2019年6月国立劇場

「矢口渡」短評

 

 今時流行りのロック風の音楽で幕が開くと、白いTシャツ姿の若者が客席に

背を見せて立つ。「歌舞伎鑑賞教室」の「歌舞伎のみかた」である。客席一杯

の高校生には受けているが、そこまでするのかという思いがした。解説は中村

虎之介。他に中村いてうが平賀源内で出て「矢口渡」の話をするのが思い付き

であるが、もっと歌舞伎について本質的な話をしてやる必要がある。たとえば

なぜ女形なのかとか、花道のスッポンは人間ならぬ異形の者しか使えないとか。

そういう本質に触れなければただもの珍しいだけで終わってしまうだろう。

 さて、演目は「矢口渡」一幕。鴈治郎の頓兵衛、壱太郎のお舟。ともに初役

である。勉強熱心な鴈治郎のことだし、上方歌舞伎を守るべき立場の人でもあ

るし、定めて二代目延若型の頓兵衛が見られるかもしれないと期待して行った。

延若型は二枚目の新田義峰と赤ッ面の頓兵衛二役を替わる上に、頓兵衛にも独

特の演出があるからである。しかし残念ながらごく普通の東京型であった。む

ろんそれは私の勝手な思い込み、これはこれとして見れば過不足のない出来で

あり、そこそこに手強さもあってまずは文句のない出来である。

 その出は舞台を半廻しにせず下手の藪畳から出る。恰幅もあり、初役として

は一応の出来であった。壁を破って内へ入り、煙草盆に蹴躓き、柱に頭をぶつ

けての道具替わりはいいとしても、舞台が廻ってからは、その下手からの出も、

階段に足をかけてのきまりも弱く、刺したのがお舟と知って、辺りのを探しな

がら上手の手摺に左手を掛け、左膝を突き右手の刀を流しての見得も意外に地

味である。「知ってるわィ」の横見得がなかでは唯一よく、刀を担いでお舟に

のしかかるお定まりの見得は横向き過ぎて平面的。蜘蛛手蛸足の引込みは丁寧

にしてはいるが、老いの疲れを強調するあまり、体の動きの面白さ、グロテス

クな味が出ず平凡。この引込みはよほど難しいのだろう。

 お舟は鴈治郎の息子壱太郎。親子共演。そう思うせいか、目の前の高校生た

ちが神妙に見ているせいか、この作品に今までになく親子の関係を考えさせる。

強欲非道な父親と父親に似ず真直ぐに育った娘の親子関係がついにDVに及ん

で悲劇が起きるというのは、ある意味永遠のテーマなのかもしれない。

 壱太郎のお舟は、先年の菊之助の好演が目に残っているせいか、義峰を見染

めてくどきになる前半が教わった通り型を追うのに精いっぱいというに止まる。

この一目惚れが効いていないために後半になっていよいよ義峰とうてなを落そ

うと決意して簑を持っての引込みが栄えない。

 奥座敷になってからは黒地の友禅模様に着替えてここからいくらか締まるよ

うになった。海老ぞりも型通り。頓兵衛が引込んでから太鼓を打つところまで

が珍しく人形ぶりになる。人形ぶりになるのは仁左衛門、三津五郎の型だが、

仁左衛門型を継承した十四代目仁左衛門も三津五郎型を継いだ七代目梅幸も人

形ぶりをやめてしまったので、私の記憶にもほとんどない。「櫓のお七」や

「金閣寺の雪姫」などと違ってこれは手負いの人形ぶり。そこに違和感があっ

て、仁左衛門や梅幸が人形ぶりをやめた理由もそこら辺にあるのかも知れない。

 しかし壱太郎はこの人形ぶりが珍しくもあってこの役で一番面白い。玉三郎

の「櫓のお七」のような無機的な面白さには及ばないが一応形が付いているか

らである。それに人形ぶりが終わったところで急にイキイキしてくる。

 義峰は虎之介。神妙ではあるが、恋の、色のというには幼過ぎるのは是非も

ないか。上村吉太朗のうてなもこれからである。

 亀鶴の六蔵は意外にも気がなく生彩に欠ける。ほんの形だけで、この人にし

てうまいところがないのは残念。うまい役者、貴重な逸材にもかかわらずいい

役が廻って来ないのは歌舞伎のためにも損失である。六蔵は六代目でさえ付き

合った大役、やればいくらでも面白くなるのに惜しい。

幕開きの船頭に寿治郎。竹本は司太夫勝二郎ほか。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る