2018年7月歌舞伎座昼の部

珍しい「三日太平記」 

 

 夜の部の「源氏物語」一本立てに対して昼の部は「三国無双瓢箪久」(「久」

一字で「目出度や」と読ませるのはちょっと無理だろう)の通し。「三国無双」

というからは河竹黙阿弥だろうと思ったが、意外にも大部分が鶴屋南北の「時

桔梗出世請状」が基本で、織田絃二、石川耕士、川崎哲男、藤間勘十郎補綴の

四人の知恵者が揃っていてさすがにうまいこと出来ている。

 南北の「時桔梗」の高松陣中はおそらく今度が明治以後初めてだろうし、

「三日太平記」の松下嘉兵衛住家は昭和五十六年四月明治座の二代目猿翁の

「裏表太閤記」にも出ているが、私はこれを見ていなので今度はじめて見た。

二幕ともに珍品である。

 順序通り書いて行こう。

 序幕発端は、素顔、紋付、袴の海老蔵がスッポンにせり上がって、本能寺の

変の状況を当時の勢力図によって分かり易く説明して第一場「西遊記」に入る。

「国性爺」の楼門のような道具でこれが関所。ここに斎入の三蔵法師の一行が

さしかかる。関守は万次郎の錦祥女めいた女で、これが金毛九尾の狐の化け物。

いよいよ危険になったところで、花道から海老蔵の孫悟空が「待ちゃがれ、え

えい」と声をかけて立廻りになる。この立廻りはいささか長い。この幕そのも

のも少し冗長だが、なかでは万次郎の女姿の化け物が面白い。

 これが夢で第二場が本能寺。広松の森蘭丸が見た夢というのは苦しい。大抵

は夢のなかで活躍する本人が夢を見るというのが常道だからである。そこへ獅

童の明智光秀が「馬盥」その光秀ままの紫紺の着付、裃で寄せてくる。光秀一

世一代の大バクチの戦さに鎧も着ずにこの格好はおかしいが、これが肌抜きに

なって大見得になるのは「愛宕山」のもじりである。知っている人はああと思

うだろうが、知らない人は狐につままれたようだろう。しかし獅童の光秀は、

そのニン、その面構えがよく、この人の本当の「馬盥」が見たいと思った。春

永が一切出ないのは乱暴だが、手早くていい。

 第三場が冒頭ふれた高松城攻めの秀吉の陣中。これは猿翁の時はなかったら

しく、四人の知恵者が「馬盥」から引いて南北の台本を引っ張って来たのだろ

う。原作は秀吉が料理人になったり、加藤清正が蛇の目すし屋になったりして

面白いところである。

 しかし今度の舞台ではそのしゃれが半分も通じなかったし、原作の面白味が

出ていない。芝居に世話の味が足りないのと、世話と時代の仕分けがうまくい

っていないからである。

 ここで海老蔵の秀吉がはじめて登場する。やはり世話にくだけた味いがない

のが問題である。ここで秀吉は一組の男女に会う。南北の台本では男は女衒、

女は髪結であるが、今度は男が猿回しの芸人、女は原作通り髪結い。実は猿回

しは明智左馬之助、女は秀吉の女房八重。獅童と児太郎であるが、この二人も

海老蔵同様世話と時代の変化に乏しく、ことに獅童の明智左馬之助は、光秀と

変わり映えがしない。いくらこのあと光秀の身替りに化けるといってもこの場

はガラリとかわっていないと光秀がまた出て来たかと思ってしまう。

 亀蔵の加藤清正がキリッとしているが、新蔵の曽呂利新左衛門は折角の面白

い役なのに平凡。

 幕切れは原作通り石火矢の仕掛けになるが、この時の屋体崩しの前後の音が

不明瞭でなにが起きたのかよく分からないのは残念。

 二幕目の第一場は小栗栖村。ここへ福之助の明智重次郎をかばって市蔵の村

越伍助が落ちて行く。つづいて獅童の光秀が馬に乗って落ちて来て、九団次の

長兵衛に刺されて自害する。ここは原作とは違うが台本がうまく出来ている。

獅童の光秀は、序幕とは大分違って立役めいているが、これは仕方がない。

「順逆二門なし」の「絵本太功記」の妙心寺をここへはめ込んだのは脚色者の

お手柄。獅童もいいが、ここで妙なライトがあたるのは生々しくてよくない。

光秀が死ぬと早替わりで獅童二役の左馬之助が出る。そこで山幕を引いて雀右

衛門の皐月の出になる。さすがに舞台が締まっていい皐月。山幕を引くと辻堂

になり、右団次の松下嘉兵衛が皐月を救い、そこへ辻堂から海老蔵の黒地の長

裃の秀吉、これにからんで市蔵の伍助、九団次の長兵衛がからんでだんまりに

なる。

 長裃の秀吉でようやく海老蔵らしい立派さが出ていいだんまりになった。但

しみんなが出たところで後の黒幕を切って落とすのは、最近いつも思うのだが、

幕切れに落とすべきではないか。急に明るくなって暗闇が消えるような気がす

るからである。

 次が左馬之助湖水乗切り。照明と映像で荒浪を表現しているが、獅童にはか

えって古風な浪布を使って自由に芝居をさせた方が面白かったかも知れない。

 第三場(実際は第四場)がいよいよ冒頭に触れた「三日太平記」である。そ

もそもこれは近松半二の浄瑠璃であり、それを南北が「時桔梗出世請状」の大

詰に歌舞伎化したものである。猿翁の時は半二本だったらしいが今回は南北本

である。

 半二本と南北本の違いはいろいろあるが、大きくいって三点。

 一つは半二本では、秀吉の旧主人松下嘉兵衛の家へ、秀吉が奴姿で戻ってく

るのが、実はこの家に小栗栖村で傷ついた光秀が匿われているためである。な

ぜ匿われているかといえば女房皐月が嘉兵衛の娘だからである。秀吉は光秀を

探して殺さなければいくら弔らい合戦に勝っても主人信長の無念をはらすこと

ができない。ところが光秀が潜んでいる松下嘉兵衛は、秀吉が昔金を横領して

出奔した旧主人。しかし光秀を討つためにはそんな昔のことはいっていられな

い。そこに秀吉の大きな政治的目的があるからである。嘉兵衛も光秀は娘婿だ

から必死で庇う。そこに劇的な面白さがあり、信長、光秀という旧勢力から秀

吉の新しい体制に移るという時代の転換の面白さがある。秀吉の奴姿は、その

象徴なのである。

 ところが南北本では、ただ女房の実家に戻って勘当を許されたいだけになる。

 もう一つは、南北本ではこの変更のために嘉兵衛の性格、秀吉との駆け引き

が全てカットになった。すなわち新旧、老若の転換がなくなった。

 最後の一つは、南北本では明智重次郎が光秀の子ではなく、実は秀吉と八重

の子だったことがあきらかになる。半二本には全くなく、南北本の設定である。

こうなると重次郎の切腹は秀吉にとっても他人事ではない。わが子の死。

 半二本の方が緊密で戯曲的にもすぐれているが、南北本もすてがたいのは、

幕切れになって全てがあきらかになったところで舞台に並んだ久吉、嘉兵衛、

その女房、皐月、八重と一家全員の哀しみが舞台にあふれることである。

 一長一短。そう思いながら、「三日太平記」の完全な上演を見たいと思った。

半二とすれば「妹背山」や「廿四孝」のような一級作品ではないかも知れない

が、これはこれで十分立派な見どころのある作品―――人間も面白いし、時代

の世代交代も描けているし、テーマもハッキリしていると思うからである。

 海老蔵の秀吉は、この場の色奴姿が今月一番の出来。ニンといい、ツヤとい

い、色気といい、ハラといい上出来である。但し舞台を半回しにしての、家の

裏手の瓢箪棚の立ち廻りは余計である。市川流の豪快さで気を吐いているが芝

居からははみ出している。第一ここへ来る黒四天の捕り手は佐久間玄蕃の手の

者だといっても、同じ織田家の家中、味方同士で、筋が通らない。

 右団次の松下嘉兵衛は、この大役しかも老け役ときてはどうかと思ったが、

すでにふれたように半二本のような仕どころがないためになんとか無事に勤め

た。それに一つは半二本にも南北本にもない、嘉兵衛の女房に東蔵が出て舞台

を締めたせいもある。

 児太郎の秀吉女房八重は、色気は薄いものの駕籠から打ち掛け姿で出たとこ

ろなど芸格が出て来た。

 雀右衛門の光秀の妻皐月は、重次郎にお前は実の子ではないというところが

台本の都合で難しいが、まずは歌舞伎座の大舞台の立女形らしい立派さである。

脚本演出ともにもう一湯がきするといい皐月になる。

 市蔵の伍助が終始篤実な老人を描いていい。

 家橘の百姓、九団次の長兵衛、福之助の重次郎。

 さていよいよ大詰、大徳寺の焼香である。

 御約束の大伽藍。私の記憶では十一代目団十郎は上手障子屋体から出たよう

に思うが、その方が黒の公家装束が引き立つ。それに芝居の間、肝腎の焼香す

べき仏壇に尻を向けているのも気になる。

 海老蔵は決してせりふが通らぬ人ではないのに、今月は昼夜出ずっぱりのせ

いか疲労の色濃く、この場もくぐもったような声で期待したほどではない。

「無礼という事存じおるか」

の有名なところも大喝一声とはいかなかったのは息継ぎにもあるだろう。せり

ふをもう一つ磨いてほしい。

 右団次が前の幕の松下嘉兵衛とはガラッと変わった柴田勝家で気を吐く。市

蔵の佐久間玄蕃、亀鶴の滝川一益、権十郎の丹羽長秀、家橘の佐々成政、斎入

の筒井順慶、友右衛門の前田利家、亀蔵の加藤清正、松江の信雄、男寅の信孝

ほか一座総出演。

 ここで勸玄が三法師で出る。十二代目団十郎の父十一代目に抱えられて出た

舞台を思うと、市川四代にわたる大徳寺。感慨深い。

 大詰は、本雨の中で秀吉が明智左馬之助の襲撃を受けるが、秀吉が左馬之助

を説得して憎悪の連鎖を断ち切って、平和を願って和解するという一場。趣旨

はよく分かるが取って付けたようである。ことに海老蔵がここまでサービスし

なくとも、大徳寺で幕にした方が余韻が残ったろう。海老蔵の本領は色奴で十

分、それよりもこの重労働に体を大事にしてほしいと切に思った。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る