2019年12月国立劇場

陰気な「陣屋」

 

 白鸚の盛綱には三つの特徴がある。

 一つは前半「思案の扇からりと捨て」の、ハッと気が付いてバラッと扇を捨

てるうまさ。このうまさは木の芽会の初役以来、この人の特徴になったうまさ

で、今回もそれが残っている。

 もう一つは、注進受けの「南無三宝死なしたり」の三段に足を落すイキであ

る。だれでもやるしぐさであるが、このイキの鋭さ、よさはこの人のものであ

る。

 そして最後の一つは、その顔、その姿の輝きである。前の二ヶ所がこの人の

初役以来持ち続けて来たものであるのに対して、これは今回初めて現れたもの

である。首実検の前に首桶へ寄るところ、はじめ裏向きで続いて表向きになっ

たところの顔、あるいは幕切れ近く二重の上の和田兵衛に対して舞台下手に立

ったところの顔。ともに年齢を重ねた味わい深い顔になっている。ここまで生

きて来た人生の輝きがおのずから顔に出ている。かつてはそれほど似合わなか

った拵え―――お約束の生締めの鬘、白地に金糸の唐草と四菱の熨斗目の着付

け、黒地に同じ熨斗目の長裃の、盛綱の役の拵えがピタリときまっている。

 以上三点が特徴。しかしそういう特徴がありながら今度の盛綱には熱気とい

うか生彩がなく、芝居のうまさが持続して行かない。これはハラが薄く、とか

く表面的で芝居が流れるからだろう。たとえば前半の「血潮の滝」から「修羅

の巷の責め太鼓」のあたり、初代吉右衛門張りの名調子でありながらもう一歩

深くない。

 首実検も首を見てハッとなり首と向こうを交互に二度も見比べる。小四郎に

気付いてからも首と小四郎を二度も見比べる。説明的かつ表面的なこというま

でもない。すなわちハラが薄いからであり、歌舞伎の思い入れの芸ではなくリ

アルな演技になってしまうからである。そのために前半もっとも見どころであ

るはずの微妙との芝居をはじめ舞台が沈んで陰気になってしまった。あの三ヶ

所の特徴を思えば残念というほかない。

 主役の盛綱かくのごとく舞台全体が栄えないが、しかしその反面この一幕の

ドラマの構造がよく分かったのも事実である。そのもっとも大きな側面は盛綱

本人ではなく女三人である。すなわち魁春の篝火、吉弥の微妙、高麗蔵の早瀬。

この三人の部分が沈んだ結果、なにが悪いかが明確になった。

 そのためにはまずこの陣屋で進行している三つの計画に触れなければならな

い。三つの計画の第一は北条時政の小四郎を人質に敵の大将佐々木高綱を降参

させようという計画である。第二にその計画を悟った盛綱が佐々木家の名誉の

ために時政の計画を阻止しようとして小四郎を殺す計画である。

 そしてもっとも重要なのは、この幕には姿をあらわさない高綱の、自分の偽

首を本物だと時政に信じさせようという計画である。そのために高綱は我が子

小四郎に言い含めてわざと捕虜にならせ、偽首を見て「父様」と叫んで切腹さ

せようとした。さらにこの計画を完璧にするために監視役として和田兵衛と妻

の篝火を敵陣に送り込んだ。大人と違って計画が破綻する可能性のある子供に

係る女三人はこの三つの計画ことに第三の計画に従わなければならない。

 となると篝火は木戸の外で小四郎への母としての愛情、悲しみを見せるだけ

では不十分になる。表には母親の悲嘆と見せて泣き叫んでいるが、実は小四郎

がここで死んでは偽首を本物と証言させることが出来ない。そうすれば子を犠

牲にしてまで考えた第三の計画が水の泡になる。だからなんとしても切腹を止

めたい。その焦燥感と緊迫感がなければいけない。

それが傍目には子を失おうとしている母の悲嘆に見える。なにも底を割る必要

はないが、この二重のハラが魁春には欠けている。

 吉弥の微妙は盛綱との間はなんだか遠慮がちでオドオドしているが、小四郎

との芝居になるとグッと持ち直した。十三年前に家を出た次男の高綱の面影を

孫に見ての述懐は、この母の人生がよく出ている。その点はいいのだが、吉弥

に一点欠けているのは、武家の未亡人が家を守るためにどうしても第二の計画

を実行しなければならないという使命感である。この決死の覚悟が欠けている

ためにただ孫が可愛いというだけの老女になってしまった。

 高麗蔵の早瀬。この女だけは三つの計画を知らない。知らないからこそ彼女

は、微妙とも篝火とも全く違う行動をしなければならない。それが義理の妹篝

火に対する敵対行動になり、そう動くから彼女によって舞台の空気が一変する。

実はこの女こそ狂言回しなのである。ところが高麗蔵は他の女形の芝居に付こ

う付こうとして同じテンポで芝居をしているから舞台の空気が変わらないので

ある。そのために篝火や微妙の芝居が立体的にならない。

 以上、皮肉なことにこの三人の女形の欠点によって逆に「陣屋」のドラマで

なにが大切かが鮮明になった。

 弥十郎の和田兵衛は、見かけは堂々として立派だが、前半上使の件りの芝居

に皮肉な味がない。

 楽善の北条時政には底気味の悪さがなく、いい人に見える。幸四郎の信楽太

郎はキビキビしているが少し腰高。猿弥の伊吹藤太はおかし味ととぼけた味が

いいが、引込みに「オツムが寒い」は余計だろう。

 友右衛門の古郡新左衛門、宗之助以下の四天王、幸一郎の小四郎、錦吾の竹

下孫八。竹本は和田兵衛上使が道太夫幸二郎、盛綱と微妙の件りと首実検が東

太夫寿治郎、微妙小四郎の件りが谷太夫松也と四回変わって目まぐるしい。

 次は木村錦花がチャップリンの映画「街の灯」を十三代目勘彌のために歌舞

伎化した「蝙蝠の安さん」。木村錦花自身が急場の仕事で書いたと告白してい

て、幸四郎が取り上げるほどの脚本ではない。国立劇場文芸研究会補綴、大野

裕之脚本考証、大和田文雄演出。しかし珍しい喜劇、さぞ大笑いさせてもらえ

るだろう期待したが思いの外、あまり笑えない。その理由はスタッフ、キャス

トともに喜劇のツボを外しているからである。もっともこれは歌舞伎に限らな

い。最近は現代劇でも商業演劇でも爆笑するような舞台は少なく、というより

も皆無に近く、笑ってもクスクス笑い、笑いの質が小粒になっているからであ

る。

 しかしそれではいっそ笑いではなく眼病に悩む花売り娘を助ける男の淡い恋

の人情劇としてはどうか。わずかに大詰の花売り娘と安さんの別れが芝居らし

いが、それも中途半端。芝居のツボが外れているばかりでなく人間そのものが

描けていない。これは序幕の大仏の見世物から船を使っての見せ場に視覚的な

工夫をしたために却って芝居が散漫になったためでもある。

 幸四郎の安さんは、思い切ってチャップリンそのものになろうとしているた

めに、地の芝居が手薄になった。

 猿弥の上総屋新兵衛が面白い役だが、台本演出ともにこれでは突込み不足で

さすがに面白いとまではいかなかった。友右衛門の大家が若いのにいい味を出

している。吉弥の娘の母、新悟の花売り娘。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る