2019年7月歌舞伎座

超特急の「千本桜」

 

 海老蔵が「千本桜」のなかの十三役を早替わりで勤める。それも一役で何べ

んも替わるから早替わりの回数は何十回ということになるだろう。しかも通し

でやれば一日がかりの「千本桜」を、夜の部四時三十分からはじめて幕間を含

めて九時四十三分終演(七月十二日所見)のおよそ五時間余りでやろうという

のだから大変である。この間の「三国無双瓢箪久」の脚色演出の四賢人―――

織田絃二、石川耕士、川崎哲男、藤間勘十郎の玄人揃い、さすがにアッといわ

せるところもあり、苦しいところもあり、とにかく大騒動である。主役の海老

蔵は重労働。そのせいか今夜は疲労の影が見える。当人の希望でもあろうが、

来年の団十郎襲名を控えて体を大事にして貰いたいと思わざるを得なかった。

 十三役中第一の出来は、東京ではじめてのいがみの権太。そのニンのよさか

らいえば仁左衛門の傑作に次ぐ今日の権太である。それを含めて順に書こう。

 発端は清盛が遷都を行った福原の御所あと。見ぬ前は廃墟かと思ったらば、

朱塗り極彩色の辻堂風の大道具。ここに海老蔵の能登守教経が横川の覚範と闘

いながらせり上がって口上になる。この度の狂言は、死んだと思われていた知

盛、教経、維盛三人の行方を捜すという趣向だという「千本桜」の説明。まず

この場で覚範を殺して教経が覚範に成りすます。そこへ大物浦の廻船問屋渡海

屋銀平実は知盛、維盛の生霊が絡んで三役勢揃い。それを海老蔵が替わって見

せる。しかし維盛の生霊というのはいくらなんでも苦しい。

 つづく序幕は第一場が大内の御殿。「千本桜」の序段を脚色した場で、義経

が知盛ら三人の偽首を持参、三人を探すという話があって、朝方が初音の鼓を

与えるというところを手際よくまとめてある。海老蔵の朝方は、「妹背山」の

蘇我入鹿の格で、薄い青隈。悪人の凄味は十三役中権太に次ぐ第二位の出来。

 義経は梅玉。今度の公演で「千本桜」の格を支えたのは、この梅玉に、典侍

の局の魁春、梶原の左団次、静御前の雀右衛門の四人。いずれも大歌舞伎の一

級品である。市蔵の猪熊大之進。

 第二場は堀川御所、御簾が上がると海老蔵の卿の君。十三役中たった一つの

女形である。さすがにこれは替わったというだけ。そこへ雀右衛門の静御前が

出て、妻妾同居のところへ川越上使になる。川越太郎は「千本桜」の本文では

老け役であるが、そんなことをしていては間に合わないから、生締めの鬘に織

物の長裃で「新薄雪物語」の園部兵衛か盛綱かという趣きである。これが海老

蔵にピッタリで第三位。今に兵衛や盛綱をやればいいと思う。父娘二役の早替

わりはさしたることもない。段取りは大変だが劇的な感動は薄い。義経が花道

へ入ったところで舞台が廻って第三場。芋洗いの弁慶。お定まりの扮装で花道

を出た海老蔵の弁慶は、荒事といっても形だけ。余裕がなくて力が入らない。

ここまでが四十分余り。超特急の上に早替わりもここまでですでに七役。その

手順に追われるために着せ替え人形の趣きを拭えず、なぜここまでしなければ

ならないのかという疑問が沸く。もっとも原作通りやれば数時間かかるのを四

十分余りにまとめたこのテンポが現代の観客向きか。

 二幕目は第一場が鳥居前。浅黄幕抜きで板付きの梅玉の義経、九団次の駿河、

広松の片岡の二天王。すぐに静が出るがくどきはカット。縛られて義経一行は

去り、そこへ下手から逸見の藤太が出て、海老蔵の道行と同じ姿の忠信が正面

杉木立の中空からの出になる。意表を突いた出だが、拵えのリアルさと中空の

仕掛けがちぐはぐで落ち着かない。ちょっとタテがあって藤太を踏み殺し、義

経が戻って来て鎧を渡し別れになるという、諸事スピーディ。話の筋は分かっ

ても芝居としては形だけ。

 第二場が渡海屋。いきなり右団次の相模五郎(入江丹蔵はこの場はカット)

が一人で出て魁春のお柳を詮議するところへ海老蔵の銀平が出る。花道へ唐傘

を差して出たところは意外に細身で幅がない。この役はこの人のものではない

のだろう。「お匿いしたらなんとする」もほとんど奥へ聞かせる肚がなく、さ

っぱり効かない。この場でいいのは、いつもすれ違いになる義経と銀平がキチ

ンと対面すること。これで二重の義経を尻目に障子屋体に入る瞬間の銀平の思

い入れが効く。ここは台本のお手柄。ついでにいうとこの後二度目の出で、知

盛が難風を好天気といい立て義経を騙したこと、幽霊の姿になるのは義経暗殺

が成功した暁には頼朝暗殺のためであることをダイジェスト版ではあるが一応

本文通りハッキリさせたのがいい。今度の芝居は早替わりだけではなくこうい

う細部を直して物語をキチンと観客に伝えた功績もある。

 しかしそのために煽りを食ってお柳の為所がなくなるが、もともと歌舞伎の

入れ事の無理仕事、ない方がスッキリしてスピーディ。

 知盛になってからの二度目の出以降は娘お安実は安徳天皇がカットのため、

お柳だけを相手の一人芝居。盃事も田村の舞もカット。海老蔵は銀平よりは見

伊達がある。白装束の迎いには相模五郎が出る。

 第二場は典侍の局の持ち場。魁春の典侍の局は品格があり、スケールが大き

く、いかにも天皇の御乳母さんに見える。もっとも海上の船の灯が消えるとこ

ろもカットだし、相模五郎の御注進もカットですぐ安徳天皇を抱いて二重を降

りると、天皇の辞世になり、たちまち「いかに八大龍王」になる。驚くべき手

早さ。

 海老蔵の入江丹蔵は、そこまでしなくとも思うが、それが話題になってのこ

の大入りならば仕方がないか。

 第三場はいつもの通り。ただし典侍の局、弁慶はカットのために、あれだけ

怒り狂っていた知盛がどうして死ぬ気になるのかというプロセスが不鮮明でド

ラマとして中途半端。天皇の一言で知盛は三悪道を語ることになる。さすがに

海老蔵はこの三悪道を丁寧にやってこの役ではここが一番いい。しかしその後

の入水、後返りは、動きが義太夫にのらず散文的、もっと型を研究してほしい。

 入水と入れ替わりに全面カットだった弁慶の吹き替えがいつの間にか四天王

の行列に紛れ込んでいて、入水と同時に海老蔵と入れ替わる。この早替わりは

さすがに無理。それでも弁慶の幕外の引込みがあって暗転になる。舞台一面の

星空。客席に無数の星だか人玉だか知れない光りが飛んでつなぎ、スッポンに

白装束の知盛が出て笛と謡で宙乗りになる。

 知盛―――弁慶―――知盛の亡霊という段取りがゴタゴタしてうまくいかな

いせいか、この星空の一場は異質で浮いている。後返り、早替わり、宙乗りが

これでもかこれでもかになるからである。

 梅玉の義経は相変わらず渡海屋の引込みの思い入れがうまく、これに魁春の

典侍の局、右団次の相模五郎が、この大仕掛けを支える。

 さてここで三十分の幕間があって三幕目になる。

 第一場は珍しく北嵯峨庵室。若葉の内侍と六代君が尼妙林に匿われていると

ころへ追手が掛かり、そこへ折よく主馬の小金吾が笠売りに化けて来て追手を

くい止め、妙林が笠の箱に内侍六代を振り分けに隠して落ちて行く。本文を手

際よくまとめてわずか十数分のうちに次の木の実へ物語が繋がるのは大利点。

これならばイヤホンがなくとも初心者にもよく分かるという筋の通し方である。

 海老蔵の小金吾。白塗りでないためちょっとトウの立った若衆に見えるが、

早替わりゆえ仕方がない。

 児太郎の若葉の内侍。尼妙林が万次郎はさすがに手練れ。妙林が花道へ入っ

て本舞台に小金吾か追手を抑えて舞台が廻って第二場木の実になる。そうなる

と吉野の下市村がまるで京都北嵯峨の隣り村のように見えるのが閉口。児太郎

二役の小せんと善太のところへ妙林が出て薬を求め、これ以後小金吾の仕事は

全て妙林がやる。万次郎大活躍。「千本桜」の作者もびっくりだろう。

 すでに冒頭でふれた通り、海老蔵の東京初役の権太は十三役中飛び抜けて今

度の収穫。上手揚幕から出たところ、まことに権太にピッタリのニン。知盛や

忠信の比ではない。おそろしいもので役の要求しているニンが役者のニンに合

うとそれらしく見えてたちまち世界が開けるのが歌舞伎の面白いところである。

たとえば紫の肩入れ、女物の着物の裏の緋縮緬がチラチラと八ツ口から見える

具合。お定まりの衣裳であるが、海老蔵だとそれが女房の着物を取って着てい

るという設定にピッタリで、役の色気になって生きている。

 しかし残念なことにすることがよくない。リアルな部分はさながら新作の如

く、ほかの義太夫狂言の演出と離れている。いいのは妙林を強請って大あぐら、

手拭いを肩に掛けてのツケ入りの大見得の凄味のよさだけ。型が掘り下げられ

て、ポイントを抑えていないから権太の人間像が描かれていない。

 この次は是非とも早変わり抜きの本格的な権太が見たい。

 児太郎が内侍と小せんの二役早替わり。

 廻って第三場小金吾討死。むろん内侍六代は出ず、小金吾が竹藪で倒れると、

すぐ上手揚幕から五人組の出。ちょっと遅れて海老蔵の鮓屋弥左衛門が出る。

頭に頭巾をかぶっているのは権太と替わるためであるが、それでもさすがにこ

の老け役は無理。

 さらに廻って鮓屋。弥助お里の件りを飛ばしていきなり権太の出になる。い

つもの藍微塵の着付け、弁慶縞の下馬付きで花道へ出て来たところは木の実と

変わってスッキリと粋な姿でいい権太である。本舞台から内へ入ると暖簾口か

ら出た斎入の母と出会って、例の金の無心になる。ここのニセ涙の件りは段取

りがよく掴めていず、しかも観客に受けようとして芝居の実を失っている。続

いて押し入れの錠前を壊すところも着付けの裾捌き、足の扱いがキリッとせず、

そうかといって延若型のような野性味もなく中途半端。ようやくこの権太が本

領を発揮するのは暖簾口への引込みである。

 普通は金をせしめた権太が花道付際まで行って弥左衛門の姿を認め、慌てて

戻って来るが、今回は金を持って立とうとするところへもう吹替の弥左衛門が

来て門口を叩く。慌てた権太は鮓桶に金を隠す。その間に弥左衛門は門口を諦

めて板戸の店仕舞いしたところ(延若型である)から内へ入る。ここが二重に

障子一枚で通じている。

 一方金を仕舞った権太は、いつもの引込みになる。この引込みの目の鋭さ、

パッと裾をまくるイキ、ハッと気付いて裾を降ろす体のキビキビした動き。こ

こがこの権太の鮓屋第一の出来。トントンと下がって(柱には当たらず)暖簾

口へ入る。

 権太が入るとすぐ障子を開けて海老蔵の弥左衛門が二重下手へ出る。そこで

弥左衛門が女房相手に弥助が実は維盛であることを話す。それを暖簾口に背だ

け見せた吹替の権太が立ち聞くという苦心の工夫である。少し苦しいがうまい

ことを考えたものである。むろん弥助と弥左衛門の件りはない。ここへ梅丸の

お里が上手障子屋体から出る。弥左衛門、女房、お里三人の芝居があって弥左

衛門が女房を連れて入ると、すぐにお里が門口へ出て例の「お月さんも寝やん

した」になる。そこへ暖簾口からヌーッと海老蔵の弥助が出るという段取り。

よく考えてあるが弥助は権太の薄肉のままだし、和事らしい柔らかさもないの

は是非ないか。そこでいつもの芝居のダイジェストが手早く展開し、内侍六代

を連れて弥助が下手へ入る。むろんお里のクドキはカット。

 そこへ暖簾口から、弁慶縞の浴衣、向う鉢巻き、キリッとした権太が颯爽と

飛び出してくる。すぐ平舞台真ん中で足を割って手を後ろへ廻したツケ入りの

大見得。ここがさっきの引込みに次ぐ出来で「あゝいい権太だ」と思ったとこ

ろが、これからがよくない。花道七三からの戻りはイトに乗りはするが機械仕

掛けの如く、それが祟って花道七三の鮓桶を持っての大見得は最初の見得ほど

見栄えがせずに残念である。

 残ったお里に吹替の弥左衛門と女房が絡む間もなく梶原の出になる。当然梶

原と弥左衛門の芝居は一切なく、権太の「内侍六代召捕った」で権太が出ての

首実検。この首実検は梶原に向かって中腰の足の割り方が醜く、形が悪い。

「面上げろい」もさしたることなく、梶原が入ったところで弥左衛門が権太に

切りかかる。

 ここからがこの幕、いや今度の舞台最大のヤマ場。どうするのかと固唾を呑

んでいると、まず弥左衛門に切り掛けられた権太が二重に逃げる。暖簾口の暖

簾一枚で海老蔵が権太から弥左衛門に替わり、弥左衛門が吹替の権太に刀を振

りかぶってきまる。弥左衛門の「ようもようも」の怒りのせりふがあり、また

立ち廻って権太が上手障子屋体へ逃げ、弥左衛門も追って入り、権太がお里が

使った屏風を持ち出し、この屏風一枚で海老蔵が弥左衛門から権太に替わる。

権太は二重真ん中、白ろくに片足落して手負いになる。

 よくもここまで考えたと感嘆する早替わりであるが、ゴタゴタするのも事実

だし、早替わりに気を取られてドラマの感動が薄くなるのも事実だが、それで

もいいところが二つある。一つは追いつ追われつの父子の立ち廻りが家庭内暴

力すなわちDVの陰惨さが目の当たりになること。もう一つはこれまでだれがや

っても平舞台であった権太の告白がこの二重真ん中白ろくの位置で大きくクロ

ーズアップされること。早替わりはともかくも、今後はこの型が流行るかも知

れない。

 ただ海老蔵の権太の述懐は、そのせりふ、その芝居ともにもう一つ。これは

弥左衛門が吹替のためにろくに父子のやり取りの芝居が出来ないためもある。

 権太が三文笛を吹くと息が切れて死ぬ。そこでみんなが取りすがって死骸を

隠すと吹替に成り、下手から海老蔵が弥助になって内侍六代を連れて出て、い

つもの芝居になり、弥助が舞台に立って幕になる。すなわち幕切れは権太では

なく弥助中心になる。

 以上を要約すれば、海老蔵の権太は、木の実に次ぐニンのよさで、最初の引

込み、二度目の出の大見得の二ヶ所はいいが、ほかはほとんど研究不足。早替

わりは暖簾一枚、屏風一枚の工夫で驚くべきものだが、その分大事な仕事がお

ろそかになったことも否定できない。二役弥左衛門は無理、三役弥助は色気不

足。

 左団次の梶原が画竜点睛。斎入の女房がいい。児太郎の内侍小せんの二役。

 梅丸のお里はくどきもほとんどカットで気の毒。

 大詰第一場はいつもの川連館。法眼夫婦の件をカットして、御簾が上がると

梅玉の義経がいてすぐに本物の忠信の出になる。花道の忠信は形ばかりで情が

ない。見どころの「黙して」の下げ緒捌きがないのは残念だが、総じて平凡。

二役源九郎狐は、初役の時の宝塚の男役のような女っぽさはさすがに取れたも

のの、相変わらずせりふの子供っぽさ、甘ったるさ、弱弱しさ、狐詞の曖昧さ

は前回同様である。大体菊五郎型をもとに、それに欄間から平舞台へ飛び下り

る大けれん、宙乗りの猿之助型を加えている。狐の述懐も大事なところにカッ

トがあって悲劇の哀歓が出ていない。

 梅玉の義経。雀右衛門の静御前は道行を語るところがカットなのは気の毒だ

が、それでも花道を出て義経を見詰めてひたすら歩いて来る色気、「さてはそ

なたの狐じやの」の後、狐が海老反りになるところへ刀を持って覆いかぶさる

ところの辺り、父四代目をよく学んでいい静になって来た。九団次の駿河、鷹

之資の亀井は小粒ながら動きがキビキビしていい。

 第二場奥庭は今までと一変して大スペクタクル。花丸をあしらった襖を立ち

並べその陰で海老蔵が覚範、忠信、狐、藤原朝方の四役を入れ代わり立ち代わ

り替わって見せる大立ち廻り。その上これが終わった後一瞬暗転になり、スラ

イドで十三役の紹介。呆気に取られていると一瞬場内が明るくなって何トンも

あろうかという桜の大吹雪が舞台はむろん客席を襲う。その先が見えないほど

大量の桜吹雪の向こうに、市川家の鉞髷、三升の黒紋付、柿色の裃姿の海老蔵

の切り口上。夢うつつのうちに観客は席を立つという大スペクタクル。これは

「千本桜」とはまた別のカブキ・ショウである。

 この夜の目覚ましさに対して昼の部は平凡。

 第一「高時」。右団次の高時は明晰なせりふ廻しではあるが、だれがやって

もなかなか面白くならない難物。是非もない。児太郎の衣笠、九団次の安達三

郎、梅花の母、市蔵の大佛陸奥守、寿猿の城の入道。

 第二、池田大伍作、久保田万太郎演出、今井豊茂演出の「西郷と豚姫」。か

つて見た幸四郎(初代白鸚)の西郷、十七代目勘三郎の仲居お玉で見た時は、

幸四郎も勘三郎も脂の乗り盛りな上に、我童(十四代目仁左衛門)の芸子岸野、

梅枝(のちの四代目時蔵)の雛勇という傑作があったためか京都三本木の情緒

あふれる舞台であったが、その久保田演出も今は名のみ残って長年のうちに擦

り切れてしまった。今度は総体にリアルな生活感がなく、期待した獅童のお玉

も情愛、哀れさともに薄く、錦之助の西郷は扮装はうまいが、明らかに役違い。

児太郎の岸野、梅丸の雛勇、歌昇の中村半次郎、権十郎の大久保市助、橘三郎

の廻しの男、いずれも平凡である。

 第三、海老蔵の「素襖落」は、現代の観客に迎合して喜劇味を強調するあま

り狂言舞踊らしい品がなく、那須与一扇の的はさながら義経、与一二人の物真

似に終始してしまった。分かりやすさは大事だが、そのために本質を見失う危

険がある。児太郎の姫御寮、獅童の大名、友右衛門の次郎冠者、権十郎の三郎

吾、長唄は日吉小間蔵、勝松。竹本は葵太夫、慎治。

 第四、野口達二改訂の「外郎売」は、これまでとかく「外郎売」を「対面」

につなげたのが無理に思えたが、今度はしっくりはまっている。なぜだか分か

らないが、長年の上演の結果なのかもしれず、堀越勸玄の貴甘坊の大人気のた

めかもしれない。いずれにせよ勸玄のせりふ、芝居ともにしっかりして「よう

よう成田屋ァ」というところである。

 海老蔵の外郎売実は曽我五郎も安定して、この二人を囲んで梅玉の工藤祐経、

魁春の大磯の虎、雀右衛門の化粧坂の少将、広松の喜瀬川、梅丸の亀菊、獅童

の朝比奈、児太郎の舞鶴、市蔵の茶道珍斎、家橘、九団次の梶原父子と一座総

出のはなやかさである。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る