原湛海は憎々しさが足りない。

かくて床の葵太夫、寿治郎の奮闘にもかかわらず水っぽい「菊畑」になってし

まった。現代の歌舞伎役者にとってこういう形容本位の作品が苦手なのはわか

るが、もっと芝居らしい造形を考えなければ折角の名作がつまらなくなってし

まうだろう。

さらに問題なのは菊之助初役の「喜撰」である。藤間勘十郎振付で、いつもと

は居どころが違って喜撰が上手、お梶が下手にいく。お梶が小町のパロディで

あることを考えると逆の方がいいと思うが、それはそれとして菊之助がその居

どころをハッキリ掴んでいないのはよくない。チョボクレになる時の居どころ

が微妙に違ってくるからである。

菊之助の喜撰は、花道へ出たところ、片足男で片足女で踊るという口伝を重く

見たせいか、女流舞踊家が踊っているような、しかも真面目さが出て不思議な

違和感がある。口伝はともかくも喜撰は鼻下に青たいを塗った役である。その

可笑し味、洒脱さがなければならないだろう。こうなるのは、この役がこの人

のニンにないからである。

菊之助は勉強家であるが、この喜撰は振りの意味もよく理解されていないよう

に見える。たとえば花道の振り一つをとっても、「小町桜の眺めに飽かぬ」で

桜の枝を立てて見上げるところは、この桜が小町でありお梶であってただの桜

ではないということが表現されていない。「眺めに飽かぬ」という、その見惚

れる情感がないからである。

時蔵の茶汲み。お迎い坊主は権十郎、歌昇以下若手総出。長唄は勝四郎、巳太

郎、清元は延寿太夫、美治郎。

この夜の部に対して昼の部は十二代目団十郎五年祭の追善とあって海老蔵五役

出ずっぱりという奮闘で「雷神不動北山桜」の通し。

海老蔵の五役はまず口上があって筋が分かり易い。それから登場順に敵役の早

雲王子、白塗りの陰陽師安部清行、裁き役の粂寺弾正、荒事の鳴神上人、最後

が不動明王。なかでは鳴神が図抜けて第一等の出来。その色気といい、線の太

さといい、鷹揚な愛嬌といい、役が手に入って来た余裕といい、いい鳴神であ

る。雲の絶間姫との濡れ場も菊之助の雲の絶間姫との釣り合いもよく、この通

しでは全幕中一番の出来である。

続いて粂寺弾正と行きたいところであるが、鳴神と違ってこっちにはいろいろ

問題がある。まず花道を出たところ、豪放さを出そうとしてか体に締まりがな

い。豪放さと放漫さとは同じではない。この男は荒事の豪快さを含みながら小

野家の悪を一掃する知恵者であり、いわゆる裁き役であって、そこが単なる豪

快さだけではないからである。知性の爽快さがなければならないと思う。

お約束の五つの見得は形がよく出来ているが、手足のスミズミまで力が入って

いなければならないところで多少のスキがある。つい形だけになるのである。

さらに問題なのはせりふ。高音部を引っ張って多用しているが、その高音部が

割れて甘ったるい。鳴神よりも大分成績が下がるのはそのためである。

ユニークなのは安部清行、百歳を生きてなお若々しく美しいという不思議な役

で面白い。海老蔵のニンからいえば白塗り、烏帽子姿の絵から抜け出て来たよ

うな姿がこの人に一番合っている。ただ設定が面白い割には台本上あまり書き

込まれていないために仕どころがなく、かつは早替わりのために印象が散漫に

なった。

不動明王は、原作でも形容だけだからとこういうほどのことはない。

早雲王子は、これも悪の見せ場がないために折角の大目玉を剥いて見せてもあ

まり効かないのは残念である。

周囲の役にふれよう。菊之助の雲の絶間姫は、今月この人三役中一番の当たり。

とかく女形になると冷たく理知的に見える人が、ここでは色気もあり、美しさ

もあり、一切底を割らずに芝居を運んで安定している。ただしこの人の持ち味

で鳴神の寝たあと、お許しなされて下さりませといって、はじめて真情を見せ

る真実味が一番いい。優美で知的なのである。

いいもの。雀右衛門の腰元巻絹。大輪の花といい、前後の気配り、芝居に気が

入っていて、弾正を振っての引込みの「ビビビビビーイ」がうまい。

続いて団蔵の八剱玄蕃。どっしりとして悪が効いてさすがに小野家の御家老職。

次が斎入と市蔵の白雲黒雲。二人のイキの合い方、芝居の自在な運びのうまさ。

これで海老蔵と菊之助がどれだけ引き立ったか。これで花道引込みの「ズボン

ボエエ」がもう一杯派手ならば面白いのに惜しい。

いいものは以上五人。

他に錦之助の関白基経、家橘の小松原中納言、友右衛門の小野春道、市蔵の小

原の万兵衛、彦三郎の秦民部、松也の文屋豊秀、児太郎の秦秀太郎、広松の小

野春風、梅丸の錦の前、九団次の数馬。

この通しのあとに時蔵の舞踊「女伊達」。時蔵がさすがに立女形の格を見せる。

長唄は鳥羽屋里長、栄津三郎。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る