2020年1月国立劇場

南北の趣向

 

 学生の頃、春陽堂版の「大南北全集」を買って片端から読み通した。なかで

も「御国入曽我中村」には驚倒した。その奇想天外な発想、その発想を「趣向」

として書きながら、その「趣向」に人間を、当時の風俗や感性を塗り込めて行

くリアリティ。怪腕としかいいようがなかった。と思うと同時にこの作品は決

して実際の舞台で見ることはないだろうと思った。その理由は一つはあまりの

長さでとても現代の興行時間では無理だからであり、もう一つはこの「趣向」

を現実化するだけの補綴者と役者がいるとはとても思えなかったからである。

それは才能の問題だけではない。それもあるが、なによりも近代の歌舞伎の写

実的な嗜好のためであった。

 その「御国入」が正月の国立劇場で上演されることを知った時、私はわが目

を疑った。生きてこの日が来ようとは。多分九割駄目だろうという予想に一縷

の希望をもって私は劇場へ行き、その予想が現実になるのを目の当たりにした。

悲しいけれど仕方がない。

 「御国入」は三つの世界から成り立つ。第一に曽我の世界、第二に権三権八

の世界、そして第三に三勝半七の世界。

 上演台本を補綴した国立劇場文芸研究会は、このうちまず第一の曽我の世界

と第三の世界の三勝半七の世界を削って第二の権三権八の世界に絞った。これ

は判断としては正しい。正しいけれども第一の世界の曽我の世界はたとえ十五

分でもその面影を残してほしかった。権三権八の世界はこの曽我があってこそ

成立しているからである。曽我の五郎十郎は河津三郎祐康と満江の子。その河

津三郎祐康が京都勤番中に風折という女と通じて、双子の兄弟を儲けた。その

兄弟の一人は本庄助太夫へ養子に行き、さらに笹野姓を名乗って笹野権三。も

う一人は白井兵左衛門の養子になって白井権八。この兄弟が養子親二人の仇と

して討つのは工藤祐経の弟工藤祐康である。曽我兄弟が討つのは工藤祐経、権

三権八の兄弟が討つのは工藤祐経の弟祐康。討つ方が兄弟ならば討たれる方も

兄弟。曽我の仇討が「古典」ならば、権三権八の仇討は「現代」で裏表になっ

ている。これが南北の「趣向」である。

 さて、曽我の世界を全面的に削った結果、菊五郎のやっている寺西閑心実は

工藤祐康は、実は蒲の冠者範頼になった。これは座頭の菊五郎の役を大時代に

して大詰をはなやかなフィナーレにしたかったためだろうが、余計芝居を分り

難くし、リアリティを失わせ、かつ権三権八の世界の奥行を浅くしている。

 そういう難点はあるものの今度の台本にはいいところもある。たとえば三幕

目第三場のもとの寺西閑心内の場で、三日月おせんが実は母風折として双子の

兄弟の危難を救い、二人が兄弟であることを明かして自害するという設定にし

て芝居を締めくくったことである。これは原作にない名案であった。序幕から

二幕目銭湯にかけて原作は別の役になっているのを彦三郎の大江志麻五郎で通

し役にしたのもいい。

 こういういいところもありながら、全体に物語を運ぶのに急で、そのため各

場の「趣向」がとかく粒立たないのは残念であった。風折の自害にしても、物

語はそれでいいが、芝居としてもっと掘り下げて役者のしどころを作らないと

芝居が立体的にならない。

 これは名案を考えた補綴者自身にしても、あるいはその台本を演じる役者に

しても「趣向」をただの遊びだと思っているからである。現代人にとって「趣

向」は人間の遊びに見えるかもしれない。しかし南北は「趣向」から人間を作

った。人間から「趣向」を考えたのではない。南北にとって「趣向」がなけれ

ば人間も芝居もないのである。したがってその「趣向」が壊れると人間が破綻

し、役者の見せ場も消えてしまう。今度の公演の最大の難点はそこにあるだろ

う。

 それでは序幕から大詰まで順に触れていこう。

 序幕第一場瀬戸明神。二重正面に左近の頼家、上手に亀蔵の北条義時と大序

の当て込みで手際よく大江家の騒動になる。大江広元の嫡子千島之助は万太郎。

妾腹の志麻五郎は彦三郎。すでにふれた通り彦三郎の志麻五郎はこの後の飛石

寺、銭湯と通し役として活躍、好演である。鶴を追う鷹を射落として本花道か

ら松緑の笹野権三、仮花道から菊之助の白井権八が出る。はなやかで正月らし

いが、松緑の権三がそのニンから前髪ではないために、南北の意図した二人若

衆の趣向が生きない。そうなると二人がライバルであり、コンビでもあるとい

う複雑な関係が分かりにくい。菊之助の権八はこの場はこの人にして一通りの

出来である。

 第二場飛石寺の化け物退治。前半の化け物たちがユルキャラの如く凄味が足

りず、それがどんでん返しで実は権八と右近の権三の妹八重梅、権三と梅枝の

権八の妹おさいが結ばれるという前後の照応が足りず、まるでリアリティのな

い薄っぺらな場面になってしまった。この場が幸せでないと次の折角義兄弟に

なった二人がたちまち敵同士になるというどんでん返しが生きない。

 第三場六浦川堤。団蔵の笹野三太夫、秀調の白井兵左衛門はいかにもそれら

しいが、その二人を権三権八が討つには、二人の悪事、それを聞いた権三と権

八がやむに已まれず互いの親を討つことになる窮状が芝居になっていない。ご

く簡単に筋だけを運んでいくというやり方のためである。松緑の権三、菊之助

の権八に対して団蔵、秀調がそれらしいだけに惜しい。権三と権八の切り合い

になったところへ菊五郎の幡随長兵衛が留め男で出る。いつも「鈴ヶ森」の長

兵衛とは一味違う長兵衛である。

 二幕目第一場は福寿湯という銭湯。この場と次の鈴ヶ森の刑場が、今度の公

演では多少とも南北らしい匂いのするところである。

 福寿湯ではむろん月小夜の板の間稼ぎの件はカット。この場にはじめて時蔵

の三日月おせんが登場する。時蔵のおせんは淡彩で悪婆らしさが薄いのが残念。

もっともこれは仕どころが少ないせいもある。すでにふれた通り彦三郎の志麻

五郎をここへ使ったのは脚本の手柄。それをうまく見せたのは彦三郎のウデで

ある。橘太郎の湯屋番がいい。

 第二場鈴ヶ森は、清元「権上」の当て込みであるにもかかわらず清元をカッ

トしたために情趣が薄くなった。菊之助の権八、右近の八重梅と、この一場だ

けが色っぽく出来ている。脚本の都合で権三の処刑がほとんどなく、ここでも

シンメトリーが崩れるが、幕切れに権三を絡ませた上に、ここへ菊五郎二役の

寺西閑心を出しての世話だんまりにしたのは補綴のお手柄である。

 三幕目第一場は寺西閑心の内。鈴ヶ森で傷を負った権三と権八がそれと知ら

ずに外科医の寺西閑心のところへ来るというのは、南北の趣向のうまさである。

初演の閑心は敵役の名人五代目幸四郎であったが、この人は憎まれ役と同時に

喜劇もうまかった。そこでこの閑心はその両面を見せたという。菊五郎の閑心

はこの第一場では三枚目風で凄味に欠けるが、これは第三場で実は範頼という

本性を現した時の対照のためもあるのだろう。一方この幕は権八が吉原の女衒

さぼてんの源六に女と見間違えられて身を売ることになる、この狂言最大の見

せ場であり、台本もそれに沿っているが、南北が細かく立てた趣向が縮小され

ている上に、演出、役者がともにその趣向に凝っていないために面白さが薄く

なった。菊之助の権八はいよいよ身を売ることになって女姿に着替えて出て来

た時に客席ジワが起こっただけであった。女衒ばかりか観客までがそう思って

しまうのも無理がないと感じる工夫がほしいところである。とはいうものの菊

之助の権八はこの場が一番の出来である。楽善の家主、片岡亀蔵の女衒源六。

 第二場三浦屋の寮は、権八が小紫に化けていてまたもとの閑心の内へ戻って

来るという話の筋を通しただけ。梅枝のおさい、権十郎の小紫の客今市屋、万

次郎のやり手。

 第三場はもとの閑心の内。権三、権八が出会って閑心が怪しいというところ

へ、菊五郎の閑心が現れ、二人を殺すように亀蔵の手下の長蔵に命じて立ち去

ると、すでにふれた通り、時蔵の三日月おせんが実は風折となって長蔵を殺し、

二人を助けて実母と名乗るところである。菊五郎の範頼はさすがに立派。時蔵

のおせんは銭湯よりもこの場の方がそれらしい。しかしここ一番の大芝居、折

角の見せ場なのに演出がもう一つ突込みが足りない。そのために権三権八が双

子の兄弟という趣向も衝撃が希薄になった。

 大詰は、敵討ちというよりも、それまでの芝居と離れたフィナーレという形

のショウ。一座全員が並んで「我ら一座はワンチーム」という一句がいいたか

ったのだろう。

 南北の匂いは夢であった。

 

 Copyright 2020 Tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る