2018年8月歌舞伎座

「盟三五大切」 

 

 八月恒例の納涼歌舞伎三部制では、第三部の「盟三五大切」が群を抜いて面

白い。

 私はこれまで新劇を含めて多くの「三五大切」を見て来た。むろん役者個人

の芸としてはすぐれたものがあったが、芝居全体ではどこかでだれるところが

あった。三時間余り。しかし今度の舞台はほとんど飽きなかった。南北の戯曲

の構造が舞台に生きたからである。南北の戯曲が生きたのは織田絃二の演出の

よさである。織田絃二は筋書きで「三五大切」復活第一回の郡司正勝の補綴演

出の意図を改めて振り返ったという(「初心忘るべからず」)。おそらくこの原

点見直しが戯曲の面白さをストレートに出したのであろう。もっとも幸四郎の

源五兵衛以下役者には問題がある。しかし問題を抱えながらも、全員織田演出

に素直に従っているのも一目瞭然。それが効果を上げたのだろう。これまでの

「三五大切」では個々に優れた人もいても、それが芝居全体のトーンとして戯

曲の面白さを生かすようには働いていなかったのも事実なのである。

 たとえば大詰の愛染院で、事件の真相が初めて明らかになるところ。すなわ

ち三五郎と小万が源五兵衛を騙し取った百両は、源五兵衛に貢ぐ金であった。

源五兵衛がはじめてその事情を知るところである。三五郎、小万はたしかに悪

事を働いた。しかしそれは全て「忠義」のためであった。もし「忠義」という

観点に立てば決して彼らは悪くない。むしろ善人である。にもかかわらず「忠

義」は血まみれになっている。死屍累々。一体「忠義」とはなにかと南北が問

いかけているところである。

 今度の舞台では、その真相を源五兵衛が知った瞬間、人間をこえる巨大な力

が哀れな人間たちを踏み潰すような、無惨で恐ろしい力になって舞台に現れた。

南北の戯曲の構造が生きたのである。これを私は今度の成果といい、織田絃二

の功績というのである。

 幸四郎の源五兵衛は凄味が薄く、最近誰でもやるように白塗りすぎる。初演

の五代目幸四郎が弥助と二役かわったことからも推測される通り「薄肉(自然

な肌色、それでなければわずかの間に二役の弥助に替わることが出来ない)」

であるべきだ。

 源五兵衛は決して理性がないわけではなく、しゃれも粋も十分理解する男な

のだが、その男にして小万への欲望断ちがたい。その自分でも制御できない怨

念が幸四郎だと薄いのである。しかもいい男だから七之助の小万と並ぶと丁度

いいカップル。小万が三五郎を振っても本気で惚れそうに見える。この人はむ

しろ三五郎のニンだろう。ニンだけのことをいえば、獅童の三五郎と配役が逆

なのである。

 獅童の三五郎は、今度の芝居で第一の当たり。どこかに一癖あり気な面構え、

凄味もあって、それでいて愛嬌も甘さもある。ただ二軒茶屋で源五兵衛をそそ

のかすうまさが足りないのが唯一の欠点。この程度では源五兵衛は本気になら

ないだろう。

 七之助の小万は、冒頭油の鼻の船中での三五郎とのやり取りがとても出来て

いるようには見えず、よそよそしい。大和町の源五兵衛の家も愛嬌がなく、狂

言とはいいながらどこか冷たい。花道の引込みの、焦れて「エエ、なんじゃい

な」も生きなかった。しかし二軒茶屋の愛想づかしから徐々に回復して鬼横丁

の殺しはよくなる。

中車の弥助は南北の生世話調とはいかないが、人間描写がうまい人だけに喜劇

的な人間を作り出して、獅童についでいい出来。亀蔵の賤ヶ谷伴右衛門と吉之

亟の伊之助、この二人に加えて男女蔵の判人のトリオ、このトリオが十分に突

っ込むので二軒茶屋の愛想づかしが面白くなった。錦吾の富森助右衛門、歌女

之丞の里親おくろ。

 つづいていいものは松之助の了心。真実面にあらわれ、洒脱な味があってよ

く、高麗五郎の夜番太郎七が、いい具合に芝居を運んでいい。蝶十郎のますま

す坊主、猿三郎の出石宅兵衛と鬼横丁は手揃いである。

 問題なのは橋之助の八右衛門。近頃はとかくこの役を若手に振るが、年は若

くとも忠義一図という表現には老練の腕がいる。若手で務まる役ではない。橋

之助にはとても無理である。次に問題なのは広太郎の内びん寅蔵。広太郎では

この役の正体がわからぬ。

 米吉の菊野、幸雀の仲居。

 宗之助の廻しの幸八は芝居が締まらず、そのために小万の七之助が損をして

いる。

 以上「三五大切」が問題がありながらも今月一番の出来。

 第一部はまず北条秀司の「花魁草」で幕が開く。大場正昭演出。「三五大切」

に対抗できる作品はこれ一本。安政の大地震で吉原の女郎お蝶と歌舞伎の大部

屋の役者中村幸太郎が偶然栃木の百姓米之助に救われる。一年後江戸へ戻った

幸太郎は人気役者になり、さらに六年後に栃木へ旅興行で戻ってくる。しかし

人殺しの前科のあるお蝶は、幸太郎の人気を思って寂しく身を引くという世話

物。七代目梅幸と現菊五郎のために書き下ろされたものだが、今回は扇雀のお

蝶がうまいところを見せている。なかでも幸太郎の江戸復帰の話を聞いて、う

つむいて泣きながら「よろしくお願いします」というところがこの女の不幸な

人生を描いて哀れである。ただこの女は生来嫉妬深い。そのため作者は「かさ

ね」の羽生村に近く場所を設定してかさねの像を引いている。扇雀も新悟の村

の豪商の娘お糸を冷たくあしらう辺りうまいものだが、彼女が自分を抑えきれ

なくなる恐怖心をもっているというところまでは出なかった。

 獅童の幸太郎。

 幸四郎の米之助は気のいい百姓でとぼけた味を出している。その女房お松の

汚れ役に今売り出しの梅枝という配役は気の毒だが、よくやっているのはお手

柄。弥十郎の江戸の座元、高麗蔵のその妾、万次郎の芝居茶屋の女房、市蔵の

達磨屋、菊十郎の田舎の座元、山左衛門の頭取と手揃いで、ことに序幕の幕開

きの地震の避難民に松之助、梅花の夫婦は勿体ないほどである。しかしこれで

芝居が面白くなった。ただ田舎芝居の町回りが今度の狂言は「石川五右衛門」

に「弁天小僧」というのは間違いだろう。「弁天小僧」はこの時代にはまだ出

来ていない。

 「花魁草」の次が幸四郎、染五郎親子の竹本の踊り「龍虎」。短い間に何度

も引き抜きや道具替わりがあって目先は変わっているが、如何せん踊りとして

は中身がない。ことに幕開きの雷鳴の擬音や隈取りをマスクでやるのは歌舞伎

らしくない。

 その次が落語の「星野屋」の劇化。小佐田定雄脚本、今井豊茂演出。

 中車の星野屋照蔵が、七之助の妾おたかの愛情を試すために心中に誘うとい

う物語である。中車のケチな照蔵、七之助の現代娘風な気質のおたか、それに

獅童が白塗りでおたかの母親をやるので、その楽屋落ちと場当たりの滑稽さで

客席は結構笑っているが、肝腎の照蔵がなんでおたかの愛情を試すのかがわか

らず、芝居の芯が抜けていてまことに他愛がない。寄席の落とし噺はこれでも

いいかもしれないが、芝居としては成立しないだろう。

 第二部は、毎年恒例になった幸四郎の弥次郎兵衛、猿之助の喜多八の「弥次

喜多」。今度は幕が開くと喜多八の葬式という奇抜な展開で、弥次郎兵衛はた

だ泣きっ放し。ついに喜多八を追って地極めぐりになり、最後にキリストに助

けられて天国行きになって、二人を救いに来た染五郎と団子とともに幸四郎、

猿之助の四人宙乗りという大仕掛け。着想は奇想天外で面白いが、肝腎の幸四

郎は泣いてばかり、猿之助は幽霊でウロウロするばかり。折角二人の顔合わせ

なのに芸の見せ場がない。「星野屋」と同じく、人間の気持ちが書けていない

からである。

 たった一つ面白かったのは、獅童、中車、七之助の三人が地獄の使者という

ので、ほとんど意味もなく役を取っ換え引っ換え出てくるおかしさ。最初は歌

舞伎座の座元、町奉行、女医、次が久松、お染、貞昌尼、その次が将軍、御台

所、老中、そのまた次が「天下茶屋」の東間、伊織、人形屋幸右衛門、さらに

次の場では新造、太鼓持ち、遣り手婆になる。ことに中車の老中が幸四郎の弥

次郎兵衛を一言「邪魔ッ」と一喝するところや、遣り手婆が太鼓持ちにしなだ

れかかるところは大爆笑。門之助のキリストを含めて面白い。ほかに右団次の

閻魔大王。橋之助、鷹之資、千之助ら若手の鬼たちの総踊り。

 最後は扇雀の其角で長唄の舞踊「雨乞い其角」。素踊りならば芸一つで夏の

景色を描く面白さがあるだろうが、衣裳付きで盆廻しの大川の舟遊びが具象的

になると、見た目だけのものになってしまう。扇雀の其角は最初の総髪、羽織、

袴という姿が俳人というよりも易者めいている。弥十郎の大尽、歌昇、虎之介

の船頭、新悟、広松の芸者、橋之助、男寅、福之助、鷹之資、千之助と「弥次

喜多」の地獄の鬼が揃って其角の弟子になっている。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る