2020年1月浅草公会堂

歌昇の光秀

 

 近頃の歌舞伎には人間的に感動する舞台が少ない。

 そのなかで、この正月、感動的な二つの秀作に出会った。浅草公会堂夜の部

「太功記十段目」の歌昇の光秀と、次の「七段目」の巳之助の平右衛門である。

 歌昇の光秀は、竹藪から出て母を刺すまでは、丁寧できちんとしているがま

だ味や感動はなかった。ところが女房操を叱って自分の主張を述べるせりふか

ら「勇気の顔色」できまったところになって俄然古怪で大きくなった。歌昇は

小柄であるが、光秀を当たり芸にした七代目中車もまた小柄であった。体は小

さくとも大きく見せる。それが芸である。「勇気の顔色」はまさにその芸の面

白さ。光秀は将来この人のものになるだろう。

 続いていいのは、手負いになって帰って来た十次郎に戰の様子を聞こうとし

て思わず入れ歯(階段)から足を踏み滑らせるところ。当人そこまで意識してい

ないだろうが、その大きく崩れて行く体の動きに、光秀の自信や主張はもとよ

り武智光秀一家一門の崩壊の音が聞こえた。この型は目の不自由なある役者が

偶然足を踏み外したのがはじめだという。その偶然の型が多くの名優に磨かれ

て今日の定型になった。歌昇はその型を体で掘り下げている。そしてついに一

門崩壊の象徴にした。これこそ芸の研究の面白いところである。

 十次郎がいよいよ断末魔になって「父上」という。光秀は握っていた軍扇を

思わず扱く。体が崩れる。その気を取り直して無言でガッと二度膝を叩く。そ

の力一杯の、万感の想いが籠った音が舞台一杯に響き渡った。その音たるや無

限の深さで私の心に響いた。歌昇の魂ここにあり。

 大落としはまだ若いが、その後の物見はいい。廻り舞台のないこの劇場では、

屋体を大きく奥へ引き舞台の上下から松と竹藪を出し、その松に向かって花道

から光秀が飛んでいく。その動きがまた力一杯。味はまだこれからにしても、

その真正面から正しく精一杯にぶつかっていく勇気と誠実、その力を私は買い

たい。

 この光秀は一昨年だったかの「関の扉」に続く歌昇の一世の当たり芸であり、

未完成ながら今日吉右衛門のほかにはいない光秀である。

 続いてこの一幕でいいのは新悟の操である。今まで何をやっても中途半端な

感じがした新悟が今月は昼の部の「寺子屋」の千代と、この操で実にしっくり

した舞台を見せている。

二役ともに母性があって、多少老けた感じの落ちつきがあって、ニンにぴった

りはまっている。ようやく自分のニンを探り当てている。歌舞伎は自分のニン

を知ること-――つまり自分探しが大事。それが出来ぬ中途半端な役者が多い

今日、今月は歌昇といい、新悟といいそれに後に触れる巳之助といい、いわば

この三人に役者としての「初日」が出た。むろんまだこの操は未完成ではある

が、それでもいかにもそれらしい基本条件を持っているところがいい。

 十次郎は隼人。前半は情感が薄く、後半ようやく手負いの物語で哀れさが出

た。

 米吉の初菊はキレイではあるが、こちらも情感が薄く、次のおかるとは大違

いである。

 錦之助の久吉が舞台を大きくしている。橋之助の正清、梅花の皐月。

 次が「七段目」。

 巳之助の平右衛門がいい。三人侍の後について合羽を着て出たところ、続い

て三人侍を止めて二度目の出、ともにニンに合っているというだけでさしたる

こともなかったが、例の「醒めての上の御分別」のせりふで俄然発揮して、由

良助に願書を突き返されての慌てる間のイキと体の素早い動きのあざやかさで

一挙に目を奪った。芝居のうまい平右衛門はいくらもいるが、このイキ、この

間、この動きが他にはない。

 二度目の出以後は、おかるから事情を聴いて由良助の本心を知って、思わず

おかるを見る表情がいい。この妹を殺すのかという万感の思いが一瞬にさり気

なく出てうまい。それからのおかるとのやり取りはさしたることもないが、こ

の平右衛門一番の出来は、「それを功に連判の」のあとの「小心者の哀しさは」

と右手の片袖を持って泣く処である。

だれがやっても同じように見えるが、うまい下手はともかくも巳之助には、そ

の心情、朴訥、誠実、正直一遍さ溢れて、越えられぬ階級の壁の厚さ、それゆ

えの絶望の苦しさが胸を打つ。こういう平右衛門は独特である。

 したがってとかく通り一遍で浮つく「お供が叶った」がこの人間の全存在が

掛かった悦びであることが客席に伝わって、思わず泣かされる。巳之助の「毛

抜」の粂寺弾正以来のヒットである。

 対する米吉のおかるもいい。さすがに勘平を引きずり回した女には見えない

が、この女の自然の無邪気さ、無意識が勘平を迷わせ、そして「よその恋よと

うらやましく」というところからつい密書を読んでしまうという悲劇を生むお

かる像になっている。これはこれで一つの解釈であり、そのあどけない妹ぶり

が面白い。初菊とは大きく違う。

 この二人にくらべると松也の由良助は気の毒である。第一この人のニンは

「忠臣蔵」でいえば判官か勘平であって由良助ではない。その上に由良助はむ

ずかしい。そのニンになさ、むずかしさを承知でこの役を引き受けたからは研

究がいる。形たけではなく、その精神のむずかしさを考えなければならない。

しかし松也は形に終始している。そこが問題である。由良助前半は、ただ洒脱

なだけでも、本心を隠しているだけでもない。むろん本心は敵討ち。それを隠

しながら同時に今、この一瞬の遊びに生きている。そこに由良助の性根のむず

かしさがある。同時にそのむずかしさが表現の多彩さを生む。そこを知るのは

大変であり、私が気の毒という理由である。

 歌昇、隼人、吉之亟の三人侍、橋之助の力弥、大谷桂三の斧九太夫、蝶十郎

の伴内、徳松以下の仲居。

以上の夜の部に対して昼は平凡。

まず橋之助の舞踊「花の蘭平」。四代目歌右衛門が「蘭平物狂」を変化舞踊の

一節に舞踊化したもの。続いて松也の松王、隼人の源蔵で「寺子屋」、巳之助、

歌昇、錦之助の舞踊「茶壷」。

橋之助の蘭平は、舞台の居どころ、振りの意味の基本的なことが分かっていな

いように見える。そのために何をやっているのかが客席に通じにくい。「蘭平

物狂」は複雑な物語だから、なぜ蘭平が物狂いになっているかは分からなくと

も仕方がないが、今、ここで何を踊っているかは分からなければならない。そ

れはきちんと教えてやるべきだと思った。長唄は杵屋三美郎、佐助ほか。

続いて「寺子屋」。

ここでいいのは隼人の源蔵と新悟の千代である。まず隼人はよく源蔵を研究し

ている。その結果いつもの型とは大分違って珍しい。たとえば「すまじきもの

は宮仕え」のあと戸浪を抱く。何度か見たことがあるが、近頃はあまり見かけ

なくなった型である。それから百姓たちの声を聞いて、戸浪に菅秀才を暖簾口

から連れ出させて障子屋体に隠す。それを見届けて二重の白ろく(階段)にかか

って正面向きで羽織の紐を後ろに撥ねてきまり、もう片方の紐を撥ねて羽織を

脱いで暖簾口へ入る。あまり見掛けぬ型で変わっていて面白い。

玄蕃、松王が入って来ての付け回しも、普通は松王の裏見得に顔を伏せるが、

隼人は顔を上げてグッときまる。これには賛否の議論があるだろうが、今は触

れない。神棚から伝授の一巻を懐中して、大刀で戸浪を支える「打てば響けと」

はいつも通りだが、ここもキッと正面を切る。「五色の息」も正面を切って両

手を合わせて天を拝むのが大時代で印象的であった。ここでもう一度戸浪を抱

く。千代に切り掛けるところも二重に腰を落として正面を切ってきまるし、幕

切れも正面を切るのが様式的で描線の輪郭をはっきりさせている。

むろんこれにも賛否あるだろう。ただ私がいいたいのは、型の是非もさること

ながら、隼人があきらかに最近の源蔵とは違う型を研究しているという、その

研究熱心である。この研究が今の若手俳優には珍しいことであり、これこそが

芸の上達のカギだと思う。

松也の松王は、夜の部の由良助よりも無理がないが、当然音羽屋系でもあり、

その方がニンにも合っているはずの銀鼠ではなく黒を着ているのは疑問である。

黒で描線の強さを出そうとしてのことだろうが、その黒がかえって松也のニン

を柔らかく見せてしまっている。

門口の間は無難だが、「助けて帰る」といい、咳といい、とかく底割りになり

勝ちなのは描線が弱いからだろう。ハラを強く持っているべきである。

「机の数が一脚多い」は、舞台に穴が開くほどの熱演だが、もっと抑制すべき

だ。この人でいいのは「無礼者め」の大見得の、分厚く立派なことである。首

実検は首に向かって「コーリャ菅秀才の首に相違ない」という、その「コーリ

ャ」が独特である。

二度目の出から述懐、泣き笑い、大落としは大過なく済んだ。なかでは「ここ

ぞ御恩を奉ずるところ」の「ここぞ」がうまい。しかしこの松王の面白味が出

るのはまだこの先だろう。

新悟の千代はすでに操でふれた通り、この人にピッタリのよさ。母性、悲しみ

ともにいい千代である。米吉の戸浪は「仏神様」を裏向きでやるのが珍しい。

歌昇が玄蕃を付き合う。蝶八郎のよだれくり、梅花の園生の前。

最後の舞踊「茶壷」は巳之助の熊鷹太郎が期待ほどではなかった。もつともこ

れは私に七代目三津五郎の名品がチラチラしているからで七代目と比較しては

巳之助に気の毒である。

錦之助の目代がさすが松羽目ものらしい上品さを見せる。

歌昇の田舎者はいくら酒機嫌とはいえ、前半ニヤニヤし過ぎだろう。長唄は巳

津也、要二郎ほか。

 

 Copyright 2020 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る