2020年11月歌舞伎座 

新鮮な獅童の狐忠信

 

 十一月歌舞伎座は、四部制のうちの第四部の「四の切」の獅童の狐忠信が新

鮮でいい。とかく最近の狐忠信は、スマートで柔らかく、技巧が洗練され、踊

りのように見えたりして、ドラマとしての感銘が薄い。それに対して獅童の狐

忠信は、野性的で、グロテスクで、一見不器用で固く見える。しかし私はこれ

がそもそも昔からの狐忠信だと思う。大体狐が人間の姿をして、人間の言葉を

喋っているということ自体が、グロテスクではないだろうか。私がかつて見た

六代目菊五郎の狐忠信には、洗練された美しさと同時にどこかに獣の匂いが残

っていた。人間ならぬ異次元の気味悪さである。六代目以後、そういう匂いは

全くなくなった。ところが獅童にはそれがある。それは彼が教えられた通りの

型を、何の疑いもなくやっているからだろう。しかし大抵の現代俳優は、狐の

神話など半信半疑。信じたりしていない。どこかでこれはフィクションだから

と割り切っている。しかし獅童はその神話を疑っていない。疑わずに昔通りの

型をそのままやる。たしかに獅童の動きはオーバーで未完成なところもある。

あるいはその狐詞のように未熟なところもある。しかし獅童が一点ほかの誰と

も違うのは、その型に何の疑いもなく、一心に打ち込んで必死でやっているこ

とである。そのためにその動きの中に昔の獣の血が蘇って来た。そこに現代離

れしたグロテスクな、野性味が現れたのである。たとえば下手へ行く竹本の

「五臓を絞る血の涙」辺りの激情は私の心を打つ血の熱さを感じさせた。

 獅童がやっているのは基本的には菊五郎型である。もつとも二重の欄間から

縁先、さらに平舞台へ降りる荒業は猿之助の型であり、菊五郎型では二重上手

の壁から出る。さらに今度はコロナ流行のせいでもあろうか、幕切れ近くの化

かされ法師はカット、忠信一人が幻を相手の立ち廻り、その後花道へ行き、本

舞台を見込むのが析のカシラ。鼓と戯れながら花道を狐六法風に入る。五代目

菊五郎は花道宙乗りをやったが、六代目以後今日の菊五郎型は上手桜の木でせ

り上げになるから、厳密にいえば菊五郎型でないところもある。しかし大略は

菊五郎型。その中で獅童が今度やっている大事な演出は、義経の手づから鼓を

貰うところである。本文にも義経が「手づから」渡したと書いてあるのに、な

ぜか歌舞伎役者は静御前に仲介させる。私は長い間その誤りを指摘してきた。

父義朝と幼くして別れ、兄親とも慕う頼朝に疎まれた義経、一方父母から別れ

た狐忠信。同じ不幸な運命を背負った人間と獣。その二者がここで鼓を通して

つながるところにこの作品のもっとも大事なモチーフがあり、その鼓を静御前

に仲介するという事はこのモチーフの否定なのである。しかしその重大さを誰

も理解しない。獅童がほとんど初めて鼓を手づから受け取った。その意義は極

めて大きい。かくして彼の狐忠信は古風で、野性的な古風な味を獲得したので

ある。二役佐藤忠信もいい。花道へ出たところ、菊五郎型でいくと、花道半ば

で本舞台の義経に気付き腰をかがめて七三に行き、七三で三段に腰を落とす。

しかしこの型だととかく味が淡泊になりやすい。獅童は途中で止まらずいきな

り七三へ行く。七三で右足を一歩踏み出して本舞台を見て義経に気が付く。そ

の出した右足を今度は引いて東の桟敷に向いて体を開く。それから刀を構えて

改めて踏み出して腰を落とす。このやり方がいいのは、体をウラオモテと変え

て行くとキッパリすること、同時に気持ちが整然として籠ることである。こう

いうやり方で獅童は古風でキッパリした時代物らしい迫力を出している。それ

が印象的だった。静が出てからは、言い争いになって自分の口を両手で交互に

差すのが、古風で面白い。「黙して」はこの役第一の仕どころであるが、ここ

には少し欠点がある。刀の下げ緒を裁いて捕り縄にするところは、向うに気を

取られて自然に手が動かなければ面白くない。捕り縄が出来たところで思わず

義経に気付き、それを袂に隠して突き袖になる。獅童は自分の手先を始終見て

いて、向うへ気が行っていない。それに義経への思い入れも欠けている。ぜひ

もう一度どうしてこの型が生まれたかを考えてほしい。上手への引込みも一度

目のきまり、二度目と全然向こうへ気が行っていないので、このイトに付く動

きの面白味の重層性が出ていない。

 染五郎の義経はいいニンであるが、総体にせりふが棒で表情に乏しく、「静

は如何がいたせしぞ」などせりふと脇息を前に出す動作がバラバラである。言

葉と動作をつなぐ心持が出来ていないからである。莟玉の静御前は、この人も

せりふのいい廻しに情がなく、したがって芝居に味がない。忠信が三段に反っ

て静が覆いかぶさるところもイキが合わないのは、静が遅れているからだろう。

団子の駿河次郎がその引込みで忠信を見ていないのも手落ちだろう。染五郎、

莟玉、団子と若手三人が基本的な共通の欠点があるのは、芝居全体を見る御師

匠番がいないからではないだろうか。国矢の亀井に一日の長がある。竹本は前

が蔵太夫、岬輔、後が愛太夫、宏太郎。

 順が逆になったが第一部は猿之助の舞踊「蜘蛛の糸宿直噺」。またかと思っ

たが今度は前回と違って大きく改変されて面白くなった。女童、小姓、番頭新

造、太鼓持ち、傾城実は土蜘蛛と女、男、女、男、そして女と化け物と交互に

性別と違う役柄で変化を付け、コンパクトに四十分にまとめた。石川耕士補綴。

それに頼光に仕えるのも四天王ばかりでなく、碓井貞光とその妻桐の谷、坂田

金時とその妻八重菊と、女を使ったのが巧い。もっとも大きな改変は仙台座頭

の代わりに太鼓持ちを入れて端唄の「綱上」を踊らせたことである、この端唄

は渡辺綱の羅生門の鬼退治を鬼の代わりに女にした洒落た曲で、ここに入れた

のは名案で一挙に舞台が盛り上がった。まず最初の女童は、舞台下手の几帳が

落ちると現れる。もう少し体を小さく見せる振りが欲しかった。これが福之助

の碓井貞光と猿弥の坂田金時が引っ張る几帳の陰で早変わり。几帳の上から首

だけ出して変わるのが一寸苦しい。次の小姓は、キリッとしていい。これがバ

タバタで花道へ入るとすぐ引っ返して黒地の衣裳の番頭新造。全五役の内、こ

の年増が猿之助のニンに一番はまって落ち着いた出来。これが上手へ入ると、

桐の谷、八重菊が出て、二重の欄間から太鼓持ちが平舞台へ飛び落ちる大技。

すでに触れた「綱上」があって桐の谷、八重菊三人の手踊りになる。この砕け

方が楽しい。この幕の踊りの面白さはここが一番。太鼓持ちが下手へ飛び込む

と正面の御簾が上がって隼人の頼光と猿之助の薄雲のクドキ。これは平凡で、

いよいよ本性を現して土蜘蛛の精になって、猿之助の本領が出る。天井から千

筋の蜘蛛の糸が下がって全員引っ張りで幕になる。この間わずか四十分。変化

にとんだ新版「蜘蛛の糸」。大成功である。常磐津が仲重太夫と菊寿郎、長唄

が鳥羽屋里長と稀音家祐介ほか。

 第二部は菊五郎の「身替座禅」。菊五郎の山蔭右京は、笑いを取ろうとすれ

ばいくらでも取れるところを抑えて、上品な松羽目物の格を保っている。さす

がに油っ気の抜けたところもあって、花子のもとへ急ぐ引込みのイキは昔のよ

うではない。ただ二度目の出の花道逆七三で止まって思わずにっこり笑う笑顔

がよく、本舞台へ来てからの酔態はイキ一つで巧く見せる。

 左団次の奥方玉ノ井も下品にならず、当て込まず菊五郎と好一対。太郎冠者

は権十郎、右近と米吉の腰元千枝小枝は美しい盛り。この二人で「二人道成寺」

位はあってもいい。長唄は勝四郎、巳太郎、常磐津は兼太夫、文字兵衛ほか。

 第三部は白鸚の「大蔵卿」。奥殿だけという変則である。奥殿はいつも網代

塀の木戸が一場あるが、今度は幕が開くとすでに舞台は奥殿の道具。いきなり

花道から芝翫の吉岡鬼次郎、上手から雪洞を持った壱太郎の女房お京が出て例

の塀外の芝居になる。二人が下手へ忍ぶと後はいつも通り。

 白鸚の大蔵卿は、薄い化粧のせいか、素顔に近く、こじんまりとして老けて

見える。あまり当て込みがないのはいいが、そのためか素っ気なく、持ち前の

名調子も生きなかった。動きも所々危なく、ことに後ろ六法で三段を上がる所

は危なっかしい。まだ三日目、日がたてばよくなるだろうが、もともと義太夫

狂言が得意でない芸風のせいもあるのだろう。

 しかし周囲は揃っている。まず魁春の常盤御前。なまじ心理描写など加えず

に、十年一日の如く年輪を重ねてひたすら磨きに磨いて来た芸だけあって、歌

右衛門の遺風を今に伝えて、光彩を放っている。この味わい、さらに深くなれ

ばなおいい。続いて芝翫の吉岡鬼次郎が、スケールの大きさ、線の太さ、時代

物の格調を持って立派な風格。次の時代の時代物はこの人のものだろう。今度

は時間節約のためか、後半の物語で肌脱ぎにならなかったのと、とかくせりふ

が高音部に流れやすいのが難点である。壱太郎の女房お京は、魁春、芝翫を向

こうに回して十分の出来なのはお手柄。常盤のせりふを聞いている間のハラの

芝居、義太夫をよく学んだせりふといい、いいお京である。錦吾の八釼勘解由、

高麗蔵の女房鳴瀬を含めて今月この座の芝居で全体の密度が一番高い舞台であ

った。竹本は前が幹太夫、燕太郎、後が東太夫、長一郎。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る