2019年5月歌舞伎座

三世代の団菊祭

 

 菊五郎、吉右衛門、左団次を第一世代とすると、松緑、海老蔵、菊之助は第

二世代、さらに梅枝、歌昇が第三世代になる。今年五月の団菊祭の昼の部は、

この三世代の狂言が三つ並んだ。時代の流れを感じずにはいられない。

 まず第三世代の「対面」。第二世代の松緑が上置きでの初工藤。顔が小さい

のを感じさせないのは、芸にスケールが出た証拠で、歌舞伎座の工藤として通

用したのはお手柄。味わいが出るのはむろんこれからだが、いずれこの人の持

ち役になるだろう。感心したのは「高座御免」で正面に一礼する時に観客に手

を叩かせなかったこと。ここは櫓への一礼であって客への挨拶ではない。ただ

一つの欠点は、あいかわらずせりふの言葉尻に力が入る悪い癖。

 梅枝の十郎はおっとりしていいが、万太郎の五郎は二度目にもかかわらず荒

事の力の表現が十分ではない。形だけに見える。

 この一幕で思いがけない収穫は歌昇の朝比奈。本来この人のニンではないよ

うに見えるこの役をキッチリと楷書で描いた。こういう芝居ではこの楷書とい

うところが大事である。もさ言葉の言葉尻が「もおーさァ」と聞こえることを

除けば本格である。

 亀蔵の鬼王、右近の大磯の虎、米吉の化粧坂の少将、松江の近江、鷹之資の

八幡、玉太郎の秦野、吉之亟と菊市郎の梶原親子、吉三郎、松太郎以下の大名。

この顔触れの「対面」が何十年後には定番になるのだろう。

 次が第二世代の「勧進帳」。海老蔵の弁慶、松緑の富樫、菊之助の義経。か

つての二代目松緑の弁慶、十一代目団十郎(当時海老蔵)の富樫、梅幸の菊五

郎劇団のトリオ、続いてその子供たちの、いわゆる「三之助」の、辰之助(の

ちの三代目松緑)の弁慶、新之助(のちの十二代目団十郎)の富樫、菊之助

(今の菊五郎)の義経の競演と、菊五郎劇団の売り物だった「勧進帳」の歴史

を遠く思い出させる顔合わせである。

 海老蔵の弁慶は、来年の団十郎襲名を控えてのこれが海老蔵としての最後の

弁慶。前回よりもよくなっている。第一にせりふが明快になったこと。いささ

か説明的になったり、現代語調の混じるところもあるが、せりふが通るように

なったのは格段の進歩である。たとえば勧進帳の読み上げや山伏問答。味わい

が出るのはこれからだが、観客に聞かせるようにはなった。ただ山伏問答でほ

とんど動かないのは問題だろう。弁慶は「三塔の遊僧」であって高僧ではない。

それが富樫の鋭い質問にあって必死で応戦する。その苦戦が身体の動きに出て、

一歩進めば一歩退く。一進一退。それが身体の動きに出る。ここが九代目団十

郎苦心のところだという。それによって芝居の緊迫感も出る。海老蔵の体が動

いていないのは、折角のせりふの明快さが身体全体にまで及んでいないからで

あろう。

 第二に、お得意の目の使い方に工夫があってうまくなったこと。浅草公会堂

の初役の目玉大安売りの時にくらべれば、まだ多少濫用の気味(たとえば不動

の見得で一度睨んで改めてもう一度睨む)はあっても、その目が実に美しくな

った。これは祖父にも父にもなかった特質。流し目とか色目を使うというのは

違って、荒事の睨みの美しさになったのが偉い。芸が上がった証拠である。し

かし元禄見得は腰高で形が悪い。目の美しさが身体全体に及んでいない証拠で

ある。

 第三に、芝居のハラが深くなったこと。まず最初に安宅の関へかかるところ

から祈りまで。終始富樫を警戒して緊張の芝居をしているのがいい。もっとも

そのハラが時々抜けるところもある。たとえば祈りの立ち上がるきっかけ、あ

るいは呼び止められてここはもう義経を打つしかないと決心するところなど。

 以上三点。今回の海老蔵の進歩の要点であるが、大問題は幕外の飛び六法。

口をだらしなく開け、太鼓の音に合わせて幽霊の如き手つきをヒラヒラさせる

こと。これは十二代目もやったが、力が表現されないことおびただしい。来年

の襲名には当然「勧進帳」も出るだろうが今のうちに直して貰いたい。

 松緑の富樫は、本来弁慶のニンであるのを殺しての行儀を守ってワキに徹し

ているのがいい。

 菊之助の義経は花道へ出たところの、色気、品位ともに本役の一級品。この

人今月の四役中一番の出来である。とりわけて印象的だったのは花道の引込み。

なんともいいようのない打ちひしがれた姿が悲哀一杯で、これまでのだれの義

経にもない表現である。

 右団次、九団次、広松、市蔵の四天王。新蔵、新十郎、辰緑の番卒。玉太郎

の太刀持ち、斎入の後見。長唄は勝四郎、巳太郎と日吉小間蔵、勝松のタテ別

れである。

 昼の部の最後がいよいよ第一世代の「め組の喧嘩」。すなわち菊五郎の辰五

郎、時蔵の女房お仲、左団次の四ッ車、歌六の炊き出しの喜三郎。さすがに大

人の芝居である。

 菊五郎の辰五郎は、浅草公会堂の初役の時のキリッとして若さこそないもの

の、とても喜の字を迎えようという年配とは思えず。たとえば序幕返しの八ッ

山下のだんまりの花道の引込みなど芸とイキ一つで鳶人足独特の歩き方を見せ

ている。芸が自由になったからである。もっともその分三幕目の辰五郎の内は

男の意地、口惜しさが淡々として薄味になったのは是非もない。

 時蔵のお仲は手慣れたものであり、左団次の四ッ車が風格の大きさで見せる。

楽善の江戸座喜太郎、歌六の喜三郎、又五郎の九竜山、雀右衛門の尾花屋女房、

万次郎の島崎楼の女将、権十郎の亀右衛門、家橘の葉山九郎次、松江の三池八

右衛門。

 特筆すべきは菊之助の藤松はじめ若手総出のチーム・ワークで、菊五郎劇団

をここまで統率けん引してきた菊五郎の努力である。

 ことに大詰の喧嘩場は、劇場中が沸き立つようなお祭り気分で、これまでに

ない盛り上がり方であった。

 以上が昼の部。夜の部はまず時蔵、松緑の筝曲の舞踊「鶴寿千歳」。昭和天

皇の即位の時につくられた曲で今度は新天皇の即位、新年号の祝に「令和慶祝」

として時蔵の女御のちに雌鶴、松緑の大臣のちに雄鶴に、梅枝、歌昇、万太郎、

左近の四人の大宮人が絡む。岡鬼太郎作、今井慶松作曲、藤間勘祖振付。

 次が昼の部の「め組」のお祭り騒ぎに匹敵する七代目尾上丑之助襲名披露の

一幕。村上元三脚本、今井豊茂補綴の「絵本牛若丸」。三挺三枚の竹本、五挺

五枚の長唄掛け合いで鞍馬山から牛若丸が奥州へ出発する舞踊劇である。幕が

開いて浅黄幕の幕外へ普通は幕外へなど出ないスターたち―――すなわち秀調、

権十郎、彦三郎、亀蔵、松也、右近の平家の郎党が出て観客の度肝を抜く。

 浅黄幕が振り落とされると鞍馬山の伽藍で、そこへ吉右衛門の鬼一、菊五郎

の吉岡鬼次郎の二人の祖父とともに新丑之助の牛若丸がせり上がる。花道から

は菊之助の弁慶が出て四人の劇中口上。これで目出度く幕だろうと思っている

と役者たちが出るわ出るわ。時蔵、雀右衛門、さらに左団次、万次郎、そのあ

と楽善、団蔵、その上に山伏姿の松緑と海老蔵と一座総出のお祭り騒ぎ。楽屋

は空っぽになる。

 幕外へ菊之助の弁慶が「疲れた」という新丑之助を肩車で入るまで。観客大

喜びである。

 次がさっきまでいがぐり頭に一本隈を取って弁慶をやっていた菊之助が見違

えるほどのキレイさで娘姿になる「京鹿子娘道成寺」の道行から鐘入りまで。

 道行で花道へ出たところ、その美しさが前回よりもさらに豊満になって歌舞

伎座の大舞台にピタリとはまるようになったし、たとえば山尽くしに見るよう

に体がよく動いて踊り込んでいるが、私には菊之助の言葉というか、心の想い

というか、そういう感情が響いてこなかった。それは菊之助の造形しようとし

ている女の肖像が長唄の「娘道成寺」の振りとも音楽ともどこかで食い違って

いるからではないだろうか。たとえばくどきで舞台上手から手拭いを持って出

てくる。途中でフッと立ち止まる。普通は立ち止まったりしないのだが、たし

かにそこで恋する女の溜息のような表情が出る。しかしそれが「恋の手習い」

の描いている女とは違った女のように見える。ここの長唄もそれぞれが分け口

を担当して唄っているが、その唄い方も三味線の滅入った調子もいつもの長唄

と違って、地唄のようなしっとりと渋い調子になる。たしかにそれで菊之助の

狙っている女の肖像は出る。あの恋の溜息をつく女である。しかし長唄の「娘

道成寺」はもっとはなやかで、派手で、野性的なものではないだろうか。この

女の肖像が「娘道成寺」とはチグハグなのである。今後の課題だろう。

 権十郎、歌昇、右近以下の聞いたか坊主、長唄は直吉、巳太郎、竹本は葵太

夫、淳一郎。

 夜の部の最後は松也初役の「御所の五郎蔵」。

 序幕の五条坂出会いの場は、せりふにもこなしにも余裕がない。初役の大舞

台是非がないか。これからだろう。

 意外だったのは、せりふを聞かせるのがうまい彦三郎の星影土右衛門に期待

したが、どういうわけか、硬く、五郎蔵同様に余裕がなく、遊びがない。

 この二人がよくないために、本来はなやかなるべき出会いの一幕が陰々滅々

になった。留め男の甲屋与五郎は亀蔵。これも借り物然としている。

 二幕目愛想づかしから殺しまで。

 この場の五郎蔵は、だれが見ても必要な金二百両のために皐月が土右衛門に

体を任せようとしたに違いないと思う状況なのに、五郎蔵だけが理解しないと

ころがミソである。原作ではこの前の場があって、そこで夫婦の固い愛が確認

されているが、そこがカットされているから分からないのである。恋ゆえの盲

目、夫婦ゆえの早呑み込み。しかし観客には分らなくともやっている役者は知

っていなければならない。知っていれば五郎蔵の腹の立て方が分かる。五郎蔵

はただ闇雲に怒っているではない。松也にはその辺の事情が呑み込めていない

ように見える。研究の余地がある。

 彦三郎の土右衛門は色気が足りず、梅枝の皐月は悪くはないが、五郎蔵と逢

州とのやり取りをハラハラして聞いているという芝居が抜けている。

 橘太郎の花形屋吾助がいいが、五郎蔵の芝居の間、体を殺さずに聞いていて、

急に腰掛に来るのはおかしい。五郎蔵が腰掛から立つと吾助がこける。そのた

めにワザワザ腰掛に座りに来たように見える。ここらの呼吸がいま一息。

 こう書くと全員討ち死に見えるだろうが、ドッコイ二つだけ拾い物がある。

一つは右近の逢州。梅枝の皐月に対してその同輩、かつは主君の寵姫というと

ころが自然に出て、いかにも里馴れた女に見える。最近は皐月とは格段の差の

ある若手、まるで勝負にならないような逢州が多いなかで、右近は最近の逢州

である。

 もう一つは、新十郎、左升、荒五郎、吉兵衛の土右衛門の子分四人。一人一

人がうまく芝居を運びながら、それでいて四人ではじめて一体というアンサン

ブル。これも最近の子分四人である。

 以上二つが拾い物、といっては失礼だが、全員討ち死にのなかの殊勲賞であ

る。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る