2019年9月国立小劇場研の会

尾上右近の情熱

 

 九月二日、五回目の「研の会」を見た。

「弁天小僧」の浜松屋と勢揃い、それに文楽座の呂勢太夫、藤蔵、清志郎の義

太夫で舞踊「酔奴」の二本立てである。

 結果は意外にも「酔奴」が面白かった。「酔奴」は木村富子作、鶴沢道八作

曲、初代猿翁初演の踊りであるが、私は戦後歌舞伎座で猿翁が踊るのを見て平

明であまり面白くないと思った。雪の降る大川端。仙台伊達家の中間が故郷の

仙台浄瑠璃を踊り、あるいは三人上戸と見せ場が続いているが、いずれも猿翁

の説明的な踊りで風情がなかったからである。それをなぜ右近がやるのか、私

にはよく分からなかった。

 ところが見てみるとこれが意外に面白い。前半は大したこともないが、後半

三人上戸が面白い。怒り上戸、笑い上戸、泣き上戸の三人の踊り分けのイキが

まことにいいからである。三人に変って見せる瞬間のイキがシャープでいい。

それにはそこまでするのかと思うほど三人のありさまを熱つぽくやる。その上

でパッと変わる。クルッと向きを変えるそのイキがいい。そのイキのよさは澤

瀉屋畑のものではなくむしろ音羽屋畑のものである。その情熱に私は感心した。

 幕になっての幕外のお礼の口上も、十一月莟玉に改名する梅丸を呼び出して

の引き合わせ、ライブ気分の熱気が場内を包んだ。右近の若者らしい情熱であ

る。

 しかし肝心の「弁天小僧」には課題が残った。

 前半娘の間はニンにあるからさぞよかろうと思ったのに、いつもの右近の女

形というだけでさしたることもなかったのは研究熱心な手から漏れた油断だろ

うか。ところが見あらわしになると今度は力が入り過ぎて自然さを失う。「酔

奴」と違ってイキのよさがない。力み過ぎのためである。前後の緩急、きまる

ところは突っ込んであとは軽くいく自然さのバランスが取れていない。「菊之

助たァ俺のことだ」の片肌ぬいだところが泥臭く見えるのもそのためである。

五代目菊五郎の工夫を重ねた弁天小僧はガラス細工のような繊細さがいる。そ

の細密さがうまくツボに嵌らないと面白くない。

 やっと後半になって豆絞りの手拭いで頬冠りをした姿にこの役らしい風情が

出た。この感覚で全体が通せれば今後この人の当り芸になるだろう。

 団蔵の日本駄右衛門はさすがにこの芝居のイキを呑み込んでいいが、いつも

ほど元気がないのが気になる。

 彦三郎の南郷力丸はせりふがしっかりしているが、右近の芝居に引き込まれ

たせいでもないだろうが、これも緩急の変化に乏しい。

 市蔵の浜松屋幸兵衛、福太郎の宗之助。橘太郎の番頭は手練れの芸だが、新

歌舞伎のような匂いがするのはどうしてだろうか。新十郎の鳶の頭。

 勢揃いには、九団次の忠信利平、梅丸の赤星十三が出るが、この二人を含め

てこれはということがない一幕で残念である。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://homepage1.nifty.com/tamotu/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る