2019年1月歌舞伎座

歌舞伎座初芝居

 

 昼の部はまず「舌出し三番叟」で幕が開く。

 本来は松竹梅の縫い模様の厚綿の着流しを東からげに着て、摺はがしの鬘に

青髭を付けた化粧で、長唄、清元の掛け合いで踊る。しかし今度の芝翫の三番

叟は、明治座新装開場に故人富十郎が踊ったように、普通の化粧、烏帽子、素

襖袴、長唄だけで踊る。舌も出さない。これを「舌出し三番叟」といい、ご丁

寧に「再春菘種蒔」という本外題まで付いているのは看板に偽りではないだろ

うか。素直に「種蒔三番叟」とすべきだろう。芝翫の三番叟は折角古風な踊り

を楽しみにしていたニンなのに残念である。千歳は女形で魁春、二人のイキも

合っていない。たとえば同じ船に乗っているのに二人の揺れ方が左右反対であ

る。長唄は三右衛門、五吉郎。

 ここで二十五分の休憩があって「雪の対面」になる。河竹黙阿弥の作だが、

看板にはその名がなく、今井豊茂補綴になっている。

 原作でいけば第一場は大磯宿の入り口であるが、今回は社殿の道具幕で箱根

権現らしい。ここで曽我兄弟の間者が羽子板売りになっていて、腰元たちから

工藤の行列の様子を探っている。という風になっているが、これは原作のいか

にもリアルな燗酒屋と中間とのやりとりの上、中間が忘れて行った赤合羽が、

あとの曽我兄弟の行列への切り込みに役に立つ方がリアリティがある。歌舞伎

は荒唐無稽なものだというが黙阿弥の作はそれらしくリアリティは考えてある。

 第二場は原作で行けば大磯鴫立沢の西行庵であるが、行列が来かかるのへ曽

我兄弟が切り込み、その手引きをしたのは小林朝比奈ということで「対面」に

なる。

 今度は福助の体の具合もあって、正面に御簾の下がった立派な御殿風の屋体

があって、そこへ曽我兄弟の春駒を持ち込んでいる。いよいよ兄弟がその御殿

へ立ちかかると、花道から「暫く」と声をかけて「女暫」風の舞鶴が出て、成

駒屋一家一門の「対面」のつらねをいって、それからあとは在来の「対面」通

りになる。原作でいけば女工藤は行列の駕籠から出るが、福助の体の都合で御

簾が上がるとすでに立身でいるという設定である。春駒や女暫を持ち込んだの

は正月らしくしようという苦心だろうが、かえってゴタついて余計訳が分から

なくなった。

 福助の工藤の奥方椰の葉は、九月の「金閣寺」の慶寿院と違って照明のせい

かいくらか暗くて残念。七之助の前髪の一万、芝翫の箱王の兄弟、児太郎の舞

鶴、松江の近江、福之助の八幡、梅花の宇佐美、芝のぶの久須美、いずれも一

通り。児太郎の舞鶴は折角の趣向にもかかわらず化粧、扮装のせいか映えずに

惜しい。

 次が東京初役の幸四郎の「吉田屋」である。まず格子先の「冬編笠」の出は、

変に竹本のイトにつこうとして体を振って出るのが不自然。しかも七三の「今

日の寒さ」と踏み出した足も荒っぽく、指の動きもそれらしくない。松島家風

を学ぼうとして未消化である。

 しかし格子先の後は菊五郎型で、暗転で座敷になると大分盛り返してくる。

この人のニンからいえば弁慶や熊谷よりも伊左衛門の方が合っているからであ

る。「由縁の月」や「恋も情けも」の哀愁はまだ味が薄いが、「逢わずにいん

では」は足拍子を踏まずに行くやり方でこの前後からよくなる。「万歳傾城」

はまだ技術的に完全とはいえないだろうが、夕霧とのやりとりはニンのよさで

若旦那の痴話喧嘩という雰囲気をもっているのがいい。高麗屋の家系にはない

柔らか味は新しい幸四郎の可能性を感じさせる。

 七之助の夕霧は十月の揚巻を経て舞台が大きくなったが、どこかまだ冷たさ

が残るのは情愛が不足しているのか。「煎じ薬と練り薬」で恋煩いしている女

とは見えない。

 東蔵初役の喜左衛門は、せりふ廻し、芝居運びともに力まずにふんわりと上

方風を目指した工夫があっていい。この数時間後、夜の部の「太十」の皐月が

風邪のため急遽休演になろうとは思いもかけなかった。

 幕切れに秀太郎の喜左衛門女房おきさが出て舞台を締める。

 竹本は東太夫、長一郎、清元は延寿太夫、美治郎ほか。

 昼の部の最後が白鸚の「一条大蔵卿」。四十余年ぶりの再演でこれが思いの

外の上出来である。

その理由は第一に性根が正しいこと。今日大蔵卿は吉右衛門、仁左衛門二人の

当たり芸であるが、この二人の性根は、奥殿になって本心を明かしてからは

「もとの阿呆」に戻るといっても決して「源氏の類葉」としての武将として品

格を崩さないことである。白鸚また然り。しかも一切場当たりをせず、小手先

の技巧をせず、厭味なことをせず、活歴風といってもいいほどに人間を描いて

一貫している。「もとの阿呆」になるといってもその性根を忘れていない。当

然そのために舞台は地味でさびしいが、これはこれでいいと私は思う。

もう一つはとかく技巧を弄しがちなこの役で、へんな新工夫や脱線がないこと。

規格正しい。地味であろうとさびしかろうと型を自儘にせず、脱線せず、昔教

わった通り格を守っている。この人の「勧進帳」の弁慶の如き脱線がないとこ

ろに自ずからこの人の天分が生きている。そのために祖父初代吉右衛門の面影

さえ浮かび上がる。今まで見たこの人の義太夫狂言の役では一の当たり。

魁春の常盤御前は、これも格を守っているが、これで最初の長ぜりふ「家来は

家来の分として」が味が出ればなおいい。梅玉の吉岡鬼次郎から、雀右衛門の

女房お京、高麗蔵の鳴瀬、錦吾の八剱勘解由、高麗五郎の桧垣の茶屋の亭主ま

で、いずれも落ちこぼれがない。

さてこの「大蔵卿」に対して今月の見ものは夜の部の一番目吉右衛門の「絵本

太功記」十段目の武智光秀である。

竹藪から現れて笠で顔を隠したまま木戸口に立って内を伺い、下手へ二三足、

笠を取ると頬に青く隈をとった立派な顔が現れる。その隈が生きて古怪なこと

いうまでもない。その一挙手一投足、円熟してスキがないが、なかでも今回目

につくのは、「見越しの竹」で下手の竹を切るまでのところ。竹を見てフト思

い返してからの下手へ行くまでの芝居運び、後ろ向きでバッサリ竹を切ってそ

の音にハッとしてキッと内を振り向いたところがいい。ウラ見得というほどで

はないキマリにこの人の芸の味わいが横溢している。歌舞伎の芸の味とはこう

いうものだろう。

母を刺しての「ただ茫然たる」は尻もちをつかずに内輪にしているが、そこへ

行く前の向こうを見て「さては逃げられたか」という思い入れがうまい。

十次郎の落ち入りに、無言で二度軍扇で膝を叩くことはだれでもする型である

が、今度の吉右衛門はこの軍扇の響きに感無量の思いが籠っている。去年九月

歌舞伎座の「俊寛」の幕切れ、纜を取ってそれを抛ってやる、その纜に千鳥へ

の愛情滴るばかりであったのと好一対である。纜も軍扇もともに小道具に過ぎ

ない。それが生きている。この軍扇の響きあればこそ大落としが舞台に広がる。

「無道の君を弑するは英傑の志」という自分の政治思想を貫き通した男の、そ

れがために今眼前に広がる家族の不幸、それに堪える孤独な悲哀が胸を撃つ。

物見の豪快さと合わせて、この光秀は胸のすく出来であった。

この幕吉右衛門に次ぐ第二の当たりは歌六の久吉。もともとニンにない役なの

にウデで爽やかさを見せている。

雀右衛門の操は十分の出来だが、先代雀右衛門の初菊を連れての引込みに見せ

た技巧、クドキの「手にかけてェェェ」の泣き紙を口に咥えた時の工夫が受け

継がれなかったのが残念。

幸四郎の十次郎は、今月の伊左衛門やこの後の「お土砂」の吉三とともにこの

人のニンにあるものだが、最初の障子屋体に向かっての述懐で二度も泣き上げ

る、その泣き方が子役じみているのは惜しい。初菊とのカラミで「どう急がる

るものぞいの」も三段にかかっていい形を見せようというのが先行して気持ち

が薄い。

米吉の初菊も情愛の表現が薄い。この人に限らず近頃の若い女形はきれいさば

かりが目立って情が薄いのは大きな問題だろう。

又五郎の佐藤正清。

皐月は東蔵急病につき秀太郎の代役。昼の部の「吉田屋」の喜左衛門に出てい

た東蔵が急病というのには驚いたが、わずか数時間のうちに持ち役とはいえ、

多少のことはあっても大過なくこの役を勤めた秀太郎はさすがである。情もあ

り、手強さもあり、古風さもあるいい皐月であるが、光秀の信念に対して旧思

想を代表する女としては、感覚的に東蔵の方が吉右衛門の光秀に合っている。

この「太功記」を支えた葵太夫、寿治郎の功績は大きい。

次が梅玉、芝翫の舞踊「勢獅子」。魁春、雀右衛門が芸者で出る。なかで目に

ついたのは後段獅子に入った鷹之資。

このあとが猿之助の「お土砂」と七之助の「櫓のお七」。

「お土砂」ははじめて初代吉右衛門の紅屋長兵衛で見た時は、はじめてのせい

か、吉右衛門の愛嬌のせいか、脇の役者が達者だったせいか、抱腹絶倒の面白

さだったが、それ以後だれがやっても面白くない。おそらく台本演出が違うせ

いだろうが、比較研究したことがないのでわからない。今度もさすがの猿之助

にして大爆笑とはいかなかった。一度演出台本を洗い直して貰いたい。

お七は七之助、吉三は幸四郎、お七の母が門之助、由次郎が吉祥院の住職、松

江の長沼六郎、お杉が竹三郎、釜屋武兵衛が吉之亟。若党十内は広太郎だが、

年配からいってこの役は無理である。

さて「火の見櫓」になる。

七之助のお七は人形ぶりである。この人形ぶりは玉三郎が傑作だったが、七之

助では人形ぶりの技巧的な面白さは出ていない。すでにふれた通り七之助に限

らず今日の若い女形はキレイではあるが人間らしい情に乏しい。七之助もそう

であるがその人形のような美しさが人形ぶりになると途端に人間臭くなるのは、

どうしてだろうか。玉三郎は人間をやれば情愛濃く、人形ぶりになるや人形そ

のもの、とても人間とは思えない面白さだった。七之助だと急に人間の手足が

意識されてくるのは、人形にしろ人間にしろ、その役に成り切るという方法論

がどこかで抜け落ちているのではないか。ただ拙い下手ではなく、そこに今日

の若手女形の大きな課題があるのではないだろうか。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る