2020年12月歌舞伎座 

勘九郎、猿之助の「吃又」

 

 昼夜四部制の第一部は、愛之助と松也の舞踊四段返し「弥生の花浅草祭」で

ある。「三社祭」の原作として有名な踊りだが、面白いのは「三社祭」だけ、

それ以外はあまり面白くない。

 まず第一段は愛之助の武内宿祢に松也の神功皇后の、姿を見せたというのに

とどまる。常磐津は兼太夫、文字兵衛。次がお待ちかねの「三社祭」。愛之助

の悪玉、松也の善玉。役者の格からいうとこうなるのだろうが、ニンは逆の様

な気がする。愛之助はとともかく松也は体がよく動いていない。きまるところ

だけは際立っているが、動きが次から次へと流れて行く、その流れがない。そ

れに二人ともこの振りはなにを写しているのかという研究が今一歩。何を踊っ

ているのかよく分からない。次が松也の通人、愛之助の国侍。正直にいうと今

度のこの踊りではここが一番面白い。踊りというよりも芝居がかっているから

である。最後は「石橋」。愛之助の白頭に松也の赤頭。ここでも松也が腰高す

ぎて毛が振り切れていない。

 第二部は落語ネタの「星野屋」。計算高い商人の星野屋照蔵が、本妻が死ん

で妾のおたかを本妻に直すについて、その性根を試すために心中噺をもちかけ

る。おたかは照蔵を吾妻橋の上から大川へ突き落として逃げかえるという喜劇。

小佐田定雄脚本、今井豊茂演出。落語で聞くととぼけた味があって面白いが芝

居になって再演の今度の舞台はどういう訳か後味が悪い。中車の照蔵も七之助

のおたかも相手を化かすことばかり考えているイヤな人間に見えてしまう。そ

れはそれぞれの人間にリアリティがないからであり、再演で演技がどぎつくな

ったことにもよるだろう。猿弥のおたかの母親が笑わせるが、本当はこの人の

腕ならば爆笑に次ぐ爆笑になるところだろうが、あいにく脚本が喜劇のツボを

外しているので、それほどではない。つくづくドタバタ喜劇は難しいと思う。

亀蔵が和泉屋藤助。

 第三部の「吃又」が今月この座第一の見ものである。この二人の共演は十二

年前の浅草公会堂。勘九郎の又平は、前半花道のではアッサリしているが、

「遠州助定あっちへやるか」辺りからその実力を発揮して巧い。続いて「身か

ら一人」の孤独感から、将監に「斬らっしゃりませ」という辺りの真に迫った

ところがうまい。十二年前の初役の時に十代目三津五郎に教わったとかで、三

津五郎流の、どもりでさえなければ普通の好青年という視点がハッキリしてい

る。後半は台頭の舞まで、これも三津五郎流でキッパリしている。動きが機械

的といえる程で面白い。猿之助のおとくも初役から十二年、しっとりと自分の

ものになった。花道の出で一度振り返って夫を見つめ、七三でまた改めて振り

かえるという情の濃さがいい。本舞台へ来てからのしゃべりといい、つねに又

平の影にあっての女房役。「もう望みは絶えたぞェ」から絶望の芝居まで、い

いおとくである。この二人の好演で今月はこれ一番という出来である。

 将監は市蔵、奥方は梅花。団子が雅楽之助でキッパリしたところを見せるが、

まだせりふと動き、それに心持がバラバラになるところがある。これからだろ

う。鶴松の修理之助は地味だがしっかりした芝居で、細部にまで神経が行き届

いている。百姓は勘之丞以下。ここに問題なのは虎である。虎が出る直前に突

然場内が暗くなり、スモークが焚かれて下手からすごい勢いで(いつものこの虎

はヌ―ッと出る)駆けて来る。しかもこの虎がシベリアの虎の如きリアルな造り

物、近松のこの芝居には場違いもいいところ。本物の虎に見えてはいくら修理

助でも印可の筆でも書き消されぬ。あくまで古風な幻影であるべきだろう。

 第四部は玉三郎の「大蛇退治」のところ、玉三郎が新型コロナの濃厚接触者

になってしまったために休演。素戔嗚尊の菊之助が大蛇に廻って、素戔嗚尊は

彦三郎が代役。菊之助の大蛇は急場の代役とはとても思えぬはまり様。歌右衛

門の復活以来、芝翫、魁春、時蔵、玉三郎と真女形ばかりが勤めて来たが、本

当は立役の方がいいのかも知れない。そこが最近は立役も手掛ける菊之助に嵌

ったのだろう。彦三郎も元来せりふが明晰な人だから本役の如く堂々として、

二人ともに失礼ながら拾い物。稲田姫は梅枝。竹本は愛太夫、淳一郎、大薩摩

は勝四郎、巳太郎。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る