2019年8月歌舞伎座

「なぜ私は今ここに居るのか」

 

 八月納涼歌舞伎の第三部「新版雪之丞変化」で玉三郎の女形中村雪之丞が口

にする疑問である。なぜ私は今ここに居るのか。私は一体何者か、私の人生は

なんだったのかという問いである。  

 雪之丞は長崎の商人松浦屋清左衛門の息子であったが、子供の時に父が当時

の長崎奉行土部三斎の陰謀によって無実の罪を着せられて自殺、母もまた無惨

に死ぬ。成長した雪之丞は歌舞伎の女形になり、同時に両親の敵を討ちたいと

思っている。長谷川一夫の当たり芸であった三上於菟吉原作の「雪之丞変化」

であるが、今度はその「新版」として日下部太郎脚色、玉三郎補綴演出によっ

て、これまでの「雪之丞変化」とは一変。今までの歌舞伎座の、いや歌舞伎に

もないような画期的な異色作になった。

 「なぜ私は今ここに居るのか」という問いを雪之丞が自分自身に投げかける

のは、敵討ちと女形としての芸道の二つの人生の目標の岐路に立った時であっ

た。土部三斎は娘浪路を将軍の側室に上げた権力者。それを倒すことは容易な

ことではない。たとえ成功したとしても自分の命はないだろう。幕府の免許の

ない敵討ちはただの殺人犯として処罰されるからである。しかし雪之丞は土部

三斎のような悪人を殺すのは世間のためになると思っている。この敵討ちには

いわば社会的な意義があるというのである。

 それに対して女形というもう一つの目標には果たして意義があるのだろうか。

そこで雪之丞は自分の俳優としての仕事、女形そのものに疑問を投げ掛ける。

なぜ私は今ここに居るのか。私はなぜこの仕事をしているのか。この仕事は敵

討ちのような社会のためになっているのだろうか。この問いは自分の存在の否

定につながる。敵討ちと違って女形には目に見える実効性も社会的な意義もな

い。いわばなんの役にも立たない。なんの役にも立たないことをやっている自

分は無意味な存在だろう。存在する価値がないのではないか。

 むろんこの問いは一見無意味に見える。

 なぜならば中村雪之丞は江戸三座第一の中村座で「京鹿子娘道成寺」を踊る

ほどの成功をおさめているからであり、その成功が観客の大きな幻想になって

いるからである。そうである以上この道をやり続けるしかない。死を迎えるそ

の日までこの天職に殉るしかない。それが人生というものだろう。答えはすで

に出ているのである。

 にもかかわらずこの問いに意味があるとすれば、この問いが雪之丞を演じて

いる玉三郎自身の問いに見えるからである。玉三郎は今日歌舞伎の女形の第一

人者である。しかもここは歌舞伎界第一の檜舞台歌舞伎座である。そこで玉三

郎が自分の存在に疑問を投げ掛けとすれば、そこには大きな意味があるだろう。

その意味はもう一度自分の人生を振り返ること。もう一度歌舞伎とはなにかを

問うということの意味である。これは歌舞伎という演劇の再検討という意味を

含んでいるから画期的であった。

 雪之丞は闇太郎に助けられて敵を討った。その助けがあったからどこまで雪

之丞が直接手を下したかは明らかではない。しかしそこに雪之丞という女形の

持つ「闇」がある。その「闇」が中村雪之丞という女形を支えている。とすれ

ば玉三郎もまた「虚構」の美という「闇」を背負っている。玉三郎が人生の道

半ばに立って、そのことを自分に問いかけたことが私には大事に思える。

 演出家としての玉三郎もまた歌舞伎を裸にしている。

 私は長年歌舞伎座を見て来たが、芝居の最中に舞台の奥のコンクリートの壁

を見たのは今夜がはじめてだった。まさに鶴屋南北の「白化け」である。「白

化け」とは素の、ありのままの舞台裏を暴露するという意味である。

 玉三郎はまた映像を多く使って歌舞伎の造形の方法を解体して見せた。たと

えば劇中で中車の中村菊之丞が「先代萩」床下の仁木を演じる場面。花道を引

込む仁木の姿を黒衣を着たカメラマンが写して舞台正面に広がるスクリーンに

大写しにして見せ、かつその姿をモンタージュ化する。現物の中車の仁木、モ

ンタージュされた映像が仁木の造形を立体的にし多面化し、そのことによって

その造形の秘密を分析する。この分析による解体こそ、あの「なぜ今私はここ

に居るのか」という自己確認につながるものである。

 この解体、この問いによって、それでも歌舞伎は歌舞伎であり続け、玉三郎

は玉三郎であり続ける。それは裸になっても残るなにかを示している。そのこ

とに自ずから答えが浮かぶ。

この作品が画期的なのは、歌舞伎の、あるいは女形の方法論の再検討を意味し

ているからであり、そこに女形として生きて来た玉三郎の真摯な「人生とはな

にか」という叫びがあるからである。私はそのことに深い感銘を受けた。

 中車が闇太郎、土部三斎、菊之丞、孤軒老師、脇田一松斎の五役を器用に演

じ分けてうまい。人間描写が正確だからである。七之助が雪之丞の先輩役者秋

空星三郎をうまくやっていて今月この人この役が一番。ただ玉三郎の雪之丞の

先輩という年配には無理があり、釣り合いがわるいのが残念。やえ六の秋空鈴

虫が目につく。

 以上、この重いドラマの後に舞踊「元禄花見踊」が付いている。重く暗いド

ラマの口直しのためだろうが、これは余計だった。折角の作品の印象が混濁し

てしまう。

 この前に第一部と第二部がある。

 第一部は「先代萩」の御殿と床下と三世河竹新七作の舞踊「闇梅百物語」。

 今度の「先代萩」第一の収穫は予想外に幸四郎の八汐と仁木の二役である。

二役ともに幸四郎のニンからいえばどうかと思ったが、思いの外の上出来であ

る。

 八汐はとかく細身でスッキリした芸風を抑えて、スケールが大きく、悪が効

いて分厚く厚味のある芝居になっているのがいい。芸にヒレが付いて来た。二

役仁木も凄味があって立派なのには驚いた。連判状を懐中して笑った後、その

ままの位置で揚幕の方へ向き直って大見得をしての引込みもいい。第三部の

「雪之丞変化」の劇中劇では中車が同じ床下の仁木を演じているが、中車は笑

った後本舞台の方へ行き花道付際で見得になっている。この型は九代目も演じ

た一般的な型ではあるが、この闇を透かして男之助の気配を伺いながら本舞台

の方へ戻る芝居が意外にむずかしい。とかく観客によく見えるように付際へ戻

るように見えてしまう。現に中車もそうであった。幸四郎のやり方の方が単純

で力強い。

 収穫の第二は扇雀の栄御前。その女らしさ、その品位、嫌味のなさでいい。

第三位は巳之助の男之助。まだ未完成ではあるが行儀正しく亡きお父ッあん十

代目三津五郎譲りの男之助。その勢い、その意気込み、その体のこなし。いい

男之助である。

 番外は、勘太郎の千松。芝居がしっかりしている上に行儀正しく、規格には

まっている。弟長三郎の鶴千代また兄貴に負けていない。

 七之助初役の政岡は期待に反してよくない。年配を出そうとするためか最初

から野太い声で幻滅。飯焚きも手順に追われていてしかも遅れ気味。政岡は毎

日飯を炊いているのだろう。肝腎のしどころがキッパリせず未消化。再演に期

待したい。

 児太郎の沖の井。千松殺しの後、政岡が鶴千代を上手の奥へ連れて行くので、

沖の井は下手へ入る。松島はカット。幕切れに歌女之丞の大場道益の妻小槙が

出て毒薬の出所をいって八汐を責めるのは、奈河亀輔の原作にもある件りだが

竹の間がカットである以上はかえって前後の事情が分かりにくいだろう。

 「百物語」は、五代目菊五郎が唐傘の化け物、骸骨、読売実は狐、小坂部姫

の四役を初演した変化もの。私が十七代目勘三郎ではじめて見た時は、勘三郎

は腰元白梅、唐傘、雪女郎、骸骨、読売、小坂部姫と六役全部を一人で踊った。

それが本当だろう。この本来一人で踊るものを、白梅は新悟に、唐傘は歌昇に、

雪女郎は扇雀に、骸骨と読売は幸四郎に振り分けた上に、小坂部姫はカットに

なっては散漫で面白味も見伊達もない。

 幸四郎の骸骨は今日の演出では本人かどうかわからず、読売はかっぽれが面

白いだけ。

 扇雀の雪女郎はキレイ。新悟の白梅、歌昇の唐傘、弥十郎の狸と大内義弘、

種之助の河童、虎之介の新造はいずれも平凡。

 ところで、今の台本、演出では「百物語」がなんだかわからないだろう。生

半可な照明の闇、小さく消えているのか付いているのか分からぬ燭台。これで

は分かりようがない。

 つづく第二部は、幸四郎、猿之助の恒例「弥次喜多」。

 他愛ないといえばそれまでだが、二人のコンビ、対照が面白い。ことに今ま

でとかく趣向倒れだった前回までと違って今度は喜劇の土台がしっかりしてい

る。すなわち弥次喜多二人と顔がそっくりな、世直し大盗賊の黒船風珍(プーチ

ン)と獅子戸乱武(トランプ)が同じ伊勢参りに出かけるという滑稽。それに染五

郎と団子が雲助と若殿ともう一組が絡む。それを追う中車の鎌川霧蔵(カマキ

リ)。

 序幕第三場の鈴ヶ森と第七場の鞠子の宿丁子屋が面白い。

 もう一歩踏み込めば面白い喜劇になるのにと思うところもあり、楽屋落ちが

多すぎるのも気になるが、この酷暑のなかでは気晴らしになる。やっと喜劇っ

ぽくなって来たからには次回にもうひと踏ん張りしてほしい。七之助の女スリ、

児太郎の村娘、巳之助の貝蔵、隼人の与三郎、新悟のお富、猿弥の女義太夫、

壽猿の花火職人が目につく。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る