2020年1月新橋演舞場

海老蔵の魅力

 

 正月の新橋演舞場の秋元康作演出の新作舞踊劇「雪蛍恋乃滝」は、役者とし

ての海老蔵の魅力がよく出て実に印象的であった。わずか五十五分の作品では

あるが、黒装束の海老蔵の忍者稲妻が、風の如く、影の如く、闇に溶けるが如

く、沈黙と孤独のなかに生きる香りが、この人の魅力の一面を実によく現わし

ている。むろん海老蔵にはほかの側面もある。しかしこの孤独な翳の深い寡黙

な姿は、その魅力のもっとも本質的な一つだろう。今まで、その魅力をこれほ

ど純粋に見せた役は他にはなかった。

 もっとも舞踊劇だからいいようなものの、物語には不可解なところもある。

 時は戦国時代。二人の武将が外国渡来の爆弾「炎の大玉」の製造方法の秘密

を奪い合う。武将の一人政虎(右団次)の娘月姫(児太郎)の刺青にその秘密

が隠されている。忍者稲妻(海老蔵)はもう一人の武将清宗(獅童)の家臣。

この両家の争いのなかで稲妻と月姫は恋に落ちる。しかし闘争の果てに両家に

和議が成立し、二人は裏切り者として追われ、ついに山奥の恋の滝で雪蛍の舞

うなか心中する。「炎の大玉」は核兵器の隠喩だろうし、月姫の刺青に秘密が

隠されているというのは外国のテレビ「ブラインドスポット」そのままである。

なぜ和議が成り立ったのかもよく分からぬ。しかしそういう難点を含みながら

も二人の恋の行方は、照明とセットに彩られて美しいフアンタジィになってい

る。

 政虎の右団次、清宗の獅童ともに「金閣寺」よりはいいが、いかんせんこれ

だけでは本領を発揮するには至らなかった。児太郎の月姫が海老蔵の相手役を

十分に勤める。幕開き冒頭の勸玄の幻想の稲妻の見せ方がうまい。幻想だが若

き日の稲妻かよく分からぬが、子役とは思えぬ演出である。

 海老蔵のもう一つの側面を見せたのが夜の部の「め組の喧嘩」の辰五郎。東

京では初役。

 序幕に今度は珍しく品川の妓楼島崎楼の店先が付いて、その二場目のいつも

の広間に下手廊下の奥からヌッと出たところは、なんだか書生のようであるが、

この後お屋敷の二人の侍と対峙すると、そのいい分が明瞭でこの男の輪郭、ド

ラマの構造が鮮明になる。ことに相撲取りと火消しでは身分が違う(ここがこ

のドラマの骨格)といわれて光る眼光の鋭さ、辰五郎が怒りを覚えているのは

この差別一点にあることが鮮明になる。この展開、この芝居運びが海老蔵の辰

五郎の特徴である。

 ついで八っ山下のだんまりも、その歩き方の軽さ、「豆辰」といわれた男の

足取りをうまく見せて、この序幕二場が一番の出来である。

 続いて二幕目芝神明の芝居前。ここは序幕の怒りが口惜しさに代わり、さら

に翌日の命を賭けた喧嘩になるところであるが、ここは序幕ほどではなかった。

 問題は三幕目の焚き出し喜三郎の内と辰五郎内の二場。ここは辰五郎が喜三

郎のところへ来た心境―――むろん自分の死後の後事を頼みたいためだが、さ

りとて真相を打ち明けられない二重のハラが出来ていないためにとかく梅玉の

喜三郎とのイキが合っていない。身延山へ行くというウソを見抜かれてからの

だんまりほどきもうまくいっていない。そのために辰五郎の内の酔態から女房

子供とのそれとなき別れも盛り上がらなかった。今後の課題だろう。

 梅玉の喜三郎、左団次の江戸座喜太郎が舞台を締める。

 孝太郎の女房お仲は、江戸っ子らしい気っぷのよさを出そうとするために、

少し騒々しい。

 右団次の四ッ車、亀鶴の九竜山、市蔵の亀右衛門、九団次の藤松、家橘の葉

山九郎次、松之助の三池八右衛門、斉入の尾花屋女房、歌女之丞の喜三郎女房、

芝のぶの芸者、新蔵の相撲取り。

 勸玄の又八が健気で可愛い出来である。

 この「恋乃滝」と「め組の喧嘩」を昼夜に分けて、昼の部は「恋乃滝」の前

に、右団次、獅童、孝太郎の「金閣寺」と海老蔵、莟玉の「鈴ヶ森」。夜の部

は「め組の喧嘩」の後に海老蔵の「仲国」。

 「金閣寺」は右団次の此下東吉。期待して見に行ったが意外にスッキリしな

い。していることに間違いはないが、碁立てといい、碁盤を持っての御約束の

見得といい、芸の寸法だろうか、こういう役の面白さが出ていない。一つには

この前半、大膳、東吉、雪姫の三人の芝居がバラバラでうまく交錯しないため

もある。そのために舞台全体にノリが出ていないためかもしれない。ことに後

半など。大道具のせり上げ、黒御簾のかかり、役者の芸がかみ合わず、間が悪

く舞台が散漫になっている。右団次一人の責任ではないが、そのために右団次

が損をしているのは事実。

 獅童二度目の松永大膳は、この人に打ってつけの役で古怪さはあるものの、

これも二度目にしては敵役の悪と大膳の色気が薄いのはどうしてか。

 孝太郎初役の雪姫は前半屋体にいる間がいい出来。舞台上手の夫狩野直信が

いる方への思い入れ、中央二階の慶寿院への思い入れとこの二つの空間が鮮明

であるのがいい。お約束の柱へ寄りかかっての立身の見得、その後の中腰にな

って悩む形がキレイなのは、この空間の表現の鮮明さ、性根がハッキリしてい

るからである。しかし滝へ行ってから、爪先鼠、その井桁に腰かける辺りはこ

の人にしてさすがに手に余った。

 斉入の慶寿院、友右衛門の直信、九団次の正清、国矢の鬼藤太。

 海老蔵初役の「鈴ヶ森」の長兵衛は、これも面白味というほどの余裕がない。

 莟玉の権八は行儀よく、教わった通りをきちんとやっている。その点はいい

のだが、この次にはもう一歩進めて、闇の深さを表現するのも、手が廻ってお

のずと人を斬って行くのを表現するのも視線と体の動き一つということを研究

すべきだろう。飛脚は九団次、家橘、市蔵以下の雲助が手揃い。

 夜の部の「仲国」は、「新歌舞伎十八番」とうたっているが、実は今井豊茂

の全くの新脚本。最初に仲国の弟仲章が高倉天皇の手紙を小督に持ってくると

いうところをちょっと見せるのが原作への申し訳。仲章が莟玉、児太郎が小督。

その後は虫の精に仲国が絡むという全くの新舞踊。ここでもぼたんの胡蝶の精

が花道スッポンがせり上がったり、場面が変わって本舞台のスポットぬきにな

ったりとうまくキレイに描かれていて目を奪う。勸玄といい、ぼたんといい海

老蔵の愛情あふれるばかりである。

 

 Copyright 2020 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る