2018年8月4,5日国立小劇場「双蝶会」

新しい「関扉」

 

 新しい「関扉」が生まれた。歌昇、種之助兄弟の「双蝶会」の「関扉」。吉

右衛門の監修、勘祖、勘十郎振付である。私が新しいというのは、一つには歌

昇の関兵衛、児太郎の小町、墨染の二役が新鮮な感覚を持っているからであり、

もう一つは画期的な新演出があるからである。

 まず順を追ってふれよう。

 幕開き浅黄幕を振り落とすと、関兵衛がせり上がってくる。今時珍しい古風

な古来の演出である。ただ小柄な体を大きく見せようとする工夫か、座ってい

る切り株が高く腰高に見えるのと、左手で頬杖をついて眠っているという、そ

の左手が身体を傾けていないのがよくない。大きくのびをしてきまるところは

古怪でいいが、つづく「五尺手拭」の大見得はなんとなくぎこちなく、左手の

煙管の扱いに生活感がない。これではダメかとおもっていると小町が出て問答

になると一転目覚ましい勢いになる。

 まず第一に振りの意味がすみずみまでよく研究されていて、体いっぱいの動

きで振りの意味が実によくわかる。わかりやすいのは楷書できちんとしている

からである。その上にキビキビとして間がよく、キッパリしている。

 さらに私が感心したのは、せりふといい、動きといい、古怪な大きさがある

こと。今日関兵衛は吉右衛門第一の当たり芸であるが、その吉右衛門の芸をよ

く取っている。教えも教え、覚えも覚え、この古怪なところを出したのは大手

柄。踊りに限らず芝居は性根が第一、第二にその作品の風格が大事である。そ

の風格を歌昇がうまく採っているのが大手柄という理由である。

 ただ体に踊りがないために、ここのいわゆる仲蔵振りの丸さ、流れが出ない

のが残念。

 「恋じゃあるもの」の手踊りも三人のうちこの人のリードによって面白くな

った。そのかかりも、終わってから芝居に移っていく凄味もよく抑えていて、

性根がハッキリしている。

 児太郎の小町姫は、花道へ出たところ、その鷹揚さ、その上品さがいいが、

色気が薄いのは化粧のためもある。この花道の振りは小町の人生を語るところ

で、その「物語」がほしいが常磐津がひたすら歌うばかりで物語を語ろうとせ

ず、児太郎またそれに引きずられている。

 本舞台に来てのくどきはいいが、もう一歩振りを研究してほしい。ここは振

りの意味が分かっていないと思うところが目に立つ、たとえば「立てし誓いは

破られず」と向こうを見るところなど、その「誓い」がいつ立てたのか、なん

の誓いなのか、いささか曖昧になるのは、振りの意味をよく捕えていないから

である。

 宗貞は種之助。

 以上で上の巻が終わる。

 下の巻になると宗貞が弟安貞を回向する。この時宗貞が桜の小枝を折って片

袖とともに回向する。これを琴の後ろから発見して関兵衛が持ち出すのだが、

その後は黒衣の後見が舞台端へ持ち出してようやく墨染の手に渡る。今度の新

演出のなかでこれだけは失敗。桜の枝が墨染の手に渡るまで舞台で置き去りに

なって手持無沙汰に見える。これは在来通り宗貞が片袖だけで回向する方が無

理がなくていい。

 歌昇の関兵衛の酔態は、さすがにここだけは手に余った。今後の課題だろう。

ギバもあざやかではない。

 しかし星繰りは上出来。ここでも古怪な味を良く学んでお定まりの見得も大

きく、この関兵衛は一幕中ここが一番の出来。小柄であるにもかかわらず天下

を狙う大敵の風貌が出て大きく見える。この成功を忘れないでほしい。

 児太郎の二役墨染の出になる。木の洞の中の照明はあいかわらずよくないが、

ここが新演出の大眼目で、いつもはだれでも一度姿を見せておいて木の後ろか

らゴソゴソ出てくるが今度は紗幕が上がるとそのまま正面から出る。児太郎が

いっぺんにキレイに見える。意外にもその流れの女の姿が浮かび上がっていい。

たしか私の記憶では初演の三代目瀬川菊之丞は今度のように正面から出たとい

う記録があったはずで、それを明治になって五代目菊五郎が電気の照明を使っ

て、のちに陰から出たという今日の演出をつくったと思う。これは児太郎のよ

うにすべきが本当で、今度の新演出の手柄である。

 それに紗の打ち掛けを着ていて、関兵衛とのカラミの前に脱ぐのも新案で、

わるくない。この件でも目の覚める思いがしたのは、児太郎の美しさにもよる

が、なんといってもこの新演出の功績による。

 二人の廓話は、二人ともに真面目な現代の青年俳優だから、洒落た楽しさに

ならないのは是非もない。しかし歌昇の関兵衛には性根が通っているし、児太

郎の墨染にはなやかさがあるのもいい。この人は意外にも小町よりも墨染の方

が合っているのかもしれない。ここにも 関兵衛の鉞の扱い方が普通は縦に扱

うところを、しばしば横に扱って傘に見立てる工夫があって面白い。

 墨染のくどきは、片袖の扱い方に新手があって痛切を極める。

 いよいよ見あらわしになる。

 二人のからみは、ここから幕切れまでまことに新鮮、キッパリして大きく、

狂熱的で面白かった。客席が興奮したのは無理ではない。

 ここまでくれば、いっそ宙乗りばやりの今日初演の菊之丞がしたように宙乗

りになってもよかった。無理な宙乗りよりもこちらの方が本格なのである。

 以上、上下二巻で九十五分の大長編で少しも飽きさせなかったのは、吉右衛

門、勘祖、勘十郎の指導の賜物。久しぶりでこの大作を堪能した。これがこれ

からの定番―――二十一世紀の「関扉」になるのだろう。

 この前に種之助の「四の切」。

 種之助の本物の忠信は、まだ幅と余裕がないのは是非もない。狐になってか

らは体がよく動いているのは感心だが、そのことに集中するあまり情の表現に

まだ研究の余地がある。狐が差別されているなかで、源九郎狐はさらにそのな

かでも「野良狐」として差別されているという悲しみが、このドラマの根幹だ

ろう。それがないとただの狐の物真似になってしまう。

 ここでも歌昇の義経が、「心ならざる春を迎え、しばらくの命をつなぐ」と

いうところに義経の哀愁をにじませて一頭地をぬいている。

 京妙の静御前が、その姿、そのとりなり、なにもしないようでいて、いかに

も「お妾さん」の風情になっている。人の持ち物として自由にされてきたとい

う悲哀、そのためのしどけなさがこの役の姿である。ただ今日は初日、せりふ

が怪しくて困った。ベテランの上手の手からもれた水。

 蝶十郎の亀井、又之助の駿河次郎、床は葵太夫、淳一郎、翔也。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る