2019年10月国立劇場

芝翫、気を吐く

 

 十月二日、国立劇場で鶴屋南北の「天竺徳兵衛韓噺」を見た。芝翫初役の天

竺徳兵衛である。見る前はどうかと思ったが、実際に見て見ればこのところ役

に恵まれなかった芝翫が万丈の気を吐いて、問題は残るもののいい出来である。

 序幕北野天神鳥居先と別当所は、佐々木家のお家騒動と、若殿桂之介がお預

かりの名剣浪切丸を盗まれるという筋を通すだけの二場。又五郎の梅津掃部を

除いては目につく出来の人もいない。橋之助の桂之介は硬く、歌昇の山名時五

郎はミスキャスト。若い伸び盛りの歌昇にこんな色敵をやらせるのは気の毒。

松江の石割源吾はこの台本(国立劇場文芸研究会)では性根もなにも分からない。

その他米吉の銀杏の前、広太郎の下部磯平、梅花の袖垣、橋吾の蛇使い段八。

 二幕目吉岡宗観の館ではじめて芝翫の天竺徳兵衛が登場する。花道の出の闊

達さ、沖縄からハワイまで行く異国話の愛嬌、まずは輪郭がキッチリとしてし

かも軽いテンポで行く時代と世話の兼ね合いもいい。これは一つには吉三郎と

勘之丞二人の庄屋の引き立てにもよる。ついでにいえば幕開きの吉五郎と山左

衛門二人の中間もいい。

 しかし芝翫の徳兵衛が本当にいいのはこれから。まず舞台上手の庭の掛樋に

絡んだ蛇が二つに裂けるのを見て、二重の上から腕組みをしてグッと掛樋を見

込んだ顔が、その気組みといい、その面長の錦絵の顔といい、その眼光の鋭さ

といい、南北物らしい雰囲気である。今日では稀な感覚。この感覚あればこそ

この一見お伽話風の作品がリアリティを持つ。

 後半になっての宗観の悪事の見顕しから親子の対面、果ては蝦蟇の妖術の術

譲りまでが面白いのは、なによりも弥十郎の宗観、東蔵の夕浪というベテラン

二人のじっくりとした芝居に囲まれたせいである。もっとも今日は初日。弥十

郎の宗観は、浪切丸を盗みながら大望成就を目前にして切腹に追い込まれると

いう、この男の絶望の悲劇がもう一つ鮮明でない。東蔵の夕浪も、わざと訴人

といって息子に斬られる芝居の段取りが整理されていなかった。ここは日本と

中国の国際結婚、日中両国の争い、民族の血統の違いという大事な問題をはら

んでいるところだけに演出にもっと工夫が必要だろう。ことに夕浪が死にかか

っている夫宗観を置き去りに一度奥へ入ることや、夫が腹を切っても打ち掛け

を脱がずにいるのは疑問である。

 そうはいってもこの二人のおかげでどれだけ芝翫が引き立ち、かつ芝居が面

白くなったことか。少なくとも私はこの何度も見た場面で今度はじめてこの親

子三人の悲劇を深く考えさせられた。そうなったのはベテラン二人の力、そし

て芝翫の持つ古風な面白さ、それゆえの現代性のためであった。

 屋体崩しになる。筋書きに「家が潰れる」と書いてあるが、屋体崩しは舞台

表現の一手法であって現実に家が潰れるわけではない。地震があったわけでも

ないし、大屋根に蝦蟇が乗ったせいでもない。この屋体崩しを見ていると、蝦

蟇の重みで崩れたように見えるのが困る。最近はとかく蝦蟇の作り物がリアル

に巨大すぎる。次の水門口の縫ぐるみの蝦蟇との釣り合いも考えるべきだ。

 そこへ出る芝翫の徳兵衛の左手を出したお定まりの見得もよくない。下にい

る捕り手たちを睨み倒そうとする動きが全くなく、無意味な形になっているか

らである。その上に近代的な照明がよくない。折角の芝翫の古風な姿が死んで

いる。ここは面明かりぐらいほしいところだ。古風さを追求してこそ古典は現

代に蘇る。

 返しの水門口になる。蝦蟇の動きはいいがやたらに口を開けて威嚇するのは

かえって凄味と無気味さを欠く。問題はこの場の幕切れ。普通は舞台下手で縫

ぐるみを引き抜くと徳兵衛が出るが、今度は舞台一面に濃いスモークを焚いて、

そこへまず蝦蟇が消える。次には花道スッポンへ四天姿の徳兵衛がせり上がっ

て来る。縫ぐるみを引き抜いてこそ観客は驚きもし喜びもする。これではあの

縫ぐるみの蝦蟇は別人が入っていたのだろうと思われても仕方がない。単純な

仕掛けをうまく見せてこその歌舞伎。芝翫の幕外の六法がいいだけに幻滅であ

る。

 大詰梅津掃部屋敷、奥座敷の二場。

 芝翫の座頭徳市は、この人の世話物のうまさが生きてよく、徳兵衛ではとか

く耳障りだった高音部の金切り声がここでは役に立って座頭の声に嵌っている。

二代目松緑、現菊五郎からの芸統をいい立てての木琴の演奏も愛嬌たっぷりで

いい。しかし正体を現してからの凄味、ことに一度水中に入ってもう一度出て

来るところの凄味はいま一息。

 ここは大道具が立派な割には徳市が飛び込む池が上手寄りで小さく、その上

蓮の葉がうるさく、噴水も貧弱。ここはウソでも舞台端全体に一斉に水が立っ

てほしいところである。芝翫の早替わりが冴えないもう一つの理由は、舞台に

残った人間の芝居のテンポがわるく揚幕の「御上使」の呼びも冴えず全体に芝

居がトントンと行かないためである。初日ゆえ是非なしか。

 今度の芝翫第一の出来は早替わりで出る斯波義照の立派さ。燕手の鬘、長裃、

花道逆七三でグッと睨んだところは大首の錦絵の迫力。お定まりの長裃が萌黄

の熨斗目でなく織物なのは残念だが。次の場ではお定まりの萌黄になった。

 弥十郎二役の細川政元は、ニンにない白塗りの捌き役、さわやかさが足りな

いのは是非もないが、背丈は芝翫と釣り合っている。二人上使の趣向があまり

生きていないがこの一座ではこの人しかいないだろう。二人上使の趣向は芝居

の遊び心がないと生きない。

 返し奥座敷

 高麗蔵の葛城はもとは傾城という色気が薄い。それに徳兵衛を色仕掛けで罠

にはめるという二重の芝居がうまく生きていない。

 又五郎の梅津掃部は、とかくもたれる役を十分持ち切って最後に発揮した。

歌昇二役の奴鹿蔵は山名と違ってこれこそ本役なのに生彩がない。

 芝翫の斯波義照は、場内を真暗にして朧な姿を浮かばせる工夫が、この芝居

の古風さに合っていない。芸で凄味と色気を出すべきだろう。見顕しになって

からは大立派。

 芝翫三役中、といっても三役ともに天竺徳兵衛の変身だが、終始この斯波義

照が一番の出来。万丈の気を吐く気組みである。明日二日目から芝居が熟して

来れば舞台全体がよくなるだろう。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る