2020年10月歌舞伎座 

仁左衛門の「石切梶原」

 

 十月の歌舞伎座は一部一本の四部制。なかでは第三部の仁左衛門の「石切梶

原」がいい。

 幕が開くと一面の浅黄幕。これを振り落とすと仁左衛門の梶原を真ん中に、

弥十郎の大庭、男女蔵の俣野、上下三人ずつの諸大名が立身で板付き。それか

ら少し前へ出て合引にかかり、梶原の勧めで酒宴になるところへ、歌六の六郎

太夫と孝太郎の梢父娘の出になる。

 梶原が刀の目利きをすることになり手水を取る。手桶の水を使う人もいるが、

仁左衛門は石の手水鉢を使うのが面白い、むろん「日の本の神宝」は名調子で

聞かせるが、いつものこの人の聞きぜりふにしてはグッと締めて渋い。

 刀の目利きになる。今度の仁左衛門で一番いいのはここである。懐紙を咥え、

上に垂直に抜き放つところから、刀を横に倒して左の膝頭をグッと進めて左に

かかるあたり、イトに乗って竹本のリズムが身体から大きく舞台に溢れて面白

く、「見事」のせりふまで一貫して客席に押し寄せてきて観客を陶酔させる。

別に特別変わった型をしているわけではないが、この件でこれほど気持ちがよ

くなる梶原はほかにはいない。ひたすら竹本が身体化されているからだろう。

 六郎太夫父娘の芝居から二つ胴を切ることになり、俣野が立つのを梶原が抑

える「面色筋を荒らぐれば」になるまでの芝居は、吉右衛門がハラの中で六郎

太夫を助ける方策を思いつくまでのドラマを見せるのに対して、仁左衛門はな

にもしない。一切を隠して置いて後でアッといわせる丸本物一流のやり方に従

っている。これはこれでいい。しかしそのためもあり、かつは合引にかかって

いるためもあって、ここのきまりが冴えない。

 二つ胴になる。ここは刀を大上段に振りかぶったツケ入り、本釣りが入る見

得がグッと力が入ってしかもはなやかである。仁左衛門のいいところの二番目

である。しかしその後の大庭たちと顔を見合わせての「この場の味を梶原が苦

り切ったる」は、ほとんどきまらずに大庭を見てハッとしてすぐ後ろ向きにな

ってしまうので物足りない。普通はここで懐紙を刀に当てて吹き上げるきまり

になるが、その科を手水鉢を切った後へ持って行ったためにここはなにもしな

いのだろうが、寂しくなった。それに六郎太夫父娘の芝居の間に刀を見込んで

いるが、間を持て余しているように見えるのもよくない。

 仁左衛門の三番目にいいところは、六郎太夫父娘と三人になってからの物語

である、ここは後世に「侫人讒者(ねいじんざんしゃ)」といわれても構わぬ

ということよりも、頼朝を石橋山の洞窟で助けたという、源氏への同情溢れ、

その情感がイトに乗った面白さと一つになってあざやかさを極める。この人の

梶原の良さがもっともいいところの一つである。

 続いて石の手水鉢を切る。ここも颯爽としているが、普通は梢が「これもし

とっあん」というと六郎太夫が「切り手も切り手」というので梶原が「剣も剣」

と受けるところであるが、今度は六郎太夫に「切り手も切り手、剣も剣」とい

わせて自分はなにもいわない。照れるからだろうが、本文はともかくも三人の

掛け合いでないと芝居が盛り上がらないのも事実である。ここの後に例の懐紙

で刀を縦に拭き上げる見得が入っている。

 花道の引込みもあざやかだった。花道七三で右手に刀を横に水平に持ち、左

手の袖を返してツケ入りの見得になるのが析のカシラ、おもむろに刀を左手に

持ち替えて左袖を返してゆったりと歩き出す。グッと抑えた渋さだが、いぶし

銀の輝き、これが今の仁左衛門の芸境だろう。

 歌六の六郎太夫は、情愛もとよりよく、芝居も細部に行き届いているが、今

度目立つのは、前回までは薄かった義太夫味がおのずから体に浸み込んで、人

物の彩りになって来ていることである。

 孝太郎の梢は、はじめかなり蓮葉な娘の感じでいて、そのあと人妻風になる

ため、人間像が混乱する。娘姿ではあるが人妻という性根が

もっと必要だろう。

 男女蔵の俣野がこの人にしては珍しく手一杯の活躍ぶり。キッパリとして、

しかも悪が効いていい出来である。

 弥十郎の大庭、松之助の呑み助はともに平凡。

 隼人の奴が人気役者らしい花があっていい。並び大名は立役敵役共に三人づ

つで寂しく、かつ狂言の潤滑油にもなっていない。こういうところが芝居の奥

行を浅く、厚味を薄くしている。

 以上、第三部が今月歌舞伎座の見もの。

 第一部は、芝翫、七之助の舞踊「京人形」。芝翫の左甚五郎は味わいに乏し

く平凡。ようやく後半の立ち廻りでこの人らしい線の太さが出た。この人は大

時代なものも、生世話もうまい人だが、こういうその中間にあるようなものは

あまり面白くない。次代を背負う第一の人だけに器用に流れず、慎重に演目を

選んでほしいと思う。

 七之助の小車太夫は、とかく場当たりになるこの役を控え目に抑えているの

はいいが、その分印象も薄くなってしまったのが困る。

 門之助の甚五郎の女房おとくがさすがによく、新悟の井筒姫はそれなりに余

裕が出て来たのがいい。

 松江の栗山大蔵、福之助の奴照平、常磐津は兼太夫、文字兵衛、長唄は鳥羽

屋里長、杵屋五七郎ほか。

 第二部は「双蝶々」の角力場。

 白鸚の濡髪長五郎は、芸格の大きさ、立派でもあるが、時々貧相に見える

のは、芸の隙切れする瞬間があるためか。

 対する勘九郎の放駒長吉は、人頭制限のため勝負が終わるといつもの仕出し

の「長吉勝った」がなく、いきなり木戸が開いての出で損をしているせいか、

引込みのちょこちょこ歩きもさまで受けず、まず最初の出はオヤオヤと思う出

来であった。しかし二度目に戻って来てからは、グッと持ち直した。ことに濡

髪の言葉にさてはと悟ってからの怒りが新鮮でいい。「振ったんじゃ」の意気

込みも若さがよく出ている。

 二役山崎屋与五郎は、意外にも色気、柔らか味に乏しい。茶屋の亭主と一緒

の引込みも濡髪の着物を二人で着る型がなく、そっけない。

 高麗蔵の吾妻は、ちょっと出るだけなのにさすがにそれらしい。錦吾の茶屋

の亭主、高麗五郎の平岡郷左衛門、幸右衛門の三原有右衛門はいずれも一通り。

山左衛門の団子山がいい。

 第四部は、先月に続いて玉三郎の「映像と舞踊特別公演」。今月は「鷺娘」

に代わって「楊貴妃」である。

 前半の劇場案内は、先月の黒地の衣装に代わって薄紫の着付け羽織での口上。

舞台裏の映像から花道の「将門」と「阿古屋」はほぼ先月通り。ただ今月はこ

の映像の最後に玉三郎が自身の楽屋の化粧前で、化粧道具や所蔵の屏風を解説

する。はじめて女形の楽屋を見る人には大きな驚きだろう。

 さてそれが終わっての「楊貴妃」は九月の「鷺娘」ほど面白くない。「楊貴

妃」が舞踊として「鷺娘」ほどではないからである。これは実際の「楊貴妃」

の時にも触れたが、玉三郎の京劇には京劇の女形の匂いが薄い。それは一つに

は日本人の体と中国人のそれとの差であり、日本文化と中国文化の感覚の差で

もある。今度の楊貴妃も前半ことに肩から腕にかけての色気がない。これは洋

服めいた拵えのせいもあるだろうが、長い間文化の感覚が磨いてきた身体の匂

いが違うからである。後半に玉三郎も袖のホウを使うが、この中国独特の衣装

が玉三郎だと袖の一部に見えてしまう。どこかホウと違うのである。これは技

巧の問題ではなく、文化の違いなのである。

 この「楊貴妃」は能の「楊貴妃」を原作にしているが、そこにも能と歌舞伎

の違いが出ている。能では楊貴妃はたった一人、つまりシテ一人で十分に三千

人の後宮の頂点に立ったこの希代の美女を表現できる。しかし歌舞伎ではそう

はいかない。一人では寂しい。歌舞伎は揚巻でも時姫でも桜姫でもゾロゾロ女

たちを引き連れて出歩く。賑やかなのが本領。そこに能との表現の本質の違い

がある。

 今度の映像と舞踊の「楊貴妃」もいろいろ凝ってはいるが、先月ほどにはい

かなかった。 

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る