2020年11月国立劇場 

無心の纜

 

 鬼界ケ島から俊寛一人を残して船が出て行く。船の太い纜が砂浜を滑り始め

る。俊寛が思わずそれを手に取る。それでも纜は船に引かれて行く。ついに俊

寛が纜を放す。

 俊寛は吉右衛門の当たり芸の一つだが、何回か演じているうちにこの件に変

化が起こった。最初のうちは綱を取って放そうとしない。未練気たっぷりで、

私は嫌だなと思っていた。なぜならば、一度は千鳥を助けるために瀬尾を殺し

て島に残る決心をした男である。纜に縋りつくくらいならば、そんなことをし

なればいい。そう思ったからである。十何年かしてこの俊寛に大きな変化が起

こった。纜を掴んだ俊寛が、それを自分から遠くへほおったのである。そこに

は俊寛の強い断念と、この船が無事に都へ帰ってくれという深い祈りがあって

私は感動した。こういう纜のほおり方をした人は、初代吉右衛門以来私が見た

限り誰もいなかった。それがまた変わった。今度はすぐにはほおらない。持っ

たまま未練を残してついにほおるようになった。そこが面白くもあったが、俊

寛の迷いが説明的になったのも事実である。私はあのキッパリ遠くへほおる方

が痛切でいいと思った。それが今度はまた変わった。国立劇場十一月の第一部

の「俊寛」である。すなわち纜を取ってしばらく放さない。しかし放さないの

は未練からではない。ほとんど無心に纜を持っている。心で断念しながらしば

らく何も考えずに持ち続けている。そして何事もなかったように纜をほおる。

そこには何の邪心もなんの想念もない。未練とか「凡夫心」とかを超えている。

むろん単なる空白でもない。それは言葉にこそならないが、実に豊かに観客に

語り掛けてくるものである。なにかの思いではなくて、無心に生きるもの。そ

れが無限に溢れてくる。吉右衛門が今到達した芸境である。

 その芸境はここだけではなく一幕全体に広がっているが、ことにこの纜の件

を経て、その後の幕切れに著しい。舞台が廻って岩組が前へ出る。それに上っ

た俊寛が松の枝を折る。前に乗り出す。岩から手を滑らす。析が入る。向こう

をジッと見る。その段取りはいつもと変わりがない。しかし手を滑らしてから

の向こうを見る思い入れはなんともいえぬ、豊かなものになった。無心という

べき心の持ち方が無限に舞台に溢れて来る。かつては形だけ、あるいは空白に

近かったものが、今は空白ではない。そこには言葉や動作のように何らかの形

あるものではないなにか、心を超えた心とでもいうべきものが豊かに溢れてく

る。それが今度の吉右衛門独特だった。

 もっともそれは最初から始まっていたといってもいい。幕開き。下手の岩陰

から出て来た俊寛は、半ばで歩みを止める。そこに俊寛の人生が無言のうちに

出る。二三歩あるいて竹本の「よろよろ」で重心を失ってよろめきやっと踏み

とどまる。この二回の静止のポーズが義太夫狂言の格である。人によっては砂

の上を杖を滑らす人もいる。イヤ吉右衛門も昔はそうだった。しかし今は砂の

上で杖を滑らすような段取り芝居はしない。第一砂の上で杖が滑るだろうか。

今度の吉右衛門の俊寛は、まさに「命待つ間ぞ哀れなる」男であった。やがて

康頼、成経、それに千鳥が出て、祝言の盃になる。俊寛が祝いに一指し舞って、

倒れて笑う。この笑いが巧い。自然で、淡々として、それでいて深い。ただせ

りふがいつもと違って小音かつ高音なのが気になる。いよいよ海上はるかに船

が見える。みんなが喜ぶ。ここの俊寛の、「さては、迎えの船かいやい」も今

までになく滑らかで面白い。初代吉右衛門の巧さに匹敵する。

 赦免状に俊寛の名前がない。この役前半のクライマックスである。「もしや

と礼紙を探しても」。その赦免状を持っての動きの、自然でありながら同時に

竹本の三味線に合わせるところ、「ない、なァ―いィ」というせりふ、ともに

混然一体になって俊寛の嘆きの深さを堪能させる。「流人は一致」の強さから、

三度目の出になっての瀬尾とのやり取りになる。瀬尾が千鳥を乗せないという

のを聞いて、「すりゃどうあっても」で、一瞬ちらりと見せる眼光の鋭さに、

俊寛の殺意を見せてゾッとさせる。自然な内にドラマの起伏、手に取る如くで

ある。立ち廻りは、小屋の柱に掴まって刀を振り上げ、瀬尾が下手で座っての

見得、逆に瀬尾が上手で立身、俊寛が座って裏向きの二つが印象に残る。いよ

いよ瀬尾を倒しての関羽見得は、淡々と自然でありながら、今までになく悲痛

を極め、この辺りから絶望と諦観の無心が色濃くなる。船が出る。纜の件はす

でに触れたとおり。その後の「思い切っても凡夫心」は、今まで舞台下手で後

ろ向きになって背中を見せていて、ここで向き直って再び「オーイ、オーイ」

になったが、今度は背中にならず、ただ立ったままなのは、この無心のドラマ

のためである。

 錦之助の丹波少将成経は、あまり白く塗らずに、芝居で二枚目の柔らかさを

見せていい。平判官康頼は吉之丞。雀右衛門の千鳥は、今度どういうわけか妙

に肩が張っている。クドキも前段の「鬼界ケ島に鬼はなく」の絶望から、詩を

決心する変化がもう一つ鮮明でない。又五郎の瀬尾は、憎々しさたっぷり。十

分に突っ込んでしていていい。この一幕中、俊寛に次ぐ出来。菊之助の丹左衛

門は、凛々しく涼し気であるが、もう一歩情が足りない。言外の仁愛が必要な

役であるが、どちらかというと冷たい感じがする。竹本は葵太夫、淳一郎。

 第一部はこの前に清盛館がある。清盛が俊寛の妻東屋に懸想するが、東屋は

これを拒否して自害するという一幕。いくら近松門左衛門の作品といっても、

ここは鬼界ケ島ほど面白くはない。第一能登守教経が「(清盛が)いかなる非道

を宣うとて、清盛入道が理を曲げて天下の仕置き立つべきか」というのも屁理

屈、その屁理屈に説得されて東屋が自害するのも無理である。まして今回の台

本では時間の都合か、教経かその東屋の首を持って清盛に諫言する件がカット

のため、ドラマが片肺飛行になっている。観客にはなにがなんだかよく分から

ぬ。ただ景色を見せたというだけの一幕。

 それでもさすがに吉右衛門二役の清盛は、その好色振り、その老獪さ、ホン

のちょっとではあるがうまいものである。まず御簾内での「聞いた聞いた」の

一言に若い女に舌なめずりする老人の性格がよく表れて驚く。「とろとろ見と

れ」で桧扇で前を隠すのは、「忠臣蔵大序」の師直の格だが、緋の衣を着た坊

主頭の清盛だけに師直よりも面白い。それがたったこれだけ出番なのは勿体な

い。歌六の教経は、すでに触れたとおり後半の清盛への諫言がカットのために

仕どころを失った。菊之助二役の東屋は、美しさは十分であるが、これも教経

の一言で自害するのは無理であり、批評するほどのこともない。その他、歌昇

の有王丸、種之助の菊王丸、橘三郎の越中次郎兵衛、京妙、京蔵、緑の局たち。

 第二部は、仁左衛門の「毛谷村」。杉坂墓所と六助内の二場である。仁左衛

門の六助は2016年4月の歌舞伎座で東京初役、私ははじめて見た。他の人の六

助とは違って、仁左衛門独自の工夫があって面白かった。その時の批評は『続・

歌舞伎日録』に収録してあるから御興味があれば参照して頂きたい。今度はそ

の時とほとんど同じ演出の再演である。しかし仕ている事は変わらなくとも、

この四年の間に仁左衛門の芸境はますます進んで前回とは違う味わいが出てい

る。まず芝居運びの巧さ。冒頭微塵弾正との試合、腕がまるっきり違っている

事が分かるし、にもかかわらず前の場の杉坂墓所で負けてくれと頼まれたのを

さり気なくやって、負けてやる。他の人のように弾正に片手拝みをされて頷い

たりしない。城中からの検分役にはそれと分からないように、自然に素早く、

観客にも分からないように負ける。それでも六助の真意が分かるのは、むろん

前に杉坂墓所があるからだが、それだけではない。仁左衛門の芝居の巧さ、運

びの巧さによる。それから弾正を見送っての芝居、与三松との芝居で母を失っ

た喪失感、絶望が色濃く出る。だからこそ乗り込んで来たお幸を、師匠の夫人

とも知らないうちから大事にするのもよく分かる。そういう六助の情が舞台に

広がる。

 今度の仁左衛門の芝居で、私がはじめて気が付いたのは、この芝居に登場す

る三人の「母」の存在である。一人はむろんこの日四十九日を迎えた六助の母。

仏壇の位牌の母である。次いで弾正が六助を騙す道具に使ってその後に殺した

斧右衛門の母。さらに三人目はお園の母、すなわちお幸である。この三人の母

の在り方、いずれも「母」の「不在」を示している。六助の母は位牌になって

いる。斧右衛門の母は死骸、そしてお園の母はこの時点ではまだそれとは知れ

ない。そしてのちに「遥かに届き冥土より閻ぶに帰る一味斎」として六助の前

に現れる。「母」の不在が「父」への願望につながるのだろう。そういう隙の

ない、細緻な巧さが結実するのは、六助がお園から師匠吉岡一味斎の死を聞い

ての愁嘆である。一味斎こそその「父」の象徴なのだろう。仁左衛門のここが

いいのは、そういう仕込みがすんなりいって積み重ねが成功しているためであ

る。一味斎の死を知っての驚きと喪失感。六助は驚くと同時に「ホイ」といっ

て平舞台下手で下手向きになる。この「ホイ」が現代の俳優にはなかなか巧く

いえないし、また舞台で生きることもない。それが仁左衛門だと鮮明に生きる。

それが、この前後の結実の成果である。六助という人間の魅力はここから来て

いる。

 弾正に騙されたと知っての怒り、庭先の石を踏み抜いてからもいいが、さら

にノリ地になっての後半は、舞台中央合い引きに掛かってほとんど一人芝居。

竹本の「義の一字」の大見得まで、辺りを払う巧さ、面白さである。それから

幕切れの引っ張りの見得まで、前半の世話から見る見る大時代になって行くあ

ざやかさは見る者の目を見張らせる。

 孝太郎のお園は、前回よりスケールが大きくなったのはいいが、もっと色気

を出す工夫が欲しい。弥十郎の弾正は敵役らしいが、花道引込みの腕の傷跡を

抑える気の変わり目がキッパリしない。松之助の家来佐五平、嶋之丞の斧右衛

門の母。彦三郎の斧右衛門は、若いのに真面目にやって一応とぼけた味が出た

のはお手柄。東蔵のお幸は落ち着いていい出来。梅枝の息子小川大晴が初お目

見えで与三松の大役。まだ小さいのに芝居がキチンとしている。杉坂墓所は竹

本抜き。六助内は前が六太夫、翔也、後が谷太夫、慎治。

 この後は清元の舞踊二番。上の巻が梅枝の「文売り」、下の巻が鷹之資、千

之助の「三社祭」である。梅枝の「文売り」はキレイで立派であるが、ものが

ものだけに大受けとはいかず、廓の中の女郎の喧嘩も際立って立体的になって

いない。折角の梅枝持つと別なものが見たかった。将来の立女形、もっと大事

にしてほしい。鷹之資、千之助の「三社祭」はイキがよく新鮮で、歌舞伎にも

新しい時代が来たことを思わせる出来。その新風が頬に快かった。踊りはさす

がに鷹之資がよく、きまった顔に自然に浮かぶ愛嬌が貴重である。亡き富十郎

が見たらばどれほど喜んだろうかと思うと胸が熱くなった。千之助の善玉も鷹

之資に食いついて必死の力演。爽快である。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る