2019年3月歌舞伎座

仁左衛門の盛綱

 

 今月の歌舞伎座は仁左衛門の「盛綱陣屋」が一番の見ものである。仁左衛門

大いに元気でもあり、やっていることがそう変わったとも思えないが、前回と

大いに違うのはその芸の円熟して派手なうちに情が濃くなったことである。そ

のためだれが見てもよく分かるだけでなく、新しい視点にも誘っている。

 まず和田兵衛上使。左団次の和田兵衛、今月この人これ一役であるが、その

手強いニン、描線の太さ、まず今日の和田兵衛である。

 一方、襖を払って出たところの仁左衛門の盛綱はいつもの茶地錦の裃、その

長身で立派な風格が目を奪う。そのために詰め開き―――今でいえば鎌倉方と

坂本方の外交交渉のせりふが一々観客の胸に落ちる。なかでも今度の盛綱で目

立つのは、ここで盛綱がなぜそれほど坂本方が小四郎の身柄を要求するのかを

疑問に思う思い入れである。このハテナという疑問が和田兵衛の去った向うを

見ての「盛綱はただ茫然」と俯いた顎が襟元に沈む具合につながり、さらに一

筋「軍慮を帷幕の打ち傾き」につながる。この「思案の扇」を捨てるまでの仁

左衛門の盛綱の沈思黙考のハラはそこではじめて北条時政の小四郎を人質に高

綱を味方にしようとした計画を知る。その謎を解こうとする盛綱の苦悩がよく

出ている。そこでの盛綱の対策はすなわち小四郎切腹を母に頼む案であった。

あのハテナからこの「思案の扇」まで、そのハラ一筋の道筋がわかるところが

今回の仁左衛門のよさである。もとより「血潮の滝」の右手に扇をかかげ、左

手を大きくのばした形のよさ、「修羅の巷の責め太鼓」の面白さ、前回通りで

あるが、私が印象に残ったのは、そういう派手な型もさることながら、この疑

問に発する一筋の気持ちであり、それがドラマの主題につながっていく具合で

ある。

 そうなると注進受けがまた別の意味を持ってくる。高綱を救おうとした盛綱

の計画はここで挫折するからである。弟を失った悲しみもさることながら、こ

の盛綱の計画の挫折は全ての終わりの絶望だろう。前回までさほどでなかった

注進受けが今度グッとよくなったのは、この一筋の心持のためである。「是非

もなき武運の末」というせりふには、弟高綱の討ち死、佐々木家の名誉への悲

嘆もむろんあるが、それに自分の計画の無用になった複雑な心境が浮かんでい

る。

 その絶望はさらに首実検に至って逆転する。

 首を見れば偽首、そこで弟は生きていたかと安心する。笑いは前回よりも薄

いがそのためにかえってこみ上げてくる思いになる。安心とさすがに弟という

気持ちがあるからだ。そこで小四郎に目が行く。偽首なのにどうして小四郎は

死ぬのか、それではじめて高綱の計略に気が付く。そこから自分の命を捨てる

決心まで、弟への情、甥への思い、それらを複雑に交錯させて刀を返すまで。

そのあとの首を捧げての「首ィにィーー」といって一瞬思い入れがあって「相

違」という、その間の芝居まことに情に溢れて盛綱がそこに生きている。

 むろんそのためにはその前の「無惨の」と首桶を見込んで片膝を立てた形、

「後ろより」で太刀を返した姿、そういうよさは前回通りの、この人の特色が

あってのことである。

 もとより政治は謀略である。北条時政も佐々木高綱も謀略の限りを尽くして

いる。しかも高綱の計画も時政の人質計画も机上の空論ではなく、十分に人間

の本能を利用している。篝火も小四郎も高綱の計画に沿って行動しているが、

その行動のウラとオモテには巧みに人間の本能が利用されている。政治が謀略

だといってもその謀略が人間の本能を無視していては失敗する。しかしいくら

弟が兄盛綱の性格を織り込み済みで計画を立てたとしても、万一盛綱が時政へ

の忠義を重んじて偽首だといえば万事休すである。

 すなわちどんな巧妙に人間の本能を利用した謀略でもついにはその人間の本

能によって裏切らざるを得ない。たとえばここでは兄の絆によって救われざる

を得ない。盛綱の冒頭のハテナから始まったドラマは、政治を超える人間の家

族の絆によって完成する。ここに盛綱の人間ドラマがある。今度の仁左衛門は、

その後半の述懐、「ほめてやれ」の形までの美しさのなかに一筋、そういうド

ラマを強く感じさせる盛綱であった。

 秀太郎の微妙はいいが、このタテマエホンとホンネの矛盾、高綱の計画にの

せられた母の悲劇が体力もあるだろう、画然と一貫していなかった。雀右衛門

初役の篝火の方が若いだけにその矛盾に気づいている。勘太郎の小四郎がハッ

キリしていていい。孝太郎の早瀬。

 歌六の時政が古怪で大きくていい。錦之助の信楽太郎はキッパリしている。

猿弥の伊吹藤太がおかし味十分でいい出来。秀調の古郡新左衛門、錦吾の竹下

孫八。女形の米吉を四天王の一人に使うのはいくらなんでも気の毒。せっかく

スターになりかかっているのに。

 夜の部はこのあとに幸四郎、猿之助一日替わりの舞踊「雷船頭」。やはり幸

四郎、猿之助一日替わりの弁天小僧の「浜松屋」と「勢揃い」。

 私が見た三月五日は、船頭は猿之助が、イキで、仇っぽい女船頭で、雷は弘

太郎が器用に踊っている。常磐津は和英太夫、菊寿郎。

 問題は次の「弁天小僧」。今日は弁天が幸四郎、南郷が猿弥、鳶頭が猿之助。

この一日替わりの複雑さ、混雑さが三日目(この配役で二日目)にしてあるらし

く舞台がザワついている。

 白鸚の日本駄右衛門が出るまで黙阿弥調のせりふをしゃべっている役者は誰

一人いなかった。ことに橘三郎の番頭以下浜松屋の手代が全て現代語調。まこ

とにお先真っ暗で白鸚が出てやっとホッとした。

 幸四郎の弁天小僧は、ニンはいいのだが娘の間に色気がない。体つきから芝

居の仕方まで娘らしくないからである。ようやく名乗りになってそれらしくな

ったが、芸のうまさが出るまではまだ時間がかかるだろう。それに弁天の居ど

ころがほとんど舞台の真ん中なのはおかしい。それにつれて南郷も真ん中へ出

過ぎている。こういうところがキチンとしていなければ、五代目菊五郎が工夫

したこの役は台無しである。

 猿弥の南郷は折角の大役なのに力み過ぎて一本調子。世話の味がない。こと

に刀をガチャガチャいわせる芝居が演技過剰で困る。

 友右衛門の浜松屋幸兵衛はいつもよりも若く作っているのが逆効果だろう。

安っほく見える。鷹之資の宗之助はこなしが子供っぽい上にせりふのニュアン

スがたどたどしい。誰か教える人はいないのか。

 猿之助の鳶頭は意外にもキリっとした小粋なところがない。

 白鸚の駄右衛門はさすがに立派なもの。最初に戸を細目に開けて弁天たちの

芝居を見ている姿がいい。錦吾の狼の半次郎。

 勢揃いでは亀鶴の忠信利平が際立っている。

 笑也の赤星十三は意外にも柔らか味が足りない。

 以上夜の部に対して昼の部は、孝太郎、鴈治郎の「女鳴神」、幸四郎の「傀

儡師」、最後が「傾城反魂香」上の巻の高嶋館、館外の湖水、いつもの将監閑

居の三場である。

 「女鳴神」は例によって三世河竹新七の台本に福地桜痴の補綴による明治の

活歴本、常磐津の舞踊劇である。この明治出来の活歴がつまらず、松永弾正の

謀叛に絡むところも面白くない。そろそろ台本を検討すべきではないだろうか。

 しかしその前提でいえば孝太郎の鳴神尼は色気もあってよく研究していてい

い。鴈治郎の雲の絶間助も極力体に艶を持たせて和事風の味を出していい。し

かし二役押し戻しは腰高で座りがわるく荒事のイキになっていない。荒事に向

かない鴈治郎には気の毒な配役。別な役者にやらせるべきだろうと思う。

 猿三郎の白雲尼、猿四郎の黒雲尼。常磐津は和英太夫、菊寿郎だが、間には

さまる杵屋長寿郎,和歌山富之の大薩摩が荒っぽすぎる。

 次が幸四郎の清元舞踊「傀儡師」。

 この踊りは簡単なようでいてむずかしい。一幕十何役かを踊り分けなければ

ならないからである。しかもそれぞれの役にリアリティがなければならない上

にそれが踊りになっていなければならない。それには役の描写から次へ移ると

ころ、つまり意味のある振りから意味のない手ぶりに移るところの、その変わ

り目が大事である。

 幸四郎はそこの工夫が足りない。初役故是非もないがそこらのイキをのみ込

まなければ面白くならない踊りである。七代目三津五郎の名舞台を引き合いに

出すのは気の毒だが、祇園歌舞練場で一日だけ踊った十代目三津五郎でさえよ

くなかったのを思えば仕方がないか。

 振付(坂東以津緒)も、八百屋お七の件りの袖無し羽織の扱い方、「矢矧の

橋」の件りなど七代目とは大分違う。これが正しい振りなのだろうか。清元は

清寿太夫、美治郎。

 昼の部の見ものはやっぱり白鸚、猿之助の「吃又」である。

 今度はこの前に高嶋館と館の外がついているが、これはただ筋を通ったとい

うだけ。もっとも虎の由来、雅楽助の登場はわかりやすくなっているが、肝腎

のその虎が高嶋館と将監閑居とではまるで似ていないのは困る。仏作って魂入

れず。

 幸四郎の狩野元信は、その二枚目ぶりが今月この人一番の出来。米吉の銀杏

の前ははじめ腰元で出ての色気が足らず、素性をあかしてからの体つき、芝居

がほとんど変わらないのは面白くない。笑三郎の宮内卿の局が落ち着いた出来。

鴈治郎の雅楽助は一通り。ただし短い二幕の間に二度も大立回りがあるのには

閉口した。猿弥の不破道犬、松之助の雲谷、広太郎の不破伴左衛門はいずれも

他の場面のことを考えなければこれですむ。

 いよいよ「吃又」になる。

 まず幕開きの虎の件りから。

 壽猿、高麗五郎ほかの百姓が上出来。ことに寿猿は芝居が丁寧でいい。

 つづいて門之助の北の方がしっとりとしていい出来。高麗蔵の修理助も後半

まで若さを失わずにしかも芸に余裕があっていい。この顔触れでおのずとこの

一幕が昼の部第一の出来であり、格調が一段高いことが決まる。

 但し弥十郎の将監はすることにソツがないが、天皇とも言葉を交わすほどの

品位がない。ニンはともかくこの人のウデならばその位の工夫は十分できるは

ずである。

 又平夫婦の出になる。

 猿之助のおとくが提灯を左手に、右手で白鸚の又平の手を握って出る。あま

り見かけぬ型だが、その情愛がいい。七三へ来ておとくが手を放し夫の顔を見

てうなづき合い、それからあらためて手を取って本舞台へかかるまで。夫婦の

情愛、師匠へ名前のことを願う決心まで短い間にその情あふれるばかり。二人

の芝居で大いに満足した。

 それからおとくのしゃべりがあって、そのせりふ廻しもよく、いいおとくで

ある。猿之助近来のヒット。前回よりも雀右衛門の教えが身に付いて自分のも

のにしているところが進歩である。

 白鸚の又平は、多くの又平のように芝居の技巧を積み上げて面白さを出すや

り方ではなくポイントだけを抑えてそこでパッと勝負に出る行き方。たとえば

吃りを一言だけパッとつかんで抛り出すイキのよさ、あるいは「遠州助定」で

自分の刀を使ってのやり取りなど、まことにうまい。「さりとはつれないお師

匠さま」も型としてやるのではなく気持本位、おとくに訴える心持で指さす形

はその果てだからという具合である。「死にたい」もうまいもので、ことに印

象に残ったのは「名は石魂に止まれと」で右手に筆を立ててもち、左手を伸ば

してきまった次の瞬間。右手の筆をクルッとまわしてもう一回きまるそのイキ

の面白さである。他の人には真似られぬ芸であり、またこの人独特だから真似

て貰いたくもない。

 ただこの又平の唯一の欠点は、幕切れ近く大頭の舞になるとのりすぎて芝居

がすべることである。惜しい。

 この夫婦で、この一幕が充実した。

 鴈治郎の雅楽助。

 竹本は東太夫と燕太郎が精一杯の力演である。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る