2019年2月歌舞伎座

辰之助三十三回忌

 

 松緑の父初代辰之助(三代目松緑)の三十三回忌。菊五郎、吉右衛門、仁左衛

門、梅玉、玉三郎と生前の友人たちがこぞって辰之助の遺児松緑を守り立てる

三十三回忌。立派な追善である。

 施主松緑は昼夜に二つの大役を勤める。すなわち昼に初役のいがみの権太、

夜に二度目の「名月八幡祭」の縮屋新助である。

 いがみの権太は、最初に裾を無造作につかんで花道を出たところ、苦味ばし

って目が効く具合、いかにも役のニンにはまっている。門口で弥助の人相を確

かめるところから母親に金をせびるところまで、全て教わった通り楷書の出来

で、ゆとりはないがキッチリとしてなまじ当てッ気がないのが真面目で気持ち

がいい。

 金箪笥を開けるところは押し入れの前に坐った後姿が無造作過ぎてイキに見

えないのが不用意。金をせしめて門口をそっとしめてガラリと態度が変わると

ころも器用ではないが、前受けを一切狙わず型通りなのがいい。その後ののれ

ん口への引込みは、菊五郎型本来の柱にポンと背中でぶつかってクルっと入る

やり方ではなく、近頃風に柱に当たらずにグッと向う見込んだまま入るが、こ

の形をつけたところが線が太くてよかった。ここまでの中ではここが一番の出

来である。

 この権太でいいのは二度目の出。平舞台へポンと飛び下りての大見得から花

道七三へいくまではなんでもなかったが、金を忘れたのに気づいてポンと手を

打って本舞台へ戻ってくるイトについた動きがこの権太一番の出来。軽くて体

から湧き上がってくるリズムがあるのはこの人の体に踊りがあるための面白さ

である。

 首実検は、右肩の片袖がハラリと落ちる技巧が今日はうまくいかなかった。

イキのつめ方によるのだろう。小せんと善太を見送っての「褒美を忘れちゃあ

いけませんぜ」で舞台上手へ行くのが形だけなのはよくない。梶原一行が遠の

くのを見ようとして上手へ行く心がないから段取りだけになる。

 弥左衛門に刺されて手負いになっての述懐はさすがに手に余った。せりふに

悪いくせがでるのもよくないし、義太夫にはまるところも未完成。ことに時々

手負いのハラが抜けるのも困る。これからの課題だろう。

 菊之助の弥助は、上品にしようとするせいか、気がないように見えて期待し

たほどではない。梅枝のお里は「お月様も寝やんした」あたり十分愛嬌があっ

ていい。

 団蔵の弥左衛門が義太夫狂言の中の世話の味を生かしてサラサラとうまく芝

居を運ぶ。ことにお里に「遠いが花の」というところがうまい。橘太郎の弥左

衛門女房は仕ていることに過不足はないが、女形ではないだけに情がうすいの

は是非なし。

 芝翫の梶原は薄肉の化粧で半分立役肚。帰りがけに権太をそばへ呼んでの芝

居に、豪快さと全てを知っているという肚を見せるために笑いながら体を揺す

って歩くのは面白いが、ちょっと現代風で、永田町の政治家を見るようで義太

夫狂言らしくない。新悟の若葉内侍、吉之亟以下の四天王。村の歩きの松太郎

がいい。何でもないような役でいて、この役が舞台の空気を一変させるのであ

る。

 課題の残った権太にくらべて、夜の縮屋新助は二度目であり、仁左衛門の三

次、玉三郎の美代吉、梅玉の藤岡、歌六の悪婆と追善であればこそ実現した豪

奢な顔ぶれで、松緑初役の時とは当然ながら芝居が一変した。

 松緑の新助は、その朴訥さ、それでいて商人らしい手堅さ、美代吉の色香に

我しらず迷っていながら、その気持ちを打ち明けることもできぬ田舎者のコン

プレックスがよく出ている。

 美代吉の愛想づかしをされての号泣は、いささか力演のための破調が見られ

るほかは(というのは芝居の表現ではなく力演で芝居を運ぼうとするための力

み過ぎ)、その幕切れの狂気の笑いまで。お父っつぁんよりも面白い。松緑掌

中の出来である。

 それになんといっても玉三郎の美代吉がいい。悪気がなくても生来の手練手

管、思わず新助の気を引いてしまう自まゝに生きる女の、ある意味で自分で自

分が制御できない女の姿を活写して傑作である。作者がカルメンやマノン・レ

スコーを目標にして書いた女そのままである。

 対する仁左衛門の三次は、自由自在な芝居運びのイキで、これも自堕落で、

軽薄で、しかも一人で粋がっている男の、どうにもならぬ男をうまく見せる。

この二人の芝居で作者の江戸ッ子たちへの批判、都会つまり中央への周縁から

の批判が生きている。

 梅玉の藤岡の余裕、歌六の魚惣の手堅さも含めて十分に芝居を堪能させた。

梅花の魚惣女房、歌女之丞の美代吉の母がいい。ただ玉雪の太鼓持ちだけは芝

居が若すぎる。この男の使者で芝居が逆転しなければならないから、この男の

話が身に沁みないと困る。

 以上昼夜二本のほか、今月の見ものは夜の部第一の吉右衛門の「熊谷陣屋」

である。見る前はまたかと思ったが、見れば気力体力充実してこれまでの中で

もっともいい出来栄え。これぞ今日の歌舞伎という出来である。

 今度の熊谷で私がもっとも感心したのはその芸の力感である。まず花道七三

で珠数を袂に入れてグッと決まった時、熊谷の強い決心が胸を打つ。その決心

は首実検にまでつながる覚悟であり、男の決断だろう。そこからはじまって幕

切れまで、この力感がさまざまに変化しながら一本強く通っている。

 その力強さは一方で熊谷の立ち向わなければならない状況の困難さ、そこで

の人間の気持ち―――肚に通じ、しかしその一方では型の美しさに通じ、芸の

面白さに通じて終局に至る。

 熊谷は決心して陣屋へ入った。ところがそこには思いがけなく女房相模がい

る。藤の方もいる。奥には梶原がいる。熊谷の困難はここに尽きるだろう。八

方塞がり。しかし小次郎を敦盛の身替りにしたことをだれにも悟られてはなら

ない。そこで熊谷は思わず敦盛最後の物語をしなければならなくなる。女房に

「ヤイ、女」といってからは薄氷を踏む思いだろう。だからこそ熊谷は必死で

物語る。それは小次郎を敦盛に仕立てての物語だから半分はウソであり、その

身替りは息子小次郎だから半分は本当だろう。そのウソを超えるためにこそ彼

は物語をし、相模、藤の方、梶原の三人のみか自分自身をも納得させるのであ

る。そのために思わず知らず力強さを生きなければならなくなる。むろん吉右

衛門の語る物語は迫真的である。軍扇は刀になり山になる。しかしそれだけで

はない。どうしても物語らなければならない必死の状況がある。

 その力強さを支えているのは肚である。しかし単に肚だけではない。その肚

が身体化されなければならない。たとえば「平家の軍勢、なかァ―にひと際」

の、今そこに見るが如き状況、あるいは「オーイオーイ、オーイイ」の絶叫、

「抜き兼ねしが」にあふれる深い悲しみ。いずれも型と心が一体になって、そ

の現場にいる如くである。それは熊谷がそこで必死に生きているからに他なら

ない。

それは同時に芸の面白さでもある。たとえば首実検の前の制札の見得。相模と

藤の方を制して「ウ、ウ、お騒ぎあるな」という時の、吉右衛門の初代ソック

リの、あの声、あの芸の面白さは、この型を生きている人間の輝きである。あ

るいは首を相模に渡したあとジッと相模を見ている慈愛と不安の入り交じった

深い肚。

幕切れの幕外になった時の、「十六年は一昔」から思い入れの後に笠をかぶる

まで。吉右衛門はそういう力強さを、熊谷という人間の、その表現としての型

を生きて来た役者の、人生の瞬間であった。今日私の目の前で熊谷は、吉右衛

門はその人生を渾身の力で生き切った。一期一会という想いがする。

 歌六の弥陀六が傑作である。今までは義太夫味が薄いと思ってきた述懐が、

今回は実に明晰に聞こえていい。歌六や弥陀六を超えて歴史の声を聞くようで

あった。私は襦袢に平家一門の名前を書くのはおかしいという説に賛成だが、

今日ばかりはその一門の人々が宗清の体を喰い尽していくように見えた。

 魁春の相模はそのくどきで母の哀しみを気品たっぷりに描いていい。雀右衛

門の藤の方。菊之助の義経は口跡のよさ、その凛々しさにおいていい。又五郎

の堤軍次、吉之亟の梶原、葵太夫寿治郎の竹本と播磨屋一家一門のチームワー

クのよさも見逃せない。

 今月これ一番の見ものである。

 夜の部はこの「熊谷陣屋」のあとに、長唄の舞踊「曽我の春駒」がある。梅

玉の工藤、錦之助の十郎、左近の五郎、又五郎の朝比奈、米吉の大磯の虎、梅

丸の少将。長唄は里長、栄津三郎。なかでは錦之助の十郎がニンのよさで際立

っている。

 一方昼の部は「鮓屋」あとに菊五郎、時蔵の「暗闇の丑松」と芝翫、孝太郎

の舞踊「団子売」。

 「暗闇の丑松」は、菊五郎が親友辰之助のための追善狂言。菊五郎はかって

辰之助の丑松でお米を演じた事があるからである。筋書きによれば追善という

ことでフッとこの作品を思いついたという。そういう所縁のある狂言だけれど

も今度の舞台は私にはどうも身に沁みなかった。菊五郎以下だれが悪いという

のでもない。原因は私自身にもよく分からないのだが、丑松とお米の切なさが

身に沁みないのである。しいていえば二幕目の板橋の座敷にあるのかもしれな

い。自分の呼んだ女郎が女房のお米と知った丑松が怒りにふるえてお米を拒否

する、その拒否にあったお米が自殺する。その二人の間にある冷たい壁。どう

しようもない運命におちいった二人の断絶。それがあの板橋で感じられなかっ

たのである。事情はよくわかる、二人の気持ちも分かる。しかし話し合えばな

んとかなりそうな気配が菊五郎の丑松にも時蔵のお米にもある。そこが私には

どうにものりこえられなかった。二代目松緑の、あるいは全く違う十七代目勘

三郎の丑松、あるいは我童(十四代目仁左衛門)、福助(芝翫)のお米の間に

あったものが、ここにはないという気がしてならなかった。そういえば二人ば

かりでなく芝居全体にも違和感がある。たとえば序幕の鳥越の二階で舞台下手

の江戸の町の家並みの遠景が明るすぎるようで説明的に見える。下手はほとん

ど真闇で、丑松とお米が屋根へ出たところではじめて家並みが見えてくる方が

いいのではないか。この説明的で平明な感覚が身に沁みない理由だろうか。

 左団次の四郎兵衛がいい。罪もないような顔をしていて、フッとお米を手籠

めにするような人間をさり気なく出している。

 団蔵の潮止当四郎もいいが、橘三郎のお熊にはやはり違和感がある。橘三郎

が女形ではないからだろう。

 東蔵の四郎兵衛の女房お今は、嫌な女になっているが冷たさが足りない。

 亀蔵の板橋の妓夫は、さすがに達者にしてはいるが、宿場の妓夫らしさ――

―中仙道最初の宿場といってもやっぱり江戸ではない田舎の宿場の味とコンプ

レックスがうすい。梅花の遣り手、松也の祐次、万太郎の熊吉、男女蔵の彦三

郎、亀蔵の料理人。

 橘太郎の湯屋番はやっぱり弥左衛門女房よりもこっちが本役である。菊市郎

の板橋の使いは芝居をしすぎている。この役はなにをいってもうまく通じない

ようにできているところが面白いのだろう。

 権十郎の岡っ引きが締まっていていい出来。

 周囲の役に落ちこぼれがあるのも、この舞台に違和感を生んでいるのかもし

れない。細かい時代の風俗のリアリティが薄いのである。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る