2019年11月国立劇場

吉右衛門の「日向嶋」

 

 平成十七年(2005)、吉右衛門みずから松貫四の筆名で上演台本を作って

復活した「日向嶋」の再演である。今回は通し狂言とあって国立劇場文芸研究

会の台本。概ね前回と同じであるが、舞台はさらに洗い上げられてスッキリし

た。

 浅黄幕を振り落とすと上手から吉右衛門の景清の出。ちょっと立ち止まって

きまる立ち姿も前回よりすでに味わい深い。それから重盛の位牌を出しての供

養は、景清の一人の人間としての思いのたけを吐露する。つい二月前に文楽で

見たばかりの同じ狂言、文楽には文楽のよさ、その歴史と個人を描く語り物と

しての面白さがあるのに対して、こちらは生身の人間のリアリティがあって面

白い。歴史だの戦争だのという過去の時間ではなく、今、この目の前で生きて

いる一人の人間の苦悩、悔恨まことに鮮明である。

 この景清一人舞台には、葵太夫、長一郎の竹本がよく合わせて、ことに「身

をかきむしり」の長一郎の三味線のタタキが吉右衛門の景清の激情を鮮明にし

た。

 そこへ雀右衛門の糸滝と又五郎の佐治太夫が小舟に乗って花道を出る。

 対する吉右衛門の景清が娘と知りながら追い返すところの、二重のハラもよ

く出ている。「去年餓え死に」のあと糸滝を杖で脅かす件りの杖の扱いがうま

い。思わず知らず杖を刀のように掴んでしまうところに、景清の軍人として一

生を戦場に生きた人間の人生が出る。そのあと二人を振り払って小屋へ入る背

中の芝居も印象的であった。

 今回いいのは二度目の出からである。

 小屋の中で杖を斜めに抱えて足を割って合引に掛かった姿の風格がいい。吉

田玉男の景清の小屋から躍り出してくる勢いも凄まじかったが、玉男の「動」

に対してこれは「静」の魅力、吉右衛門の役者としての芸格がおのずと滲み出

た面白さであり、こういうところが文楽とは違う歌舞伎の面白さである。

佐治太夫が糸滝は百姓に嫁いで幸せだと聞くところもうまい。そこで景清が怒

り出すのは実は糸滝を追い返すためのウソなのだが、そのウソが観客によく分

かる。娘の幸福を聞いた瞬間、平家の残党で乞食同然の自分が親では彼女の幸

せの邪魔になるだろうという不安が景清にあえてウソをいわせる。表には武将

のプライドを主張しながら、内実は娘への情愛。前回とやっていることは同じ

でも情愛の深さ溢れんばかりである。しかも娘の幸福に比べて世間から排斥さ

れてなお生き延びている自分への批判を含んでいる。その批判があるために

「たった一目、睨んでくれたい」が皮肉な、複雑な絶唱になる。

 糸滝と佐治太夫が船に乗って帰る。書置きを聞いて真相を知り、糸滝を呼び

返そうとする景清が、狂気の如くに肌脱ぎになって目が不自由なままこけつま

ろ転びつ花道へ行くところは吉右衛門の独壇場である。

 この自分の姿を鎌倉の隠し目付の天野と土屋に見られての降参があり、輿に

乗せられて下手へ行くのを見せて道具幕を振り落とすのが浜辺の幕切れである。

 返しの海上の船になる。ここはほとんど芝居らしい芝居がないが、これだけ

情愛深い景清を見せた吉右衛門だからこそ、重盛の位牌を捨てるところにも、

幕切れのおこつくところにももう一芝居ほしいと思うのは望蜀だろうか。

 又五郎の佐治太夫は景清の芝居の邪魔にならぬようにワキに徹していながら

情が出ている。雀右衛門の糸滝も吉右衛門の景清し親娘の釣り合いが取れてい

る。種之助の天野、鷹之資の土屋は二人とも若々しい。ただしこの二人が景清

の芝居の間に一時いなくなるのはよくない。陰で見ているという心だろうが、

この二人に始終すべてを知られたために景清は降参するのだからいた方がいい

と思う。

 以上、この一幕を大詰にして、その前に序幕鎌倉御所、二幕目大仏供養、三

幕目手越の里の花菱屋が付いている。

 鎌倉御所は、将軍頼朝をはじめ鎌倉の諸大名列座の上で、三保谷が戦死した

平知章の経巻を献上する。知章は、頼朝の妻北条政子の妹玉衣姫の許嫁者。頼

朝は玉衣姫にその経巻を須磨寺に収めることを命じ、自身も奈良東大寺の大仏

供養に出発する。通し狂言の幕開きらしく大時代で、しかも行方不明の景清が

大仏供養に頼朝を襲うかもしれないという伏線を敷いてわかりやすい一幕だが、

芝居としては格別のことはない。

 歌六の頼朝が貫目を見せ、錦之助の畠山重忠もニンに合っている。米吉の玉

衣姫は、知章恋しさは出ているが、その知章は平家方、頼朝は義兄ではあるが

源氏の総帥。しかもここは鎌倉の諸大名列座のなかだから、そこでの私的な感

情と公的な自分の立場を弁えなければならない。この二重のカセを動作に鮮明

にすれば、彼女の哀れさがもっと色濃く出たはずである。歌昇の三保谷は赤ッ

面の敵役で手強い。

 松江の仁田四郎、大谷佳三の梶原、吉之亟の和田義盛ほかの諸大名。

 二幕目、東大寺大仏供養。

 大仏供養は、さまざまな物語に作られているが、大きく分けて二つの系統が

ある。一つは近松門左衛門の「出世景清」からこの「嬢景清八島日記」に至る

までの浄瑠璃系。もう一つは二代目団十郎と初代宗十郎の顔合わせで有名な舞

台からのちに歌舞伎十八番「景清」に至る歌舞伎系である。前者は語り物系で

あり、それなりに緊密な人間ドラマとしてリアルに出来ており、後者は天衣無

縫な大らかな芸の見世場になっている。

 今度の大仏供養はその二つの相反する感覚が混在しているために問題がある。

 吉右衛門の景清は、紅の一本隈に青い髭を描いた化粧で歌舞伎系の荒事に近

い。しかしその一方台本上では、景清が頼朝の仁心に感服して自ら両眼を抉る

という浄瑠璃系のドラマによっている。この二つの方向が矛盾して大詰の「日

向嶋」の景清のイメージと違和感が強い。二つの系統を対照的に見せるという

企画意図があるのかも知れないが、それよりも違和感の方が強いのである。

 今、荒事風の化粧、演技をさておいてドラマとしてだけ見るにしても、景清

が頼朝の仁心に感ずること、みずから両眼を抉ること、この二つの重要なドラ

マの心理的な動機が芝居として浅く、したがって観客にとっては理解しにくい。

 浄瑠璃の原作によれば、景清が頼朝の仁心に感じて降参するのは、頼朝が景

清に自分の着替えを与え、中国の晋の余穣の故事を引いてこれを裂いて恨みを

晴らせというからである。ところが今度の舞台では故事をカットして源氏の白

旗を与えてそれを裂かせる。しかし白旗と着替えでは全く意味が違う。白旗は

「実盛物語」で小万が命を賭けて守ろうとした源氏の旗であり、この旗を奪わ

れれば源氏は埋もれ木だと思った実盛は小万を殺してまで守った旗である。す

なわち白旗は源氏の命運を左右するだけの象徴的な「記号」なのである。それ

を頼朝が景清に与えて裂かせるとすれば、頼朝は景清に降伏したことになる。

一方着替えならばたとえ裂かれても頼朝個人の命にかかわるだけである。しか

したとえ個人にもせよ頼朝は自分の命を投げ出してもいいと考えた。そのこと

が景清を降参させるのである。

 とにかくこれで景清の恨みが晴れたとする。では一旦頼朝の仁心に感じた景

清はなぜ目を抉るのか。近松の「出世景清」によれば、景清が頼朝に信伏した

後、頼朝が景清に戦物語を所望する。景清は戦物語をしているうちについ戦場

の記憶―――平家滅亡の時空に身を置いてしまう。その結果過去の感情があふ

れ出て、物語が終わって満足した頼朝が座を立つとき、その頼朝の後姿に斬り

かかろうとする。次の瞬間我に返った景清は一生忘れることが出来ない自分の

怨恨の浅ましさを知って両眼を抉る。これだけの心理的な動機が掘り下げられ

ている。

 今回の舞台には、白旗の件りといい、目を抉る件りといい、それだけの劇的

なモチーフがない。少なくとも台本上でも演出面でも芝居のしどころとして創

られていない。これでは冒頭に触れた秀逸な「日向嶋」につながらないだろう。

 吉右衛門の景清、歌六の頼朝、錦之助の重忠、歌昇の三保谷と役者が揃って

の折角の大仏供養なのに惜しい。

 三幕目花菱屋。ここはさすがに「日向嶋」につながっている。

 歌六の頼朝からガラリと変わった二役の花菱屋の亭主は、女房の尻に敷かれ

ている喜劇的な軽さもあり、それでいて舞台を締めている。

 東蔵の女房は十分に突込んで、幕切れ近く、みんなが糸滝に同情するのにつ

られて自分もつい同調してしまうところが少しやり難そうである。

 雀右衛門の糸滝、又五郎の佐治大夫、橘三郎の遣り手、京妙、嶋之丞の女郎

まで。みんなが糸滝に同情して九州に送り出す心情が溢れて胸を打つ。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る