2019年7月国立劇場

松緑の「棒しばり」

 

 東京では浅草公会堂以来二度目の松緑の「棒しばり」が見ものである。

 ことに後半、舞になっての「あづまからげの汐衣」からの舞が逸品である。

だれでも踊れるような踊りに見えて実は、こういうところが面白い人は滅多に

いない。ここの十代目三津五郎の見事さが今でも目に浮かぶが、その三津五郎

に次ぐ出来栄え。三津五郎はこの一節が能の「融」であってだれが何をしてい

るかがよく分かったが、そこまではいかないとしても松緑の体の使い方、規格

正しい舞ぶりはそれに続く面白さである。

 この舞の最後に舞台下手から上手へ、上手から下手へと進んで行くところは、

ただ舞台を横断するだけの振りにもかかわらずいわゆる「歩く芸」ともいうべ

き面白さである。舞台をさわやかで深い味わいの風が流れた。

 その後の「酒のさの字」の太郎冠者との連れ舞はガラリと変わって楽しい。

とかくだれでもこの踊りは笑わせよう、受け狙いの踊りになりがちなのをグッ

と舞台を締めて必要以上の芝居をしないのもいい。

 これで前半の酒の酔いの表現が快く、しかも細部に生きてくればなおいい。

 亀蔵の太郎冠者が、この上出来の松緑に食らいついて力一杯の踊り。

 松江の松兵衛、長唄は芳村伊四太郎、柏要二郎。

 この「棒しばり」の上出来に対して、その前の「車引」はこれが同じ役者か

と思うほどの不出来である。

 松緑初役の松王丸は期待して行ったが、私の見た日(七月五日十一時開演の

部)は調子をやっていて低い声が出ず苦しそうな上に、しかも例の言葉尻の悪

い癖が出て言葉の歯切れ悪く、しかも形も曖昧でよくない。期待外れ。最初の

元禄見得で取り返したかに見えたが、次の石投げの横見得は形も決まらず迫力

もない。

 亀蔵の梅王丸は、教わった通り精一杯やってはいるが、肝腎の勢い、力の表

現が足りない。いうまでもないが実際に体に力を入れることと力を表現するこ

とは同じではない。それでなければ七十歳を越した七代目幸四郎の助六や七代

目三津五郎の荒獅子男之助が立派な荒事であったことの説明がつかない。

 新悟の桜丸は、小柄な亀蔵の梅王丸に合わせて、長身の背を盗む工夫もなく、

とかく梅王丸の前に出ていたりするのがよくない。「車引」はそれでなくとも

口伝だらけ。編み笠の振り方一つにも口伝があるのに、それなりの研究がなけ

ればならないだろう。

 松江の時平は凄味が乏しく、ドロドロの太鼓で梅王たちをにらんで舌を出し

ても、これではなんで手足すくんで「無念無念」になるのかわからないだろう。

 杉王丸はダブルキャストで今日は玉太郎。竹本は蔵太夫、寿治郎。この「車引」に寿治郎の三味線は勿体ない。

 「車引」の前に新悟と玉太郎の解説「歌舞伎のみかた」。先月の解説と違っ

て今月の台本は真っ当でいいし、新悟と玉太郎もさわやかでいい。この二人を

含めて「車引」になるとどうして手も足も出なくなるのだろうか。若い歌舞伎

役者にはドラマらしい起伏がなく、しかも様式で雁字搦めになっている「車引」

のような作品は、とらえどころがなくてむずかしいのかも知れない。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る