2018年9歌舞伎座昼の部

上機嫌な河内山

 

 十一回目の秀山祭。祭主吉右衛門は昼の部に「河内山」、夜の部に「俊寛」。

ともに初代以来二代にわたる播磨屋の当たり芸。むろん悪かろうはずはないが、

それでも見る前は正直またかという気がしたが、いざ見て見ると二役ともに前

回とは一新して大いに堪能した。

 まず「河内山」から書く。

序幕質見世上州屋が滅法な面白さである。下手から懐手で出たところ、明るく

上機嫌で、小僧をかこっての愛嬌。見ているこっちも思わず浮き立って上機嫌

になる。

 しかも芝居が細かく、魁春の後家おまきに会いたいといって立ち上がったと

ころはきっぱりと時代に、それから世話にくだけて「それはどういうわけあっ

て」と魁春の話をよく聞く具合。浪路が「死ぬる覚悟」と聞いてエッと驚く具

合、挙句の果てに番頭に「いい工夫がぞくぞく出るのだ」といって「礼はいく

らおくんなさるね」と本音をあらわすところ。手に入った芝居運びで見る見る

芝居が盛り上がって熱を帯びる。これがいつもの台本とは思えぬ新鮮さで見違

えるほどの面白さである。観客はそれに唯々引きずられて乗り出している。    

番頭が断るので「ハテ、気の毒なことだなァ」。それを呼び留める歌六の和泉

屋清兵衛に「そんならこなたが親類の」と時代になって、話を聞き「へッ、承

知しやした」と引き受けるまで。芝居運びのうまさはいうまでもないが、今回

は角々のところで河内山の明るいなかに暗い闇がさした。

 河内山が要求する二百両の金も高いがそれよりも大変なのは相手が十八万石

の大名だということである。河内山がいくらお城に顔が効くといっても所詮は

お数寄屋坊主に過ぎない。得体の知れない木刀で五十両かせというので知れる

ように、いわば無頼漢に等しい。その河内山にこの一件を頼むというのは危険

この上もない。関わらない方がいいという番頭の言い分が常識である。たとえ

娘の命が助かっても松江侯の復讐が想像できないわけではないからである。そ

れでも河内山に頼もうとするおまきは、娘の命助けたさの切羽詰まった大バク

チ。その危険にかけるおまきとそれに付け込む河内山の芝居が鮮明になったの

は、今回の河内山がその背後に闇社会を背負っているのが明確に見えたからで

ある。

 しかし番頭にいい考えが「ぞくぞく出る」とはいっても、さすがの河内山も

考えあぐねて花道へかかる。そこへ黒御簾の「時雨時雨の」いい独吟が聞こえ

てくる。なんともいい声である。それを聞かせて七三でポンと思案がついての

面白さ。そこにも闇の大バクチが鮮明に見える。

 魁春のおまきが今月これ一役で品格、立派な後家御である。歌六の清兵衛、

吉三郎の番頭、京妙の女中と、チームワークがとれてこの一幕が贅沢な役者揃

いで一際面白くなった。

 二幕目の白書院。

 花道へ出たところ、立派な御使僧だが、それとなくニセ者らしさが漂うのは、

家臣の名乗りを聞いて一々に声に出してうなずく受け答えの愛嬌たっぷりの仕

掛けからである。それからの緩急自在はいつもの通り。初代吉右衛門の河内山

は愛嬌を売るやり方で、九代目団十郎の白無垢鉄火のやり方とは違うが、はじ

めした手に出る前半と、後半の一皮むけての脅迫と二段の脅しが対照的で面白

い。「只今発言いたすでござろう」の名調子、「ハテ御承引なされぬとなァ」

の突込み、ガラリと変わっての「当松江家の興廃にも」の壮快さ、「御承引か」

と本性をチラリと見せるまで吉右衛門独特の面白さである。

 ところがどうしたことか幸四郎の松江侯が、この芝居を全くウケない。あま

り大仰では芝居が臭くなるのも困るが、それにしてもハラでウケることがなけ

ればならない。それもないために芝居が盛り上がらないのが残念。

 幕切れ、「あいなるべくは、山、吹の」と一つ区切って言って「山吹」の謎

をきかせて「お茶が一服」と世話にくだける呼吸も絶妙である。

 さて、いよいよ玄関先も大膳に呼び止められての「よく似た者も、ママござ

れば」のとぼけから、大膳に「左の高頬」といわれての「ア、ア、アハァ、ハ

ア」と笑っていく大胆さ、例の「悪に強きは」のせりふも、たとえば「とんだ

ところへ北村大膳」を「とんだところへ、キタ、ムラ大膳」と切って、「来た」

と「北」の掛詞の意味を丁寧によく行き届かせている上に、「忍が岡」と「帰

られねえ」、「十八万石に傷がつくぜ」の凄味が、序幕の闇社会を思わせてい

い。壮快そのもので一挙に溜飲が下がった。

 「バカめ」もはっきり北村大膳にいっていながら松江侯へかける具合が絶妙

である。

 吉右衛門の至芸というべきだろう。

 吉之亟の北村大膳はとかくこれまで手強さ憎たらしさが足りなかったのが、

今度は十分になった。

 又五郎の高木小左衛門、歌昇の宮崎数馬、米吉の浪路。

 この前に、梅玉の東吉、松緑の大膳、児太郎の雪姫で「金閣寺」、幸四郎、

錦之助の舞踊「鬼揃紅葉狩」。

 梅玉の東吉は、梅玉襲名の時の役で、その柔らかさ、そのさわやかさで当然

この役になっている。   

松緑初役の大膳は梅玉の又吉に拮抗して大きいのは大手柄、せりふも前半明晰

でいつもの癖が目立たなかったが、後半はさすがにくたびれて見えるのは是非

ないか。それにこの大膳は色気があるのがいい。ただ雪姫と二人っきりになる

とその色気がとかく仕事に追われて稀薄になるのは問題だろう。

 児太郎のこれも初役の雪姫は、双蝶会の「関扉」の小町、墨染につづくヒッ

ト。ただ最初の障子屋体の間は、私の席からは上手の桜のためにほとんど見え

なかった。桜が二本あるのはある型ではあるが、下手だけでいいのではないだ

ろうか。それに歌右衛門型でいくと、雀右衛門型と違って心持でつないでいく

部分が多く、滝に龍を見るところがキッパリしないのが残念。ことに爪先鼠に

なると雀右衛門型のように三段に盛り上げて行く型がないためにただウロウロ

するだけになる。歌右衛門型の心持でつなぐにはまだ問題が残った。たとえば

花道の引込みに刀の刃に写して髪をなおすところも、夫に会いにいくのでフッ

と気づいて身づくろいをするために刃を抜くという気持ちがなくて、ただ刀を

抜くから段取りになってしまって空疎になる。形だけになってしまうのである。

しかしそれにしても、この大役を一応仕終せたのは大手柄である。

 この「金閣寺」で病気だった福助が慶寿院で復活したのはめでたい。いくら

かふっくらとして元気な姿を見てホッとした。器量に昔に変わらず、音声はむ

しろ澄んでよく、右手が不自由なのは仕方がないが、左手を十分に使って経巻

をもった芝居が丁寧でいい。

 幸四郎の直信はニンはピッタリだが情が薄い。亀蔵の鬼藤太、弥十郎の正清。

次が萩原雪夫作「鬼揃紅葉狩」。

 幸四郎の更科の前実は鬼女は、少し老けて年増風に見えるがきれいで器用に

踊って見せる。この幕一番の出来は、錦之助の平惟茂。はじめの馬に乗った振

りはムリがあるが、いかにもさそわれるとツイ酒を呑んでしまうやさしさ、柔

らかさでこの役になっている。

 従者が広太郎、隼人。侍女が高麗蔵、米吉、児太郎、宗之助。男山八幡の末

社に女形姿の東蔵、玉太郎。

 常磐津は和英太夫、八百二ほか、竹本は東太夫、長一郎ほか、大薩摩が東武

線太夫、五七郎ほか。

 

 Copyright 2018 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る