2018年7月歌舞伎座夜の部

ショウアップされた「源氏物語」

 

 今度の「源氏物語」でもっとも成功したのは沢辺芳明の映像によるプロジェ

クションマッピングである。

 序幕の春夏秋冬の花鳥風月、歌舞伎座の天井にまで届く劇場全体の爛漫の桜、

二幕目の紅葉の林のなかに一筋の道を描いた風景、それが光源氏が花道へ馬で

行くにつれて、墨絵の林に変わる具合、二幕目大詰の海老蔵の八大龍王の宙乗

りにつれて舞台いっぱいに砕けるダイナミックな大浪のありさま。いずれも目

を奪う光景で、これまでの歌舞伎座にはなかった美しさである。

 しかしそれ自体として見ればまことに優れた美しさだが、そのあまりの美し

さと歌舞伎の美しさがマッチしたかというと、問題が残る。たとえば二幕目の

紅葉の林は海老蔵の乗った在来の歌舞伎の、役者が入った馬がミスマッチだし、

あるいは大詰の荒浪と折角の海老蔵の宙乗りも釣り合っていない。片やメカニ

ズムの粋、片や歌舞伎の素朴な面白さ、どちらが勝つかといえばむろんメカニ

ズムだから、ともに歌舞伎が貧弱に見えるという皮肉な結果になった。

 今度の「源氏物語」(今井豊茂作、藤間勘十郎演出)はこのプロジェクショ

ンマッピングに象徴されるように、コラボレーションに重点が置かれている。

 発端の石山寺で「源氏物語」を書く万次郎の紫式部からはじまって、序幕は

「葵の巻」まで。二幕目は朧月夜から明石まで。大詰は冷泉帝の即位から源氏

の太政大臣就任のフィナーレまで。能(片山九郎右衛門ほか)ああり、オペラ

(アンソニー・ロス・コスタンツォほか)あり、洋楽あり、長唄(日吉小間蔵、

勝松ほか)、義太夫(蔵太夫、公彦ほか)あり、そして歌舞伎ありという大コ

ラボである。むろん私はコラボを否定しているわけではない。しかし異質の文

脈で育ったジャンルの違う芸術をコラボする場合には、そこに細心の注意と両

者を貫通する論理が必要だろうと思う。

 たとえば序幕大詰の「葵上」は、海老蔵の源氏に児太郎の葵の上、雀右衛門

の六条御息所に、花道へ面を付けた能役者の前シテが立ち、後シテが座ってス

ッポンにせり上がる。舞台上手には囃子方、地謡が並んで能「葵上」の「沢辺

の蛍」になる。こう書くとさも立派なようでえあるが、実際は六条御息所が三

人いることになるし、それが生霊であるかどうかも明らかではない。これが一

人の人間に見えるようにするためにはもっと細心の工夫がいる。しかも三人バ

ラバラになって能と歌舞伎の表現のレベルの違いが露骨になる。たとえば能の

「女」は、外輪に歩くが、歌舞伎は内輪に歩く。その動き、その身体の在り方

による「女」のリアリティの違いばかりが目立って、能の「女」は男そのもの

に見える。この違和感が私には耐えがたかった。能が貧弱に見えて仕方がない

からである。つくづく能舞台で見る能「葵上」が名曲としていかに演劇として

完成度の高い一つの宇宙を作っているかを思い、それを壊せばただの風俗しか

残らないかを思った。

 さらに困ることは、折角、当代のはまり役である海老蔵の源氏、それに雀右

衛門の御息所が手持無沙汰に見えることである。

 そこが絵巻物だといえばそれまで。むろん「源氏物語」は小説だが、「源氏

物語絵巻」という絵巻物の国宝があるくらいだから、そもそも原作が絵巻物に

なるべき要素を持っているのだろう。現に十一代目団十郎最初の源氏の時にも、

舟橋聖一の台本、久保田万太郎演出は絵巻物風であった。しかし同時にそこに

は人間がいて、ドラマがあった。たとえば梅幸の藤壺入内や大詰の源氏の制止

を振り切って花道へ入って行く藤壺落飾のシーンは半世紀を隔ててなお今だに

私の心に残っている。その感動がここにはないし、ドラマがない。視覚的な見

せ場をつなぐことに追われて人間もドラマも置き去りになっている。

 わずかに魁春の弘徽殿女御が六の君の小袖をつかんで立つ幕切れに淀君を思

わせる芝居があるのと、須磨へ立つ源氏がすでにふれた紅葉の林を行くところ

で、母に先立たれ、父に捨てられ、しかも人からは「光」とたたえられた、そ

の「光」が「闇」を生んで人々を傷つけると同時に自分をもまた「闇」に堕し

てしまったという孤独の寂しい述懐に芝居らしさがあるのみである。

 序幕は見せ場に追われていた作者もようやく二幕目で立ち直って、弘徽殿嫉

妬から源氏の須磨行きまで人間ドラマをつくったといえる。

 源氏が「光」と「闇」の間に生きているという視点は面白いが、オペラ歌手

二人に「光」と「闇」を担当させるのも、ようやくここまで来てわかるのでは

困るし、藤壺が一切出ないために源氏の喪失感が出ないのも残念である。つま

り芝居として構成、人間描出が足りないためである。説明が多いのもそのため

であるが、逆に見せ場を繋ぐために分からぬところも多い。たとえば源氏が父

と別れる幼時を回想するシーンも、花道へ出た海老蔵の源氏が一踊りしたあと、

本舞台の花の蔭に行き正面の能面をつけた桐壺帝と勸玄の幼時の自分の別れを

見ているというシーンも、これが回想であることがわかるのは大分たってから

である。須磨へ立った源氏を見せていきなり八大龍王になるのもなんのことだ

かわかりにくい。これらは物語が緻密に組み立てられていないためである。

 海老蔵の源氏、魁春の弘徽殿、雀右衛門の六条御息所についてはすでにふれ

た。ほかで目立ったのは、亀蔵の朱雀帝、三幕目の御簾斬りは帝にあるまじき

行いだが、それはこの人の罪ではない。もう一人客席を大いに笑わせたのは市

川右若の源内侍。コミカルで達者である。勸玄の幼き日の源氏と冷泉帝二役は、

可愛らしさで大受け。

 そのほかは右団次の右大臣、鷹之資の藤大納言、家橘の左大臣、友右衛門の

兵部卿宮、東蔵の大命婦、斎入の尼、児太郎の二役明石の上,九団次の頭中将。 

 コラボも映像のいいが、海老蔵の源氏でもっと芝居らしい「源氏物語」が見

たいと思った。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る