2020年10月国立劇場 

菊五郎の「魚屋宗五郎」

 

 コロナ流行のために閉場していた国立劇場が再開した。二部制。その第二部

の菊五郎 の「魚屋宗五郎」。見る前は正直またかと思ったが、今までとは全く

違い、目の覚める 出来栄えで一驚。このコロナ災難のなか久しぶりで芝居を見

た気になった。

 まず花道の出がいい。派手な祭囃子に反対に沈んだ唄、チャリンという威勢

のいい揚 幕の音とは逆に進まぬ勝ちに腕組みをした菊五郎の宗五郎が花道を出

てくる。賑やかな 祭囃子、チャリンという揚幕の音、それとは対照的な暗い唄

と宗五郎の姿、二つの矛盾 した要素の対照が生きて、散々見慣れたそれが目新

しく映るのも宗五郎が舞台の空気を 締めているからである。

 向こうから橘太郎の鳶の者が来る。すれ違っての七三でのやりとりも、妹お

蔦を失っ た悲しみをジッとハラに受け止めて、いつもの日常生活を生きようと

している男の横顔 が、引き締まった芸で鮮明になる。それから家へ帰って女房

おはまにお蔦の戒名を渡す ところ、弔問に来ている菊茶屋の女将とのやり取り、

宗五郎の長ぜりふ、おなぎとのや り取り、真相を聞いて酒乱の自然で細かくい

進捗。それから「矢でも鉄砲でも持ってこ い」の目の座った凄味から、酒樽を

振り回しての花道の引込みまで。いつもの菊五郎と は違った引き締まり方は驚

くほどである。私は六代目菊五郎の宗五郎はレコードで聞い ただけだが、六代

目死後、松緑、富十郎、そして翫右衛門と、それぞれに優れた舞台を 見て来た

が、今度の菊五郎は、それら先輩たちにならぶ出来。歌舞伎ファン必見の舞台

である。

 ただ一ヶ所、おなぎからお蔦の死の真相を聞いて憤懣やるかたなく、女房に

茶碗を差

し出して「一杯注いでくれ」というまでの間、顔で芝居をし過ぎる点以外は、

ほぼ完璧 といっていい。

 もっとも次の磯部屋敷の玄関先はよほど難しいと見えて、酔態の緩急、面白

さはいま 一歩である。

 時蔵のおはま、団蔵の太兵衛、権十郎の三吉といずれもよく、なかでも万次

郎の菊茶 屋の女将がいい。門口へ出て下手へ二三歩、ポオーッと放心したよう

に悲しみに浸って 歩く、その間の芝居、フッと気づいてさり気無く歩き出す具

合、リアルで人情を写して 絶品である。そのベテラン揃いの中で遜色のない梅

枝のおなぎも大手柄である。

 磯部屋敷になって、左団次の浦戸十左衛門がよく、続いて亀蔵の岩上典蔵、

松太郎、 荒五郎のその一味、辰緑、咲十郎の足軽二人。ことに辰緑のとぼけた

味が得難い。

 彦三郎の磯部主計之介は平凡。

 第二部はこの後に松緑の舞踊「太刀盗人」がある。

 松緑のすっぱ九郎兵衛は、悪も可笑し味も効いて芝居がうまい。そのうえ踊

りがうま い。大した踊りではないが、そのちょっとした振りにも十分体が効い

て小気味よく、そ れが味わいになっている。

 田舎者万兵衛は坂東亀蔵、目代は片岡亀蔵、従者は菊伸、長唄は鳥羽屋三右

エ門、杵 屋巳太郎ほか。

 一方第一部は最初が「源太勘当」である。

 梅玉の梶原源太は、九月歌舞伎座の「対面」の工藤とは違ってこの役にピッ

タリのニ ン。柔らかさといい、品の良さといい、持ち味の濃さといい、この人

のものである。た とえば、先陣問答の始め「頃は睦月の末っ方、四方の山々雪

解けて、水かさまさる彼の 大河」あたりの、葛桶に座ったまま中啓一つで風景

を描く動きを見ていると、いかにも のどかな大和絵風の景色が浮かんでくる。

これがこの人の持ち味である。

 ただしこの人に限らず、この役には難しいところがあって、それが往々にし

て役への 入り違いをさせる。たとえばこの人の花道の出を見ていると、紫繻子

の素襖大紋にピッ タリの、これだけのニンでありながら、どこか及び腰でオズ

オズしている。これは宇治 川の先陣争いに佐々木に負け、その上戦さ半ばに家

に帰されるという不面目を思ってし まうからだろう。しかしそう考えるのは間

違いである。先陣問答で平次に蹴落とされる までは堂々とあっけらかんとして

いなければならないと私は思う。なぜならば源太が負 けたのは父を助けてくれ

た佐々木への恩返しのためであり、その真相はだれにも悟られ てはならないか

らである。真相を隠していればどんな屈辱にも平気でいられるはずであ り、そ

の屈辱の苦痛は萎れ返るほどのことではない。

 そこを考え違いするから先陣問答がとかく湿りがちになり、後半の母延寿と

の芝居も 盛り上がらなくなる。要するに芝居のメリハリがつかなくなる。

 魁春の延寿は、この役らしい味が出てきているが、この役の難しいのは、第

一にハラ 一方で大した仕事がないことである、よほどハラがしっかりして受け

の芝居ができない と困る。ことに手紙を読んでいる間のハラが、魁春では薄い。

もう一工夫あるべだ。幕 切れにぼんぼりを持っての出にウロウロするのも間違

いだろう。源太がどこにいるかは 探すまでもなく知っている。しかしそこへ行

くのは周囲の目を警戒しなければならない 。何しろこの家はスパイだらけだか

らである。源太を探すのと辺りに気を配るのとは違 うだろう。

 この幕で意外な出来は、幸四郎の平次。芸が少し小粒で細いが、まずは手一

杯の勢い 、子供っぽいところにもうまくこなして違和感がないのはえらい。こ

れで仕事がもう一 つ筆太にきっぱりすればこの人のものになる。

 扇雀の千鳥は、最初の平次を振るところが少し乱暴であり、二度目の出から

は内輪過 ぎて愛嬌が足りない。もっと手一杯に動いて派手で芝居を面白くして

ほしい。

 梅蔵の横須賀軍内、かなめの茶道珍斎は可笑し味が全くなく、この二人で芝

居がグッ と沈んでしまった。

 床は前半が葵太夫、慎治で聞かせる。後半は幹太夫、勝二郎。

 この後幸四郎の新作舞踊「幸希芝居遊(さちねがうしばいごっこ)」。

 幸四郎の役者が出勤自粛の中で芝居がしたくてたまらず、閉場中の劇場に行

き、辺り にある衣装衣装で何人かの仲間と共に様々な役をやって見せるという

他愛のない一幕。

よくもまあ詰め込んであると思うほどだが、その吹き寄せの見立てが洒落てい

ない。幸 四郎の役者が夢が芝居か、芝居が夢かという様な事をいうのも分かっ

てようで分からず 。せっかくこの時節にあえて新作をという意欲は買ってもた

だ並べただけの自己満足で は困る。

 中では莟玉の「紅葉狩」の更科姫が目にたった。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る