2019年10月歌舞伎座

菊五郎、喜寿のお祭り佐七

 

 今月喜寿を迎えた菊五郎が、音羽屋の家の芸「お祭り佐七」を後世に残すべ

く喜寿とは思えぬ若さで「お手本」を見せている。年代記物の佐七である。

 さすがに往年の色気はないため、たとえば序幕の小糸との煙草盆の取り合い

のラブシーンは色気が薄いが、その件でリアルにやっていて最後にグッときま

るところの呼吸は、叩き込んだ自然の味。なんでもないようでいてキチンと造

形されている。

 総じてお定まりの形に持って行くところがいずれもキレイであるが、なかで

もこの佐七の一番いいところは、三場目の佐七の家の場。小糸が帰って行くの

を送って「三百落とした気分」という寂しさ。だれがやってもうまくいかない

ところを、サラサラやって味を出している。しかしこの芝居で難しいのは、小

糸が作り話に騙されていることを見破りながら、それでもカッとなって殺して

しまうところである。そこまでわかっているならば殺さずに済みそうだと思う

のは現代の俳優の知性が邪魔するからである。私は三代目河原崎権十郎と四代

目雀右衛門の小糸で、はじめてこの恋が火消しと鉄火な芸者の瞬間的にはパッ

と燃え上がる恋の激しさであることを知ったが、そういう野性味がないとこの

ドラマは成り立ちにくい。

 時蔵の小糸も今度は十分若返っているが、菊五郎よりも若いためにこのハー

ドルが越えにくいのは是非もない。

 周囲の役々は菊五郎劇団総出演で手揃いである。左団次の鳶頭勘右衛門、団

蔵の倉田伴平、楽善の祭りの世話役、万次郎の吉野屋富次郎、斉入の矢場女、

市蔵の伝次、橘三郎の小糸の養母おてつ、亀蔵の廻しの九介、それに権十郎、

萬太郎、巳之助の鳶の者、市村亀蔵の巴の三吉、右近のお種。地走りの勘平に

寺嶋真秀、おかるが亀三郎、これに橘太郎の伴内が絡んで清元は延寿太夫と斉

寿という層の厚さである。

 昼の部はこの前に扇雀、梅枝、巳之助の舞踊「廓三番叟」、松緑、愛之助の

「御摂勧進帳」、愛之助の五変化舞踊「蜘蛛の糸」があるが狂言立てが平板で

魅力に乏しい。古典の演目を並べるにしてももっと魅力的で新鮮、かつ大胆な

企画がほしい。

 「廓三番叟」は見た目は派手であるが、その「三番叟」を遊廓に仕立てた洒

落た味わいは花盛りの若手が汗をかくようなものではないし、つい二ヶ月前に

「闇梅百物語」で雪女郎を踊ったばかりの扇雀の花魁も気が変わらず、梅枝の

新造、巳之助の太鼓持ちも活躍というほどのこともない。長唄は杵屋勝之祐、

勝七郎ほか。

 松緑二度目の「御摂勧進帳」の弁慶は、後半荒事になる辺りからが、この人

のユーモラスな持ち味が生きて面白いが、前半の富樫との問答が平板で退屈。

松緑のみならず、愛之助の富樫、彦三郎の斎藤次、亀蔵の義経、松也の鷲尾以

下の四天王も、初代桜田治助独特のせりふの面白さが生きていない。南北とも

黙阿弥とも違う治助の洒落のめした言葉の特色が消えて普通の言葉になってし

まっている。歌舞伎十八番の「勧進帳」よりもはるか昔の、歌舞伎独特の作品

の味が生きていない。今後の課題だろう。国立劇場で二代目松緑がはじめて復

活した時にも感じたが、もう一度戯曲を読み直す視点が必要である。というの

もこの戯曲で本当に面白いのは、この安宅の関ではなくその後の奥州藤原秀衡

の遺子四兄弟の対立にある。そういう幕を復活すると、逆算してこの安宅の関

の面白さも浮かび上がってくるかもしれない。とにかく演る方も見る方も歌舞

伎十八番のパロデイだぐらいにしか認識していないために芝居をつまらなくし

ている。

 愛之助の「蜘蛛の糸」は、その軽くてさわやかなところが身上。前髪の小姓、

太鼓持ち、座頭、傾城、蜘蛛の精の五役早替わりはこの人にピッタリ。一服の

清涼剤。五役中では地唄の「綱上」を取り込んだ太鼓持ちが一番洒落た味でい

い。

 頼光は右団次、碓井が松也、金時が右近、綱が種之助、卜部が虎之介。長唄

は勝之弥、勝七郎、常磐津は和英太夫、八百二。

 以上昼の部に対して夜の部は、松緑の和尚吉三、愛之助のお坊吉三、松也と

梅枝一日替わりのお嬢吉三で「三人吉三」の通しに玉三郎の新作舞踊「二人

静」。

 この「三人吉三」が予想外に面白かった。

 十一代目団十郎、梅幸、松緑の戦後第二世代の「三人吉三」、ついで今日の

白鸚、菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、玉三郎らの第三世代の「三人吉三」から

見れば、今度の「三人吉三」は第四世代の「三人吉三」であり、芸の上からい

えば物足りないところがないわけではない。にもかかわらず私が面白いと思っ

たのは、彼らが自分たちの芸が先輩たちに及ばないことを十分意識していて、

その結果戯曲そのものに頼らざるを得ない局面に立っていて、そのためにかえ

って戯曲の構造が明らかになっているからである。

 すでに私は拙著『黙阿弥の明治維新』のなかでこの戯曲が二つの局面から成

立していることを指摘した。一つは、三人の吉三が義兄弟の縁を結んだいわば

「仮想家族」という局面。映画「万引き家族」である。もう一つの局面は、土

左衛門伝吉のつくるいわば血の繋がりによる本当の家族―――血族―――息子

の和尚吉三、おとせ、十三郎という双子の兄妹という家族である。そして仮想

家族は血族の犠牲の上に成立する。それが社会というものだというのが黙阿弥

の世界観である。

 しかしその後私は木ノ下祐一の「木ノ下歌舞伎」で全幕通し上演の舞台を見

て、今まで読み飛ばしていた黙阿弥の「朝比奈地獄めぐり」という場面をはじ

めて見た。その結果、仮想家族対血族というのはさらに大きな世界の一部に過

ぎないことを感じた。大きな世界は三つの物語から成立している。一つは曽我

物語、一つは文里一重の物語、そしてもう一つは三人吉三の物語である。大き

な世界から見れば、一番大切なのは武家の物語である曽我物語であり、つづい

て重要なのは大商人木屋文里と新吉原の物語であり、三人吉三の物語はそうい

う社会の底辺のしがない無頼の徒の物語になる。十五代目羽左衛門の「月は朧

に白魚の」という名せりふによって美的に肥大した三人吉三の世界は、実は世

界全体のなかの底辺の小さな世界に過ぎないのである。

 その小さな世界でうごめく人々。そういう実感が今度の舞台で私を襲ったの

は、たとえば次のような瞬間であった。序幕大川端。お坊吉三とお嬢吉三の決

闘を止めに入った男が和尚吉三と乗った時の愛之助のお坊の思い入れ、松也の

お嬢の反応、さらに二人に兄貴になってくれといわれた松緑の和尚が実は自分

もそう思っていたが、自分からは「うぬぼれらしく云われもせず」、そういわ

れると「嬉しい」という時の、本当に真からそう思っていた男の嬉しそうな顔。

そこで三人に情が通じる。しがない市井の闇に住む無頼の徒の肩を寄せ合うよ

うな芝居である「仮想家族」はこういう闇の中で成立したという思いがした。

 その思いをさらに深めたのは、巳之助の十三郎と右近のおとせであった。大

看板の三人吉三だと十三郎とおとせは大抵グッと下の若手が勤める。しかしそ

う差があっては二人がお坊とお嬢の身替りになるのがウソっぽい。今度の巳之

助、右近は、愛之助、松也とそれほどの差がない。現に巳之助は大川端だけは

二度のお坊の体験者である。すぐにも二人に代われるだけの近さにいる。その

ために身替りがウソっぽく見えないばかりか、三人の吉三がどこにでもいる市

井の無頼漢に見えるのである。

 かくして仮想家族対血族の比較がより深くなって、しかも大きな世界の一部

になって「三人吉三」の戯曲の構造が明らかになった。そこが私には面白かっ

たのである。

 松緑の和尚吉三は回を重ねて、せりふの例の悪い癖も出なくていい。愛之助

のお坊は軽くてさわやか。お嬢は私の見た日は松也だった。男と女の変わり目

がしっかりしているのはいいが、男になった時の無表情な色気の薄さが気にな

る。この役と弁天小僧の違いは、同じ女装の泥棒でも弁天小僧は立役のもの、

お嬢吉三は女形のものというところにある。その分女形の情がほしい。

 歌六の土左衛門伝吉がさすがによく、舞台を締めている。橘三郎の八百屋久

兵衛、橘太郎の釜屋武兵衛、松太郎の夜鷹の妓夫がいいのはむろんである。

 「三人吉三」のあとの「二人静」は、玉三郎の脚色、花柳寿応、寿輔の振付

で、長唄、竹本、筝曲の三方掛け合い。玉三郎の静御前の霊、児太郎の菜摘女、

彦三郎の勝手神社の神職。

 能の「二人静」を写した舞台。玉三郎の前半の衣裳がいぶし銀の鱗型風の地

紋の豪華さで目を奪うが、後半はいつもの白拍子の衣裳。児太郎との連れ舞は

能の舞に似て上品ではあるがいささか物足りない。菜摘女に静の霊がつくとこ

ろがもっと歌舞伎風になったら面白かったろうと思う。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る