2020年1月歌舞伎座

って来た勘九郎

 

 大河ドラマから帰って来た勘九郎が、三島由紀夫の「鰯売恋曳網」で新鮮な

鰯売り猿源氏を見せている。令和最初の初芝居、正月歌舞伎座夜の部最後の演

目である。

 「新鮮な鰯」というのは、たしかこの作品が初演された時の戸板康二の劇評

のタイトルだったはずだが、今度の勘九郎は、祖父十七代目勘三郎、父十八代

目とは違う新鮮な感覚を持って、今回さらに新鮮になった。もっとも勘九郎の

鰯売りは今回が初役ではない。初役は平成二十六年。その時は祖父の十七回忌、

父の三回忌の追善興行であったために中村屋二代の呪縛に捉われていたが、今

度は自分一人一本立ち、本当の初役である。そこで祖父とも父とも違う鰯売り

が出来た。どこが違うのか。

 たとえば猿源氏が蛍火はじめ大勢の遊女の前で語る戦物語である。十七代目

もそれに倣った十八代目も共にここで腕いっぱいに脱線する。よくいえば愛嬌、

悪くいえば媚態。喜劇がグチャグチャになって笑劇に転落する。ところが勘九

郎は祖父とも父とも違ってキリッとしている。骨格が鮮明で脱線しない。歌舞

伎の「物語」の形式をキチンと守って悪ふざけをしない。笑いは少ないかも知

れないが、脱線しないから、歌舞伎の「物語」のパロディを書いた作者の意図

が鮮明になる。そうなるとこれは単なる喜劇だけではなく一人の青年が大人の

男になって恋人を獲得する物語になる。

 勘九郎がそうできた理由は二つある。

 一つは勘九郎が天性祖父とも父とも芸風が違うからである。祖父は熊谷をや

ってその物語に必ずしも成功しなかった。父は実盛をやってその物語がよくな

かった。親子二代、ともに物語をやる武将の人格とは芸風が違うからである。

勘九郎はまだ熊谷はやっていない。しかし将来やれば成功する可能性がある。

つまり天性この人には武張った物語が出来るのである。

 もう一つは勘九郎が祖父や父と違って真面目だからである。グチャグチャに

ならない。背筋がビーンと張っている。喜劇は真面目にやるのが第一。菊田一

夫は舞台で笑うことさえ禁じた。真面目にやれ。客受けばかり狙うな、客を笑

わせようとするな。それでなければ喜劇は出来ない。

 勘九郎の新鮮さは以上二点に尽きる。その二点に限れば祖父や父と違って喜

劇の正道である。孫が正道を歩み始めたことをあの世で祖父が喜んでいるに違

いない。

 七之助の蛍火も堂々たる立女形になった。

 東蔵の海老名は洒脱の味わいがあり、門之助の女郎屋の亭主、男女蔵の馬方

もいい。種之助の藪熊はまだ幼い。笑也、笑三郎以下の遊女。

 夜の部はこの前に白鸚初役の「五斗三番」と猿之助、団子の舞踊「連獅子」。

 白鸚の五斗兵衛は、二重下手の縁側から出たところ立派な、小ざっぱりした

風采であり、かつは市井に隠れた世話の味、リアルさもあっていいが、さて錦

戸兄弟に酒を勧められる段になると、芝居上手なこの人にしては意外に素気な

く面白くない。義太夫狂言らしからぬサラサラでつまらない。お座敷拝見も同

断。こういうところが面白くなければこういう芝居は生きないだろう。

 泉の花道の引込みを見送っての思い入れ、幕切れ花道七三で本舞台を一瞬振

り返っての思い入れの二ヶ所にこの人らしい鋭いうまさが出るが、さてそうな

るとどうしてもこの後の鉄砲場がないと物語が完結せず物足りなさが残る。

 三番になっての踊りの見立ては、今日の観客には通じがたいだろうが、この

見立てを面白がってやるノリがないため余計分り難い。竹田奴の目貫一つ取っ

て見てももう少し演出でどうにかならないかと思う。

 歌六の泉三郎は堅実一方。芝翫の義経は松江候の後で気が変わらず。

 錦吾の錦戸、男女蔵の伊達の兄弟はともに敵役の憎たらしさが足らず、突込

みも不足。

 幕開きに猿之助の亀井の雀踊りと諫言がある。猿之助の亀井は一度きまった

後に柔らかさを見せる工夫があるが、若衆らしいみずみずしい色気が足りない。

幕開きのこの役で、逆に御殿の暗さが浮かび上がらなければならないのに、か

えって陰気になっている

 「連獅子」は普通の「連獅子」とは違って二代目猿翁の工夫した「沢潟十種」

の角書きの付いたバージョン。幕切れの二人が上下に決まるよさもある代わり、

前半とかく獅子がライオンになる欠点もある。猿之助の親獅子は、十分貫禄を

見せ、団子の子獅子は、十一月の染五郎の子獅子のドタバタがないだけいい。

 男女蔵と福之助の間狂言は、十一月の亀鶴、萬太郎と違って二人のバランス

が取れず、松羽目ものというよりもいささか笑劇じみている。長唄は今藤尚之、

稀音家祐介ほか。

 以上の夜の部に対して昼の部の唯一の見ものは、吉右衛門の「素襖落」。た

とえば叔父御の屋敷へ来て鷹之資の次郎冠者にかける一言で、この家の者との

付き合いの長さ、家の景色が一瞬にして分ってしまううまさ。なんでもないよ

うでいておのずと滲み出た芸の味であり、その円熟の風格が見ものである。能

狂言の本行とはまた違ったリアルさ。狂言とは家の建付けが違う。今更ながら

松羽目ものの面白さはこういうところにあるのかと思った。狂言の名人とは違

って歌舞伎の世話のリアリティが品よく浮かんでいる。この一句のよさが分か

らないと芸の面白さは分からないだろう。

 扇の的も仕方噺の面白さだけでなく、与一が馬へ乗る時のフッと馬を見る時

の表情に与一の人生が出る。吉右衛門の役者としての円熟の味わいであり、こ

の一幕がいかにも正月の歌舞伎座である。

 大名は又五郎、姫御寮は雀右衛門、次郎冠者は鷹之資、三郎吾は吉之亟、太

刀持ちは種之助。長唄は鳥羽屋里長、竹本は葵太夫、寿治郎というベストメン

バーである。

 この「素襖落」の前に、梅玉以下成駒屋一門の舞踊「醍醐の花見」と芝翫初

役の「袖萩祭文」、あとに白鸚の「河内山」。

 「醍醐の花見」は、梅玉の秀吉、魁春の北の政所、福助の淀の方、勘九郎の

石田三成に、今度は新しく八条の宮夫婦を加え、八条の宮に芝翫、北の方に七

之助と、これで成駒屋一家一門が顔を揃えた。

 梅玉の秀吉は前回の鴈治郎とは趣を変えた若造り、芝居でさすがに秀吉らし

いところを見せる。福助の淀の方は化粧のせいか曾祖父五代目歌右衛門の淀の

方の写真にそっくり。ふっくらとした中にいくらか崩れた顔がよく似ている。

血筋は争われぬものである。ただ体の不自由のためとはいえ八条の宮より一段

高い床に居るのはもう一工夫は欲しい。八条の宮は一度秀吉の猶子になったと

はいえ皇弟だからである。

 芝翫初役の「袖萩祭文」は今月一番の期待作であったが、意外にも薄手で期

待外れ。障子屋体を出たところは立派で、傔仗に言葉をかけてからの目配り、

懐中の手紙を奪って花道へ行っての「何奴の、仕業なるや」辺りまではいいが、

それからあとが未消化。舞台へ戻ってからの詰め寄り、大落とし、「押し立て」

の旗を靡かせてのきまり、幕切れと全て間違ったことはしていないが、貞任の

不逞な情熱、その反対の妻子の別れの情愛が表面的で身に付いていない。いつ

もは生きるこの人の錦絵のような顔が少しも舞台面に映えていない。まだ三日

目、手順が身に付いていないためだろうから日が経てばよくなるだろう。

 周囲もよくない。

 雀右衛門二度目の袖萩は、花道七三はともかくも、本舞台へ来ての「この垣

一重がくろがねの」や「身は濡れ鷺」のしどころがほとんど型らしい型がなく、

地味で寂しい。それのみならず型によって生まれるはずの感情の迸りが薄い。

 祭文で終始顔を伏せたままなのもよくない。顔で芝居をすべきではないが、

顔を伏せたままでいることによって娘お君を父母に会わせようという心情が希

薄になる。再演に期待したい。

 浜夕で当てた東蔵が傔仗に廻ったのは気の毒としかいいようがない。

 笑三郎の浜夕も化粧がきれいすぎる上に意外にも母の心情に乏しく、芝居の

うまい人なのに芝居になっていない。ことに後半気が抜けている。

 七之助の義家は線が細く、この一座総崩れのなかでようやく踏みとどまった

のは勘九郎の宗任。キッカリした芸の描線、タッチの太さ、イキのよさともに

いいが、ただ欠点は腰高なこと。キマリがいずれも不安定な上に貞任と対照的

な低さにならない。最初の出で義家と別れてノサノサと花道へ行くところも体

が無防備になっている。

 前半の葵太夫、寿治郎の竹本が冴えている。

 白鸚の河内山は度々し慣れたせいか、芝居が崩れて一風変わった河内山にな

っている。若い人がこれを手本にしたらば大変である。

 まず白書院は、はじめ現代劇の如くサラサラとしていて「まことに意外の御

血色」など芝居にならず、舞台も締まらない。世話物は緩急自在といってもそ

れにはおのずから処方があって黙阿弥はその処方に従って書いているから、そ

れを崩すとおのずから芝居が成り立たなくなる。それを超えての新演出ならば

それなりの観客を説得するだけの理由がなければならない。

 芝翫の松江候は、白書院の引込みに立ち上がって向こうへ怒りをぶつけ、フ

ッと見返ってスッと入るイキが面白かった。なるほど松江候のような人には河

内山よりも浪路一家が憎いのだろう。  

 歌六の高木小左衛門、錦吾の北村大膳、高麗蔵の宮崎数馬、笑也の浪路。

 

 Copyright 2020 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る