2019年11月歌舞伎座

菊五郎の「髪結新三」

 

 菊五郎の「髪結新三」がいい。

 張る所は張り、突込むところは突込む緩急自在の自然さが世話物の手本であ

る。ほとんど素に近い捨てぜりふの軽さがあるかと思えば、時代になるところ

もあるその芝居のイキの差し引きが、近頃とかく忘れられがちな世話物の芸の

面白さである。

 それに今回の舞台はそういう菊五郎の眼がすみずみまで行き届いているのが

いい。たとえば序幕白子屋の幕開き。仁三郎と左升の大工二人。いつもの通り

何でもないような仕出し二人の一節だが、キチンと芝居になっていて快調な滑

り出し。ここだけではなく全場に芝居が統一されていて自らなる格調、様式が

成り立っているのは、菊五郎のアンサンブルへの努力の結果だろう。

 配役もまた適材適所。部分部分が大いに盛り上がっている。たとえば序幕白

子屋の店先。魁春の後家お常と梅枝の娘お熊の、母娘二人の芝居を見ていると、

これだけでまた別な一幕物が出来そうな濃厚さ。あるいは二幕目大家の長兵衛

の内、左団次の長兵衛、万次郎の女房お角、秀調の車力善八の三人の芝居も同

じ。人間のリアルな芝居が生きているからである。

 左団次の長兵衛は、可笑し味から凄味になる具合、凄味がさらに可笑し味に

砕ける呼吸が、これまた世話物の面白さ。亡き十七代目羽左衛門以来の長兵衛

である。

 団蔵の弥太五郎源七もいい。せりふにある「四十を過ぎて」という年配にし

ては弱いところもあるが、手強さもあり、芝居の手応え、緩急自在さはここに

も生きている。

 魁春の後家お常は、とかく近頃はこれでは白子屋が潰れても仕方がないと思

う後家が多いなかで、品があって大家の後家らしく、このおっとりさが白子屋

倒産の原因に見える人品がいい。

 車力の善八は、その人のよさ、可笑し味と真面目さで、この人一代の当たり

芸。菊五郎を囲んでこの四人の出来がアンサンブルの中核である。

 時蔵の忠七は、初役以来の違和感が今度はスッカリ取れてしっとりした出来

になった。

 梅枝のお熊は役者としての位置、若さ、美しさ、色気が、この役に丁度ピッ

タリ。いいお熊である。

 万次郎の長兵衛女房お角は、金と聞くとすぐ反応する少しナマなところはあ

るものの、可笑し味、突込み具合ともにいい。

 家橘の加賀屋藤兵衛、権十郎の勝奴、橘太郎の鰹売り、辰禄の合長屋権兵衛、

菊史郎の下女お菊、丑之助の丁稚。

 昼の部はこの前に、幸四郎の「研辰の討たれ」、芝翫、松緑の舞踊「関三

奴」。

 幸四郎の守山辰次は、客受けを狙う余り芝居が上滑りしていてリアルさを欠

く。たとえば大詰で平井兄弟に詰め寄られて、なんとか命を助かろう弁舌を振

るう件り。死の恐怖感がなく。滑稽な身振りばかりばかリが目立つ。人間造形

が浅いためである。大場正昭演出。

 友右衛門の平井市郎右衛門。平井兄弟の兄は彦三郎で敵討ちに疑念を持つ陰

翳が出ている。弟は亀蔵。奥方が高麗蔵、松之助の中間、竹三郎の宮田新左衛

門、亀鶴の八見伝介、錦吾の湯崎幸一郎と、序幕の城中は手揃いである。

 二幕目の倶利伽羅峠のもっこ渡しから麓の宿屋では橘太郎の宿屋の亭主が目

につく。

 大詰では鴈治郎の四国善通寺の僧侶が、天性の明るさで一服の清涼剤。

 次の舞踊「関三奴」は、まず芝翫の赤ッ面の奴が立派な錦絵の顔立ちで自然

に目が行く。そのうち松緑の白塗りの奴の方へ目が移ってしまうのは、松緑の

踊りのうまさ、体の動きの面白さのためである。松緑今月この一役であるが、

最近の進境現れて十分の面白さ。長唄は鳥羽屋三右衛門、五吉郎。

 夜の部の第一は、梅丸改め中村莟玉の改名披露の「菊畑」。

 鴈治郎の笠原湛海が出たところで劇中の口上になる。新莟玉を養子にした梅

玉(高砂屋)の智恵内を真ん中に上手へ魁春(加賀屋)の皆鶴姫、芝翫(成駒

屋)の鬼一、下手に新莟玉の虎蔵、鴈治郎(関西の成駒屋)の笠原湛海と、こ

れで歌右衛門家一門の東西の成駒屋、高砂屋、加賀屋が揃った水入らずの口上

である。

 新莟玉の虎蔵は、教えられた通り素直で凛々しい役者ぶりであるが、後半肝

腎のノリには課題が残った。当人自身が大いに乗ってそのリズムを出さないと

面白くない。現代の青年俳優にはこの義太夫の狂熱に乗るのが難しいのだろう。

 梅玉の智恵内は黒の着付けだが、この人のニンからいえばむしろ水浅黄の方

がよかったろう。むろんしていることは十分。

 芝翫の鬼一は意外にハラが薄く、若さが目立つのは今の芸境からいえば是非

もない。

 魁春の皆鶴姫はその風格堂々たるものだが、虎蔵の若さもあって情愛が足ら

ず、いささか手持無沙汰に見える。

 こういう芝居は芸を競う名優同士でないとその魅力が出ないのかも知れない。

 次が幸四郎、染五郎親子の舞踊「連獅子」。

 幸四郎の親獅子はむろん昼の研辰とは比べ物にならない立派さではあるが、

前半にとかく変な手つきがあるのが気になる。染五郎の子獅子は、歌舞伎座の

所作台が割れるかと思うほどの足拍子で、体を十分使うのはいいがさなからア

スリートの如く。元気いっぱいといえば聞こえはいいが、足拍子は力で踏むの

ではなく芸で踏むのだろう。力まかせに踏むだけでは観客の心には響かない。

それを見て高麗屋の将来を担うこの人に早く芸の本道の基本を身につけてほし

いと思った。

 万太郎、亀鶴の間狂言「宗論」でホッとする。長唄は勝四郎、勝七郎ほか。

 二番目は池波正太郎作、大場正昭演出の「市松小僧の女」。

 夜の部は結局これが一番面白い。日本橋の大店嶋屋重右衛門(団蔵)には亡

き先妻の娘お千代(時蔵)と後妻(お吉)との間の娘お雪(梅枝)がいる。そ

ういう家庭の事情もあって、お千代は女剣士になり、結局家を出てあろうこと

か、年下の巾着切りの市松小僧又吉(鴈治郎)に惚れて夫婦になる。堅気にな

った又吉だが手癖が治らずその現場を同心永井与五郎(芝翫)に抑えられる。

永井はお千代の剣道の兄弟子。お千代は夫又吉の指を切って与五郎に見逃して

もらう。

 池波正太郎が梅幸にはめて書いた作品だが、今度の方が面白い。梅幸のお千

代は前半の剣士ぶりが梅幸の手に余ったが、今度の時蔵は梅幸よりも自然でリ

アリティがあっていい。役に嵌っている。

 それに初演に又五郎だった市松小僧であったが、芝居はうまくともさすがに

十九歳の大前髪は無理だった。今度の鴈治郎はこの設定にピッタリ。この二人

の年の差夫婦がリアリティがあって芝居が生きている。他愛無いといえばそれ

までだが、このリァリティは初演にはなかったものであり、それには年の差婚

が珍しくなくなった今日の時代にもあっているのだろう。

 団蔵の嶋屋重右衛門、秀調の後妻お吉、梅枝のその娘お雪、斉入の嶋屋の番

頭。それに秀太郎のお千代の乳母が秀逸。

 芝翫の同心永井与五郎が、闊達な江戸ッ子ぶりでいい。なんでもないように

軽くやってそれでいて舞台を締めている。

 昼の部の「髪結新三」といい、夜の部のこれといい世話物はこのリアルな人

間造形が必須なことを今更思った。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る