2020年12月国立劇場 

意外な「三人吉三」

 

 芝翫の和尚吉三、時蔵のお嬢吉三、松緑のお坊吉三という「三人吉三」。十

二月の国立劇場第一部は、この大川端、吉祥院、火の見櫓の三幕。地味な顔ぶ

れではあり、いまさら「三人吉三」でもあるまいと期待していなかったせいか、

見ると意外の面白さ。たしかに昔の海老蔵(十一代目団十郎)と梅幸、今でい

えば仁左衛門と玉三郎といったはなやかさはないが、地道にコツコツと積み上

げた中身のある舞台で予想外の面白さである。

 序幕大川端。時蔵のお嬢は女形の間に無理がなく、男になってからも程のい

い柔らかさ、違和感がないのはこの人のニンばかりではない。じっくり噛み締

めた芸の寸法による。近頃形容ばかりで見せる人の多いこの芝居、芸の余裕と

色気で見せるところが、芝居のコクである。松緑のお坊は、自分のニンを考え

ての濃い白塗り。御直参安森家のお坊ちゃんのぐれた具合をうまく出している。

いつものせりふの癖も直って、この人と時蔵の二人の吉三に一種の好意とそれ

ゆえの負けん気が出たのは、本当に思いがけない収穫。これがなければ三人の

義兄弟、和尚を兄貴と頼む二人の生き方が出ないのだということがよく分かる

出来栄え。

 そこへ芝翫の和尚吉三が出る。これが実事を積み上げた丁寧な芝居でいい。

一つだけその例を挙げる。お嬢が取った百両、二つに割って一人五十両、これ

を俺にくんねえというといつも観客が笑う。今日は誰も笑わなかった。百両を

横取りするような和尚には見えないようにする芝居の運びがあるからだ。

 確かにこの三人では厄払いでいい気持ちにはならないかも知れない。その代

り一言半句の意味がよく分かる。そういう「三人吉三」があってもいい。いや、

これからはそうなるのだろう。

 その効果は二幕目の吉祥院にもよく表れている。芝翫の和尚吉三の手許に、

それまでまるで無関係に見えた名刀庚申丸と金百両の撒き散らした事件の断片

が集まって来る。そのジグゾーパズルが一つの絵になって、和尚吉三は妹おと

せと双子の弟十三を殺すことになる。その趣向の面白さが、芝翫の実事の手つ

きでまことにあざやかに面白く見えて来る。そこが今度の「三人吉三」の面白

さである。それは例えば次のようなシーンによく表れている。墓場になって瀕

死の十三が水が欲しいという。和尚が水を汲んでやる。それを見ておとせも欲

しがる。そのおとせの呑んだ水を受け取った和尚がはじめてこれが兄弟別れの

水盃だと気が付いて、自分も呑む。呑んだところで血筋の兄弟が、義兄弟の関

係の前に崩れて行くのが目に見えて来る。芝翫のよさである。

 時蔵のお嬢、松緑のお坊の二人の吉三の八百屋お七と小姓吉三の見立てもよ

く浮かび上がる。大詰の火の見櫓でも二人の吉三の見立てと二人の和尚への愛

情がよく分かる。しかしここでは少し問題が残った。火の番小屋は動かないの

になぜ火の見櫓だけがせり下げになるのか、私には分からない。この幕の演出

は洗い直す必要がある。

 新悟のおとせは一通り。万太郎の十三はこの人のガラで損をしているが、芝

居は行き届いていて巧い。亀蔵の源次坊、松江の捕り手頭。松太郎の金貸し太

郎右衛門、辰緑の八百屋久兵衛がいい、清元は延寿太夫、菊輔、竹本は翔太夫、

勝二郎ほか。

 第二部は白鸚の「河内山」。質見世、松江家の広間、白書院、玄関先の四場

である。白鸚の河内山は、口跡もよく名調子でもあり、芝居もうまい。ただ所

々当てっ気が先走って芸に品がなくなる。その下品なところが河内山か。

 松江候は梅玉。人品まことに十八万石の当主に見え、広間の短気ぶりもいい

が、書院からは、怒りのやり場がなくてニヒルに見える。弥十郎の高木小左衛

門はこの人の役ではない様な気がする。高麗蔵の宮崎数馬はびったり。莟玉の

浪路は子供っぽく見える。芝居が足りないのだろう。錦吾の北村大膳が持ち役

で十分の出来。友右衛門の和泉屋清兵衛は若く見える。歌女之丞の後家おまき

は一通り。高麗五郎の番頭。

 「河内山」の後に舞踊二題。上の巻が「鶴亀」。ここの女帝で久しぶりに福

助が顔を見せる。右手は不自由なのが残念だが、左手は自由に動いて元気であ

る。鶴が福之助、亀が歌之助。長唄は勝四郎、栄八郎。下の巻が「雪の石橋」

。染五郎の獅子の精は、線が太いのがいいが踊りは直線的で、上半身が少しも

動かず、毛も振れていない。長唄は居抜きである。

 

 Copyright 2020 tamotsu Watanabe All rights reserved.

『渡辺保の歌舞伎劇評』http://watanabetamotu.la.coocan.jp/

                                                  「今月の芝居」に戻る