2019年4月歌舞伎座

昼は「鈴ヶ森」、夜は「実盛」

 

 「鈴ヶ森」は、菊吉久しぶりの顔合わせといい、二人の芸の円熟といい、今

まで見た「鈴ヶ森」とは大いに違う。

 一人の青年が、旅の間に偶然出会った男の侠気と人格に衝撃を受け、就職は

もとより自分の将来、生活、生命までも預けてしまう。預けられた男は、また

その若者の驚くべき剣の腕前に驚き、その胆力を尊敬して一身を賭けて面倒を

見ようとする。人間の出会いは一期一会。二人の人生を決定的にする一瞬であ

った。そんなことは筋書きにも大抵の解説書にも書いてある。しかし実際に舞

台の上で見ることは珍しい。大抵はすれ違いかただの出会いに過ぎない。今度

の「鈴ヶ森」はその点で二人の出会いの意味、その人生での重さが目の当たり。

それは菊吉二人がお互いに相手を尊敬するドラマを丁寧に描いているからであ

る。たとえば権八を呼び止めた長兵衛が提灯の灯りで刀を改めるところ。むろ

ん権八は警戒する。スワといえば斬る気である。しかし長兵衛はそれをモノと

もしない。一心に刀を改めてそこに感動する。その胆力に権八が感動する。こ

れだけで二人の人生が出る。むろんいつもの型通り、しかし型を深く掘り下げ

たところにいつもとは違うドラマが出る。人間の出会いが一にかかって尊敬に

あることは、これを見れば誰にでもわかる。そういう「鈴ヶ森」はたえてなか

ったし、今後もないだろう。

 菊五郎の権八は若返って、たとえば雲助の足を切ったところで、右手の刀を

横上に掲げて左足にかかったキマリで五分も透かない形を見せ、吉右衛門は

「阿波座烏」の一節でせりふ廻しのうまさを聞かせる。

 又五郎の飛脚、左団次、楽善の雲助の三すくみの立ち廻りが舞台を大きくし

ている。

 昼の部は、この「鈴ヶ森」の前に、福助の常盤御前で、天皇御代替りの新作

舞踊「平成代名残絵巻」、「新版歌祭文」、藤十郎の米寿の「鶴亀」がある。

 第一の「平成代名残絵巻」は今井豊茂作、藤間勘十郎演出・振付で前後三場。

第一場が高倉天皇の生母建春門院(笑也)を招いて清盛の妻時子(笑三郎)は

じめ平家一門の宴。第二場が「山門」そっくりで、ここに福助の常盤御前と児

太郎の遮那王すなわち牛若丸の対面、山門の久吉のかわりに宗清(弥十郎)が

出て引張りの幕切れ。第三場が平宗盛(巳之助)と牛若丸との争いを宗清がと

めて「さらばさらば」になり、巳之助、児太郎二人の両花道の幕外の六法の引

っ込みが印象に残る。

 福助の常盤御前は、一月の「女工藤」よりもふっくらとして元気に見える。

 次が「新版歌祭文」。

 珍しく座摩神社が出た。富十郎の小助以来である。小助は又五郎。喜劇もう

まい人だけに大いに期待して行ったが、さすがにこの上方の喜劇は又五郎が大

阪人でないためもあり、自分で野放図に浮かれる、「そりゃいいわえ」や「お

めでた、ホイ」といった狂熱的なところがうまくいかなくて爆笑にはならなか

った。バスターキートンではないが、当人が熱に浮かされたように夢中になら

なければ観客は笑わないだろう。この一幕は小助の出しもの、又五郎がそれを

モノにしなかったのは残念である。世話物でも型にはまらないと面白くないの

だろう。

 錦之助の久松、雀右衛門のお染、松之助の法印、家橘の鈴木弥忠太、寿治郎

の助六、京蔵の女中おせんと手揃いなのに、いずれも平凡。

 なかで一番の出来は門之助の佐四郎。三枚目がかった役をうまくやりおおせ

たのはお手柄。但し小助に向かってお百度参りをかくしながら手に持った銭ざ

しをビラビラさせているのだけはおかしい。

 二幕目がいつもの「野崎村」だが、ここも前の座摩神社が出たのでいつもは

カットされる端場の「あいたし小助」があるのが筋が通っていい。但し久作の

最初の芝居をカットしたために「お夏清十郎」の歌祭文の本をお光が買うのは

おかしいだろう。ここは本文通り久作が 買ってこそ、後の意見にこの本が効

く。

 この場面が出たために時蔵のお光が久松と今夜祝言ときいて喜ぶ、浮き立つ

ような嬉しさ、いかにも田舎娘らしいとり廻しが生きていて、一転してお染を

見てからの嫉妬になるドラマの筋が通っていい。お染との対照、嫉妬を隠さぬ

少女の姿がよく出ている。ことに印象的だったのは、のれん口へ無理に引き立

てられるところの姿に、この少女の激しさが出ていることである。

 それに対して後半はサラサラと淡泊。もう一歩「嬉しかったはたった半時」

あたりに悲しさ、哀れさがほしいところである。

 雀右衛門のお染はくどきの久松に「胴欲な」で横座りになった姿、久松の肩

に両方の袖をかけての姿、ともに色気があっていいお染である。今度は歌舞伎

座の大舞台で立派に通用するお染になった。

 歌六初役の久作は、小助とのやりとりがもっと手強くていいのと、せりふが

小音で聞き取りにくいところがある。たとえばお染久松の二人を説得しての

「出来た」など小声過ぎるだろう。この二点を除けば、情愛、条理整ったいい

久作である。

 錦之助の久松はむろん本役。お光とのやりとり、小助の詮議にうろたえるあ

たり、何でもないようでいてしっかりと芝居をしていい久松。

 これに秀太郎の油屋後家お幸を加えると、アンサンブルだけのことでいえば、

かつての芝翫、雀右衛門、富十郎、藤十郎、田之助の「野崎村」に匹敵する舞

台。五人ともに本役のつよみであり、端場を通した結果である。歌舞伎はニン

に合った配役、丁寧な台本に限る。

 最後に土手場になってからは、竹本の寿治郎の三味線がピカ一。思わず聞き

惚れてしまった。しかも今月は両花道を使っての引込みで、いかにも歌舞伎ら

しくて堪能した。

 その次が藤十郎米寿のお祝いの「鶴亀」。

 二杯道具の豪華さに、鶴が鴈治郎、亀が猿之助、従者が亀鶴、歌昇、種之助、

侍女が壱太郎、米吉、児太郎という顔合わせ。藤十郎の女帝の芸格の大きさい

うまでもない。

 以上の昼の部に対して夜の部の見ものは仁左衛門の「実盛物語」。

 花道七三に出たところ、その長身、その姿のよさ、そのさわやかさ、立派な

実盛である。瀬尾が出ると「瀬尾殿」と体を開く具合から、本舞台へ来ての九

郎助との付け回し、上手へ行って合引にかかるまで。もうここまででいい実盛

であることが知れる。それから「コレコレコレ九郎助とやら」から九郎助に割

ッ口説いッの説得力、口跡のよさがまた逸品である。それから小万の腕を見る

見得まで。全体仁左衛門の実盛は菊五郎型であるが、物語にもスミズミまで神

経が行き届いていて、見ている方はただ船に乗った如くただ心地よく物語がす

む。物語中の三度の付け入りの大見得も立派ながら、物語の終わりの「ハハア

流れ寄ったか不憫やな」の扇をかざして左足を一段落しての見得も、そこへ運

ぶまでの芝居に情愛あふれて、技巧とは思われぬなめらかさである。

 御男子誕生の、「アノ御男子」と大声でいって九郎助にたしなめられるのは、

だれがやってもバカバカしいが、仁左衛門はそれを笑いながら口の中で「御男

子御男子」と繰り返しながら前へ出てくるという丁寧さで乗り切る。その「吉

田屋」の伊左衛門を思わせるような愛嬌、満面の笑みが、ここだけはちょつと

上方和事風に見えるが、菊五郎型といってももとは義太夫もの、ナニ構うこと

はない。それよりもその前の白旗を載せた三方を持った立身の見得の立派さを

褒めるべきだろう。もう一ヶ所上方風なのは、幕切れ近い「綿繰り馬」で太郎

吉をあやす例の扇パチクリ。ここもなんともいえぬ愛嬌でいいが、その愛嬌に

上方の匂いがする。

 しかしなによりも今度の仁左衛門の白眉は、「戦の場所は北國篠原」から

「老武者の」の件りである。白扇を翻してアッという間に次の手に移っていく、

その間のあざやかさ、華やかさ。善尽くし美尽くしして他に真似手がない。た

しかに先月の「盛綱」のようなドラマ上の発見はないが、技巧の華美さは目覚

ましい。この型を守りながら、型を掘り下げていくところが歌舞伎の真髄であ

る。

 歌六初役の瀬尾は、昼の「野崎村」の久作とは打って変わった手強さ、描線

の太さで成功した。前半の悪態、後半の述懐ともにせりふがよく通っている。

 松之助の九郎助は前回批評の通り。斎入の九郎助女房は手堅く、寺島真秀の

太郎吉が先月の小四郎に続いてしっかりした芝居を見せる。仁惣太は仁三郎。

これはまだ丸本の人ではない。

 孝太郎の小万はもう一味哀れ気がほしい。米吉の葵御前。

 「実盛」の後が猿之助の「黒塚」と鴈治郎、魁春の「二人夕霧」。

 猿之助の「黒塚」は、今度は前回よりも第一場がまことにスッキリした。都

の女が連れ添った夫の流罪に連れて東国へ来て、さらに夫に捨てられてその恨

みから鬼になった。その女の一生がよく通るようになった。第二場のその老女

が月に戯れて踊るところも、前回までは一瞬化け猫風だったところがスッカリ

取れていい出来である。初代猿翁、二代目猿翁にくらべて今度の猿之助は透明

感、筋が一本通っているところが出色である。

 問題は第三場の鬼になってから。阿闍梨祐慶に祈り伏せられるところが、今

までの凄味を出そうとしての嫌味なところがなくなった代わりに、物語のポイ

ントが曖昧になって長く思えた。

 祐慶は錦之助。山伏は種之助、鷹之資。強力の猿弥が相変わらず達者なとこ

ろを見せる。長唄は今藤尚之、稀音家祐介。

 最後は「二人夕霧」。「吉田屋」のパロディであるが、現代の観客にはこの

洒落はとても通じないだろう。初演の莟会以来何度か見て来た私にさえ分から

ぬところが目立って(たとえばのちの夕霧が伊左衛門のところへ来る経緯)見

ていて空しい気がした。もう一度原作の「百千鳥鳴門白浪」の原作に帰って上

演台本を検討し直す必要があるのではないだろうか。

 伊左衛門は鴈治郎、後の夕霧は孝太郎、先の夕霧は魁春、吉田屋女房おきさ

は東蔵、金貸しは団蔵、吉田屋の手代が弥十郎、万太郎、千之助。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る