2019年12月歌舞伎座

梅枝の活躍

 

 十二月の歌舞伎座は昼夜を通して梅枝の活躍が目立つ。昼の部の「阿古屋の

琴責」は、去年十二月と同じく玉三郎、梅枝、児太郎のトリプルキャストで、

私が見た日は梅枝であった。

去年に比べれば格段の進歩。三段に身を投げ出す(歌右衛門は最上段に掛かっ

ていたが梅枝は一段下に降りている)ポーズといい、そこへ行くまでの芝居の

性根が通っていることといい、余裕が出来ていい出来栄えである。先月の「髪

結新三」の白子屋お熊もそうであるが、今年梅枝は大きく飛躍した。

 三曲のうち最初の琴は、当然のことながらこれも余裕が出来て、音楽がおの

ずと身体に乗り移って、それに続く「時雨の唐傘お安い御用、雪の朝の煙草の

火」の、景清との馴れ初めの想いと一体化している。続く三味線は、今度は冷

静な演奏になり、別れの悲しみの喪失感になりながら胡弓になって再び音楽と

身体が一体になる。一見するとつながりがないように見えて、この三曲の変化

に、重忠が尋問を続けるドラマが隠されている。

 彦三郎の重忠もともに回を重ねて、初役の時はどこか借り物のようであった

のが、今では生締めの鬘、白地の着付け、黒地の長裃が似合って歌舞伎座の大

舞台にもはまるようになった。ことにその口跡、そのせりふ廻しの明晰さが生

きて、顔もそれらしくなったのは、芸が上がった証拠である。

 九団次の岩永、功一の榛沢。竹本は愛太夫、淳一郎。

 昼の部はこの「阿古屋」の前に、中車の大佛次郎作、石川耕士演出の「たぬ

き」と玉三郎の舞踊「保名」。

 中車の「たぬき」は、古典はともかくも芝居のうまい中車だけに期待して行

ったが、いくつかの理由で思ったほどではなかった。

 まず第一に、中車だけでなくほとんど全員が大佛次郎の戯曲の独特の間を生

かしていない。大佛戯曲には一見ごく普通の会話のように見えて、この作家独

特のリズムとテンポがある。そのリズムとテンポで人間の感情が出る。それが

つかまえられていない。そのために中車の柏屋金兵衛のドラマがありきたりの

人情劇になってしまっている。大詰金兵衛は、子供に父親だといわれて実家へ

帰る決心をする。しかし金兵衛は子供に引かされたから実家へ帰るのではない。

たしかにきっかけは子供だがそれはあくまできっかけに過ぎない。そのきっか

けで自分が人間としてキチンと向き合わなければならないものがあることを知

る。今までの自分はたとえば女房とも店の問題とも向き合ってこなかった。そ

れでは人間の生き方として誠実ではない。そう思ったから実家へ帰る。子供に

引かされただけならばただの人情劇。それとは違う深さが大佛次郎の精神であ

る。

 中車の金兵衛は、愛人のお染に裏切られたことを知ってからの芝居がうまい

だけに惜しい。

第二にここに登場する人たちの特殊な商売の生活感がない。たとえば彦三郎の

太鼓持ち蝶作、笑也の年増芸者お駒、市蔵の隠亡。今では遠くなった商売の人

たちの実感が薄い。太鼓持ちでいえば、お座敷を勤める男芸者の独特の気質が

捕らえられていない。笑也のお駒は発声がおかしく、身のこなしも年配の芸者

らしい色気にも乏しい。市蔵の隠亡は役者過ぎてただの老人になっている。隠

亡は多くの死人を扱って人間の生死に立ち会ってきた。そういう人間の神経の

太さ、その強さ、人間の生死を超越した頑なさが足りない。初演の照蔵、つい

この間の山左衛門にくらべると普通の人間になっていて作者がこの役に込めた

苦心が生きていない。門之助の金兵衛女房はただツンツンしているだけで、大

店のお内儀が太鼓持ちや芸者をいくら亭主を連れ出す人間だと思っていても、

いわばお出入りの芸人。それ相応の愛想があるべきだろう。

こうなると家橘の備前屋、万太郎の若い隠亡が無難に見えてくる。

児太郎のお染は、抜け目のなさ、人の悪さの影が薄く、亀蔵の情夫も善人過ぎる。

この「たぬき」のあとの「保名」。玉三郎の保名は花道へ出たところは養父勘

彌にどこか似ている。花道の間の「蝶」や「陽炎」を当てぶりでなく視線と扇

の扱いだけで眼前に描いて陶酔を呼ぶところがこの人のうまさ。榊の前の形見

の打ち掛けを着ての姿には、女形独特の色気が漂って「うつらうつら」の幻想

が濃いが、「よさの泊り」のカカリは間を持たせすぎ。もっとリズミカルにい

きたい。

 大道具の桜の枝ぶりが奇妙過ぎて台風に会ったようでよくない。清元は清美

太夫、志寿造。

 夜の部は「矢口渡」の梅枝のお舟がいい。

 門口で義峰を見染める瞬間のパラリと左袖を落すうまさから始まって、他の

人とたいして変わったことをしているわけでもないのに芝居がうまく、お舟の

一目ぼれの恋のほてりを感じさせるいい出来。梅枝の瓜実顔が輝いている。六

蔵を色仕掛けでだますところは今一歩であるが、簑と笠を持っての引込みは性

根が十分。とりあえず義峰を落して身替りになる覚悟が鮮明である。

 ことにこのお舟は後半がいい。御約束のいくつかのきまりが手一杯で大きく、

絵になっている。哀れさが足りないともいえるだろうが、はじめての大役にこ

れだけの絵が描ければお手柄である。

 亀蔵の義峰は、うてなという愛人を連れていながら、やむなくとはいえお舟

にも手を出してしまうという和事の軟弱さ、身勝手さが足りない。児太郎のう

てなはとかく影が薄くなるこの役でお舟に十分に対抗した。

 万太郎の六蔵はおかし味と悪が足りない。仕事はともかくもニンにない役だ

からである。最近のこの芝居でいつも思うのは、六蔵の配役である。敵役の腕

達者のやるべき役を若手やスターに振るのは間違いだろう。

 さて期待した松緑の頓兵衛は、下手藪畳から出たところ、眼光鋭くニンにピ

ッタリのよさ、大きさであるが、踊りのうまいこの人にしては身体の動きが鈍

い。お舟を刺す前後、横に刀を立てて足をぶっ違いにした見得、お舟の海老反

りに刀を担いで覆いかぶさっての大見得、蜘蛛手蛸足の引込みといずれも動き

の手数が少なく、淡泊で十分でない。あれだけ悪の効いた立派なニンでありな

がら残念としかいいようがない。

 たとえばその引込み。花道七三でウラオモテと二度のきまりが立派なのにそ

れからが面白くない。この見得からあの独特の動きになる面白さ、連続の手順

が足りないためである。再演で是非とも研究して面白くしてほしい。

 夜の部はこのあと「本朝白雪姫譚話」という新作舞踊劇。グリムの童話「白

雪姫」の歌舞伎舞踊化である。普通は白雪姫を継母がその美しさに嫉妬して虐

める話だが、筋書を読むと

グリムの初版本は継母ではなく実母らしい。今度の脚色もそうなっているが、

この設定は見ていてやはり無理がある。

 それに児太郎の母、玉三郎の白雪姫という配役にも無理がある。玉三郎の白

雪姫が児太郎の母と並ぶとさすがに老けて見え、母娘とは見えにくいからであ

る。玉三郎が母をやって「時分の花」と「まことの花」の対立にした方がよか

ったと思う。

 児太郎がこの母の難役に挑んでいる。獅童の若侍、梅枝の鏡の精。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る