2018年6月歌舞伎座

団七九郎兵衛の絶望

 

 「夏祭」の長町裏の、吉右衛門の団七の花道の引込みが圧巻であった。

 三河屋義平次を殺しての幕切れ、「悪い人でも舅は親」と手を合わせるせり

ふに団七の悔悟と絶望、さながら岩も崩れるばかり。そのあと竹本の葵太夫渾

身の「八丁目さして」に引かれるようによろよろと花道七三へ行って、両手は

祭りの神輿を囃しながら、目は血走り妖しく光って、この男の絶望の深さ目の

当たりであった。浄瑠璃の原作はこの後田島町へとつながるから芝居はまだ終

わりではない。しかしこの男の人生は終わりだろう。たとえこの先生きていた

としても一生罪が消えることはない。その恐ろしさと絶望が吉右衛門の身体全

体から吹き出した。それを見て、私は六代目菊五郎の早野勘平の五段目の引込

みを思い出した。人を殺した人間の恐怖と絶望の深さが同じだったからである。

 この団七の引込みが圧倒的だったのには、その長町裏の前段のよさによる。

団七は義平次をだますために何気なく手でもてあそんでいた小石を手拭いに包

んで金に見せる。だまされた義平次は誘拐して来た琴浦を乗せて来た駕籠を帰

す。そして金をくれと催促する。お前さっき言ったじゃないか「ソレ」、恍け

る団七。ついに団七は金と見せた包みが小石であることを告白する。そのやり

とりはいつもの通り。いつも通りでありながら今度は丁寧で突っ込んだ芝居に

なっている。そのリアルさ芝居とは思われず、さながらその場に居合わせてい

るかの如き臨場感と迫真力を持っている。そこが前回と大いに違う。

 前回の義平次は段四郎で、それはまた義太夫狂言の役としては傑作であった

が、それはあくまで「お芝居」。今度の義平次は橘三郎である。いつもはあっ

さりしている橘三郎が、今回は意外にも手強く突っ込んで、キマリの型を踏ま

えながらしかもリアルな傑作。この団七、この義平次でこの長町裏の殺しが圧

巻の芝居になった。

 ただ二つ残念な点がある。一つは義平次か「人殺し」と叫ぶと舞台の上下に

向かって団七が「なんでもござりませぬ」といってごまかすところ。刀の抜き

身は嘘でも隠すべきだろう。祭りの最中に刀を下げた男がいれば事件だと思わ

ない方が無理である。もう一つは、前回もそうであったが、塀の向こうを通る

祭りの山鉾が民家と同じ地味な色で、民家が動いているように見えること。以

上二点を瑕瑾とする。

 この長町裏の上出来に対して、序幕の住吉鳥居前の顎を撫でながら「男を一

番磨いてこようかい」の愛嬌や徳兵衛との立ち廻りの立派さ、二幕目三婦内の

引込みは、この人にして当たり前の出来である。

 歌六の釣船三婦は、これまでは義太夫狂言らしい味わいが薄かったが、今回

は味が出て十分の出来。

東蔵初役の三婦の女房おつぎは、これまでの多くのおつぎとは違って、ついう

っかりお辰に磯之丞を預かってくれないかといってしまうような、女の切なさ、

面白さがあって、これはこれで一人の市井の女性の人生を描いていい。役が膨

らんでいる。

錦之助の一寸徳兵衛は、前回に比べて格段の進歩。吉右衛門の団七に十分拮抗

したのはお手柄である。ことに序幕でお梶に下がれといわれて、体を小さく殺

す具合がうまい。

雀右衛門初役のお辰は、花道から家並みを探しながらの出で、もういいお辰と

知れる。「もし三婦さん」と三婦に詰め寄るところは、よく父四代目を学んで

いいが、ただ色っぽい、甘さが一瞬色仕掛けのように見えるのが難点。といっ

て色気がなければ詰まらず、色気と侠気のバランスが難しいのだろう。磯之丞

を預かることになっての、東蔵のおつぎとのやりとりは侠客の女房同士、女の

友情を感じさせた。それから二重へ上がっての上手障子屋体への引込みは掌を

返しての辞儀が四代目そのままでいい。花道の夫が好くのは顔じゃないといっ

てポンと胸を叩いての「ここでござんす」も嫌味がなくてすっきりしている。

場当たりをしないのがいい。

菊之助の団七女房お梶は、さっぱりと凛々しい出来。今月の三役中一番である。

種之助の磯之丞は教えられた通りきちんとやってはいるが、まだこれから。米

吉の琴浦は遊女らしいしどけなさが足りない。

松江の下剃り三次、吉之亟の大鳥佐賀右衛門。吉三郎のこっばの権、吉五郎の

なまこの八。

竹本は三婦内が葵太夫、長一郎、長町裏が葵太夫は変わらず、三味線が寿治郎

になる。この床が舞台を締めているのは前述の通り。しかしどちらも御簾内な

のはどうしてなのか。

以上、見ものの「夏祭」とはガラリと変わって二番目は宇野信夫の傑作「巷談

宵宮雨」。演出は大場正昭である。

芝翫初役の竜達は、部分的には十七代目勘三郎を写してうまいもので、幕開き

の皮膚病と藪蚊に刺されてかゆいかゆいというところなどは、見ているこっち

の身体がむずむずしてくる。ただ残念なのは人間心理に一本筋が通っていない

こと。

たとえば甥の太十に埋蔵金掘り起しを頼もうか頼むまいかと迷うところ。悪事

を重ねて来て、しかも太十が一筋縄ではいかない男であることも知り尽くして

居ながら、それでも欲にかられる心理の動き、行動が一貫していない。深く掘

り下げられていない。そのために迷いが表面的で場当たりに流れる。ドラマの

面白さが深まらないのである。

あるいは、掘り出して来て貰った百両を数えながら、脇の太十夫婦のおしゃべ

りをうるさがるところ。金を数える行動が一貫していないから、夢中になりな

がらうるさがる面白さが出ない。つい段取りになってしまうからリァリティを

失う。

そのために竜達のいやらしさ、憎たらしさ、凄味が薄くなる。そうなると殺さ

れて化けて出る幽霊が寂しさ、怖さがなくなる。今度の舞台でこの役はこの人

のものだろうと思うからいうのだが、ぜひとも筋道を間違わないでほしい。

松緑の太十は悪が効いて、短気で、しかも暗く、小狡い男をうまく見せる。い

よいよこの薬で竜達を―――というところの凄味がいい。

雀右衛門の女房おいちも、自分では意識しないでいて亭主を追い込んでしまう

具合がよく出て面白い。ただ単衣ものを着ているのはいいが、襦袢が白襟なの

は暗闇で妙に目立って違和感がある。

橘太郎の石見銀山ネズミ捕りの薬売りがうまい。この役は故人吉十郎一代の当

たり芸で、その心細い不幸な翳が絶品だったが、橘太郎は逆に明るく笑いを取

っていて、しかも暗い翳を落していい。

梅花の早桶屋の女房がほどがいい出来で舞台を締めている。松江の早桶屋、児

太郎のおとら。京妙の桂庵の婆が大いに凝ってそれらしいばあさんになってい

る。

大場演出は竜達が死んでからはもう一息テンポが上がるべきだと思うがどうだ

ろうか。

以上、夜の部の充実に対して昼の部は、時蔵、松緑の「妹背山」の御殿、菊之

助の舞踊「文屋」、菊五郎以下劇団総出の「野晒悟助」の三本立て。

「妹背山」の御殿は一幕一時間五十三分の大曲。なかには問題もあってさすが

にくたびれるが、歌舞伎の代表的な名作である。

まず「鱶七上使」から。

楽善の入鹿は、公家荒れの隈の取り方によるのか顔が小さく見えるのが残念だ

が、あいかわらず口跡は明晰。「百司百官」や「昔」の大太鼓が入るところが

意外に締まらないのは、まだ初日が開いて三日目のせいか。

彦三郎の宮越玄蕃、亀蔵の荒巻弥藤次。

そこへ出る松緑の鱶七は、三度目とあって歌舞伎座の大舞台に立派に収まり、

芸に余裕が出て生来の小顔に光彩が出て来た。茶碗を貸せといってもみんな知

らんぷりなのに、「ても呑気な内じゃなァ」というところは、初役のル・テア

トル以来ユーモアが客席によく通じたところだが、今日もジワがきた。この役

は松緑の祖父二代目松緑の当たり芸でもあったが、その笑いの豪快さが祖父生

き写しである。

入鹿が入って官女の出になる。この官女が今回は後のいじめを含めてよくない。

ここでは滑稽さが足りず、竹本の文句の意味もほとんどなんのことかわからな

い。何百年前の浄瑠璃全部を現代の客席に理解させろとはいわないが、その努

力はすべきだろう。

官女が入っての、鱶七の毒酒の見得は、前回同様欄干に長柄の銚子を突いて、

左手を頬杖にした、その左手の形容が味があっていい。ここらが松緑の身上で

ある。ただ相変わらずせりふの語尾のアクセントに悪い癖があるのが問題であ

る。

「姫戻り」になる。

新悟の橘姫、松也の求女、ともに思い入れ、それに伴う心持ち、情愛が足りな

い。たとえば求女が、官女の向こうに橘姫を見てなんの思い入れもせずに、す

ぐ立ち去ろうとするのは性根が違う。ここで立ち去っては入鹿征伐は出来ない

のであり、それを隠しての姫への情愛が要る。橘姫も橘姫で本当に求女に惚れ

ているのかどうか分からず。嫌味な臭い芝居はいけないが、行儀よく型を守る

のとなんにもしないでいるのは同じではない。

いよいよこの一段のクライマックス「竹雀」になる。

「迷いはぐれし片鶉」で風の音を聞かせて時蔵のお三輪が出る。時蔵襲名の狂

言でもあり、前回からでも十八年目。年は取っても芸には年を取らせず。若や

いで、瑞々しく、この狂言の小娘らしいしぐさ、手に入っていてまずは上々の

お三輪、歌右衛門直伝だけのことはある。

本舞台へ来ての「お留守かえ」の裏見得から上手にお端下を認めてチョボの三

味線に乗ってうなずく前後の運びは自然に流れるようでいて型が生きている。

型が生きているから、そこにあどけない、ちょっと寂しげでさえある少女の姿

が浮かび上がる。「見捨ててこれが」という竹本のあとの「どうしょうなァ」

といってベッタリ座る具合、「登る階」の太鼓の音に「あれぇ」と耳をふさい

で、改めて恐る恐る二重に上がる具合がまことにいい。ポイントだけでなくそ

の前後がうまいからである。

そこへいじめの官女が出る。その官女に取られた苧環を取り返してのキマリも

いい。

ところがそこから先の肝腎の「竹雀」が問題である。これは一つには官女の芝

居が乱暴だからである。この官女が酌取の稽古をしながら大きな男の地声でお

三輪を怒鳴りつける。いじめの官女は立役から出るのが御約束だからなにもナ

ヨナヨする必要はないが、それにはおのずから制約があって、男の地声で怒鳴

れば観客はワッというが、そのために滑稽さばかりが強調されて、意地悪さ、

憎らしさがすっ飛ぶ。問題はその結果お三輪の哀れさがなくなることである。

時蔵のお三輪が割を食っている。この官女の大声は戦後ある時ある役者が馬子

唄とはこういう唄でござりますといって馬鹿でかい地声を出して観客の度肝を

抜いたのが始まりの悪習。それが酌取りにまで及んでいる。こうして歌舞伎は

末端から崩壊していく。

 さてこのために肝腎の「千箱の玉」も哀れげがなく、ようやく「竹に雀」の

振りになって面白くなった。

 官女が入ると例の通り嫉妬の件になる。ここは歌右衛門型の丁寧さを手早く

見せてだれさせずにやったのは、時蔵の手柄。「目出度目出度」の二度目の声

で、時蔵は思い入れ一つでたちまち顔つきが変わったのはさすがである。

 お三輪が本舞台へ戻るのを上手二重のまいら戸から鱶七が半身をあらわして

いるのはあまり見かけぬ型だが、いい工夫である。

 つづいての鱶七実は金輪五郎の物語は、松緑の身体がよく動いて面白い。こ

とにカドカドの見得で、最後に首を振り込むところに味が出たのは三回目にし

ての、この人の大進境。たっぷりした芸の味である。たとえば幕切れ、刀を担

いで目いっぱい前へ体を倒すのはいささかケレンめくが、その体を起こして見

得になるプロセス、最後に首をグッと振り込む面白さは、十分に体を使って堪

能させる。

 次が菊之助の「文屋」。

 先月の「喜撰」よりはニンに合っているが、それでもこの人は「六歌仙」な

らば業平の人。芝居ッ気たっぷりに踊っているし、体を目いっぱい使ってもい

るが、さてそれで踊りが面白いかというとそうも行かない。ここらが踊りの難

しいところである。

 清元は延寿太夫、菊輔。

 最後が菊五郎の「野晒悟助」。

 菊五郎の悟助が、先月の「弁天小僧」に続いて、序幕花道を出た男伊達姿、

円熟した光彩を放つ錦絵の顔で、やっと大人の芝居に出会う。しかしいくら黙

阿弥でも他愛無い作品だから折角の菊五郎が勿体ないという気がする。

 序幕住吉の鳥居前、続いて反橋の見える境内での浮世戸平との立引きまで。

 家橘の土器売り詫助、児太郎の娘お賤、米吉の扇屋娘小田井、辰緑の白酒売

り。

 菊之助の浮世戸平はすっきりした男ぶりで、菊五郎の悟助と二枚続きになっ

たのはお手柄というだけ。

 団蔵の六字南無右衛門が枯れたところを見せる。

 橘太郎が扇屋の女中お牧でめずらしい女形で、達者なところを見せとかく湿

りがちな芝居を引き立てている。夜の部の「巷談宵宮雨」の石見銀山ネズミ捕

りの薬売りといい、今月この人大当たりである。

 二幕目が悟助の内で、ここでは扇屋後家香晒が東蔵、忠蔵が権十郎。

 左団次の提婆の仁三郎がさすがに貫禄を見せる。

 大詰の四天王寺普請場の立ち廻りは菊五郎の大サービス。

 単純な傘の立ち廻りで、一度に「音羽屋」という傘が花が咲くようで面白い。

歌舞伎はこういう簡単な、ありきたりの手を面白く目新しく見せる工夫に味が

ある。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る