2019年6月歌舞伎座昼の部

吉右衛門と仁左衛門

 

 吉右衛門の「石切梶原」と仁左衛門の「封印切」。二人の名優がそれぞれの 

当たり芸で充実した舞台を見せている。

 「石切梶原」はいつにかわらず、花道七三に止まって右足を軽く引いての

「しからば御免」のせりふのうまさから自由自在の心境を見せている。ことに

今度は大庭や俣野、六郎大夫の芝居を受けての無言の思い入れが丁寧で細かく

柔らかく全段を通して流れている。たとえば大庭が伊東入道からの頼朝再起の

報せを聞いて、思わず向うを見て自然に頬の緩む具合が後段の物語の頼朝を助

けた判断と照応して、性根を深くしている。あるいは六郎大夫の刀の折り紙が

あると聞いての反応など。随所に細かい芝居があってそれがこの役の流れにな

っている。

 せりふもうまい。刀の目利きに手水を取ろうとして六郎大夫に止められての

「日のもとの神宝」と張って砕けるあたり、あるいは目利きのあとの「天晴れ、

希代の剣」のセリふなど、播磨屋党大喜びだろう。

 俣野が二つ胴を斬ろうとするのを止めての、「面色筋を荒らげれば」は、前

回からのこの人独特の工夫で、六郎大夫を助ける工夫がついてハッとしたとこ

ろへ俣野が来るのでそれを止めて、右手の扇子腰に左袖口を返してのツケ入り

の見得になるところ、流れる如く芝居が立体的になって先代とは違ううまさで

ある。先代は見得そのものの面白さ、当代は芝居の盛り上がりの面白さである。

 二つ胴を斬っての「この場の味を梶原が」は、又五郎の大庭が遠慮しがちで、

今日は息が合わず前回ほどではなかった。

 物語は例によって石橋山の合戦目の当たり。うまいものであるが、羽左衛門

型と違って「佞人讒者」の件りがないのは、当節梶原景時を「佞人讒者」だと

思っている観客が少ないだろうから是非もないとは思うものの、ここがこの作

品の御趣向ゆえ残念である。

 石の手水鉢を切るところもいつもの如く、幕切れは花道七三の大見得での析

の頭。合方にのっての上機嫌見ているこっちも気持ちがいい。愛嬌たっぷりに

袖を返しての歩き方。大盛り上がりではあるが、最初の掛け声は乗り過ぎだろ

う。

 又五郎の大庭は、「大庭は大名」の大きさを出したのはいいが、すでにふれ

た通り「この場の味を」はもっと突っ込むべきではないだろうか。歌昇の俣野

は精一杯突っ込んでの力演。

 歌六の六郎大夫は回を増すごとに味と情愛が出て来て、娘を思う父親の哀れ

さがいい。

 米吉の梢はどう見ても人妻とは見えず手入らずの生娘。これからである。錦

之助の奴万平。吉之亟の呑助。梶原方の大名は桂三以下、大庭方が吉三郎以下。

竹本は葵太夫寿治郎。

 さて次は平成元年以来東京では三十年ぶりの仁左衛門の「封印切」。さぞ新

工夫新手があろうかと思いの外にこれがお手本というべきキッチリと格を守っ

て、そのかわりには一段と味は深くなった。

 第一場は井筒屋の店先。「鳥辺山」の歌を聞かせての出から「梶原源太はわ

しか知らんて」まで鴈治郎型と似ているようでまるで感覚が違う。鴈治郎型が

ぼってり濃厚なのに対して、こちらはサラサラ運んで軽く三枚目の可笑し味も

含んでスッキリしている。それに七三でほとんど「羽織落とし」の件りをやっ

てしまう。この「こんなところへ」思わず来てしまった、「サァ、川(梅川)

の顔見んといて、なんや心」が浮き立つというところで全てが分かるのが丁寧

でリアルで面白い。この世話の味、喜劇の感覚が大事である。「わしかしらん」

の気取った懐手で体を振る身振りもそうだが、幕切れに下手へ入るところの身

振りも軽くてうまいものである。

 廻って第二場の塀外。むろん「反吐大尽」はカット。正面に竹格子の出窓風

の屋体があって下手から出た忠兵衛は、ちょっときまってからここでおえんと

のやり取りを格子越しにやる。竹格子に羽織の乳が引っ掛かったという可笑し

味である。「おえんさん、こんな事したら羽織の乳が切れますがな」。むろん

おえんはとっくに入っていて乳が格子に引っかかっているというわけである。

 下手の木戸から梅川が出る。梅川の「わたしゃ男になりたいわいなァ」の例

のくどきもあっさり受けて、可笑し味のなかに男の恋心を見せてうまい。

 第三場がもとの店先。ここは鴈治郎型の総二階、上手正面向きの梯子段と違

って、梯子段を斜に見せた黒骨の障子屋体の二階。この二階の間の芝居が仁左

衛門は丁寧。十一代目は始めは裏向きで炬燵に当たっていたというが、さすが

に当代は正面向き。財布を出しての芝居、「気もうろうろ」で柱につかまって

の芝居とリアルななかにキマリがあって面白い。最後は裏向きになる。階下で

は八右衛門が「ドン百姓」の倅というのを聞いてカッとするまで。仁左衛門の

忠兵衛は二階と階下と連動している上に、町人と田舎の百姓という差別意識が

この男に封印を切らせるところが一貫して鮮明である。

 その封印切は鴈治郎型が八右衛門に突き飛ばされた弾みに手に握っていた金

包みの封印が切れる、いわゆる封印切れの「事故」であるのに対して、仁左衛

門型は突き飛ばされて封印が弱くなっているのを見てプッと驚き、思い切って

封印を切る。いわば確信犯である。つまり事故ではなくて主体的な行動になる

ところに男一匹の意地と悲哀が見える。まず「五十両」で左足を立てての中腰

ツケ入りの見得、それから「二百両、ビックリするな、まだあるわィ」「二百

五十両、三百両」で座るまで、かなり様式的な型が付いている。煙草を吸うと

火が付かないので梅川が吸いつけ煙草を持ってくるまで。こういうところが鴈

治郎型と違うところである。

 梅川と二人になっての「行かねばならぬ道が遠い」と真相を打ち明けるとこ

ろも、仁左衛門は門口に行って柱につかまり、梅川はのれんを引いて庭遠見に

なるという派手な型である。世話なうちにもきまるところはきまって、しかも

そこに心持が一貫してあざやかである。

 さて八右衛門は、松嶋屋の型を後世に残したいという希望からだろう、愛之

助を抜擢したのだろうが、さすがに仁左衛門の忠兵衛相手では荷が重すぎた。

 孝太郎の梅川は色気が十分でいい。

 秀太郎のおえんはいまさらいうまでもない。弥十郎の槌屋治右衛門、由次郎

の田舎大尽、嶋之丞のやり手。

 以上、吉右衛門の「石切」、仁左衛門の「封印切」を見ると、いまさらなが

ら歌舞伎の型の面白さを思わずにはいられない。型は単なる形式ではなく、可

能性の集積であり、磨けば磨くほど性根があらわれ、人間が深くなっていくか

らである。この二人の二つの作品はそのことを示している。

 昼の部はこの二本の前に竹本の「式三番」と清元の「女車引」。

 三番は幸四郎と松也で舞台狭しと踊っているが、肝腎の「今日の御祈祷これ

なり」という祈りの気持ちが薄い。翁は東蔵、千歳は松江。竹本は東太夫慎治。

 「女車引」は魁春の千代、雀右衛門の春、児太郎の八重という、年配、芸歴

がそっくりはまっている。三人の手踊りが楽しい。清元は清寿太夫美治郎。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る