2019年1月新橋演舞場

海老蔵大奮闘

 

 すっかり正月の演舞場に定着した海老蔵の奮闘公演である。昼夜五本の狂言

に主役を勤める。やっている方もくたびれるだろうがそのエネルギーの凄まじ

さに圧倒される。

 昼は「湯殿の長兵衛」、新作舞踊「傘売り」。夜は十一代目団十郎生誕百十

年記念の新作舞踊「牡丹花十一代」の鳶頭、「俊寛」、「鏡獅子」である。

 幡随長兵衛は浅草公会堂の初役以来すでに三回目。相変わらず現代の無頼の

青年を思わせる精悍さにギョロリと光る眼の面魂が印象的。初役の時はそれが

新鮮だったが、芝居の長兵衛としてはそろそろ野性味ばかりでなく、同じ無頼

でも人に立てられ、人に慕われる男の愛嬌、寛容さ、懐の深さが出てもいいよ

うに思った。そうあってこそ、その死の覚悟に人も泣き、悲哀も味わうのでは

ないだろうか。

 水野は左団次のところ急病につき右団次の代役。しかしさすがに右団次も立

派で本役といってもいい出来である。右団次の持ち役唐犬権兵衛は市蔵が代わ

った。

 女房お時は孝太郎がしっとりと見せる。ことに言い出したらば自分がいくら

止めても聞くはずがないと、夫の性格を知り尽くした女の気っぷがよく出てい

る。

 出尻清兵衛は男女蔵で、ほどのいい可笑し味を見せる。市蔵の本役は劇中劇

の金平でさすがに手練れのよさ。家橘の渡辺綱九郎、友右衛門の近藤登之助、

斎入の劇中劇の頼義、松之助の慢容上人、玉朗の御台所、九団次の極楽十三、

左升の坂田金左衛門、新十郎の舞台番。なかでは新蔵の保昌武者之助が目立っ

ている。

 一子長松は勸玄で、まだ幼いのに芝居がしっかりしている。

 次が松岡亮作の「傘売り」。小品ではあるが、懐中から大小二十数本の傘を

取り出して見せるマジックがあざやかで目を楽しませる。杵屋勝松作曲、藤間

勘十郎振付、長唄は日吉小間蔵、今藤美治郎。

 海老蔵の三役目は夜の部第二の、これも在来の清元をアレンジした松岡亮作

の「牡丹花十一代」の鳶頭。それに娘の麗禾、息子の勸玄の二人がよく踊って

観客大喜び。海老蔵自身が「待っていたとは有難てえ、が、お客様方がお待ち

かねはこの二人」という通りである。十一代目や十二代目がこれを見たらばど

れほど喜んだだろうか。

 右団次のもう一人の頭、孝太郎、児太郎の芸者、家橘の世話役、斎入の茶屋

女房、男女蔵と市蔵の差配人、九団次の鳶と一座総出の賑やかさで正月らしい

舞台。清元は志寿雄太夫、菊輔。

 さて夜の部の目玉は、この後の海老蔵初役の「俊寛」。狂言立てを知った時

には、どうしてこういうニンにない役をやる気になったのかと思ってビックリ

したが、だれにでもわかりやすいテーマ、一挙になにかを発散出来るためだろ

うか。

 その俊寛、芝居の運びはごくリアルで、たとえば「もしやと頼紙をたずねて

も」で赦免状を両手に持ってぐるりと一つ廻るところなど、これが義太夫狂言

かと思うほど自然である。このリアルさから一貫して妻の東屋を殺されたため

に島に残る決心をする人間像になっている。そこがほかの人とは違う俊寛であ

る。

 それはそれでいいのだが、この人の特徴であるあの眼光鋭い目が、熱演すれ

ばするほど効き過ぎて、哀れ気うすく、この後にもう一幕ありそうな感じを否

定できない。

 丹左衛門は右団次。市蔵の瀬尾がキビキビと手強く、その上に船から島へ上

がったところで辺りの景色を眺めるところなどいかにもそれらしくてうまい。

 九団次の丹波の少将、男女蔵の康頼。

 児太郎の千鳥は芸に気品があるのがよく、クドキは「鬼界が島に鬼はなく」

からの恨み、絶望、死の覚悟と心持が繋がって段々盛り上がっていくのがいい。

 海老蔵最後の演目は「鏡獅子」。五役中これが一番の出来である。御小姓弥

生の間は、これがさっきまでの俊寛と同じ役者かと思うほどのキレイさ。キレ

イばかりではない。踊り込んできてチョイチョイいい形があり、持ち味を見せ

るところが増えてきて面白い。たとえば「ひんだの踊りは面白や」の後の合い

の手で舞台端へ出て来るところ。なんともいえない体が崩れていく面白さ。あ

るいは「花には憂さを」の後の扇をフッと倒したあとの思い入れの面白さ。あ

るいはまた獅子を持っての花道の引込みの、なんにも考えていない少女が突如

獅子に憑りつかれた恐怖感がうまく出ている具合。こういうところを見ると前

回よりも踊りの手が上がったのである。

 後シテの獅子が線の太いのもいい。

 家橘の用人、斎入の老女、新十郎の若侍、玉朗の奥女中。胡蝶は福太郎、福

之助。

 長唄は日吉小間蔵、勝松。

 この海老蔵五役のほかに、昼の第一に獅童の「千本桜」の鳥居前、夜の第一

に右団次、児太郎の「鳴神」。この二本に触れなければならない。獅童の狐忠

信、右団次の鳴神、児太郎の雲の絶間が出色だからである。

 まず鳥居前。獅童は今月これ一役。狐忠信はもう何回も手掛けて手覚えのあ

る役であるが、今回ことに手に入っていい。古風な顔、キッパリした動き、線

の太さでいい。この人のものである。

 友右衛門の義経、広松の静御前、九団次の弁慶。

 右団次の鳴神は、歌舞伎十八番らしい豪快さがあり、芝居もキッチリしてい

るが、芸が真面目過ぎて窮屈なところがある。もっと砕けるところは砕けてユ

ーモラスな、洒落っ気がほしい。そのために芝居の運びが伸びていささか持ち

切れないところがある。もっと緩急をつけて突っ込むところは突っ込まないと

面白さが出ない。後半は大荒れを見せるが本当は凄味もあるべきだろう。

 今月歌舞伎座から掛け持ちの児太郎の雲の絶間は、歌舞伎座の「雪の対面」

舞鶴とは別人の如き大出来。花道の出は紫帽子がよく似合って気品が漂う。本

舞台へ来ての物語は相手の男のせりふが声が男になる。その後の鳴神と二人に

なっての濡れ場がいい。御承知の通り雲の絶間は天皇の勅諚によって鳴神を口

説きに来ている。しかし児太郎はその底を一切割らずに品よく鷹揚に濡れ場を

やってのける。たとえば鳴神に胸元に手を差し込まれて、一瞬放心したように

左手をダラリと下げる。そこで普通はチラリと本心を見せるのだが、児太郎は

ごく自然にその左手を鳴神の手に重ねる。雲の絶間自身がこの瞬間に心を蕩か

している官能を見せるのである。それが色気として舞台に立ちのぼった。いつ

もはあまり色気を見せない児太郎が色っぽく、しかも品位を保っている。大進

歩である。この絶間といい、千鳥といい、去年の「関扉」の墨染以来の当たり

である。

 当りといえば、保昌武者之助の新蔵が白雲坊をやって、これも当たりである。

ただ「ズボンボエ」の引込みはもっと乗ってやらないと可笑し味にならないだ

ろう。黒雲坊は新十郎。

 大薩摩は杵屋三美郎、新之助。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る