2019年9月歌舞伎座

感動的な「沼津」

 

 九月恒例の「秀山祭」昼夜六本のうち、見る前はまたかと思った「沼津」が

感動的であった。

 二年前の2017年正月歌舞伎座とほとんど同じ顔振れであるが、今度はさ

らに洗練を加えて感動が深く、芝居が流れるようによどみなく、何度も胸が熱

くなった。

 たとえば平作住家で、お米のくどきの両手を懐手にした花魁のポーズから十

兵衛が「瀬川」と気づき、さては騒動のもとになった女かとわかって敵同士と

知り、さらに平作にほかに子はないかと聞く。平作の告白で自分がその息子と

知り、母を思い、妹お米の供養の花の野菊の意味知るところ。謎が一枚一枚剥

がれて行くように進んで行く具合が一直線に鮮明である。

 あるいはまた、十兵衛が入って、残された平作父娘が真相を知るところから、

まず平作が後を追い、つづいてお米と池添孫八が追うところで幕になるまで。

とかく十兵衛がいなくなると、その後はバタバタで筋を通すだけになりがちだ

が、今度は芝居の盛り上がり怒涛の如く、みんなが知らず知らずのうちに悲劇

に向かって突き進んで行く具合が明快を極めている。これは歌六の平作、雀右

衛門のお米、錦之助の孫八が一段と良くなったからであり、見ていて運命の流

れの堰き止められぬ速さを思った。役者の芝居の円熟もとよりだが、各人が自

分の芝居を他人に渡すイキが緊密になったからである。たとえばお米の花魁の

ポーズは思わず昔の遊女の面影が出ただけであるが、それをはっきり十兵衛に

見せて「瀬川」ではないかと思わせるように仕向けている。雀右衛門がそうな

るのもまた吉右衛門の十兵衛がお米のくどきをジッとハラで聴いているから。

そこに段取りを超えた芝居の血肉が生きている。

 順を追って書いて行こう。

 今度の「沼津」は「三代目中村歌六百回忌追善狂言」とあって歌六の曾孫吉

右衛門はじめ歌六、又五郎ら播磨屋一門が集まっている。

 第一場小揚げ。幕開きすでに茶屋の娘に米吉が出て舞台の気分が違う。かつ

て故人小山三の当たり芸だった旅の妊婦を梅乃がリアルにやって好演。

 吉右衛門の十兵衛が又五郎の荷持ちの安兵衛を連れて出る。花道七三の「サ

ァ来い来い来い」で一遍に舞台が明るくなる。そこへ歌昇と種之助の夫婦に連

れられて歌昇の長男小川綜真が初御目見得。又五郎の安兵衛が三人を見送るの

を見て、吉右衛門が「お前に似ている」という楽屋落ちで満場爆笑。又五郎の

てれた顔がほほえましい。

 安兵衛が入ると、歌六の平作が今の話を聞いていたという思入れでつかつか

と出る。歌六は人間描写が的確な上に義太夫味が加わって格段の進歩。捨てぜ

りふ、イキともにいい。その証拠に花道七三で木の根に蹴躓いて爪をはがして

木の根につく悪態が前年よりグッと内輪でリアルになった。あるいは荷を十兵

衛に持って貰い駄賃は貰う、それでは「えらいお気の毒じゃなァ」というよう

なやり取りがユーモラスで無理なく義太夫に溶け込んでいる。例の口伝のやか

ましい「しんどが利になる蒟蒻の」の足どりも面白い。この時吉右衛門の十兵

衛が芝居の邪魔にならぬようにわざと下がっているのも心遣いである。

 第二場野道。

 雀右衛門のお米が出る。吉右衛門の十兵衛はわざと顔を見ないように荷繕い

をしていて、何気なくお米を見て、その美しさ惚れる具合は、本来松王丸が本

役この人らしい独特の見染で面白い。続いてお米の後を追っての引込みの可笑

し味もよく、それを追う歌六の平作の軽さもいい。

 第三場平作住家。

 吉右衛門の十兵衛は笑いのうちにほのかな恋を隠していい。平作の家が汚い

のを我慢して「思い切って泊めて貰いしようか」のイキにもそれがあらわれて

いる。安兵衛が追って来たところで「三代目歌六百回忌追善」の劇中の口上に

なる。真ん中に吉右衛門と歌六、その上手へ雀右衛門、下手へ又五郎と四人だ

けの口上である。

 口上が終わると十兵衛の仮病で安兵衛が先に吉原へ向かう。いよいよここか

らが悲劇の始まりである。十兵衛が平作にお米を女房に所望し、人妻と聞いて

しまったという具合、雀右衛門のお米が平作になだめられて謝る芝居も変にギ

スギスせずにいい。この後、平作が蒲団を敷く間、いつもは縁側に出て柱に立

身で寄り掛かるのを、今度は屋体上手の窓に上手向きに座って所在無げに左手

で頬杖を突いた姿が、いかにも恋を失った男の無聊が出て印象的だった。

 夜になる。

 雀右衛門のお米はここで裾を引く。一度寝てからのお米の芝居は門口を使う

人もいるが、雀右衛門は寝床のままはじめ右手を下に置いての姿、次に右手を

懐手に左袖を抱いた姿だけで持ち切ったのは今度の収穫。哀れ気があり、色気

もあっていい姿である。

 お米が印籠を盗んでからの芝居は、歌六の平作が木槌に躓く拍子にさてはと

気がつくのだが、この段取りで二重から平舞台へ片足を降ろしての大芝居が面

白い。この後のお米のくどき、平作の述懐で十兵衛がさては実の父かと知って

守り袋を見る具合、母は死んだか、お米は妹かと知るところは吉右衛門の独壇

場。冒頭にふれた通り、真直ぐ一本の線がドラマの核心へ迫り、十兵衛の人生

たちまち音を立てて崩れていくようであった。

 十兵衛が旅立つ。二重に腰かけてこの提灯の灯で吉原までもっであろうかと

いいながら、その灯で平作の顔を見てたまらず目を逸らす具合もうまい。門口

へ出てお米を呼んでその顔を見ながら「人間万事芭蕉葉の、露より脆き人の命」

になる。吉右衛門がセリう廻しで聞かせるところである。花道七三での「あゝ

降らねばよいが」とハラで泣く具合もいい。

歌六の平作はすでにふれた通り印籠の盗人はわが娘と知っての嘆きが一際よく

なった。雀右衛門のお米も起き直ってからのくどきが粒立っていい。錦之助の

孫八を含めてこの場がいいことは冒頭でふれた通りである。

第四場千本松原。

吉右衛門は視線の動き一つで暗闇を表現するのがうまく、闇はさらに深くなっ

ている。今回ことに目についたのは、「九州相良」。今までは立身で平作に笠

を差し掛けるのがリアルだったが、今度は右手で笠を差し掛ける時に、左手を

上から大きく竹本のリズムに乗って廻し背の帯に手を掛ける動きが様式的にな

って面白味を増している。それに幕切れもその笠をパッと下へ落とすのが析の

頭で絵面になっている。

歌六の平作は、もう死ぬしかないという決心がもう一つはっきりした方が悲劇

が際立つと思う。たとえば山城少掾だと「あゝ発明なお方じゃな」という一句

にそれがハッキリする。

以上「沼津」が今回の秀山祭の白眉である。

昼の部はこの「沼津」の前に幸四郎初役の「湯殿の長兵衛」と梅玉の清元舞踊

「お祭り」。

幸四郎の長兵衛は本来この人のニンでない上に、最近芸に幅が出て来たとはい

え、まだまだ若さが目立つ。内になっての一人の述懐だけはしんみりと出来た

が、江戸一番の大親分になるのはこれからだろう。

松緑の水野は、顔が白く塗り過ぎ。この作品は世話物ではあるが、明治の歴史

ものに近いからもう少しリアルな方がいい。せりふはいつもの癖が抑えられて

はいるものの「丁度季節も木の芽時」などまだ工夫が足りない。水野の性根は

長兵衛が憎いが一方敵ながら殺すに惜しいと思っている。その両面を出すのは

意外にむずかしい。

雀右衛門の女房お時、錦之助の唐犬権兵衛はさすがに一日の長。歌昇の出尻清

兵衛が長松を目に入れても痛くないほどかわいがっている情をうまく出す。他

の役々は筆に掛からず。

これでがっくりしたせいか、次の「お祭り」が実に楽しかった。

清元の「申酉」を今度新しくショウ・アップした新演出。幕開き、魁春と梅枝

の芸者二人立ち。ちょっと踊って花道から梅玉の頭がカラミを使って出る。そ

の後もいつもと違って頭が二重の上で大太鼓を打ったり、万事はなやかになっ

ている。今月踊りはこれ一番、気分が和らぐ。魁春の余裕と芸格、梅枝の精い

っぱいの対照も彩り。

清元は延寿太夫、志寿造ほか。

夜の部は「寺子屋」から。

吉右衛門の松王丸は、むろん十兵衛よりもこっちが本役というべき当たり芸。

「ヤァーレお待ちなされ、暫く」の第一声から「面改めて」のあとの咳の芝居、

源蔵との付け回しの裏見得と全て申し分のない出来であるが、なかでも今回際

立っているのは「無礼者め」の大見得である。スケールが大きいのはもとより、

描線が深く太く古怪で、そのままの錦絵。ここらが歌舞伎の醍醐味である。

首実検の手強さ、一度引込んだ後わずかの間にモドリになって真相を明かし、

泣き笑いから大落としまで充実した出来である。見ていて私はつい「寺子屋」

をはじめて見た観客はさぞこのどんでん返しにびっくりしただろうと思ってし

まった。改めてそんなことを思ったのはそう思うほど今度の吉右衛門は変わり

方が深く、鋭く劇的でこの男の根底に根ざしていたからである。その深層目の

当たり。あの芸の分厚さはこの振幅によるのだろう。

幸四郎の源蔵は、その出の柔らかさ、優しさがいかにも戸浪と駆け落ちをした

男らしく、昼の部の長兵衛とは格段の違い。「せまじきものは宮仕え」あたり

十分の出来であるが、叔父さんの松王丸を向こうに廻すと格の違い、どうして

も貧弱に見えるのは年期の差、是非もない。ここらがアンサンブルのとれた

「沼津」と違うところである。

吉右衛門を除けばこの幕第一の出来は菊之助の千代。前回まではどこか冷たい

母親だったが、今度は舅の女房役、緊張もし研究もして母親の哀しみを造形し

ている。門口に立って泣き紙を口に当てながら「もし、お開けなされて下さり

ませ」の不安から、源蔵の鍔音に「さてはもう殺されたか」という絶望と悲し

み、くどきになっての紫の袱紗一枚、ほとんど体の動きを抑えて、母親の哀し

みを迸らせたのは大手柄。吉右衛門の女房役としてお役に立ったは手柄者であ

る。

又五郎の春藤玄蕃が手強い上に、松王丸の言動をよく受けて舞台に緊張感を作

っている。

児太郎の戸浪は精一杯の力演。いや精一杯過ぎて「鬼になって」辺り男になる。

もっとしっとりした世話女房でありたい。

園生の前に体の不自由な福助が出る。どうするのかと思っていると、いつも通

り松王丸が合図の笛で駕籠を呼ぶ。松王丸の指図でその駕籠を屋体の裏に廻し、

暖簾口へ園生の前が立つ。一二歩歩いたところへ児太郎の戸浪が介添えをして

座らせる。うまいことを考えた人がいる。

幕切れもいつもとは違っていつもは平舞台下手に立つ松王丸が今度は座ってき

まる。園生の前が立てないから中腰なのに付き合った、吉右衛門の心遣いだろ

う。それで十分絵面になった。

涎くりは鷹之資、百姓は橘三郎以下。

丑之助の菅秀才がしっかりしている。親子三代の「寺子屋」大当たりである。

次が「勧進帳」。

 今月は弁慶と富樫が、仁左衛門幸四郎組と幸四郎錦之助組の一日替わりのダ

ブルキャストである。私が見た九月三日の夜は仁左衛門組であった。

 仁左衛門の弁慶は平成二十年以来十一年ぶり。今度は一日替わりのせいもあ

るだろうが余裕たっぷりでなによりも無理がなく、十分に腕を振るって清冽こ

の上ない。この弁慶は芝居がうまい。せりふも例の名調子で明晰、形もキレイ

である。片言隻句一つの無駄もなく、あたりの状況、景色を描きながら、その

人間の心持ちまた目の当たり。花道の芝居から、祝詞、山伏問答から打擲、詰

め寄りまで、難しい文句をだれにでも分らせるのは、わずかな動作や視線の動

きの芝居がうまいからである。

 いくつかの見得も実にスッキリといい形。弁慶にはおかしいと思われるかも

知れないが、その芸は玲瓏玉の如きである。ことに幕外の飛び六法で太鼓に合

わせて手をヒラヒラさせる弁慶が多いなかで、そんなことをしない正しさ。大

賛成である。

 ただしこの弁慶にして惜しいことに気になるところが二つある。一つは前段

とかく舞台の真ん中へ出過ぎること。山伏問答では前へ前へと進んでついには

富樫の鼻先まで行く。真ん中を開ける方が正しいし、九代目は必死の苦しさを

一歩進んではまた一歩退くという具合にしたという(三木竹二の劇評)。

 もう一つは、近頃だれでもやることたが、勧進帳を読み終わるとサッサと帰

りかけること。富樫はまだなにもOKを出していないのだから間違いである。

 幸四郎の富樫は名乗りで「さえーもーん」と声を震わせるのを除けば口跡も

よく、スッキリとして、この人の本役。十分の出来だがいかんせん仁左衛門の

弁慶と並ぶと見劣りがするのは是非もない。

 義経は孝太郎がしっとり見せる。引込み、本舞台へのそれとなくの思入れが

いい。番卒は高麗五郎以下、四天王は亀蔵以下。その一人に千之助が出て、

「寺子屋」に続いて親子三代の舞台である。長唄は鳥羽屋里長が絶唱を聞かせ

る。

 「沼津」の後、昼夜の入れ替えがあるものの「寺子屋」「勧進帳」と並ぶと

さぞ疲れるだろうと思いの外ちっともくたびれなかった。役者の芸がいいと面

白いというところが歌舞伎の特色だろう。

 夜の部の最後は、これも歌六追善の「松浦の太鼓」。

 当代歌六初役の松浦鎮信は、なにかというと「バカバカバカ」という我儘な

殿様ぶりを、内輪にリアルに、しかもユーモラスに描いている。初代吉右衛門

以来だれでも役者の愛嬌で見せてきた役をユーラスな人間としてとらえたとこ

ろがいい。

 其角が東蔵、大高源吾は又五郎、お縫は米吉。近習は歌昇以下。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る