2019年3月国立小劇場

異色の配役

 

 扇雀で「御浜御殿綱豊卿」と聞いた時には驚いたが、さらに菊之助の関兵衛

と知って二度ビックリ。異色の配役である。

 「御浜御殿」は松の茶屋、御座の間、廊下、もとの御座の間、能舞台といつ

もの通り。真山美保演出。

 扇雀の綱豊は、松の茶屋で舞台上手の石橋から出たところ、祖父二代目鴈治

郎がすればこうもあったろうかという面影があって立派な綱豊。せりふも芝居

もよく研究されていて、低音の部分に濁りがあるのと、後の富森助右衛門との

対決で畳み込んでいくところに急き込みすぎるところを除けばいい出来。なに

よりも甲府二十五万石の太守らしい余裕と気品をとる。

 歌昇の富森助右衛門は、期待して行ったがさすがにこのひねくれていて、そ

の上に激しい一心を持った男は手に余った。見ているとどうしても人のよさ、

真面目さが目に立ってしまう。もとの御座の間で綱豊が入った後の、お喜世と

の二人の芝居は人目をはばかるはずなのに、熱演のあまりその気配りが足りな

い。真山美保亡き後、ここらを整理する演出家がほしいと思った。

 したがってこの二人の対決は思ったほど盛り上がっていない。ことに私が痛

感したのは、この二人に限らずこの作品に限らず、最近の真山青果作品は役者

がせりふを歌わないためにつまらないことである。むろん人間描写のリアルさ

は大事だが、歌うところがないと観客を陶酔も感動もさせられない。リアルに

いくところ、歌うところ、そしてその間の変化がなければ芝居が平板になるば

かりである。

 又五郎の新井勘解由、鴈乃助の江島。虎之介のお喜世は、まだこの女の性根

をよく呑み込んでいない。ここにも演出家の眼が要る。

 つづいて「関扉」。菊之助の関兵衛はやはり無理だった。力演でもありよく

覚えてもいるが、それでは済まぬのが歌舞伎のニン。むろんニンは芸の人格で

あって、ガラのように天性のものではない。しだがって修行により、芸風を広

げることにより、変えることが出来る。しかしそれにはニンが確立していなけ

ればならない。ニンが変わらぬうちにニンにない役をすれば失敗する。菊之助

の父菊五郎が女形から立役に転向したのも、そのニンが成立したからである。

菊之助にはそこらの経緯に対する配慮が足りない。

 この関兵衛には、描線の太さ、動きの豪快さがない。踊りで体が変わるよう

にならなければならないだろう。ただ一か所、星繰りの盃に星を写しての大見

得だけがよかった。

 藤間蘭黄振付にもかかわらず上の巻でとかく居どころが舞台の真ん中へ行く

のも問題。「五尺手拭い」の見得以外、関兵衛は下手寄りがその居どころでは

ないだろうか。

 この関兵衛に対して梅枝初役の小町と墨染の二役は収穫。去年の夏の児太郎

大当たりのこの二役とは対照的である。児太郎の気品、踊りのよさに対して、

梅枝は色気の濃さ、芝居の持ち味で見せる。どこか曾祖父三代目時蔵に似た面

長な瓜実顔が古風でいい。これできまった時の顎を引けば絵になる。前半の小

町はいささか情が薄いが、後半墨染になってからはその色気、その芝居で遊女

の哀歓を尽くしている。

 宗貞は万太郎。顔が子供っぽく見えるのが損であるが、そのせりふ、その芝

居は十分。芸が上がれば子供っぽさは必ず抜ける。

 常磐津は兼太夫、文字兵衛。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る