2019年1月国立劇場

「袖簿播州廻」の通し

 

 正月の国立劇場は菊五郎一門で珍しく並木五瓶の名作「袖簿播州廻」の通し。

平成三年(一九九一)三月以来二十八年ぶりである。

 外題が読みにくいという理由からだろう、今回の外題は「姫路城音菊礎石」

になっているが、江戸時代ならばともかくも歌舞伎が古典になった今日外題を

変えるのは混乱のもと。第一この外題では姫路城が舞台になっているというこ

と以外なにも分かりはしないだろう。

 さて前回の時は、故人富十郎が初演通り印南内膳、古佐壁主水、与九郎狐の

三役、坂田藤十郎が碪の前、主水の女房お辰、小女郎狐のほか生田兵庫之介を

演じた。しかし台本(国立劇場文芸研究会)、演出(戸部銀作)、装置に問題があ

って原作の魅力が通じなかった。今度は印南内膳が菊五郎、古佐壁主水と与九

郎狐を松緑、お辰と小女郎狐に弓矢太郎を菊之助、碪の前と生田兵庫之介を時

蔵という配役である。前回の問題点は改善されただろうか。

 序幕曽根天満宮は前回カットされたところだが、今回は原作の煩雑なところ

を整理してて一応の筋を通した。はじめに暗闇に姫路城と白鷺の映像が浮かび

これが消えると、チョンパアで一同板付きで幕が開く。現代式だがすぐ芝居に

入れる利点はある。梅枝の桃井陸次郎と右近の傾城尾上の遊興、彦三郎の印南

内膳の弟大蔵の悪を見せ、天満宮に伝わる「鷽替えの神事」にからめて今テレ

ビで流行のダンスを取り入れて観客の度肝を抜く。ここでの橘太郎の揚屋の亭

主金子屋才兵衛が可笑し味でこの幕をさらっている。原作ではかなり長いとこ

ろをわずか五十五分でまとめたのは手際がいい。

 二幕目桃井屋敷。前回は装置が立派な奥御殿にしたために、この幕の眼目で

ある掛樋の毒の芝居がうまくいかなかった。今度も二重舞台になっていて、原

作のように平舞台が庭先になっていない。但し壺庭風の庭があって、ここに掛

樋があり掛樋の毒の芝居が出来る。原作通りにすればなんでもないものを。し

かしここへ出る菊五郎の印南大膳は相変わらず燕手風の鬘に紫紺の裃で「馬盥」

の光秀の如く敵役然としている。ここははじめは忠義を尽くす立派な家老と見

せていて、それが二重三重のどんでん返しで観客を驚かのが原作の眼目なのに

その芝居の面白味がないのは前回同様全くない。陸次郎が口が不自由なために

筆談をするのをカットしたのもつまらない。五瓶の特色は細かい段取りとせり

ふとそのリアルさによって切迫感を出すところにあるのに、それがないのは残

念としかいいようがない。古佐壁主水を松緑にしたのもやむを得ないが、その

ために早替わりの趣向、善悪二人を一人で見せるという設定がなくなったのも

惜しい。

 楽善の桃井修理之介はそれらしく立派だが、原作では小姓若侍を連れて上使

を迎えるとあるのにたった一人で迎えるのも大身の大名らしくない。

 時蔵の生田兵庫之介。松緑の古佐壁主水は、菊五郎の印南内膳の相家老とは

見えないのは仕方がない。梅枝の陸次郎、右近の尾上はともに仕どころをカッ

トされて薄味。

 鹿間大学は片岡亀蔵のはずが急病につき市村亀蔵に変わった。代役だから是

非もないが悪が効いていないので、芝居が平板になる。

 返しの城外。原作は野道なのに今度は立派な橋付きの城門になっている。し

かもそこをだれも通らない。桃井修理之介の行列は舞台上手の揚幕から出て、

その行列に花道から来た古佐壁主水が切り込むが、これでは城主が門から出な

い上にどこから来たのかもわからない。原作では桃井修理之介が上使の生田兵

庫之介を自分の行列で送らせ、そのために印南内膳が自分の行列を貸し、わざ

と古佐壁主水に誤って修理之介を殺させるという姦計になっている。この姦計

は「加賀見山廓写本」の鳥井又助の主殺しで有名になったが、この本の方が一

年前に上演されている。五瓶がこの設定をどこからとったか分からないが、巧

妙に出来ている。それが今回の台本では全くといっていいほど分からない。

 主水が鉄砲に撃たれて堀に落ちる。と今回は舞台下手の石組み―――これも

なんだか分からないが―――のなかから菊五郎の内膳が四天姿の派手な忍術使

いのような衣裳であらわれ、嘲笑って幕を切る。原作では単に「忍びの姿」と

あるのに、この大時代な姿はリアリティを欠く。

しかしそれよりも問題なのは、この幕切れのために主水が許嫁のお辰父娘に助

けられて蘇生する件りのカットである。この蘇生は実は主水の体に与九郎狐の

魂が入ったからであるが、むろん五瓶はここではそれを伏せてサスペンスを作

っている。主水がお辰父娘の介抱であたかも蘇生したようにしてある。どっち

にしろ主水蘇生がカットされているために、この後の四幕目の話がきわめて難

解になった。

 三幕目、姫路城天守。

 弓矢太郎が姫路城天守閣に棲む妖怪を退治しようとしたらば、その妖怪こそ

修理太夫の後室碪の前であったという物語である。ここは初演に大仕掛け、大

道具で評判になったところであるが、今回の装置は意外に平凡。ことにこの幕

最後の碪の前の現れる天守閣が豪華なだけで、リアルな凄味がない。そのため

もあって芝居が平面的で、時蔵の碪の前も菊之助の弓矢太郎も平凡に終わった。

万次郎の中老淡路、梅枝の腰元お菊実は八重菊丸、権十郎の牛窓十内、亀蔵代

役の鹿間大学。

 四幕目、舞子の浜、平作住家、尾上の鐘。

 前回は、前半はともかくもこの四幕目からの狐の件りは富十郎藤十郎のコン

ビで面白く、かつは二幕目の主水蘇生があったために分かりやすかったが、今

回は主水蘇生がカットでいきなりこの話になるためなんのことかよく分からず、

平作実は主水に迫る若君の追手早川伴蔵、主人修理之介殺しの大罪の追求に来

る久住新平のカセが効いてこない。そのために松緑の平作実は主水実は与九郎

狐も筋を追うのが精いっぱいで、尾上の鐘で狐姿になる幕切れが印象に残った

だけ。

 菊之助の平作女房お辰はいい世話女房ぶりだが、二役小女郎狐の方が動きが

あざやかなだけが印象に残る。とにかく芝居のカセが効いていないために、松

緑、菊之助ともに情愛、悲哀に乏しい。団蔵のお辰の父近藤平次兵衛がそれら

しくていい。身に付いた世話の味が生きている。彦三郎の印南大蔵、修理之介

殺害の詮議に来る久住新平は亀蔵。これが亀蔵の本役。若君詮議に来る早川伴

蔵は橘太郎。若君国松は寺嶋和史、小女郎狐の子福寿狐は寺嶋真秀。ともに菊

五郎の孫である。

 大詰は印南屋敷、播磨潟浜辺。

 印南屋敷は原作とは違って創作。ここで内膳が実は桃井家に滅ぼされた赤松

の子孫とわかるが、ただそれたけの型通り。浜辺で立ち回りになって幕になる。

 以上。五瓶の名作は今度もその魅力が生きたとはいいがたい。見終わって五

瓶の作風を生かすいい上演台本、演出の工夫がほしいと思った。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る