2019年6月歌舞伎座夜の部

「三谷かぶき」とは

 

 六月の歌舞伎座夜の部は、昼の部の古典一本鎗に対して、三谷幸喜の新作一

本立て。久しぶりのスケールの大きい本格的な新作で大いに期待して見に行っ

たが、面白いところもあり、問題が残ったところもある。

 題材は江戸時代中期、伊勢から江戸へ向かう大黒屋光太夫の船が駿河湾で嵐

に会い遭難、八ヶ月にわたって漂流してロシアにたどり着き、十年後に帰国し

た実話によっている。原作はみなもと太郎の漫画「風雲児たち」。私は原作を

読んでいないから比較のしようがないが、それを三谷幸喜が三幕十一場にまと

めて脚色演出した。題して「月光露針路日本」。これで「つきあかり目指せ日

本」と読むのは無理だろう。なぜ江戸時代の狂言作者のような趣味に凝るのだ

ろうか。「大黒屋光太夫」でもいいではないか。分かりやすくあるべき新作を

あえて難しくする必要はないし、その戯作者的趣味的な態度がどこかで今度の

作品の欠点にもかかわっているような気がする。

 さて面白かったのは第一に、幸四郎の大黒屋光太夫はじめ、猿之助の水夫庄

蔵、愛之助の新蔵、染五郎の磯吉らの若手がかみ合っての芝居になっているこ

と。ことに大詰の幸四郎、猿之助、愛之助の三者三様の別れの芝居が最も盛り

上がっていることである。第二にこれが光太夫の主張でもあるなんとしても全

員で帰国したい、生きるということはその信念を貫くことだというテーマが生

きていること。

 面白くないのは、先に触れた題名はじめ歌舞伎っぽくしようしようとしてい

ること。歌舞伎はたしかにその様式的な造形が面白いのだが、その前提には芝

居のリアリティ、リアルな人間像がなければならない。それこそが歌舞伎であ

って様式は表面的な枝葉に過ぎない。三谷幸喜はあえて歌舞伎風にしようとし

て、リアリティを失っているところがある。なぜもっと大胆に自分のペースで

芝居を書かないのかと思う。

 以上三点。順序を追って具体的に書いて行こう。

 序幕はプロローグ、第一場が漂流中の神昌丸の船中、遭難したのが十二月、

正月には伊勢へ帰りたいといっているから遭難の直後。第二場は八ヶ月後、最

初の漂着地アリューシャン列島のアムチトカ島である。

 プロローグは松也の教授風の男が出て来るが、これが観客をいじってばっか

りいて、伝えるべき情報量が足りない。それが次の幕の大事なリァリティを失

わせている。状況がよく分からぬまま第一場の船中になるから、ゴタゴタする

ばかりで芝居にテンポが出ず苛々した。一つは十七人の紹介が必要だからでも

ある。しかし助かった人のうち、幸四郎の光太夫、猿之助の庄蔵、愛之助の新

蔵、弥十郎の九右衛門ら水夫たち、それぞれの個性が書き分けられているのが

面白い。さすがに三谷幸喜だけあってそれぞれのニンをよく見ている。堀尾幸

男の装置が抽象的なのは仕方がないが、ここでもっと船中の状況が立体的にな

っていたならばもっと面白かったろう。ここでは船頭の頭分の白鸚がさすがに

うまい。風格があって、この人が出てくると途端に芝居が深く面白くなるから

驚きである。

 第二場のアムチトカ島になると芝居が軌道に乗って来る。この島には原住民

(舞台には登場しないが)とロシアの商人がいて、ロシア人の一人が原住民の

娘を強姦するという事件が起きる。その事件に男女蔵の水夫小市が巻き込まれ

てあわや騒動になりかける。この男女蔵がとぼけた味を出していい。

 それにこの場がいいのは、なんとしても団結して国に帰ろうという光太夫の

決意が明らかになるからで、幸四郎の光太夫が全編にテーマの筋を通すからで

ある。

 二幕目はさらに数年後、十七人いた仲間は光太夫以下数人になり、カムチャ

ッカ、オホーツク、ヤクーツクと転々として第四場は大雪原の中を縫ぐるみの

犬たちの橇にのってイルクーツクヘ向かって疾走するスペクタクル。他愛無い

といえばそれまでだが、いかにも歌舞伎芝居らしい。犬がみんな倒れたところ

でようやく向こうに目指すイルクーツクの街の灯が見えるという見せ場である。

 この二幕目は水夫の大勢が死んで、残った個性が際立つ。幸四郎、猿之助、

愛之助はもとよりだが、ことに目立つのは、染五郎の磯吉と高麗蔵のロシア娘

の恋、弥十郎の九右衛門の一徹、病に倒れる弘太郎の勘太郎、食事係の種之助

ら若手が揃って好演。こういうところが三谷幸喜のうまさである。

三幕目は第一場がイルクーツクの光太夫の屋敷、ついに光太夫がエカテリーナ

女帝に帰国の許可を嘆願するロシア宮廷、もとの光太夫の屋敷にエピローグの

四場である。ここからが大芝居になる。すでにふれた通り第三場の光太夫屋敷

は、猿之助の庄蔵が凍傷のために片足を切断、その心細さからキリスト教徒に

なり、愛之助の新蔵は新悟のロシア女と結婚、これも入信したために帰国でき

なくなる。その上に女帝の側近ポチョムキンはロシアの国情が漏れることを恐

れて帰国を許さない。光太夫の熱弁に動かされた女帝がついに帰国を許すまで、

大芝居である。

 ロシア宮廷の場は白鸚のポチョムキンが圧巻。序幕の水夫頭三五郎とは打っ

て変わって堂々たる宮廷の寵臣。思慮深くしかもしたたかな政治力を身につけ

た大政治家に見える。三谷の筆もこの人の腹芸をよく引き出している。一方猿

之助二役のエカテリーナ女王陛下も立派な出来栄えで、この二人を向こうに廻

しての幸四郎の光太夫がおのずと力が入っている。堀尾幸男の宮廷の装置はロ

シアらしくするために緑色を基調にしたのでいささか陰鬱。どうせ絵空事の大

芝居、いっそ思い切って派手に明るくした方がかえってリアルさが出たのでは

ないか。

 三場目のもとの光太夫屋敷は、すでにふれた通り三谷幸喜だけあって面白く

出来ている。久しぶりで歌舞伎の新作の面白さを味わった。幸四郎、猿之助、

愛之助の三人の別れの芝居が三者三様、絡み合って立体的な構造を持っている

からである。もっとも欲をいえば、三人とも別れを決断しながらも、いざとな

れば「思い切っても凡夫心」になるところがもう一息突っ込まれれば満場涙の

雨だったろう。それには庄蔵と新蔵がキリシタンになったというカセがもっと

強く効いていれば突っ込めたろう。たとえ無事に帰国出来てもキリシタンなら

ば死刑だという恐怖と信仰、人間の生き方と望郷がリアルに出るはずだからで

ある。この一場だけでも今度の三谷の芝居は十分価値がある。

 エピローグは、光太夫、磯吉、小市の三人の帰国の船上。船はすでに日本近

海に近づいているが、小市は意識朦朧、富士山の幻想を見ながら死ぬ。男女蔵

大当たりである。そして最後に小市の幻想だった富士山が遠く見えて幕になる

のが実に気が利いている。

 以上三幕十一場。

 これを要約すれば「三谷かぶき」は、リアルに人間を書いたところが大成功。

なまじ歌舞伎の様式を意識をしたところがつまらない。真山青果にしろ大佛次

郎にしろ長谷川伸にしろ別に歌舞伎の様式や手法を意識して新作を書いたわけ

ではない。本当に歌舞伎を書くならば人間が第一。それが悲劇であれ喜劇であ

れ歌舞伎っぽい包装紙は要らない。もし三谷幸喜がそう思い切ってくれれば

「三谷かぶき」大賛成である。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る