2019年9月28日NHKホール

菊之助の「四の切」

 

 NHKの古典芸能鑑賞会で、菊之助初役の「四の切」の忠信を見た。この舞

台が特殊なのは、歌舞伎役者と文楽座の太夫三味線の共演である。昔から歌舞

伎の舞台に文楽座が出ることは禁じられていて、もし共演する時は役者はせり

ふを喋ってはいけない。したがって殆どせりふのない舞踊では共演があるが芝

居では滅多にない。そのタブーを破ったのが幸四郎(初代白鸚)と綱大夫弥七

が共演した「日向島」、その次が昭和三十六年、十七代目勘三郎の忠信、梅幸

の静、綱大夫弥七の共演だった。今度の「四の切」は、それ以来三度目。画期

的な企画である。

 もっとも最初はいつも通り竹本で、愛太夫、慎治が御簾内で語る。

 菊之助の本物の忠信は、花道へ出たところ関兵衛とは違って無理のないニン

である。しかしその出は気持ちは十分ながらキッパリしていないのは型が未消

化なせいである。普通は花道中ほどで本舞台の義経に気づいて腰を屈め、七三

まで行って腰を三段に落とすのだが、菊之助はほとんど七三近くまで行って腰

を落とし、そのまま本舞台に入ってしまう。これでは七三のしどころの造形が

崩れる。いくら気持ちがあっても形がキッパリしないと表現にならないところ

が、歌舞伎の面白いところでもあり、むずかしいところでもある。

 義経への言い分けのせりふは丁寧でよく通る。言いほどくことの面白さが出

ている。しかし例の「黙して」の下げ緒捌きは、終始向こうへ掛けている気組

みはいいが、下げ緒を捌いてハッと義経に気づくしぐさがなく、気が変わらず

折角の気組みのよさも生きずに平凡。上手への引込みもさしたることなく、本

物の忠信は気組みのよさにもかかわらず造形が十分ではない。

 ここまでの舞台で第一の出来は梅枝の静御前である。花道七三で本舞台の義

経を見てちよっとのけ反る当りの色気、本舞台へ来ての情愛、忠信との道行を

語る物語の遠くを見る目遣い。いずれも狐の神話の輪郭をつくるよさである。

 時蔵の義経は強く見せようとするためか、少し荒っぽい。柔らかさがほしい

ところである。

 万太郎の駿河、菊市郎の亀井。

 ここで析が入って黒子の口上になる。同時に上手揚幕から咲太夫と燕三を乗

せた床が出る。この口上にやれ「本行」の、「狐詞」がどうのというのは余計

だろう。「本行」も「狐詞」もいわば楽屋うちの専門用語。観客に聞かせる言

葉ではない上に、それでは菊之助の「狐詞」が本行通りかというとそうとも言

えないからである。

 いよいよ咲太夫燕三の文楽組と菊之助梅枝の歌舞伎組の共演になる。昭和三

十六年の勘三郎梅幸、綱大夫弥七の時も思ったことだが、この対決にはどうも

水と油の違和感がある。その理由は文楽の方にも歌舞伎にもそれなりの論理が

あり、それが必ずしも同質ではないからである。ことに「日向島」と違って

「四の切」となれば歌舞伎の方には菊五郎型という繊細微妙な、しかも堅牢な

演出があって、この二つが食い違う。

 文楽では、太夫が場景、人間の気持ち、全てを語り切って完結している。そ

の世界には人間が入り込む余地がない。その余地がないのに人形ならば入り込

めるのは、人形がその語りによってのみ生きるからであり、その語りの完璧な

世界を絵に翻訳して見せる効果を持っているからである。ところが歌舞伎は役

者の芸が全てに先行するから、竹本は文楽と同じ義太夫でも役者の身体を修飾

するためのものになり、それ自体は完結せずに開かれている。完結すると型が

自由にならず役者の生理が生きないからである。

 勘三郎と綱大夫の時は、そこが互いに主張して面白くなかった。それに比べ

れば今度の咲太夫に対して菊之助がそれに寄り添うようにしているから違和感

が少ない。しかしそうなってもやはり文楽と歌舞伎では、たとえば芸の「間」

が違うから、咲太夫に合わせている菊之助の型が間が抜けて見える瞬間が出来

るのはやむを得ない。おそらく咲太夫に合わせて菊五郎型を変えなければ成功

しないだろう。

 それでも菊之助はよく咲太夫について行った。ことに狐の告白の後半、歌舞

伎ではいつもカットされる妻や子への菊之助の忠信のよさが生きた。家庭を捨

ててまで父母に仕えようとする狐の思い、孤独の中で育ったために人一倍強い

親への愛着。そしてそれがたちまち自分の妻子に同じ思いをさせることになる

悲劇の輪廻。そういういつも描かれない悲劇の構造が鮮明になって、この告白

を十分見ごたえのあるものにしたのは菊之助の手柄である。

 ここまで来たのだから初音の鼓を受け取るところは、本文にも「手づから」

とあるのだから直接受け取ってほしかった。こここそがこの一段の性根であり、

それを静御前を介して受け取るのは歌舞伎の改悪だからである。

 幕切れは化かされ法師は一切カット。上手の桜の木へもかからず、宙乗りは

しないが花道へ引込む。これが菊五郎型の本道である。

 

 Copyright 2019 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/ 

                                                  「今月の芝居」に戻る